KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 防止対策
  • 感染対策
  • 夜間経済
  • ナイトタイムエコノミー
  • コロナ対策
  • メカニズム
  • 中国陝西省
  • 始皇帝兵馬俑
  • 実名予約

「感染防止」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:38.62
    2021年02月24日
    「新華社」優良資源で観光の安定した回復を後押しチベット自治区

    中国チベット自治区ニンティ(林芝)市内にあるナムチャバルワ峰は標高7782メートルで、一年中雪に覆われている。「ナムチャバルワ」とはチベット語で「天空に突き刺す長矛」を意味し、頂上が独特な三角形をしていることから、そのように呼ばれている。今年の春節(旧正月)の連休期間中、ナムチャバルワ峰を望む色季拉山の展望台には、国道318号線を通って観光客が続々と訪れた。同自治区は2020年末、感染防止対策が常態化する中、新たな政策でチベット観光の安定した回復を推進するため、チベットを訪れる観光客に対し、観光地の入場料やホテルの宿泊費などが優遇されるキャンペーンを打ち出している。(記者/洛卓嘉措、孫陽)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    対局楽しむ人ら 「ふれる」精神の行方

    感染防止のため仕切り板を設置し、対局を楽しむ人たち。「オンラインとは感覚が違う。やっぱり人と打たないと」と話す=6月、東京都千代田区の日本棋院

    撮影: 6月、東京都千代田区の日本棋院

  • 2020年09月13日
    シートの個室 安心発声 合唱教室で

    ビニールシートで仕切られた〝個室〞で、練習に励む子どもら。岡山市内の幼稚園児~大学生の計95人が通う「岡山市ジュニア合唱教室」の練習会場となる岡山中央小(同市北区弓之町)には、ビニールシートで仕切られた〝個室〞が並ぶ。高さ約2メートルのシートが、受講生の前と両横を覆う構造。新型コロナウイルスの影響で3月から中止していた練習を夏に再開するに当たり、運営する公益財団法人・岡山文化芸術創造(同市)の職員がスーパーのレジの感染防止策を参考に、簡単に組み立てできるタイプを考案した。=2020(令和2)年9月13日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 00:44.65
    2020年09月12日
    「新華社」2020年上海観光フェス開幕観光消費を喚起

    中国上海市で12日夜、2020年観光フェスティバルが開幕した。秋の観光消費を喚起する。同日は東側への拡張工事を終えた南京路歩行街(歩行者専用道路)の新区間も開放され、ライトアップされた。今年は102の観光ルートと関連商品が用意され、27日までの期間中、156のイベントが行われる。オンライン旅行大手の携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ、旧シートリップ)や生活関連サービスの美団点評、インターネット検索大手の百度(バイドゥ)などの企業も特別イベントを開催する。同市は今年初めて観光フェスにオンライン・プラットフォームを導入した。観光客はスマートフォンで二次元バーコードを読み取るだけで、観光や買い物の情報を入手できるほか、アドバイスを受けることもできる。上海観光フェスティバルは1990年から開催されている。今年は新型コロナウイルス対策のため、感染防止対策チームを特別に設置している。(記者/張夢潔、李海偉)<映像内容>上海市の2020年観光フェスティバルが開幕、撮影日:2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月21日
    武漢市の観光地無料開放、全国で注目続く湖北省

    21日、黄鶴楼の入り口で保安検査と感染防止対策に協力する観光客。中国湖北省武漢市は新型コロナウイルス流行期間中に寄せられた支援への感謝を示すため、今月8日から市内のA級風景区を無料開放し、インターネット上で注目を集めている。無料開放の開始から約半月がたち、5A級(最高ランク)風景区の黄鶴楼、黄陂木蘭文化生態観光区、東湖風景区を含む市内23カ所のA級風景区はいずれも観光客でにぎわっており、1日の観光客数が7月の2倍に増えた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    にぎわう箱根湯本駅前 感染防止徹底、疑念広がる

    4連休の初日、マスク姿の観光客らでにぎわう箱根湯本駅前の商店街=23日、神奈川県箱根町

    撮影: 23日、神奈川県箱根町

  • 2020年07月27日
    省をまたぐ旅行商品が好調、再開から半月携程旅行網

    上海の旅行会社「春秋旅遊」がガイドのために用意した感染防止セット。(7月27日撮影)中国では省・自治区・直轄市をまたぐ団体旅行が再開されて半月余りがたち、旅行に出掛ける人が増えている。オンライン旅行大手の携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ、旧シートリップ)がこのほど発表した報告書によると、人気目的地への観光客数は前月に比べて最高で3・7倍、主要出発地からの観光客数は13倍に増えた。これまでに旅行会社4千社以上が営業を再開して同サイトに商品を提供している。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:48.30
    2020年07月22日
    「GoToトラベル」始まる 官房長官「経済再開の一環」

