KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ランタン
  • ライトアップ
  • 国際恐竜
  • 四川省自貢市
  • 開幕四川省
  • 全国各地
  • イルミネーション
  • 恒例行事
  • 民俗文化
  • 色とりどり

「ランタンフェス」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
147
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
147
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年09月28日
    昆山市で中秋ランタンフェスティバルが開幕江蘇省

    28日、観光客を乗せて水路を進む遊覧船。中国江蘇省昆山市周荘鎮で28日、「2020海峡両岸(昆山)中秋ランタンフェスティバル」が開幕した。(昆山=新華社記者/楊磊)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月24日
    訪れたマスク姿の観光客 長崎でランタンフェス開幕

    マスク姿で「長崎ランタンフェスティバル」の前夜祭に訪れた観光客=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 2020年01月24日
    マスク姿が目立つ会場 長崎でランタンフェス開幕

    前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 2020年01月24日
    マスク姿の観光客 長崎でランタンフェス開幕

    前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、自貢市で生産された伝統的なランタンで作られた長い回廊。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場を彩る獅子のランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、ランタンの前で足を止め、じっくりと見入る観光客。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバルを見学する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバルを見学する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバル会場でランタンを撮影する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、ランタンで再現された300メートルにわたる古い町並み。(小型無人機から)中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場を彩る色鮮やかなランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、フェスティバルの会場に訪れた人たち。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場を彩る竹を編んで作られた伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:40.48
    2020年01月17日
    「新華社」西安城壁新春灯会開催陝西省

    中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。灯会は各種展示を取り入れ、民俗・伝統演目やテーマ演出を発掘、またAR(拡張現実)灯会巡り、アプリを利用した参加など、新しい楽しみ方を提示することで、市民と観光客により多くの目新しい体験を提供した。(記者/藺娟、梁愛平、周永穗)<映像内容>西安城壁新春灯会の様子、撮影日:2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバルを見学する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバルを見学する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバルを見学する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場に展示されたランタンの数々。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、自貢市で生産された伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場を彩るランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、没入型の作品「上元灯火」。ランタンで作られた300メートルにわたる古い町並みが、唐代上元(年号)の町の様子を再現している。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.44
    2020年01月17日
    「新華社」雑技の都でランタンフェスティバル開幕河北省呉橋県

    中国河北省滄州(そうしゅう)市呉橋県で17日、2020年呉橋雑技大世界新春観光廟会(びょうえ)およびランタンフェスティバルが開幕した。呉橋の廟会の歴史は長く、明朝に始まり清代に盛んになった。今年の干支のネズミなど、さまざまなテーマを持つ30組以上のランタンと、雑技や民俗芸能、名物料理など特色あるプログラムが用意され、観光客は呉橋ならではの民俗文化を満喫した。同フェスティバルは2月9日まで開催される。(記者/駱学峰)<映像内容>ランタンフェスティバルの様子、雑技の披露、撮影日:2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市

    17日、新春ランタンフェスティバル会場でランタンを撮影する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省

    17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月21日
    5年間で73回、NZ市長の訪中がもたらすビジネスチャンス

    ニュージーランド第2の都市クライストチャーチで、毎年開かれる中国ランタンフェスティバルの開幕式を主宰した同市のリアン・ダルジール市長(前列左)。(2月21日撮影)ニュージーランド(NZ)の公共放送、ラジオNZは13日、同国の多数の地方・市議会のデータとして、2014年以降、市長32人が計73回訪中し、これらの訪問が地元に大きなビジネスチャンスをもたらしていると報じた。訪問の多くは、両国都市・地域による友好関係の構築や、中国で開かれる博覧会や会議でのNZの宣伝に関係している。中国は現在、NZにとって最大の貿易パートナーで、最大の留学生送り出し国、2番目の海外観光客送り出し国となっている。2014年以降、これらの市長は平均2回訪中している。最も多いのはNZ第5の都市ダニーデンのデイブ・カル市長で、ほぼ年2回訪中している。同市は2015年6月、広東省清遠(せいえん)市と了解覚書を交わし、教育や観光、貿易などの分野で協力を強化する計画で合意した。2017年5月には、カル市長が視察団を率いて訪中し、清遠市との友好都市協定に調印している。良質なワインの生産で知られるNZ南島最北端に位置するマールボロ地方のジョン・レゲット地方市長は、同市の友好地域で中国第3のワイン生産地である寧夏回族自治区を5年間で3回訪れ、ワイン産業での協力を進めてきた。マールボロ地方議会の推算によると、双方の協力が同地方のワイン醸造家に毎年40万~50万NZドル(1NZドル=約68円)、同地方に100万NZドル以上の収入をもたらしてきた。これらの資金は全て、同地方の発展に再び投入されている。(ウェリントン=新華社記者/盧懐謙)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.26
    2019年02月21日
    「新華社」色鮮やかなランタンが春節気分を盛り上げる

