KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国河北省
  • 中国浙江省
  • 中国貴州省
  • レジャー
  • 農村観光
  • スポット
  • ライトアップ
  • 田んぼアート

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,428
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,428
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月21日
    (7)厳冬の川面で羽ばたく鳥たち遼寧省瀋陽市

    18日、瀋陽市を流れる渾河の鳥島付近で、川面の鳥たちを眺める観光客。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市を流れる渾河に浮かぶ鳥島付近ではこのところ、多くのガンやカモが水面で戯れたり、餌をついばんだりする冬ならではの風景が広がっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (5)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区で写真を撮る観光客。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)中国最北端の都市、漠河の雪景色

    8日、上空から見た漠河市の景色。(小型無人機から)中国の最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市は冬が長くて寒く、最低気温は氷点下50度を下回り、積雪日数は210日を超える。10月から翌年の5月ごろまで冬景色やウインタースポーツを楽しむことができるため、極寒体験を目当てに毎年多くの観光客が訪れている。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)中国最北端の都市、漠河の雪景色

    8日、上空から見た漠河市の景色。(小型無人機から)中国の最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市は冬が長くて寒く、最低気温は氷点下50度を下回り、積雪日数は210日を超える。10月から翌年の5月ごろまで冬景色やウインタースポーツを楽しむことができるため、極寒体験を目当てに毎年多くの観光客が訪れている。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)中国最北端の都市、漠河の雪景色

    8日、上空から見た漠河市の景色。(小型無人機から)中国の最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市は冬が長くて寒く、最低気温は氷点下50度を下回り、積雪日数は210日を超える。10月から翌年の5月ごろまで冬景色やウインタースポーツを楽しむことができるため、極寒体験を目当てに毎年多くの観光客が訪れている。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)中国最北端の都市、漠河の雪景色

    8日、漠河市の北極星広場。(小型無人機から)中国の最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市は冬が長くて寒く、最低気温は氷点下50度を下回り、積雪日数は210日を超える。10月から翌年の5月ごろまで冬景色やウインタースポーツを楽しむことができるため、極寒体験を目当てに毎年多くの観光客が訪れている。(漠河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.72
    2021年01月12日
    「新華社」「南方の雪郷」に寒波到来湖南省雲氷山

    中国湖南省永州市藍山県にあり、広東省と境界を接する雲氷山は、このところの寒波の到来で山全体が雪と氷に覆われた。上空から見た山は見渡す限りの銀世界で、北国のような風景が広がる。奇妙な形をした松の樹氷が風に揺れる様子は、氷彫刻の芸術品のようにも見え、透き通った氷の結晶や霧氷は、陽の光に照らされてまばゆい光を放つ。雪の桟道に足を踏み入れた観光客は、童話の世界が現実になったかのような錯覚を覚える。雲氷山は毎年冬になると霧氷、樹氷、雪景、雲海の奇観が約1カ月にわたり順番に出現する。このため昔から「雲海の秘境、南方の雪郷」と呼ばれている。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、昆明市の海埂大壩で、ユリカモメの餌やりを楽しむ人たち。(小型無人機から)新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)新年の大空を舞うカモメ雲南省昆明市

    2日、船上でカモメの餌やりを楽しむ観光客。(小型無人機から)新年を迎えた中国雲南省昆明市ではここ数日、穏やかな天気が続いている。市内の滇池のほとりにある海埂大壩では元旦の連休中、越冬のために飛来したユリカモメと戯れる市民や観光客の姿が見られた。(昆明=新華社配信/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (8)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    ハルビン市内を流れる松花江で採氷を行う作業員。(2020年12月19日撮影、小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (4)武夷山国家公園が雪化粧福建省

    2020年12月31日、武夷山国家公園で雪景色を撮影する観光客。(小型無人機から)中国福建省武夷山市はこのほど寒波が到来し、気温が大幅に低下して降雪が続いた。武夷山国家公園では深く茂った木々がすっぽりと雪に覆われ、美しい銀世界が広がった。(南平=新華社配信/陳穎)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (4)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    ハルビン市のスターリン公園で作品の仕上げ作業をする氷彫刻家。(2020年12月31日撮影、小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (1)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    1日、ハルビン市内の防洪紀念塔とハルビン松花江氷雪カーニバルの会場。(小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月03日
    (14)新疆の「天馬の里」、観光産業の発展に尽力

