KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • テーマメイン
  • ライトアップ
  • 世界遺産
  • 一般公開
  • メリケンパーク
  • 中国福建省
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 兵庫県神戸市

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,826
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,826
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月12日
    オープンした複合施設 「うなぎパイ」新複合施設

    春華堂がオープンした複合施設「SWEETS BANK」。巨大なテーブルやイス(左)を建物のデザインに組み込んだ外観と敷地に置かれたうなぎパイの紙袋のオブジェ(右手前)が特徴=12日午前、浜松市

  • 2021年04月02日
    道の駅室蘭みたら

    北海道室蘭市の道の駅室蘭みたらの正面口外観=2021(令和3)年4月2日、北海道室蘭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月02日
    崎守駅

    北海道室蘭市のJR室蘭線崎守駅外観=2021(令和3)年4月2日、北海道室蘭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月02日
    News - April 2, 2021

    April 2, 2021, ALBUQUERQUE, NM, USA: Exterior of the New Mexico Mutual building.Friday April, 02 , 2021. (Credit Image: © Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    News - April 2, 2021

    April 2, 2021, ALBUQUERQUE, NM, USA: Exterior of the New Mexico Mutual building.Friday April, 02 , 2021. (Credit Image: © Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    News - April 2, 2021

    April 2, 2021, ALBUQUERQUE, NM, USA: Exterior of the New Mexico Mutual building.Friday April, 02 , 2021. (Credit Image: © Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    News - April 2, 2021

    April 2, 2021, ALBUQUERQUE, NM, USA: The exercise room in the New Mexico Mutual building. Friday April, 02 , 2021. (Credit Image: © Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Jim Thompson/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    倶知安風土館

    北海道後志管内倶知安町にある郷土資料館「倶知安風土館」の建物外観=2021(令和3)年4月2日、北海道倶知安町、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月14日
    Country Garden Building Country Garden Building

    A view of a Country Garden building in Yichang, Hubei Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (6)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、「農村の応接間」として公開されている民居で、農村のオンドルを体験する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (7)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、「農村の応接間」として公開されている民居で、昔の生活用品を手に取る観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (4)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、「農村の応接間」として公開されている民居を見学する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (3)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、蔵馬鎮大馬家疃村の「農村の応接間」を見学する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (5)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、蔵馬鎮大馬家疃村の「農村の応接間」を見学する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (2)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、「農村の応接間」として公開されている民居で水汲み体験をする観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    (1)増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、蔵馬鎮大馬家疃村の「農村の応接間」を見学する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月11日
    Buckingham Palace in London, UK - 11 Mar 2021

    March 11, 2021, London, London, United Kingdom: General view of Buckingham Palace in London. (Credit Image: © Vuk Valcic/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Vuk Valcic/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、蔵馬鎮大馬家疃村の「農村の応接間」を見学する観光客。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    増収もたらす新たな舞台「農村の応接間」山東省青島市

    10日、蔵馬鎮大馬家疃村の「農村の応接間」を視察に訪れた関係者。中国山東省青島市西海岸新区の蔵馬鎮は2020年6月、建物管理の専門合作社(協同組合)を設立し、農村の使われていない家屋の活用を開始した。それぞれの遊休家屋を観光リゾートや「耕読文化(耕作をしながら学問をする昔の知識人の生活文化)」体験などを一体化させた施設「農村の応接間」に改造。一部の農民は観光収入が増え、出稼ぎに出る必要がなくなった。観光客も地元の民俗に触れ、農耕文化を体験できるようになった。村民は建物使用権の形で合作社に出資するだけで、毎年3千~5千元の収入を得ることができるという。「農村の応接間」は現在、地元農村の産業を発展させる新たなモデルとなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    Maccabees Building

    March 9, 2021, Detroit, Michigan, USA: Detroit, Michigan - The Maccabees Building, owned by Wayne State University, (Credit Image: © Jim West/ZUMA Wire)、クレジット:©Jim West/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (6)エジプトの芸術家、マッチ棒で北京の「天壇」を制作

    エジプトの首都カイロで、マッチ棒で天壇の祈年殿の模型を作るアハメド・ハッサン氏。(2月26日撮影)エジプトの芸術家、アハメド・ハッサン氏は、2013年から自国や他国の有名な建物の模型20点余りを設計・制作している。作品は全てマッチ棒を1本ずつ組み立てて作り上げたもので、まるで本物のような存在感を放っている。(カイロ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (1)エジプトの芸術家、マッチ棒で北京の「天壇」を制作

    エジプトの首都カイロで、マッチ棒で作った天壇の祈年殿の模型を披露するアハメド・ハッサン氏。(2月26日撮影)エジプトの芸術家、アハメド・ハッサン氏は、2013年から自国や他国の有名な建物の模型20点余りを設計・制作している。作品は全てマッチ棒を1本ずつ組み立てて作り上げたもので、まるで本物のような存在感を放っている。(カイロ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (2)エジプトの芸術家、マッチ棒で北京の「天壇」を制作