    中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜灯会(恐竜ランタンフェスティバル)には春節期間中、毎日、全国各地から数万人がランタンを見に訪れた。今年は、自貢ランタンの特徴である「高大新奇美(高く、大きく、新しく、変わっていて、美しい)」色鮮やかな各種ランタン130組あまりが出展した。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。また、出展ランタンは、世界の60カ国以上、中国国内の500以上の都市で展示される。これにより同市は、四川省で唯一、中国国内では13番目の国家文化輸出拠点に認定された。同市灯貿管理委員会の統計によると、同市のランタン産業はすでに750社を抱えるまでとなり、通年従事者は4万5千人、季節従事者は8万人以上、年間生産額は50億元(1元=約16円)に上る一大産業になっている。(記者/張超群)<映像内容>第25回自貢国際恐竜灯会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月21日
    5年間で73回、NZ市長の訪中がもたらすビジネスチャンス

    ニュージーランド第2の都市クライストチャーチで、毎年開かれる中国ランタンフェスティバルの開幕式を主宰した同市のリアン・ダルジール市長(右)。(2月21日撮影)ニュージーランド(NZ)の公共放送、ラジオNZは13日、同国の多数の地方・市議会のデータとして、2014年以降、市長32人が計73回訪中し、これらの訪問が地元に大きなビジネスチャンスをもたらしていると報じた。訪問の多くは、両国都市・地域による友好関係の構築や、中国で開かれる博覧会や会議でのNZの宣伝に関係している。中国は現在、NZにとって最大の貿易パートナーで、最大の留学生送り出し国、2番目の海外観光客送り出し国となっている。2014年以降、これらの市長は平均2回訪中している。最も多いのはNZ第5の都市ダニーデンのデイブ・カル市長で、ほぼ年2回訪中している。同市は2015年6月、広東省清遠(せいえん)市と了解覚書を交わし、教育や観光、貿易などの分野で協力を強化する計画で合意した。2017年5月には、カル市長が視察団を率いて訪中し、清遠市との友好都市協定に調印している。良質なワインの生産で知られるNZ南島最北端に位置するマールボロ地方のジョン・レゲット地方市長は、同市の友好地域で中国第3のワイン生産地である寧夏回族自治区を5年間で3回訪れ、ワイン産業での協力を進めてきた。マールボロ地方議会の推算によると、双方の協力が同地方のワイン醸造家に毎年40万~50万NZドル(1NZドル=約68円)、同地方に100万NZドル以上の収入をもたらしてきた。これらの資金は全て、同地方の発展に再び投入されている。(ウェリントン=新華社記者/盧懐謙)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.11
    2019年02月19日
    「新華社」元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。長さ25メートルの「猜灯謎」回廊には、伝統的色彩に彩られたランタン100個が隙間なく並んだ。一つひとつのランタンには「灯謎」(なぞなぞ)が書かれており、人々は足を止めさまざまな「灯謎」を眺めていた。観光客はスマートフォンの交流サイト(SNS)アプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することができるという。(記者/呉思思、朱麗莉、郭軼凡)<映像内容>園博園元宵ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.15
    2019年02月19日
    「新華社」大唐芙蓉園で水陸ランタン祭り開催陝西省西安市

    中国陝西省西安市の大唐芙蓉園水陸ランタンフェスティバルには元宵節(旧暦1月15日)に当たる19日、国内外から多数の観光客が集まり、美しく輝く元宵節の夜の宴を楽しんだ。今年のフェスティバルは「灯影ゆらめく芙蓉園の夜・この世の小さなだんらん」をテーマとしている。同園西門には、2匹の竜が珠に戯れる様子を表した長さ90メートル、高さ20メートルのランタンが飾られており、撮影しようと大勢の観光客でにぎわった。これは同園でこれまで行われたランタンフェスティバルでは最大のランタンとなる。園内では「花開盛世」「大雁南飛」「福禄仙寿」などと題したさまざまな形のランタンが水辺の景観と一体となって、色とりどりの華やかさを見せていた。今年のフェスティバルは「繁栄の唐代」「子ども心との対話」「民俗無形文化遺産」「正月気分」「水上ランタン」の5つのパートで構成されており、これまでで最多、最大のランタンを展示している。同フェスティバルは3月10日まで開催。(記者/梁愛平)<映像内容>大唐芙蓉園水陸ランタンフェスティバルの風景、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.59
    2019年02月19日
    「新華社」夜の闇に浮かび上がる黄河楼寧夏青銅峡市