    新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている観光業界に対する政府の支援事業「Go To トラベル」が22日、東京都を除く46道府県で始まった。冷え込んだ旅行需要を回復させる起爆剤になると観光業者からは期待の声が上がる一方、県境を越えた感染拡大につながる恐れもある。観光客からは「手続きが複雑」との声も上がった。 菅義偉官房長官は定例記者会見で「経済の段階的再開の一環。検温や3密の回避など感染防止対策を講じ、このキャンペーンをうまく活用していきたい」と述べた。 政府は当初、全国一斉に支援事業を実施する予定だったが、東京都内での感染者急増を受け、16日になって東京除外を表明した。キャンセル料については、赤羽一嘉国土交通相が17日に「補償せず」と説明したが4日で撤回。21日に補償することを表明したが、詳細は決まっておらず、混乱が続く中での〝見切り発車〟となった。 <映像内容>菅義偉官房長官の記者会見、撮影日:2020(令和2)年7月22日、撮影場所:東京都千代田区の首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年7月22日

  • 01:34.09
    2020年07月18日
    「下野新聞」マスク姿の地蔵ずらり 日光・憾満ケ淵 感染拡大防止の願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大防止の願いなどを込め、「日光市女将(おかみ)の会」の日光地区の女将たちが17日、栃木県日光市匠町の景勝地・(憾満ケ淵かんまんがふち)の「並び地蔵」にマスクを着けた。並び地蔵は日光山の中興の祖天海(てんかい)大僧正の弟子が寄進し、数えるたびに数が異なるといわれることから「化け地蔵」とも呼ばれる。この日は、女将や地蔵を所有する日光山輪王寺の関係者らが集まり、女将たちが約2週間かけて手作りしたマスクを約70体の地蔵に丁寧に取り付けた。マスクの一部には宇都宮市の無病息災の縁起物「黄ぶな」の刺しゅうが施されている。国の観光支援事業「Go To トラベル」の開始を前に、初めて実施した取り組み。同会の根本方子(ねもとまさこ)会長は「感染防止をしながら、日光の旅行を楽しんでいただきたいとの思いを込めた」と話した。マスクを着けた地蔵は31日まで見ることができる。<映像内容>女将たちが「並び地蔵」にマスクを着ける様子、撮影日:2020(令和2)年7月18日、撮影場所:栃木県日光市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年7月18日

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を訪れた観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月19日
    視察する西村再生相 美術館の感染防止策を視察

    国立新美術館の新型コロナウイルス感染防止策を確認する西村経済再生相(右)=19日午前、東京都港区

  • 2020年06月16日
    夜市の魅力向上、夏の夜に新たな楽しみ天津市

    16日、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で営業を再開した天津市河西区の和悦匯夜市。中国天津市河西区の中冶・和悦匯夜市でこのほど、新たな営業モデル「夜間経済2・0」モデルの運用が始まった。夜市に親子で楽しめる遊び、文化芸術・クリエーティブ、グルメや軽食などの要素を取り込んで魅力向上につなげており、涼と娯楽を求める多くの人々を引きつけている。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.40
    2020年06月13日
    「新華社」武漢市の夜間経済が始動湖北省

    中国湖北省武漢市でこのほど、さまざまな新型コロナウイルス感染対策を行うことを前提に、夜市の営業が再開された。先ごろ行われた市民990万人に対する集中的な核酸検査の結果、感染確定者はゼロ、全域が感染低リスク地区となった。同市内では20世紀末に始まった保成路の夜市が最もよく知られている。全長1500メートル余りで、多い時には1200を超える屋台が並ぶ。再開後の同夜市はインターネット上で人気を呼び、観光客や市民が入口で感染防止措置に協力し、順番に入場している。武漢市は今月、テーマ別の消費イベントを展開し、夜間の観光や娯楽、飲食、ショッピング、宿泊、フィットネスなど特色ある夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を全面的に推進していく。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢市の夜市が営業再開、賑わう様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月09日
    売店のシート 京都鉄博、再開へ着々