    エジプトの首都カイロで、マッチ棒で天壇の祈年殿の模型を作るアハメド・ハッサン氏。(2月26日撮影)エジプトの芸術家、アハメド・ハッサン氏は、2013年から自国や他国の有名な建物の模型20点余りを設計・制作している。作品は全てマッチ棒を1本ずつ組み立てて作り上げたもので、まるで本物のような存在感を放っている。(カイロ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (7)エジプトの芸術家、マッチ棒で北京の「天壇」を制作

    エジプトの首都カイロで、マッチ棒で天壇の祈年殿の模型を作るアハメド・ハッサン氏。(2月26日撮影)エジプトの芸術家、アハメド・ハッサン氏は、2013年から自国や他国の有名な建物の模型20点余りを設計・制作している。作品は全てマッチ棒を1本ずつ組み立てて作り上げたもので、まるで本物のような存在感を放っている。(カイロ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    New building

    03 March 2021, Hamburg: View of the new construction of an apartment building. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    New building

    03 March 2021, Hamburg: View of the new construction of an apartment building. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, Kungshamn, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月13日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月13日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, Kungshamn, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月13日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月13日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, boathouses in Smogen, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月13日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月13日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, Hasselosund, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月13日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月12日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, Fykan, Ramsvikslandet, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月12日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月12日
    SWEDEN WINTER SWEDEN WINTER

    Winter in the archipelago, Fykan, Ramsvikslandet, Bohuslan, on the west coast of Sweden.Photo: Anders Good / TT / code 2343 =2021(令和3)年2月12日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月08日
    Vltava river, Stvanice island, Ministry of Transportation, television tower, snow

    Prague panorama in snow - river Vltava, hydroelectric power station, building of Ministry of Transportation and Prague television tower, in Prague, Czech Republic, February 08, 2021. (CTK Photo/Martin Macak Gregor)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の建物内の大広間。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、2021年「読める建築」十大行動計画とデジタルバージョン3・0について説明する上海市文化・観光局の方世忠(ほう・せいちゅう)局長。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、上海市で行われた2021年「読める建築」春季チェックイン推薦ランキングリストの発表イベント。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    製塩作業場 若手職人の天日塩評判に

    建物の中にビニールハウスを設置した製塩作業場=2020年11月、高知県中土佐町

    撮影: 2020年11月、高知県中土佐町

  • 2021年01月20日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 19, 2021 - Washington, District of Columbia, USA - Political poster displayed in front of the Capitol Building in Washington D.C. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/ZUMA Press)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/ZUMA Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Covid Outbreak Among Ethnic Community HK

    January 20, 2021, Hong Kong, CHINA: Medical staff recording infected building on camera in the designated area where cluster explosion of Covid-19 are found consecutively among ethnic community living under poor condition.Jan-20,2021Hong Kong.ZUMA/Liau Chung-ren (Credit Image: © Liau Chung-ren/ZUMA Wire)、クレジット:©Liau Chung-ren/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Law enforcement walk perimeter in front of Black Lives Matter Plaza. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Woman holds Black Lives Matter Flags in Black Lives Matter Plaza amidst quiet streets. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    Biden-Harris Inauguration: Preparations

    January 17, 2021, Washington, District of Columbia, USA: Woman holds Black Lives Matter Flags in Black Lives Matter Plaza amidst quiet streets. (Credit Image: © Raquel Natalicchio/ZUMA Wire)、クレジット:©Raquel Natalicchio/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    「ハルビン氷雪大世界」を作り上げる氷上の芸術家

    ハルビン氷雪大世界の会場で、氷の建物の仕上げについてチームメンバーと話し合う孫宏岩さん(左から2人目)。(2020年12月31日撮影)中国黒竜江省ハルビン市で現在、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開かれている。20年以上氷雪芸術に携わってきた氷彫刻家の孫宏岩(そん・こうがん)さんは、今年も氷雪アート作品の制作に励んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    「ハルビン氷雪大世界」を作り上げる氷上の芸術家

    ハルビン氷雪大世界の会場で、氷の建物の仕上げについてチームメンバーと話し合う孫宏岩さん(中央)。(2020年12月31日撮影)中国黒竜江省ハルビン市で現在、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開かれている。20年以上氷雪芸術に携わってきた氷彫刻家の孫宏岩(そん・こうがん)さんは、今年も氷雪アート作品の制作に励んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    京都鉄道博物館 京都鉄道博物館・資料