    中国寧夏回族自治区青銅峡市の黄河西岸にある黄河楼で元宵節(旧暦1月15日)の19日夜、多数の飾り灯籠(ランタン)がきらめき、まばゆいばかりの光が揺らめいた。黄河楼は夜空の下、銀河の中にいるような華麗な姿を浮かび上がらせ、黄河楼新春灯会(ランタンフェスティバル)はクライマックスを迎えた。黄河楼は5千年の輝かしい文明を全方位的に展示する博物館。今年の黄河楼新春灯会は黄河をテーマに、黄河文化の要素を際立たせた。(記者/盧鷹)<映像内容>黄河楼新春灯会の様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:31.74
    2019年02月17日
    「新華社」東京で元宵節のランタン·フェスティバル

    「四海同春、楽しい春節」がテーマの「中華春節燈籠(とうろう)祭・東京燈会」が16、17の両日、東京で開催された。今回のランタン・フェスティバルは、東京で初めての元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日、今年は2月19日)を祝うイベントで、世田谷区にある駒沢オリンピック公園を会場に行われた。会場入り口の大きな門には中国と日本を代表する文化がそれぞれ描かれた飾り灯籠、動物の形の大きな宮廷用ランタンが設置されており、中国文化の息づかいが強く感じられるようになっていた。多くの観光客が、月のウサギ、パンダ、花瓶、中国の古典4大名著(「三国志演義」「水滸伝(すいこでん)」「西遊記」「紅楼夢」)の登場人物の形をしたランタンなどに足を止めて記念撮影をしていた。今回のランタン・フェスティバルでは中国八大料理(山東料理、四川料理、広東料理、江蘇料理、浙江料理、福建料理、湖南料理、安徽料理)の軽食も用意され、観客たちはランタンを見ながら料理を楽しんだり、ステージで披露された中日文化の実演を鑑賞したりすることもできた。(記者/鄧敏、郭威)<映像内容>東京で「中華春節燈籠祭・東京燈会」開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:14.31
    2019年02月16日
    「新華社」陝西省の安塞腰鼓が台湾南投の灯会を盛り上げる

    中国台湾中部の南投(なんとう)県で2日から24日まで開催されているランタンフェスティバル「2019南投灯会」のイベント広場で16日夜、中国の古楽器「嗩吶」(チャルメラ)を吹き鳴らし、腰に付けた鼓を打ち鳴らしながら舞う「腰鼓」(ようこ)が演じられた。陝西民謡の歌声が高らかに響き渡り、雄大な黄土高原の息吹が台湾の山水と呼応した。この夜の陝西省の芸術団の公演は、陝西省北部の民間舞踊「大秧歌」(だいおうか)でにぎやかに幕を開けた。勇壮に踊る姿、多様な振り付け、さっぱりとあか抜けた風格は、陝西省の人々の素朴で実直、おおらかで楽天的な性質をよく表している。トリとして演じられた「安塞(あんさい)腰鼓」では、百人以上が一斉に踊りながら全力で腰鼓を打ち、その整然とまとまった動きやみなぎる気迫に、観客からは大きな歓声と拍手が送られた。「安塞腰鼓」は陝西省北部の延安市安塞区に伝わる民間の集団芸術。中国最古の詩集「詩経」に「鼓を撃つこと其(そ)れ鏜(どう)たり、踊躍して兵を用う」(合図の太鼓がドンと鳴ると、おどり上がって武器を取る)とある。安塞腰鼓はまさに古代の戦争に由来し2千年以上の歴史を持つ。2006年6月には、第1陣で国の無形文化遺産に指定された。「安塞腰鼓」が南投県で上演されるのは昨年に続いて2度目。腰鼓の出演者は昨年の114名から今年は138名に増え、さらに壮観になった。このほか、中国西北部の地方劇「秦腔」(しんこう)や陝西省北部に伝わる民間の語り物「陝北説書」(せんほくせっしょ)などの上演も新たに加わった。(記者/林凱)<映像内容>台湾のランタンフェスティバル「2019南投灯会」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.43
    2019年02月16日
    「新華社」上海市のランタン、台北ランタンフェスタに登場

