KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 民族文化
  • オロチョン
  • フフホト
  • 無形文化遺産
  • ウランチャブ
  • シリンゴル
  • ステップ
  • ナーダム
  • ホルチン
  • 一路北東

「フルンボイル」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
89
( 1 89 件を表示)
  • 1
89
( 1 89 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.36
    2021年02月28日
    「新華社」極寒の草原でナーダム気分内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市はここ数年、「国際観光都市」「中国優秀観光都市」「氷雪観光十大都市」などの称号を相次ぎ獲得している。今冬も新型コロナウイルス対策の常態化を前提に、特色ある四大氷雪観光コースを発表。寒冷地の氷雪経済の質の高い発展を引き続き後押しする。市内の観光拠点では、モンゴル族の夏の祭典「ナーダム」にちなんだ催しが観光客を楽しませている。伝統衣装で着飾った各民族が参加するレスリングや競馬、アーチェリーなどの民族伝統種目は、草原観光の華やかな代名詞といえる。ナーダムは中国の国家級無形文化遺産であり、2006年の第1次リストに登録された。(記者/張晟、鄒倹朴、達日罕)=配信日:2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214214

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で馬に乗る観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204378

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、フルンボイル市新バルグ左旗のバルグモンゴル集落にある民俗観光リゾート区で自撮りを楽しむ観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204396

  • 2020年08月04日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    4日、観光客を乗せてフルンボイル市のフルン湖を航行する船。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204303

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗の牧雲山頂を訪れた観光客。中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204210

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落で馬に乗る観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204408

  • 2020年08月03日
    フルンボイル市、多様な措置で観光促進内モンゴル自治区

    3日、フルンボイル市陳バルグ旗にある天下草原の遊牧集落を散策する観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル市は現在、夏の観光シーズンを迎えている。同市は週休2・5日制を暫定的に実施しており、観光や飲食に使えるクーポン券の発行、観光地での消費促進イベントの開催などを通して地元観光市場の活性化を後押ししている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204292

  • 2020年07月09日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    9日、フルンボイル市新バルグ左旗に広がる草原で草を食べる牛や羊。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800839

  • 2020年07月09日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    9日、フルンボイル市新バルグ左旗の草原を流れる川辺に群れる牛や羊。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800853

  • 2020年07月05日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    5日、ヒンガン盟ホルチン右翼前旗の草原。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800723

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705409

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705395

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、ハイラル駅に停車する観光特別列車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705370

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内で、おもちゃで遊ぶ子ども。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705373

  • 2020年07月04日
    ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    4日、観光特別列車内の食堂車。中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705387

  • 01:22.32
    2020年07月04日
    「新華社」ハルビン鉄路、夏の観光特別列車を運行

    中国の大草原の風景を楽しむ観光特別列車「フルンボイル号」が4日、旅行客68人を乗せ、内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)駅を出発しアルシャン(阿爾山)北駅へ向かった。同列車は中国鉄路ハルビン局集団が運行する夏の観光特別列車。特別列車はビジネス車、文化サロン車、売店車などさまざまな車両を連結している。また車内には観光、レジャー、娯楽各エリアもあるため、乗客は道中の景色を十分に堪能しながら、それ以外の過ごし方も楽しめる。新型コロナウイルスの感染予防・抑制対策を強化するため、中国鉄路ハルビン局集団ハイラル区間は、事前に列車の換気や消毒、清掃などを徹底し、観光客が安全に草原の風景を満喫できる乗車環境を提供している。(記者/馬知遥)<映像内容>観光特別列車「フルンボイル号」、乗客の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705488

  • 2020年07月03日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    3日、シリンゴル盟ウラガイ管理区を蛇行しながら流れるウルゲン川の名所「九曲弯」を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800834

  • 2020年07月03日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    3日、シリンゴル盟ウラガイ管理区の草原に咲く野の花。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800841

  • 2020年07月02日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    2日、シリンゴル盟ウラガイ管理区で羊を放牧する牧畜民。中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800710

  • 2020年06月28日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西ウジムチン旗の草原。(6月28日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800704

  • 2020年06月28日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西ウジムチン旗の草原にある民家。(6月28日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800727

  • 2020年06月26日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟シリンホト市の草原で、夕暮れの中、厩舎(きゅうしゃ)に戻る途中の馬の群れ。(6月26日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800837

  • 2020年06月26日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟シリンホト市にある鳳凰馬場で乗馬する女性。(6月26日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800703

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟西部のソニド左旗にある草原を馬で駆ける牧畜民。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800725

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    ウランチャブ市四子王(ししおう)旗の乾いた草原で、草を探す馬の群れ。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800678

