KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 黒竜江省
  • ポーランド
  • 中国雲南省
  • 民族文化
  • 琥珀製品
  • 雲南省博物館
  • 雲南省昆明市
  • ハルビン
  • 中韓両国
  • 中韓交流

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 写真
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月12日
    (3)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された虫入り琥珀。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、ジュエリー、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (14)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」の会場。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (9)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (7)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品を見つめる来場者。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で、琥珀の中に閉じ込められた虫。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (12)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (10)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (11)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (13)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された雲南省出身の舞踏家、楊麗萍(よう・れいへい)さんからインスピレーションを得て制作された作品「孔雀眼」。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で働く作業員。(2020年12月14日撮影)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (5)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷を切る作業員。(2020年12月14日撮影)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (5)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場で氷を切る作業員。(2020年12月19日撮影)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪景色を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (6)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)冬の観光シーズンを支える人々黒竜江省ハルビン市

    ハルビン氷雪大世界の会場に照明を設置する作業員。(2020年12月14日撮影)中国黒竜江省ハルビン市は冬の観光シーズンを迎えている。氷雪観光で人気の「ハルビン氷雪大世界」などでは、作業員が昼夜を問わず氷の採取や運搬を行い、彫刻家が作品を入念に制作。極寒の中で懸命に働く人々は「氷の都」に幻想的な世界を作り出した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、ランタンを手に写真に納まる観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (4)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、写真を撮る観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (3)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、竜の雪像の上で写真に納まる観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (8)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、雪像を楽しむ観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (5)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、自撮りする観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (7)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、夕焼け空に浮かぶ雪像と観光客のシルエット。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (2)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場に設置された雪だるまの前で、写真に納まる観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (1)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、雪の巨大すべり台を楽しむ観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月07日
    (6)雪遊びを満喫、観光客で賑わう雪像芸術博覧会ハルビン市

    2日、ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場で、雪像を楽しむ観光客。中国黒竜江省ハルビン市で、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が12月20日から開かれている。会場では雪像を鑑賞したり、雪遊びをしたりして休日を楽しむ市民や観光客の姿が多く見られた。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (1)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    1日、ハルビン市内の防洪紀念塔とハルビン松花江氷雪カーニバルの会場。(小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、展示された美しい韓国の磁器。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、精巧に作られた韓国の磁器を紹介するスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、韓国の太鼓を演奏して来場者を迎えるスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、韓国の陶磁器について来場者に解説するスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (9)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、韓国の伝統的な陶器を紹介するスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、韓国の陶磁器について解説するスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (7)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、韓国の伝統的な陶器を紹介するスタッフ。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、展示された美しい韓国の磁器。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (10)第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、展示された美しい韓国の磁器。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    第1回韓国伝統陶芸文化展、山東省青島市で開催

    25日、展示された韓国の磁器。中国山東省青島市城陽区の中韓交流協力「国際客庁」でこのほど、第1回韓国伝統陶芸文化展が開催された。ネットと会場を組み合わせて行われ、韓国の著名陶芸家の作品200点余りが出展された。多種多様で精巧な技術を生かした展示品の中には、韓国の伝統工芸美術品を代表する、世界的に著名な作品も多い。2021年は「中韓文化交流年」に当たる。両国の重要な文化の担い手である陶磁芸術は、文化交流の重要な懸け橋の一つで、今回の展示は中韓両国が文化交流と相互参考の促進に弾みをつける。(青島=新華社記者/李紫恒)=配信日:2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)厳選158点を展示、伝統陶磁器ビエンナーレ開催福建省

    16日、会場に展示された第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレの入選作品。中国福建省泉州市徳化県で、第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレが15日から開かれている。「匠の精神を広め、伝統に敬意を表する」をテーマとする同ビエンナーレは、全国の専門審査員15人が厳選した伝統陶磁器作品158点を集中的に展示している。会期は来年3月15日まで。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)厳選158点を展示、伝統陶磁器ビエンナーレ開催福建省

    16日、会場に展示された第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレの入選作品。中国福建省泉州市徳化県で、第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレが15日から開かれている。「匠の精神を広め、伝統に敬意を表する」をテーマとする同ビエンナーレは、全国の専門審査員15人が厳選した伝統陶磁器作品158点を集中的に展示している。会期は来年3月15日まで。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (9)厳選158点を展示、伝統陶磁器ビエンナーレ開催福建省

    16日、会場に展示された第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレの特等賞作品「紫気東来」。中国福建省泉州市徳化県で、第1回徳化「中国白」中国伝統陶磁器芸術ビエンナーレが15日から開かれている。「匠の精神を広め、伝統に敬意を表する」をテーマとする同ビエンナーレは、全国の専門審査員15人が厳選した伝統陶磁器作品158点を集中的に展示している。会期は来年3月15日まで。(泉州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    竹のアート パンダの竹、有効活用を

    シンポジウム会場の近くに設置された竹のアート=19日午後、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

    撮影: 19日午後、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

  • 1