    モンゴルキュレ県の天馬旅游文化園で、雪原を疾走する馬の群れ。(2020年12月31日撮影、小型無人機から)本格的な冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は、良質な氷雪資源を頼りに、競馬や同地の民間伝統競技「姑娘追」など多彩なイベントを催すことで、多くの観光客を引きつけている。伊犁河谷の北西部に位置し、広大な草原を擁する同県は、「天馬の里」と呼ばれ、県内ではさまざまな品種の馬12万匹が飼育されている。同県は近年、雪資源と馬を活用して、特色ある冬季観光ブランドを構築。観光の新業態を発展させることで、現地の農牧民の増収を後押ししている。(昭蘇=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    京都鉄道博物館 京都鉄道博物館・資料

    京都鉄道博物館=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2020年12月27日
    京都鉄道博物館 京都鉄道博物館・資料

    京都鉄道博物館=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2020年12月27日
    京都水族館など 京都市・資料

    京都水族館(手前)、京都鉄道博物館(左)、JR梅小路京都西駅(中央)=京都市(共同通信社ヘリから)

  • 2020年12月27日
    (1)幻想的な銀世界、太陽島国際雪像芸術博覧会が開催ハルビン市

    25日、今回のハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会のメイン雪像「華夏神竜」。長さ116メートル、高さ33メートルで、使用した雪の量は3万5千立方メートルに上る。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市でこのほど、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が開催された。来場者は雪像を鑑賞したり、雪で遊んだりして、冬ならではのイベントを楽しんだ。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.00
    2020年12月22日
    「新華社」海南省、免税店の売上急増離島免税政策が奏功

    中国国家発展改革委員会がこのほど発表した統計によると、7月に新たな離島免税政策が実施された海南省で、免税店の売上高が急激に伸びている。7月1日から11月30日の間に同省を訪れた観光客の免税品購入額は159億元(1元=約16円)に達し、前年同期比で約3倍となった。この間、同79%増となる約296万人の観光客がこの地を訪れている。同省では7月1日から、1人当たりの年間購入限度額が3万元から10万元に引き上げられた。 =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)黄河の乾坤湾にたたずむ会峰寨陝西省

    15日、高台から会峰寨を眺める観光客。(小型無人機から)中国陝西省の延川黄河蛇曲国家地質公園内に位置する会峰寨は、明の嘉靖25(1546)年に軍事要塞として築かれ、今では観光スポットになっている。東に黄河を望み、断崖絶壁に囲まれた場所にあり、北西に延びる細い道だけがこの地に通じている。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.11
    2020年12月14日
    「新華社」木々が生む絶景のコントラスト、観光客を魅了重慶市

    中国重慶市の山王坪カルスト国家生態公園は、11月中旬に1年で最も美しい時期に入った。緑と褐色の鮮やかなコントラストを描いた木々の絶景が、各地から訪れた観光客を魅了している。(記者/于暁蘇)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月12日
    (1)太陽島国際雪像芸術博覧会、準備大詰め黒竜江省

    10日、第33回太陽島国際雪像芸術博覧会が開かれる黒竜江省ハルビン市の会場。(小型無人機から)第33回太陽島国際雪像芸術博覧会が開かれる中国黒竜江省ハルビン市の会場では、雪像の制作が急ピッチで進められている。今月下旬の開幕を前に、準備は大詰めを迎えている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.27
    2020年12月11日
    「新華社」まるで絵巻、雪化粧した天門山風景区湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市の天門山風景区ではこのほど、寒気の影響で雪が降った。雲と霧がたなびき、うっすらと雪化粧した風景はまるで絵巻のようで、訪れた多くの市民や観光客を魅了した。(記者/阮周囲)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.94
    2020年12月08日
    Highway Construction in China

    The Shqian expressway asphalt pavement enters the final 100 meters of construction on December 8, 2020, in Chongqing, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 2020年12月08日
    紅葉が見頃、色とりどりに染まる岳麓山湖南省長沙市