    京都鉄道博物館=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2020年12月14日
    (5)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館水院(水を取り入れた中庭)の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (3)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館展示ホール1の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (1)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館の古い壁の一部。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (6)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館西側入り口広場。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (4)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館水院(水を取り入れた中庭)。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (2)伝統建築生かした文化館、海外サイトでトップ10入り上海市青浦区

    章堰文化館西側入り口広場。(資料写真)中国上海市青浦区重固鎮章堰村の章堰文化館がこのほど、イタリアのデザイン専門サイト「Designboom」発表の世界「博物館・文化センタートップ10」に選ばれた。文化館は、同市西郊に広がる江南の水郷地帯にあり、古い瓦や青いレンガの建物が並ぶ中、年代を感じさせる壁に囲まれ、際立った存在感を放っている。(上海=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    上海・新天地のアート 不思議な光る〝洗濯物〟

    光り輝くTシャツやズボン、スカートが揺らめくのは中国・上海で観光客に人気のエリア、新天地。伝統的な建築物を生かして再開発された街並みと、不思議な「洗濯物アート」が訪れる人を楽しませます。写真が趣味という85歳の女性は「昔はこの辺りの建物にたくさん人が住んでいたのよ」と、シャッターを切りながら、懐かしい情景を思い浮かべているようでした。(撮影・渡辺哲郎、共同)

  • 2020年11月30日
    Humboldt Forum

    Humboldt Forum building pictured on November 30, 2020, in Berlin, Germany. (CTK Photo/Ales Zapotocky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    Humboldt Forum

    Humboldt Forum building pictured on November 30, 2020, in Berlin, Germany. (CTK Photo/Ales Zapotocky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶魁(とうかい、陶製お玉杓子)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶製の豚小屋。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている鄴城の復元模型。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている銅雀台青石螭首(ちしゅ、螭は中国神話の霊獣)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている東魏・北斉時代のウサギをかたどった敷物の重石。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    農村の観光産業を振興広東省梅州市

    21日、広東省梅州市西陽鎮北連村で、コンテナを再利用したカラフルな建物を訪れた若い観光客。中国広東省梅州市ではここ数年、豊かな自然環境を生かした農村観光の振興に力を入れている。古民家や古くからの村落を整備するなどして、観光客の誘致を図っている。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    University of Tübingen - morning office

    20 November 2020, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Building of the University of Tübingen on the Morgenstelle. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    Crescent moon in Santiago Chile.

    November 19, 2020, Santiago, Metropolitana, Chile: The crescent Moon of November hiding behind the buildings of the eastern sector of Santiago, Chile. (Credit Image: © Matias Basualdo/ZUMA Wire)、クレジット:©Matias Basualdo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    Crescent moon in Santiago Chile.

    November 19, 2020, Santiago, Metropolitana, Chile: The crescent Moon of November hiding behind the buildings of the eastern sector of Santiago, Chile. (Credit Image: © Matias Basualdo/ZUMA Wire)、クレジット:©Matias Basualdo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    14日、普陀山観音文化園で行われた開園式の様子。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑の一角。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑の自然ホールで、生物資源をテーマとした展示を見学する親子。初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    12日、ライトアップされた普陀山観音文化園。中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Hong Kong News - November 11, 2020

    November 11, 2020, Hong Kong, CHINA: View of Legco Building in Tamar. 11NOV20 SCMP/ Dickson Lee (Credit Image: © Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Dickson Lee/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    中浜万次郎像

    ジョン万次郎こと中浜万次郎像=2020年10月24日、高知県土佐清水市

    撮影: 2020年10月24日、高知県土佐清水市

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、漆工芸品の制作に使われる道具や材料を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館を見学する来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、来場者に漆芸作品を紹介する解説員。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト「福州脱胎漆器髹漆技術」の代表的伝承者、鄭益坤(てい・えきこん)さんの作品を見つめる来館者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館の前を通り過ぎてゆく人たち。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で、漆芸作品「大漆如意擺件」を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福建省沈紹安漆芸博物館で金漆(きんしつ)木彫の作品を見つめる来場者。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    古民家で漆文化の奥深さを堪能福建省福州市

    5日、福州市鼓楼区朱紫坊にある福建省沈紹安漆芸博物館の一角。中国福建省福州市鼓楼(ころう)区朱紫坊にある芙蓉園がこのほど修繕され、福建省沈紹安漆芸博物館として生まれ変わった。現在はプレオープン中。同省は中国現代漆画(しつが)の発祥の地の一つで、漆文化が深く根付いた地域として知られる。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。同市は今年、古い建物の有効活用を図るため、同園に漆文化を伝える専門機関、沈紹安漆芸博物館と沈紹安漆芸研究所を設立した。同館には現在、明代から近現代までの漆芸作品約千点が収蔵されており、観光客らは昔ながらの建物を巡りながら、漆器の歴史を学ぶことができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...