  • 2020年06月23日
    内モンゴルの草原を行く4千キロの旅

    シリンゴル盟ソニド右旗の荒漠化草原(砂漠ステップ)で休む羊の群れ。(6月23日撮影)中国内モンゴル自治区の区都フフホト市から、一路北東を目指した全行程4千キロ余りの取材旅行。ウランチャブ草原やシリンゴル草原、ホルチン草原、フルンボイル草原の奥深くまで足を踏み入れた。自治区内の草原面積は13億2千万ムー(約8800万ヘクタール)。うち利用可能な面積は10億2千万ムー(約6800万ヘクタール)に上る。草原の種類は世界有数で、保存状態も良い。南西から北東への移動では、荒漠化草原(砂漠ステップ)、典型草原(典型ステップ)、草甸草原(湿草地)が次々と現れ、さまざまな景色を見せてくれた。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800833

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402122

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402165

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402092

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402150

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402152

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402172

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402081

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402134

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402170

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402179

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402164

  • 2020年05月30日
    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区

    5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402160

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する子ども。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320336

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321251

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321100

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で展示された油絵作品。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320463

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321167

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321243

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321050

  • 2020年01月08日
    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景

    8日、内モンゴル美術館で作品を背景に記念撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320733

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、最初に取れた魚を手にしたスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401570

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、最初に取れた魚をつるし、販売に備えるスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401473

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」で魚を水揚げするスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401569

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、諾干湖で行われた「冬捕」を見学する人々。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401526

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」で魚を水揚げするスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401560

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」で取れた魚を掲げる寒中水泳愛好家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401455

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、水揚げした魚をケースに入れるスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401456

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」を体験する外国人観光客(前)。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401512

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、諾干湖で「冬捕」を見学する人々。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401475

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、諾干湖で「冬捕」を見学する人々。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401458

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」で魚を水揚げするスタッフ。中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401482

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で皮でできた靴を見せるオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600831

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所に展示されたオロチョン族の特色を持った帽子。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600871

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所でオロチョン族の特色ある帽子をかぶせる同族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600867

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で皮の加工技術を伝授するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600868

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で革製品を整頓するオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600835

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で革製品を製作するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600866

  • 2019年12月10日
    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて

    10日、無形文化遺産伝習所で撮影した革の服に施された刺しゅう。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600827

  • 2019年01月08日
    中国最北の古代人「ジャライノール人」、今から1万年以上前に生活

    8日、ジャライノール博物館の外観。中国内モンゴル自治区満洲里市ジャライノール区と北京大学考古文博学院は12日、北京で記者会見を開き、中国最北の古代人「ジャライノール人」の頭骨に関する最新の研究結果を発表した。研究によると、ジャライノール人は今から1万年以上前に生活していたことが確認された。(フルンボイル=新華社記者/達日罕)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200217

  • 2019年01月08日
    中国最北の古代人「ジャライノール人」、今から1万年以上前に生活

    8日、ジャライノール博物館に展示された「ジャライノール人」の頭骨化石。中国内モンゴル自治区満洲里市ジャライノール区と北京大学考古文博学院は12日、北京で記者会見を開き、中国最北の古代人「ジャライノール人」の頭骨に関する最新の研究結果を発表した。研究によると、ジャライノール人は今から1万年以上前に生活していたことが確認された。(フルンボイル=新華社記者/達日罕)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200130

  • 2019年01月08日
    中国最北の古代人「ジャライノール人」、今から1万年以上前に生活

    8日、ジャライノール博物館で来館者に「ジャライノール人」の頭骨化石について説明する解説員。中国内モンゴル自治区満洲里市ジャライノール区と北京大学考古文博学院は12日、北京で記者会見を開き、中国最北の古代人「ジャライノール人」の頭骨に関する最新の研究結果を発表した。研究によると、ジャライノール人は今から1万年以上前に生活していたことが確認された。(フルンボイル=新華社記者/達日罕)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200180

  • 2019年01月08日
    中国最北の古代人「ジャライノール人」、今から1万年以上前に生活

    8日、ジャライノール博物館に展示された「ジャライノール人」の頭骨化石。中国内モンゴル自治区満洲里市ジャライノール区と北京大学考古文博学院は12日、北京で記者会見を開き、中国最北の古代人「ジャライノール人」の頭骨に関する最新の研究結果を発表した。研究によると、ジャライノール人は今から1万年以上前に生活していたことが確認された。(フルンボイル=新華社記者/達日罕)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200183

  • 2018年12月26日
    雪と氷のイベント「伊薩仁」が開幕内モンゴル自治区オロチョン

    26日、「伊薩仁」の開幕式で民俗パフォーマンスを披露する演者。中国内モンゴル自治区フルンボイル市第5回オロチョン氷雪「伊薩仁」が26日、同市オロチョン自治旗で開幕した。「伊薩仁」とはオロチョン語で「集会」や「集い」を意味する。今回の「伊薩仁」では、徒歩による樹海の通り抜けやラリークロス、氷雪観賞、スノーサーフィンなどのイベントが用意され、観光客は一味違った氷雪体験が楽しめる。(フルンボイル=新華社配信/丁根厚)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820538