    8日、湖南省長沙市の人気スポット、岳麓山の風景。(小型無人機から)中国湖南省長沙市岳麓(がくろく)区にある同市の人気スポット、岳麓山では、木々が色とりどりに染まり、燃えるように赤く色づいた紅葉が多くの観光客を魅了している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.24
    2020年12月07日
    「新華社」秦嶺山脈の霧氷陝西省鳳県

    中国秦嶺山脈に位置する陝西省鳳(ほう)県でこのほど、降雪があり、山間の木々に厚く積もった雪が作り出す霧氷の景観が多くの観光客を魅了した。(記者/都紅剛)<映像内容>雪が積もった秦嶺山脈、霧氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.12
    2020年12月07日
    「新華社」鮮やかな色彩が魅力的、冬のメタセコイアが見頃湖南省

    中国湖南省懐化市靖州(せいしゅう)ミャオ族トン族自治県の排牙山国家森林公園では、メタセコイアの葉が赤く色づき、訪れる人たちの目を楽しませている。同県はまた、造林地でさまざまなアウトドアイベントを行うことで、多くの観光客を引き付けている。(記者/周勉)<映像内容>排牙山国家森林公園の風景、紅葉したメタセコイア、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.43
    2020年12月02日
    「新華社」見頃迎えた紅河ハニ棚田雲南省元陽県

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州元陽県で、ハニ棚田が見頃を迎えている。この時期の棚田は水面がきらめき、森や村の風景と相まって、人と自然が調和しながら共生する美しい絵巻を見せてくれる。今年もその様子を一目見ようと大勢の観光客が訪れている。棚田では四季折々の景色を楽しむことができるが、毎年11月から翌年3月までが美しさを堪能するのに最適なシーズンとされている。(記者/曽維)<映像内容>見頃のハニ棚田の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.72
    2020年12月01日
    「新華社」中ロ国境の興凱湖に、美しい氷丘が出現黒竜江省

    中国黒竜江省とロシアの国境に位置する興凱(こうがい)湖は結氷期を迎え、岸辺の氷が圧力を受けて積み重なる氷丘現象が出現、一目見ようという多くの観光客でにぎわっている。冬になると広大な同湖はゆっくりと結氷していく。湖面の氷の層が強風に吹かれるたびに砕け、何度もぶつかり合い、押し合いながら凍結し、湖岸に大量の氷塊が堆積、何層にも折り重なり壮麗な景観を作り出している。(記者/侯鳴)<映像内容>興凱湖の空撮、氷丘の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.29
    2020年12月01日
    「新華社」鏡のようにきらめく初冬の平泉湖河北省賛皇県

    中国河北省石家荘市賛皇(さんこう)県にあるダム湖「平泉湖」は初冬を迎え、湖面が鏡のようにきらめいている。遠くの山並みが木々の間から見え隠れする様子は、絵のように美しい。山々に囲まれた同湖は1980年代に造られたダム湖だったが、ここ数年、継続的に行われてきた改良工事を経て、観光客に人気のスポットになっている。(記者/閆起磊)<映像内容>ダム湖「平泉湖」の風景、黄葉の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    農村の観光産業を振興広東省梅州市

    24日、広東省梅州市蕉嶺県三圳鎮東嶺村に建てられたユニークな形をした民宿施設。(小型無人機から)中国広東省梅州市ではここ数年、豊かな自然環境を生かした農村観光の振興に力を入れている。古民家や古くからの村落を整備するなどして、観光客の誘致を図っている。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    サツキとメイの家 ジブリパーク・資料

    「ジブリパーク」が整備される愛・地球博記念公園の「サツキとメイの家」=2020年9月9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2020年9月9日

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    林風眠記念館の一般公開始まる広東省梅州市

    22日、一般公開された林風眠記念館。(小型無人機から)中国広東省梅州市梅江区で22日、著名な現代画家で美術教育家でもあった林風眠(りん・ふうみん)のゆかりの品を展示する「林風眠記念館」が一般公開された。同館は延べ床面積1900平方メートル。客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の住宅の特色と長江以南地域の風情を併せ持つ建築方式で建てられている。林風眠は同市内の出身で、本名は林鳳鳴(りん・ほうめい)。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    農村の観光産業を振興広東省梅州市