    新型コロナウイルス感染防止のため、京都鉄道博物館売店のレジに設置される透明なシート=5日、京都市

    撮影: 5日、京都市

  • 2020年06月09日
    設置されたシート 京都鉄博、再開へ着々

    京都鉄道博物館の案内所に設置された、新型コロナウイルス感染防止のためのシート=5日、京都市

    撮影: 5日、京都市

  • 2020年06月09日
    取りやめの体験型展示 京都鉄博、再開へ着々

    京都鉄道博物館で、新型コロナウイルス感染防止のため使用が禁止された体験型展示=5日、京都市

    撮影: 5日、京都市

  • 00:55.86
    2020年06月02日
    「新華社」浙江省杭州市の名刹、霊隠寺が一般公開再開

    新型コロナウイルスの影響で4カ月間閉鎖されていた中国浙江省杭州市の霊隠寺が2日、秩序立てて一般公開を再開した。同寺は中国最古の仏教寺院で、中国十大古刹の一つでもあり、各時代の文化財を数多く保存している。南宋の僧侶、済公(さいこう)が出家した寺として国内外に知られ、開運を願う参拝客が絶えなかった。同寺は感染防止のため、1月24日から一般公開を中止。予定されていた「2020年新春仏教文化旅遊活動」など多くの人を集めるイベントの開催も取りやめた。一般公開再開後は感染対策として、入場する観光客や在家の信徒に検温と1メートル以上の対人距離を求め、入場後に屋内で立ち止まったり集まったりすることを禁じる。また、感染への警戒が続く間は、その他の注意事項も設ける。(記者/段菁菁)<映像内容>浙江省杭州市の霊隠寺が一般公開を再開、観光客の様子、撮影日:2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    使用禁止のタッチパネル 東京の博物館、再開へ準備

    感染防止対策として使用が禁止された国立科学博物館のタッチパネル=26日、東京・上野

  • 2020年05月27日
    使用禁止のタッチパネル 東京の博物館、再開へ準備

    感染防止対策として使用が禁止された国立科学博物館のタッチパネル=26日、東京・上野

  • 2020年05月14日
    プロパガンダアートの看板 「絵筆でコロナと闘う」

    新型コロナウイルス感染防止を訴えるプロパガンダアートの看板=4月3日、ベトナム・ハノイ(ロイター=共同)

    撮影: 4月3日、ベトナム・ハノイ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を選ぶ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、天津市の健康識別コード「津門戦疫」をスキャンする観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    感染防止へ、手指を消毒して展示室に入る来館者

    感染防止へ、手指を消毒して展示室に入る来館者=岡山県立美術館。岡山県は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため休止していた県立美術館(岡山市北区天神町)など5施設の利用を再開した。大型連休を自宅で過ごした市民らが久しぶりに訪れ、長引くコロナ禍の疲れを癒やしていた。再開は感染防止策の徹底が前提で、13日ぶりにオープンした県立美術館では、入場制限を行うことがあると呼び掛ける看板や、混雑を避けるため動線を規制するロープを新たに設置。スタッフは来館者一人一人の体調を確認し、手指の消毒に加え、展示室でも一定の距離を保つよう求めた。=2020(令和2)年5月7日、岡山県立美術館、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 岡山県立美術館。岡山県は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため休止していた県立美術館

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、観光客のために料理を提供する屋台の店員。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、南寧市中山路の夜市で、マスクを着用した観光客と屋台の店員。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、来場者数を把握するため、夜市を訪れる観光客に整理券を配布するスタッフ。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、営業を再開した南寧市中山路の夜市。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、観光客のために料理を提供する屋台の店長。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、中山路の夜市の入り口でスタッフに健康コードを提示する観光客。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、夜市でB級グルメを買い求める観光客。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.28
    2020年03月20日
    「新華社」棚田に広がる菜の花が満開重慶市

    20日は二十四節気の「春分」に当たり、大地が春めき万物がよみがえる季節が到来した。中国重慶市豊都県三建郷夜力坪村では、約千ムー(約66・7ヘクタール)の菜の花畑が満開を迎えている。空から見ると、入り組んだ棚田に咲き乱れる菜の花と緑の山々がくっきりとしたコントラストを描き出している。同村の第一書記、楊雲(よう・うん)さんによると、菜の花の生育状況は良好で、4月中旬には菜種を収穫でき、収穫後は村で菜種油を搾って、市内各地に販売する。今年は前年を上回る30万元(1元=約16円)以上の売上高を見込んでいるという。三建郷は現在、感染防止対策を確実に実施しながら、積極的に生産を再開している。菜の花が満開になったことから、菜の花畑を観光客に開放するが、入場規制を行うという。同郷職員の曾莉(そ・り)さんは「人数制限を設けることで、観光客が一カ所に固まらずに菜の花を鑑賞できるよう配慮する。1日の入場者数は延べ約800人とする。また、クラウド動画などのニューメディアのプラットフォームを利用してネット上で鑑賞できるサービスも実施する」と紹介した。(記者/黎華玲、蒋鋭)<映像内容>菜の花畑の風景、撮影日:2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.30
    2020年03月17日
    「新華社」瀋陽故宮など博物館8カ所、一般公開を再開遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館や張氏帥府博物館など博物館8カ所は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で中止していた一般公開を再開した。同日訪れた瀋陽故宮博物館では、正門に当たる大清門にパーテーションで仕切られた区画が設けられ、保安スタッフが来場者の体温測定や実名登録を実施。来場者は1・5メートル以上間隔を空けて列を作っていた。公開を再開した各博物館は、コロナウイルスの感染防止に万全を期すため、実名による事前予約制を実施している。来場者は入場の際に身分証明書原本の提示が必要で、入口では体温測定、館内ではマスクの着用が求められる。ウイルス流行期間中は入館制限も実施される。瀋陽故宮博物館は1日の来場者の数を午前と午後各2千人に制限。見学時間も2時間以内とするよう呼び掛けている。また、場内の人数が800人を超えないようにし、人の密度が高い時には状況に応じて入場制限などの措置を講じている。(記者/馮雷、趙洪南、姜兆臣)<映像内容>遼寧省瀋陽市の博物館が営業再開、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月02日
    成都市、複数の措置で感染流入を防ぐ

