KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • テーマメイン
  • 世界遺産
  • ライトアップ
  • 文化遺産
  • 日光東照宮
  • 栃木県日光市
  • 中国福建省
  • 重要文化財
  • ドローン

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,945
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,945
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月20日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 19, 2021 - Washington, District of Columbia, USA - Political poster displayed in front of the Capitol Building in Washington D.C. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/ZUMA Press)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/ZUMA Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Law enforcement walk perimeter in front of Black Lives Matter Plaza. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Woman holds Black Lives Matter Flags in Black Lives Matter Plaza amidst quiet streets. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Woman holds Black Lives Matter Flags in Black Lives Matter Plaza amidst quiet streets. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    京都鉄道博物館 京都鉄道博物館・資料

    京都鉄道博物館=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2020年11月30日
    Humboldt Forum

    Humboldt Forum building, left, pictured on November 30, 2020, in Berlin, Germany. (CTK Photo/Ales Zapotocky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    Humboldt Forum

    Humboldt Forum building pictured on November 30, 2020, in Berlin, Germany. (CTK Photo/Ales Zapotocky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    Humboldt Forum

    Humboldt Forum building pictured on November 30, 2020, in Berlin, Germany. (CTK Photo/Ales Zapotocky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶魁(とうかい、陶製お玉杓子)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶製の豚小屋。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている鄴城の復元模型。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている銅雀台青石螭首(ちしゅ、螭は中国神話の霊獣)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている東魏・北斉時代のウサギをかたどった敷物の重石。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    農村の観光産業を振興広東省梅州市

    21日、広東省梅州市西陽鎮北連村で、コンテナを再利用したカラフルな建物を訪れた若い観光客。中国広東省梅州市ではここ数年、豊かな自然環境を生かした農村観光の振興に力を入れている。古民家や古くからの村落を整備するなどして、観光客の誘致を図っている。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    Crescent moon in Santiago Chile.

    November 19, 2020, Santiago, Metropolitana, Chile: The crescent Moon of November hiding behind the buildings of the eastern sector of Santiago, Chile. (Credit Image: © Matias Basualdo/ZUMA Wire)、クレジット:©Matias Basualdo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    Crescent moon in Santiago Chile.

    November 19, 2020, Santiago, Metropolitana, Chile: The crescent Moon of November hiding behind the buildings of the eastern sector of Santiago, Chile. (Credit Image: © Matias Basualdo/ZUMA Wire)、クレジット:©Matias Basualdo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    14日、普陀山観音文化園で行われた開園式の様子。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑の一角。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑の自然ホールで、生物資源をテーマとした展示を見学する親子。初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    12日、ライトアップされた普陀山観音文化園。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Hong Kong News - November 11, 2020

    November 11, 2020, Hong Kong, CHINA: View of Legco Building in Tamar. 11NOV20 SCMP/ Dickson Lee (Credit Image: © Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    中浜万次郎像

    ジョン万次郎こと中浜万次郎像=2020年10月24日、高知県土佐清水市

    撮影: 2020年10月24日、高知県土佐清水市

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、漆工芸品の制作に使われる道具や材料を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館を見学する来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、来場者に漆芸作品を紹介する解説員。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト「福州脱胎漆器髹漆技術」の代表的伝承者、鄭益坤(てい・えきこん)さんの作品を見つめる来館者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館の前を通り過ぎてゆく人たち。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、漆芸作品「大漆如意擺件」を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で金漆(きんしつ)木彫の作品を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で近代の漆画作品を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    Trump Election Protest

    November 4, 2020, North Las Vegas, Nevada, USA: People protest in support of counting all Nevada election votes in front of the Clark County Election Department Building. (Credit Image: © Miranda Alam/ZUMA Wire)、クレジット:©Miranda Alam/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月04日
    The Alipay Building The Alipay Building

    The Alipay Building near pudong New Area in Shanghai, China, Nov. 4, 2020.=2020(令和2)年11月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    China Transportation Construction China Transportation Construction

    YANGZHOU, CHINA - OCTOBER 30, 2020 - Exterior view of main building of Yangzhou east railway station, Yangzhou City, Jiangsu Province, China, on the evening of October 30, 2020.=2020(令和2)年10月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    China Transportation Construction China Transportation Construction

    YANGZHOU, CHINA - OCTOBER 30, 2020 - Exterior view of main building of Yangzhou east railway station, Yangzhou City, Jiangsu Province, China, on the evening of October 30, 2020.=2020(令和2)年10月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    China Transportation Construction China Transportation Construction

    YANGZHOU, CHINA - OCTOBER 30, 2020 - Exterior view of main building of Yangzhou east railway station, Yangzhou City, Jiangsu Province, China, on the evening of October 30, 2020.=2020(令和2)年10月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 00:57.80
    2020年10月30日
    「新華社」四川美術学院、創立80周年記念でライトアップフェス

    中国重慶市の四川美術学院はこのほど、創立80周年記念イベントの一環としてライトアップフェスティバルを開催、映像ショーやライトアップショー、建築物・景観照明、ライトアップ装置など各種芸術表現で市民の目を楽しませた。(記者/谷訓、楊仕彦)<映像内容>四川美術学院のライトアップフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    Dnipro hospitals receive new ALV apparatuses

    October 29, 2020, Dnipro, Ukraine: DNIPRO, UKRAINE - OCTOBER 29, 2020 - Building of the Dnipro Clinical Hospital no.16, Dnipro, southeastern Ukraine. (Credit Image: © Mykola Myakshykov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Mykola Myakshykov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月27日
    シルクロードの観光客、秋冬シーズンも増加甘粛省