    21日、観光向けに川を整備した広東省梅州市西陽鎮直坑村。(小型無人機から)中国広東省梅州市ではここ数年、豊かな自然環境を生かした農村観光の振興に力を入れている。古民家や古くからの村落を整備するなどして、観光客の誘致を図っている。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    アモイの空に色とりどりのたこ福建省

    21日、色とりどりのたこを眺める人々。(小型無人機から)中国福建省アモイ市で21、22両日、2020年アジア・スポーツカイト選手権(アモイ会場)およびアモイ国際凧揚げフェスティバルが開かれた。色とりどりのたこが空いっぱいに舞い、多くの市民や観光客を楽しませた。(アモイ=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    農村の観光産業を振興広東省梅州市

    20日、きれいに整備された広東省梅州市城北鎮玉水古村。(小型無人機から)中国広東省梅州市ではここ数年、豊かな自然環境を生かした農村観光の振興に力を入れている。古民家や古くからの村落を整備するなどして、観光客の誘致を図っている。(梅州=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.48
    2020年11月19日
    「新華社」コーラオ族の「三幺台」、村民に富をもたらす切り札に

    中国の国家級無形文化遺産に登録されているコーラオ族の「三幺台(さんようだい)」は、同族に伝わるユニークな食の風習。「幺台」とは「終了」を意味し、宴が茶、酒、食事の順に進んで終了することから「三幺台」と呼ばれる。コーラオ族の人々は大事な客をもてなす時や、重要なお祝い事などの際にこの宴を催す。貴州省遵義市にある竜潭コーラオ族の古い集落ではここ数年、地元の村民が食文化の風習を利用し、飲食と文化体験を融合させて「食」から同族の文化を観光客に体験してもらう取り組みを始めている。今では村民に富をもたらす切り札となり、村民1人当たりの平均可処分所得は2007年の千元(1元=約16円)未満から1万元以上にまで増加している。(記者/李驚亜)<映像内容>コーラオ族の「三幺台」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    World Largest Water Bridge Project World Largest Water Bridge Project

    Aerial view of the world‘s largest water bridge project. Hefei, Anhui Province, China, 14 November 2020.=2020(令和2)年11月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月14日
    World Largest Water Bridge Project World Largest Water Bridge Project

    Aerial view of the world‘s largest water bridge project. Hefei, Anhui Province, China, 14 November 2020.=2020(令和2)年11月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月14日
    World Largest Water Bridge Project World Largest Water Bridge Project

    Aerial view of the world‘s largest water bridge project. Hefei, Anhui Province, China, 14 November 2020.=2020(令和2)年11月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    運河三湾生態文化公園の冬景色江蘇省揚州市

    14日、空から見た運河三湾生態文化公園の冬景色。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園では、冬の訪れとともに木々が美しい黄金色に姿を変え、多くの市民や観光客がレジャーに訪れている。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑の一角。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.52
    2020年11月13日
    「新華社」木々の色鮮やか空から見た北京世園公園

    中国北京市延慶区にある北京世園公園では気温の低下に伴い、木々が鮮やかに色づいている。同園は昨年開かれた北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の跡地で、今年3月に一般開放を再開して以降、累計40万人の観光客を受け入れ、各種イベントを計170回以上開催した。北京園芸博の会場は、博覧会の遺産を十分に保護、活用しながら、新たな公園として生まれ変わっている。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>北京世園公園の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    大足石刻に観光客戻る重慶市

    12日、夕日に照らされる大足石刻宝頂山風景区。(小型無人機から)中国重慶市大足区にある大足石刻風景区では6月22日に観光客の受け入れを全面的に再開して以降、着実に客足が戻っている。同風景区は新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、1日平均約2千人を受け入れ、再び観光シーズンを迎えた。大足石刻は初唐時代に建造が始まり、宋時代に全盛期を迎えた。1999年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    大足石刻に観光客戻る重慶市