    中国台湾台北市で16日夜、恒例のランタンフェスティバルが開幕した。上海市政府の指導のもとで上海市文化・観光局がデザインし制作した「上海で迎春を楽しむ、亥年に幸せが満ちる」をテーマにした大型ランタンもお目見えした。多くの市民が携帯電話で撮影する姿は、フェスティバルの新年ムードを盛り上げた。台北ランタンフェスティバルは4年連続で上海市を招聘し、合同で展示を行っている。今年も上海観光フェスティバルのマスコット「楽楽(ルールー)」が元宵節のランタンと共に台北市を訪れ、台北市民や観光客と共に一家団らんの日とされる元宵節を祝った。(記者/林凱)<映像内容>台北ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:29.94
    2019年02月14日
    「新華社」輝く孔雀型のランタンで元宵節を祝う香港

    元宵節(旧暦1月15日)を迎えるにあたり、中国香港では14日から「雀屏春瑞燿香江」(香港に輝く孔雀の羽根と春の瑞祥)と題したランタンフェスティバルが行われ、さまざまな形をした孔雀型のランタンが数多く展示された。伝統的な制作技術で作られた11個の宮灯(つり灯籠)と1個の大型の走馬灯も飾られた。ランタンフェスティバルは、中国で古くから縁起の良い鳥とされる孔雀をテーマにしている。そのうち1組の大型の孔雀型ランタンは高さが5メートル以上、長さは約15メートルに達する。巨大な孔雀の羽根は2つの池にまたがりアーチを形作っている。デザインを手がけた担当者によると、孔雀型ランタンの羽根の部分はアイスブルー色のLEDライトで装飾し、伝統的な赤色や黄色とは異なる大胆な試みを行ったという。宮灯は伝統的な灯籠の形の一つだ。今回展示された11個の宮灯は六角形をしており、表面にはすべて挿絵の形で十二支や無形文化遺産が描かれている。無形文化遺産には粤劇(広東省の地方劇)やミルクティーの入れ方、男性用の長い中国服の作り方などの技術が含まれている。つり灯籠に囲まれているのは大型の走馬灯だ。ランタンの中ほどには回る羽根車が付いていて、回転時に浮かび上がる「大坑の舞火龍」(香港の大坑に伝わるファイヤー・ドラゴン・ダンス)をさらに生き生きとさせている。ランタンフェスティバルは19日の元宵節当日まで行われる。同日夜にはランタンフェスティバル以外に、元宵節のランタン祭りも開催され、芸術団体を招いて民族の歌や踊り、武術などの演目が披露される。(記者/陳其蔓、周錦銘)<映像内容>香港で孔雀をテーマにしたランタンフェスティバル開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:01.87
    2019年02月08日
    「新華社」「地下の四合院」でランタンフェスティバル河南省三門峡市

    「華灯溢彩千光照、火樹銀華不夜城」(華やかなランタンの彩あふれ千の光が照らす、灯火が輝く不夜城)。「錦繍華章歌盛世、百灯争艶鬧新春」(輝かしい美文で盛世を歌い、百のランタンが美しさを競い新春をにぎわす)。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市陝州(せんしゅう)区では地下の四合院とも呼ばれる「地坑院」(ちこういん、平地に穴を掘り四方の壁面に掘った洞穴を住居とする)を主な会場として、陸上、空中、水面や地表より下(の地坑院の中庭)などに全部で96組の灯籠(ランタン)作品を設置し、さまざまな形式の美しさを披露している。伝統的ランタンと現代的な光源を融合させており、陝州区の地坑院の文化的要素と亥年の要素を際立たせながら地元の民俗文化を示し、観光客の目を楽しませている。今回の陝州灯会(ランタンフェスティバル)は3月9日まで48日間にわたって開催される。(記者/李嘉南、楊靜)<映像内容>陝州灯会(ランタンフェスティバル)の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月08日
    中国各地を彩る春節イルミネーション

    8日、山西省大同市で古都ランタンフェスティバルを楽しむ観光客。中国では春節(旧正月)期間中、さまざまなランタンや電飾が街を鮮やかに彩り、訪れた大勢の観光客は美しい夜景に引き込まれた。(大同=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月08日
    中国各地を彩る春節イルミネーション