    10月27日、甘粛省張掖(ちょうえき)市で全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の大仏寺を見学する観光客。中国北西部に位置する甘粛省は例年、晩秋を迎えると観光のオフシーズンに入っていたが、今年はシルクロードを訪ねる人が増加している。同省の河西回廊地区にある景勝地の中には、1日当たりの観光客数が受け入れ可能上限に達している場所もあることが同地区への取材で分かった。観光関係者はシルクロードの人気がここ数年上昇しているとみる。同省も引き続き秋冬観光のPRに力を入れており、広大な風景に癒しを求める人々を引き付けている。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    Sao Paulo skyline

    October 25, 2020, Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil: Night view of the Paulista Avenue skyline in Sao Paulo (Credit Image: © Paulo Lopes/ZUMA Wire)、クレジット:©Paulo Lopes/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区にある昔ながらのたたずまいを残した本屋で、店内を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    女性の壁画と文字 壁画アートで町再生を

    JR双葉駅前の薬局だった建物の外壁に描かれたドーナツを手にする女性の壁画。脇には「HERE WE GO!!!」と書かれていた=7日、福島県双葉町

    撮影: 7日、福島県双葉町

  • 2020年10月17日
    ドーナツ手にする女性の絵 壁画アートで町再生を

    JR双葉駅前の薬局だった建物の外壁に描かれた、ドーナツを手にする女性の壁画=7日、福島県双葉町

    撮影: 7日、福島県双葉町

  • 2020年10月17日
    壁画とモデルの吉田さん 壁画アートで町再生を

    JR双葉駅前の薬局だった建物の外壁に描かれたドーナツを手にする女性の壁画と同じポーズをとる、モデルとなった吉田岑子さん=7日、福島県双葉町

    撮影: 7日、福島県双葉町

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    上海国際芸術品取引月間が開幕、アートタワーもオープン

    16日、「西岸芸島アートタワー」の外観。中国上海市で16日、第2回上海国際芸術品取引月間が始まった。同市徐匯区浜江エリアの「西岸芸島アートタワー」も同時にオープンした。上海国際芸術品取引月間は、同市が国内外の文化芸術界を後押しするために開く展示・取引イベント。昨年第1回が開かれ、今年は2回目となる。来月15日までの会期中、各種アート作品の取引イベントが100件以上行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    神秘的なグゲ王国遺跡

    16日、チベット自治区ガリ地区札達県のグゲ王国遺跡。中国チベット自治区ガリ地区札達(ツァンダ)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡は、浸食や風化によって形成された「土林」と呼ばれる地形に築かれており、崩れ落ちた城や建物が自然の地形と一体となって荒涼とした景色を作り出している。1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、毎年大勢の観光客が見学に訪れている。(ガリ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    16日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、トウガラシを背景に記念撮影する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、「トウモロコシ横丁」にトウモロコシを干す新葉古村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、古民家の壁に並べられたトウガラシとトウモロコシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、ハスの葉が一面に干された「ハスの葉横丁」で記念撮影する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    New opening of the Jewish Museum Frankfurt

    15 October 2020, Hessen, Frankfurt/Main: The exterior wall of the extension building bears the lettering of the Jewish Museum Frankfurt. After five years of renovation, the Jewish Museum Frankfurt will reopen on 21 October. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、実を付けた新葉古村の柿の木。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、古民家の壁に並べられたトウガラシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    15日、新葉古村の池のほとりにびっしりと並んだトウガラシとトウモロコシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の大悲殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の山門。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    福建省最古の仏教寺院の一つ、梵天寺を訪ねて

    14日、梵天禅寺の大雄宝殿。中国福建省アモイ市同安区大輪山の南麓にある梵天(ぼんてん)寺は、同省最古の仏教寺院の一つで、隋の開皇元年(581年)に創建された。旧名は興教寺。北宋の熙寧2(1069)年に梵天禅寺と改名された。境内には宋の元祐年間(1086~1094年)に建てられた婆羅門(バラモン)仏塔があり、中国古代の宗教史や石彫芸術を研究するための重要な実物資料となっている。1961年に第1次省級文物保護単位(重要文化財)に指定され、1997年9月24日には再建落成式と仏像開眼式が行われた。豊かな自然と人文景観から「アモイ二十景」にも選ばれている。(アモイ=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    Ant Group Ant Group

    New ant group logo on Hangzhou headquarters building of ant group. Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 13, 2020.=2020(令和2)年10月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月13日
    Ant Group Ant Group

    New ant group logo on Hangzhou headquarters building of ant group. Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 13, 2020.=2020(令和2)年10月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月13日
    Ant Group Ant Group

    New ant group logo on Hangzhou headquarters building of ant group. Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 13, 2020.=2020(令和2)年10月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月13日
    中仏の歴史見守り続ける「バッセ氏の別荘」上海・淮海中路

    13日、現在の上海フランス総領事公邸、「バッセ氏の別荘」の外観。中国上海市の中心部、淮海中路1431号にある3階建ての庭付き西洋建築は1920年、フランスの銀行家ルシアン・バッセ氏の別荘として建てられたもので、現在は在上海フランス総領事公邸として使用されている。「バッセ氏の別荘」は13日、建築100周年、在上海総領事館設立40周年を迎えた。同総領事館はこれを記念し、今年10月から1年間、文学やアート、高等教育、グルメにまつわるさまざまな中国とフランスの交流イベントを企画しており、上海市と友好関係にあるマルセイユ市とオーベルニュ・ローヌ・アルプ地域圏も参加を予定している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...