    12日、夕日に照らされる大足石刻宝頂山風景区。(小型無人機から)中国重慶市大足区にある大足石刻風景区では6月22日に観光客の受け入れを全面的に再開して以降、着実に客足が戻っている。同風景区は新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、1日平均約2千人を受け入れ、再び観光シーズンを迎えた。大足石刻は初唐時代に建造が始まり、宋時代に全盛期を迎えた。1999年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:28.69
    2020年11月12日
    「新華社」広大なイチョウ林で黄葉が見頃河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で千ムー(約67ヘクタール)近くのイチョウ林が黄色く色づき、見頃を迎えた。1日千人以上の観光客が鑑賞に訪れている。同地では1999年に整備を開始し、10万本以上のイチョウが植えられた。毎年10月末から11月上中旬に黄葉の時期に入ると、多くの人が詰めかける人気のスポットになっている。(記者/趙鴻宇)<映像内容>河北省邯鄲市の黄葉したイチョウ林の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.78
    2020年11月11日
    「新華社」色づく光霧山に紅葉狩りのにぎわい四川省

    中国四川省巴中市南江県の光霧山では、680平方キロにわたって木々の葉が鮮やかに色づき、紅葉を楽しむ大勢の観光客でにぎわっている。(記者/尹恒、楊華)<映像内容>紅葉した光霧山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.52
    2020年11月11日
    「新華社」秋たけなわ、彩り豊かな農村風景を堪能安徽省塔川村

    塔川村は中国安徽省黄山市黟(い)県の中心市街地から北東に15キロほど離れたところにあり、毎年11月になると、多くの観光客でにぎわう。村には伝統的なそり屋根「飛檐翹角」(ひえんぎょうかく)の古民家が立ち並び、澄んだ小川が流れ、山村特有の趣ある風情を醸し出している。秋になると、鮮やかに色づいた紅葉や民家の白壁、黒瓦が織りなす風景が一面に広がり、そのすがすがしさと美しさが訪れる人を魅了してやまない。(記者/水金辰、劉美子)<映像内容>安徽省塔川村の風景、「飛檐翹角」の古民家など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、上空から見た沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.50
    2020年11月07日
    「新華社」千年の歴史あるイチョウの大木陝西省麟遊県

    中国陝西省宝鶏市麟遊県旧市街地の城隍廟(じょうこうびょう、都市の守護神を祭る廟)にあるイチョウの木が見頃を迎えた。黄金のよろいをまとったように金色に輝く高さ30メートル余りの大木は1300年の樹齢を誇り、SNS映えするスポットとして観光客の人気が高い。(記者/都紅剛)<映像内容>城隍廟の見頃を迎えたイチョウの木、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:28.96
    2020年11月06日
    「新華社」秋深まる銭塘江の源流域浙江省開化県

    中国浙江省を流れる銭塘江の源流域に位置する衢州(くしゅう)市開化県斉渓鎮では11月に入り、色づいた木々と澄んだ流れが晩秋の景色を染め上げ、訪れた観光客を魅了している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>浙江省開化県の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.92
    2020年11月06日
    「新華社」菊の栽培で農家の増収を後押し河北省邯鄲市

    「菊花小鎮」の美称を持つ中国河北省邯鄲市(かんたんし)肥郷区南趙村ではこのところ、気温の低下とともに、千ムー(約67ヘクタール)以上にわたって咲き誇る菊が見頃を迎えている。同地ではここ数年、菊の栽培に取り組み、鑑賞、高度加工、生産品の展示販売などさまざまな業態の発展を進めることで、農家の増収を効果的に促進している。同村は金絲皇菊、婺源皇菊、崑崙雪菊など30余りの品種を栽培するとともに、菊酒、菊ジャム、菊の花パイ(菊花酥)などの製品の研究開発を行っている。現在、「菊花小鎮」の年間生産額は1千万元(1元=約16円)に上り、周辺にある24の村の安定的な増収を後押ししている。(記者/岳文婷、鞏志宏)<映像内容>菊の栽培、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.34
    2020年11月06日
    「新華社」街を彩る秋景色内モンゴル自治区バヤンノール

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市では秋を迎え、木々が黄金色に色づき、息をのむほど美しい景色が広がっている。都市緑地が31・7%を占める同市には43の公園があり、近年ますます多くの観光客が訪れている。(記者/李雲平)。<映像内容>内モンゴル自治区バヤンノールの紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.52
    2020年11月05日
    「新華社」廬山で紅葉が見頃に江西省

    中国江西省九江市の廬山は紅葉の名所として知られ、秋が深まると毎年、大勢の観光客が訪れる。<映像内容>廬山の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.34
    2020年11月05日
    「新華社」色付いたカエデが見頃迎える河北省邯鄲市