    8日、山西省長治市武郷県のランタンフェスティバルで亥年(中国でばブタ年)のランタンを楽しむ観光客。中国では春節(旧正月)期間中、さまざまなランタンや電飾が街を鮮やかに彩り、訪れた大勢の観光客は美しい夜景に引き込まれた。(長治=新華社配信/李勇)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月08日
    中国各地を彩る春節イルミネーション

    8日、山西省大同市で古都ランタンフェスティバルを楽しむ観光客。中国では春節(旧正月)期間中、さまざまなランタンや電飾が街を鮮やかに彩り、訪れた大勢の観光客は美しい夜景に引き込まれた。(大同=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月07日
    春節連休期間、北京市の観光客数は延べ811万7千人

    7日、北京市の南宮観光風景区にある五洲植物楽園で行われた新春ランタンフェスティバルを楽しむ観光客。中国の北京市文化・観光局は11日、春節(旧正月)連休期間中の観光客数と観光収入が前年同期比でいずれも増加したと発表した。同市を訪れた観光客は前年同期比53%増の延べ811万7千人、観光収入は同12・7%増の81億8500万元(1元=約16円)で、1人当たりの支出額は7・0%増の1008元だった。(北京=新華社配信/任超)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、縁起物の魚の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルを訪れた大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、「西遊記」をテーマとしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで出展したザリガニをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。羽の部分は目もくらむほどの鮮やかさを放つ。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルでさまざまな陶磁器で飾られた竜と鳳凰をかたどった大型ランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルを訪れた大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、陶磁器で飾られた巨大な竜の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、竹細工技術を駆使して作られた松とツルをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、つり灯篭の形をした巨大なランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、巨大なつり灯籠をかたどったランタンの下に集まる大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市

    5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月29日
    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市

    1月29日、西安市の大明宮国家遺跡公園でイルミネーション「天蓬降福」を観賞する観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/唐振江)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月29日
    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市

    1月29日、西安市永寧門外の南門広場でランタンを観賞する観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/趙釗)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月28日
    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市

    1月28日、西安市で2019西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)のランタンを観賞する観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/申立)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:26.42
    2019年01月28日
    「新華社」巨大なブタ型ランタンで春節を迎える江蘇省南京市

    ブタ年(日本ではイノシシ年)の春節(旧正月)を間近に控え、中国江蘇省南京市で28日夜、第33回中国秦淮(しんわい)灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕する。今回の灯会には「水・陸・空」での立体的なレイアウトを採用し、各展示エリアではそれぞれ特色あるランタンの展示を行い、全国各地から多くの観光客を集めている。夜のとばりが下りると、さまざまなスタイルの猪灯(ブタをモチーフにしたランタン)に明かりがともされた。デザインはいずれもユニークで、高さ約10メートルの巨大な「干支猪灯」、無邪気で可愛らしい本物のブタそっくりの「ミニ猪灯」などがあり、中でも夫婦の末長い幸せをイメージした「新婚猪」や学業成就の意味を託した「状元猪」には多くの観光客が記念写真を撮ろうと集まっていた。また、手づくりの「福猪掛件」(ブタモチーフの入った、壁などにかける装飾品)にも多くの観光客が足を止めていた。猪灯や伝統的な蓮花灯(水に浮かべるハスの花型のランタン)、金魚灯(金魚型ランタン)以外にも、竜と鳳凰が寄り添う「龍鳳呈祥」、南京の伝統芸能「南京白局」、「京劇臉譜(れんぷ・隈取り)」をデザインした民俗的特色のあるランタンが、観光客に一足早い年越し気分を届けている。(記者/林凱)<映像内容>ランタンフェスティバルの風景、撮影日:2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月28日
    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市

    1月28日、西安市で2019西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)で幻想的な雰囲気を味わう観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/劉永社)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月26日
    新春を彩るランタンフェスティバル湖北省宣恩県

    26日、湖北省宣恩県の市街地を流れる貢水河のほとりでライトアップを楽しむ観光客。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩(せんおん)県で26日夜、「仙山貢水・ロマンチックな宣恩」をテーマとした大型迎春ランタンフェスティバルのイルミネーションに明かりがともされた。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルの会場。(小型無人機から)中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:41.03
    2019年01月25日
    「新華社」輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕し、数万人の観光客が光と影が交差する色とりどりの空間で年越し気分を味わった。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。今回のランタンフェスティバルでは、同市陝州(せんしゅう)区の地坑院(ちこういん)、甘棠(かんとう)公園、市街地の3つのエリアに、計155組のランタンが展示された。地上、空中、水面、地下などにさまざまスタイルで飾り付けられたランタンフェスティバルが、鮮やかに幕を開けた。<映像内容>ランタンフェスティバルの風景、撮影日:2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルで輝くランタン。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルの会場。(小型無人機から)中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社配信/郝源)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月25日
    輝くランタンで新年を迎える河南省三門峡市