  • 2018年12月26日
    雪と氷のイベント「伊薩仁」が開幕内モンゴル自治区オロチョン

    26日、「伊薩仁」の開幕式で民俗パフォーマンスを披露する演者。中国内モンゴル自治区フルンボイル市第5回オロチョン氷雪「伊薩仁」が26日、同市オロチョン自治旗で開幕した。「伊薩仁」とはオロチョン語で「集会」や「集い」を意味する。今回の「伊薩仁」では、徒歩による樹海の通り抜けやラリークロス、氷雪観賞、スノーサーフィンなどのイベントが用意され、観光客は一味違った氷雪体験が楽しめる。(フルンボイル=新華社配信/丁根厚)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820569

  • 2018年12月26日
    雪と氷のイベント「伊薩仁」が開幕内モンゴル自治区オロチョン

    26日、「伊薩仁」の開幕式でパフォーマンスを披露する騎馬隊。中国内モンゴル自治区フルンボイル市第5回オロチョン氷雪「伊薩仁」が26日、同市オロチョン自治旗で開幕した。「伊薩仁」とはオロチョン語で「集会」や「集い」を意味する。今回の「伊薩仁」では、徒歩による樹海の通り抜けやラリークロス、氷雪観賞、スノーサーフィンなどのイベントが用意され、観光客は一味違った氷雪体験が楽しめる。(フルンボイル=新華社配信/丁根厚)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820586

  • 2018年12月26日
    雪と氷のイベント「伊薩仁」が開幕内モンゴル自治区オロチョン

    26日、「伊薩仁」の開幕式でパフォーマンスを披露する騎馬隊。中国内モンゴル自治区フルンボイル市第5回オロチョン氷雪「伊薩仁」が26日、同市オロチョン自治旗で開幕した。「伊薩仁」とはオロチョン語で「集会」や「集い」を意味する。今回の「伊薩仁」では、徒歩による樹海の通り抜けやラリークロス、氷雪観賞、スノーサーフィンなどのイベントが用意され、観光客は一味違った氷雪体験が楽しめる。(フルンボイル=新華社配信/丁根厚)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820536

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典に入場する競馬隊。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521194

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典でラクダそりを披露する牧畜民。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521215

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典で行われた火を祭る儀式。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521196

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典でパフォーマンスを披露する文芸団体「烏蘭牧騎」のメンバー。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521224

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」で火を祭る牧畜民。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521198

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典に入場するラクダ隊。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521225

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕を祝う牧畜民。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520989

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」でモンゴル相撲「ブフ」を観戦する牧畜民。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521041

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」でモンゴル相撲「ブフ」を取る選手。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520998

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典でパフォーマンスを披露する役者。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521192

  • 03:33.46
    2018年12月23日
    「新華社」第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム、開幕

    中国蒙古族の冬の祭典「第16回内モンゴル氷と雪のナーダム・2018中国(フルンボイル)氷と雪のナーダム」が23日午前、内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で開幕した。開幕式会場では蒙古族の「男子三芸」(モンゴル相撲・競馬・弓術)や民族の歌と踊りなどが披露され、各部族の人々も演じ手たちと一緒に踊りだし、草原の五畜(ウマ、ウシ、ヒツジ、ヤギ、ラクダ)の成長・繁殖と天候が順調であることを祈った。今回の氷と雪のナーダム期間中、フルンボイル市ではフルンボイル冬季英雄会や「2018年内モンゴルフルンボイル・大興安嶺氷と雪の日・CCPC中国量産車性能コンテスト」、「中国・ロシア・モンゴル国際氷雪祭」、「中国・ロシア・モンゴル『美の使者』国際コンテスト」など、27もの冬の観光イベントを実施。市内全域観光、オールシーズン観光の発展を促進し、観光客に氷と雪に覆われた草原を体験してもらうことを目指している。(記者/達日罕、葉紫嫣)<映像内容>「氷と雪のナーダム」の様子、撮影日:2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122621883

  • 2018年12月23日
    モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区

    23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521158

  • 2018年10月26日
    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区

    26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925695

  • 2018年10月26日
    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区

    26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925572

  • 2018年10月26日
    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区

    26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925670

  • 2018年09月20日
    秋色に染まる内モンゴル大興安嶺絵画のような美しさ

    20日、内モンゴル自治区大興安嶺の達爾濱湖国家森林公園を散策する観光客。(小型無人機から)9月に入り、中国内モンゴル自治区の大興安嶺(だいこうあんれい)は秋色に染まり、絵画のような美しさを見せている。(フルンボイル=新華社記者/李任滋)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516773

  • 2018年09月17日
    秋色に染まる内モンゴル大興安嶺絵画のような美しさ

    17日、内モンゴル自治区根河市の大興安嶺の原生林にある「冷極湾桟道」を散策する観光客。9月に入り、中国内モンゴル自治区の大興安嶺(だいこうあんれい)は秋色に染まり、絵画のような美しさを見せている。(フルンボイル=新華社記者/于洋)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516948

  • 1