KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • スポット
  • アップグレード
  • サービスエリア
  • 中国長江
  • 商業区画
  • 工業パーク
  • 水郷水墨画
  • 江蘇省南京市

「ブロック 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.45
    2020年03月18日
    「新華社」浙江省淳安県、旅行クーポン5万枚発行千島湖の観光活性化目指し

    中国浙江省淳安県千島湖鎮の騎竜巷慢生活(スローライフ)街区は18日、新型コロナウイルスによる感染の終息後の観光消費市場活性化を目指し、「千島湖春の観光・美食プロモーションイベント」を開催、モバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」を通じて千島湖旅行クーポンの初回分5万枚を発行した。同日午前9時、「街区安全官」の指導の下、観光客が赤外線体温測定を受けて街区に入場。多くの市民や観光客がお得な旅行商品や高品質な農業特産品に引かれて足を止め、歴史ある街区はにぎわいを取り戻した。千島湖観光地区は2月22日から再開しており、一部のスポットは18日から5月1日まで、観光客の入場が無料になるという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>千島湖の観光の様子、撮影日:2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:28.68
    2019年08月14日
    「新華社」高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(記者/季春鵬)<映像内容>陽澄湖サービスエリアの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの全景。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの庭園。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月08日
    高速のサービスエリアがネットで人気に江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速の陽澄湖サービスエリアの庭園。(小型無人機から)中国長江デルタの「黄金ルート」と呼ばれる滬寧(こねい)高速(上海市~江蘇省南京市)の陽澄湖(ようちょうこ)サービスエリアは、江蘇省蘇州工業パークの唯亭鎮に位置する。西は蘇州から13キロ、東は上海から65キロ離れており、北は美しい陽澄湖に面している。5月にアップグレードを終えた同サービスエリアは、施設の設計に中国の現代画家、呉冠中(ご・かんちゅう、1919~2010年)の水郷水墨画の要素を取り入れた。大規模な水辺の景観や白い壁と青みを帯びた瓦、アーチ型の門などで「水墨画の中の江南」を再現している。同サービスエリアで休憩をしたりくつろいだりする利用客は、小さな橋と流れる水に囲まれた商業区画、詩や絵のような趣のある蘇州庭園、精巧で独特な無形文化遺産の展示、未来感あふれる科学技術体験などを通じて、施設の快適性と体験への満足度を大幅に向上させている。同サービスエリアは最近では、SNSで情報を共有する人々の人気スポットとして一躍注目を集めている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    西安の街にきらびやかなイルミネーションが登場

    13日、「西安創業珈琲街区」を散策する観光客。(小型無人機から)中国陝西省西安市の高新技術産業開発区にある「西安創業珈琲街区」(Xi'anHi-techChuangyeCoffeeBlock)はここ数日、夜になるとハイテクでおしゃれな雰囲気を醸し出す華やかな夜景に包まれ、訪れる人々を魅了してやまない。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月09日
    「ナイトタイムエコノミー」が西安観光の新たなハイライトに

    9日、西安市の「大唐不夜城」に沿ってライトアップされた建物群。(小型無人機で撮影)中国陝西省西安市は今年に入り、「ナイトタイムエコノミー」の発展を突破口とする、都市観光産業連鎖の拡張を進めている。ナイト観光、文化レジャー、ステージ体験、特色ある飲食店、ショッピングエンターテインメントの5大ナイトタイム経済産業の育成に重点的に取り組む。また、特色あるナイトタイム街区を整備して、ナイトシーンを華やかにし、レベルアップするプロジェクトを実施する。そこではさらに多くのテーマのナイト文化ステージ活動を展開し、商店の営業時間延長を支援するなどの施策を通じ、より多くの観光客や市民のニーズを満たし、「西安の夜を楽しむ」ことが古都観光の新たなハイライトになりつつある。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1