    25日、2019年陝州地坑院文化ランタンフェスティバルでランタンを観賞する観光客。中国河南省三門峡(さんもんきょう)市で25日夜、2019年陝州地坑院(ちこういん)文化ランタンフェスティバルが開幕した。地坑院は地面を四角く掘り下げ、その壁面を洞窟住居としたもので、同省山間部に多く見られる。メイン会場となった陝州(せんしゅう)区の地坑院には、96組のランタンが飾られた。伝統的なランタンと現代的なイルミネーションが、地坑院の持つ独特な民俗文化と組み合わさり、観光客の目を楽しませている。(三門峡=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    古城の夜を彩る春節イルミネーション陝西省西安市

    1月23日、西安市大雁塔の南広場でイルミネーションを観賞する観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国陝西省西安市では各地に飾り付けられたイルミネーションが点灯し、祝賀ムードに包まれた。(西安=新華社配信/王蓬勃)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    21日、恐竜をテーマにしたランタンの壁のそばを通る観光客。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    21日、高さ10メートルのランタン。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    2019豫園ランタンフェスティバル開幕上海

    21日夜、今年のテーマランタンは福と富を象徴する「福袋」と「金元宝」(きんげんぽう、昔の通貨)を手に持った高さ9メートルのキャラクター化された財神(福の神)。あどけなくとても可愛らしい。中国上海市の代表的な観光スポット豫園(よえん)で21日夜、「2019豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。2月22日まで33日間行われ、国内外から数百万人の観光客が訪れてランタンを鑑賞し、春節(旧正月)を祝う。国指定無形文化遺産の豫園新春民俗芸術灯会は今年で24回目の開催となる、上海で最も影響力のある春節を迎える民俗文化イベントで、上海で最も「年越し」の雰囲気が味わえる場所とされている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    21日、高さ22メートル、幅32メートルの七色の羽根を広げた孔雀のランタン。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    21日、さまざまな色の格子状の明かりで飾られた会場の入り口。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    21日、全長28メートル、幅9メートル、高さ14メートルの大型ランタン作品「年年有魚」の一部、竜門を登る鯉。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:48.42
    2019年01月21日
    「新華社」第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。今回のランタンフェスは四川省文化観光庁と自貢市人民政府の共催で、公園内には130組余りの大中のランタンが並び、市の中心部にも千点に及ぶランタン作品が飾られ「高く、大きく、新しく、かつ珍しく、美しい」という特徴を存分に示している。公園広場の中央にそびえ立つ「華夏楽章」と名付けられた巨大ランタンは、古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作した作品。公園の湖面の真ん中に設置された高さ22メートルのランタンは、鮮やかな七色の羽を広げた孔雀の造形となっている。周囲には咲き乱れる美しい花や仙界の樹木や鶴があしらわれ、その間を滝が落ち、川が流れ、水煙が立ち上っている。石橋の上には、毎年の豊かな暮らしを願う中国語「年年有余」の「余」と発音が同じで縁起が良いとされる魚を題材にした大型ランタン「年年有魚」が設置されている。来場者は魚の下を通り、頭上のランタンを鑑賞する。展示の仕方や形状は、現代の自貢ランタンの革新的作品といえる。今回も例年と同様、自然に優しい省エネ路線を維持し、より省エネ効果の高い光源を採用したほか、紙のチケットは全廃し、オンラインチケット制を導入した。(記者/楊華、劉海、王迪)<映像内容>第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    中国の伝統的なちょうちんを模した高さ25メートル、直径19メートルのランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月21日
    ユニークな恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省自貢市

    21日、自貢市の国際恐竜灯会に登場した、複数のランタンで構成される「錦鯉」を背景に自撮りするカップル。「第25回四川自貢国際恐竜灯会(ランタンフェスティバル)」が21日夜、大山鋪恐竜化石群遺跡で知られる中国四川省自貢(じこう)市の彩灯公園で開幕した。「美しい中華、多彩な自貢」をテーマとした今回の灯会では、空間の配置を調整し、新たなアイデアと新たな工芸手法を取り入れ、130組余りのランタンを製作、来場した市民や観光客にランタン芸術の競演を送り届けている。同灯会は3月末まで行われる。(自貢=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2