KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大会準々決勝
  • 板東英二
  • タレント
  • 中日入団
  • 全国選手権
  • 全国高校野球
  • 夏の甲子園
  • 大会奪三振
  • 引き分け
  • 徳島商業

「準々決勝」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2015年06月25日
    徳島商の板東英二 今も輝く83奪三振

    第40回全国選手権大会準々決勝の魚津戦が打ち切り規定で再試合となり、2日間にわたり投げ抜くことになった徳島商の板東英二=1958年8月17日、甲子園球場

    撮影: 1958年8月17日、甲子園球場

  • 2011年12月01日
    甲子園で大会奪三振83 板東英二投手が中日入団

    1958年(昭和33)年12月11日、板東英二投手(徳島商)がプロ野球の中日に入団。夏の甲子園準々決勝で魚津高・村椿投手との0―0延長18回引き分け再試合が伝説となった。決勝で敗れたが大会奪三振83はいまだ破られていない。肘の故障でプロ11年間で77勝65敗。その後タレントに転身した。

  • 1958年08月17日
    板東が66奪三振 第40回全国高校野球第10日準々決勝

    順々決勝魚津―徳島商の再試合までの4試合で66奪三振の新記録を達成した徳島商業の板東英二投手。板東投手はこの大会6試合で83奪三振と記録を伸ばした=1958(昭和33)年8月17日、甲子園(野球2260)

    撮影: 1958

  • 1