KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統絵画
  • 十二支絵画
  • 天津市書画
  • 天津市河西区
  • 文化センター
  • 書画芸術
  • 牛賀新春
  • 芸術研究会
  • 展示ホール
  • チベット自治区

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 写真
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月23日
    (1)石家荘市、公共の文化施設が再開河北省

    22日、河北博物院の「金声天韻河北梆子芸術展」の展示ホールで、伝統戯曲「河北梆子(かほくほうし)」で用いる臉譜(れんぷ、隈取)をタッチパネルに触れて描く子ども。中国河北省石家荘市で22日、市内の図書館や文化館、博物館、美術館などの公共文化施設が秩序よく再開した。「予約、オフピーク、入場制限」の条件に従い、受け入れ可能来場者数は、最大収容人数の50%までに制限されている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (2)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「芸術家」と題したろう人形(左)の衣装を調整する同社創業者の周雪蓉さん。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (3)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「おばあさん」と題したろう人形(左)に触れる同社創業者の周雪蓉さん。作品は周さんの祖母をモデルに制作された。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (7)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「しゅうと」と題したろう人形の後ろで写真を撮る同社創業者の周雪蓉さん(右奥)と夫の劉震(りゅう・しん)さん(左奥)。同作品は夫妻それぞれの父親をモデルに制作された。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (8)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「粤劇(えつげき)」と呼ばれる広東オペラの登場人物のろう人形が着た衣装を整える同社創業者の周雪蓉さん。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (4)小さな町のろう人形工房 広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「ハイブリッド稲の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏のろう人形(右)が持つ稲穂を整える同社創業者の周雪蓉さん。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (7)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「吉牛兆豊年」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (9)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「辛丑大吉」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (8)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「金牛迎春送福」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (4)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「献甘乳」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (3)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牛角掛書図」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (6)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牧歌行」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (5)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牧牛図」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (10)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「春牛」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    ライトアップされた氷像 極寒の夜照らす氷瀑まつり

    北海道上川町で始まった「層雲峡温泉氷瀑まつり」。観光客は手の消毒や検温を済ませて会場に入り、氷像を楽しんでいた=30日夜

    撮影: 30日夜

  • 1