    2日、スーパーの入り口で検温のために並ぶ人々。中国四川省成都市はこのところ、国外からの感染流入リスクを防ぐために複数の措置を講じている。成都市新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制指揮部によると、同市を訪れた全ての入国者は市の予防・抑制管理規定を順守した上で、個人の健康情報や旅行歴を正しく記入し、感染予防・抑制部門の統一的な管理措置に積極的に協力しなければならない。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月19日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    19日、土登君乃さんの弟、成林文章(チンリンオンチャン)さんが描いた絵。チベット語で「医者の放つ薬の矢はウイルスを制す」という言葉が添えられている。土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州はチベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    17日、録音の前に、台本を書く土登君乃さん。土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州は青海チベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月16日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    16日、息子と一緒に音声ファイルを編集する土登君乃さん(左)。土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州はチベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月12日
    成都市、複数の措置で感染流入を防ぐ

    来店者の検温を行うイトーヨーカドー成都市双楠店。(2月12日撮影)中国四川省成都市はこのところ、国外からの感染流入リスクを防ぐために複数の措置を講じている。成都市新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制指揮部によると、同市を訪れた全ての入国者は市の予防・抑制管理規定を順守した上で、個人の健康情報や旅行歴を正しく記入し、感染予防・抑制部門の統一的な管理措置に積極的に協力しなければならない。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    土登君乃さんの弟、成林文章(チンリンオンチャン)さんが描いた絵。チベット語で「ウイルスに注意、手洗い励行」という言葉が添えられている。(2月7日撮影)土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州は青海チベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月06日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    土登君乃さんの弟、成林文章(チンリンオンチャン)さんが描いた絵。チベット語で「高齢者も大人も子どもも、マスクを着用しましょう」という言葉が添えられている。(2月6日撮影)土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州はチベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.34
    2020年02月04日
    雪まつり開幕、異例の警戒 新型肺炎影響

    迫力ある大雪像で知られる北海道の冬の祭典「さっぽろ雪まつり」が4日、メイン会場の大通公園(札幌市中央区)で開幕した。71回目の今年は新型コロナウイルスの感染防止のため会場に消毒液が置かれ、日英中3カ国語の放送でマスク着用や消毒を要請。中国が団体旅行を禁止した影響で宿泊のキャンセルが相次ぎ、来場者数の落ち込みが懸念されている。会場ではマスク姿の観光客が目立ち、休憩所内では念入りに手指を消毒する人もいた。今年は4月に白老町にオープンする「民族共生象徴空間(ウポポイ)」をイメージした大雪像や、アイヌ民族の神話を題材にしたものなど、大小200基の雪像や氷像を11日までの期間中に市内3会場で見られる。<映像内容>アイヌ民族の神話やサラブレッドなどを題材にした大雪像、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手などの中小雪像、マスク着用を促す張り紙や手を消毒する来場者の様子など、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2020(令和2)年2月4日

  • 2020年02月04日
    チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省

    土登君乃さんの弟、成林文章(チンリンオンチャン)さんが描いた絵。チベット語で「すべての患者が一日も早く回復しますように、生きとし生けるものがいつまでも元気でいられますように」という言葉が添えられている。(2月4日撮影)土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州は青海チベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    成都市、複数の措置で感染流入を防ぐ

    1日、駅の出入り口で実施された大規模な検温作業。中国四川省成都市はこのところ、国外からの感染流入リスクを防ぐために複数の措置を講じている。成都市新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制指揮部によると、同市を訪れた全ての入国者は市の予防・抑制管理規定を順守した上で、個人の健康情報や旅行歴を正しく記入し、感染予防・抑制部門の統一的な管理措置に積極的に協力しなければならない。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2003年04月03日
    マスク手に取る旅行客 関空はマスク売り切れ

    新型肺炎の影響で感染防止のため、関西空港内の薬局でマスクを手に取る旅行者=3日午前

    撮影: 3日午前

  • 1