    秋から冬に移る時期を迎え、中国河北省邯鄲市峰峰鉱区では、2万株余りのカエデが赤く色付き、大勢の観光客が観賞に訪れ、散策を楽しんでいる。(記者/范世輝)<映像内容>河北省邯鄲市の紅葉、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    美しい道路、観光客を呼び地域発展をけん引青海省

    5日、扎碾公路。(小型無人機から)中国青海省の扎隆溝(さつりゅうこう)と碾伯(でんはく)鎮を結ぶ扎碾(さつでん)公路は、2019年6月に開通した2級道路で、互助北山国家森林地質公園や楽都倉家峡省級森林公園を経由し、沿線には山紫水明の美しい景色が広がる。同省の「最も美しい道路」としてネットで話題となり、多くの観光客がドライブで訪れる人気の撮影スポットとなっている。道路観光は、地域発展の原動力となり、沿線の貧困地域の状況を改善した。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    美しい道路、観光客を呼び地域発展をけん引青海省

    5日、扎碾公路を走る車。(小型無人機から)中国青海省の扎隆溝(さつりゅうこう)と碾伯(でんはく)鎮を結ぶ扎碾(さつでん)公路は、2019年6月に開通した2級道路で、互助北山国家森林地質公園や楽都倉家峡省級森林公園を経由し、沿線には山紫水明の美しい景色が広がる。同省の「最も美しい道路」としてネットで話題となり、多くの観光客がドライブで訪れる人気の撮影スポットとなっている。道路観光は、地域発展の原動力となり、沿線の貧困地域の状況を改善した。(西寧=新華社記者/戴天放)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    美しい道路、観光客を呼び地域発展をけん引青海省

    5日、扎碾公路を走る車。(小型無人機から)中国青海省の扎隆溝(さつりゅうこう)と碾伯(でんはく)鎮を結ぶ扎碾(さつでん)公路は、2019年6月に開通した2級道路で、互助北山国家森林地質公園や楽都倉家峡省級森林公園を経由し、沿線には山紫水明の美しい景色が広がる。同省の「最も美しい道路」としてネットで話題となり、多くの観光客がドライブで訪れる人気の撮影スポットとなっている。道路観光は、地域発展の原動力となり、沿線の貧困地域の状況を改善した。(西寧=新華社記者/戴天放)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    美しい道路、観光客を呼び地域発展をけん引青海省

    5日、扎碾公路達坂山2号大橋。(小型無人機から)中国青海省の扎隆溝(さつりゅうこう)と碾伯(でんはく)鎮を結ぶ扎碾(さつでん)公路は、2019年6月に開通した2級道路で、互助北山国家森林地質公園や楽都倉家峡省級森林公園を経由し、沿線には山紫水明の美しい景色が広がる。同省の「最も美しい道路」としてネットで話題となり、多くの観光客がドライブで訪れる人気の撮影スポットとなっている。道路観光は、地域発展の原動力となり、沿線の貧困地域の状況を改善した。(西寧=新華社記者/戴天放)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    秋色広がる万里の長城河北省遷西県

    4日、河北省遷西県の楡木嶺(ゆぼくれい)長城を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県内の万里の長城では周辺の木々が黄色や赤に色づき、秋の風景が多くの観光客の目を楽しませている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.16
    2020年11月04日
    「新華社」流氷の季節到来黒竜江呼瑪県

    気温の低下につれ、中国とロシアの国境地帯を流れる黒竜江の沿岸にある呼瑪(こま)県では4日、広範囲で流氷が出現し、さまざまな大きさや形の流氷が次々と下流へと流れ、雄大な景色が広がっている。黒竜江の371キロメートルにわたる呼瑪区間では現在、本格的な流氷期を迎えている。同区間では毎年4月末の川開き前と、冬を迎える10月末に流氷が見られ、中国北方地域独特の景観を楽しもうと大勢の観光客や写真愛好家が訪れている。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江呼瑪県の流氷の様子、撮影日:2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.60
    2020年11月04日
    「新華社」秋色に染まる秦巴山区、紅葉が見頃に湖北省十堰市

    中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山区に位置する湖北省十堰市鄖陽区では、大柳や城関、譚家湾などの多くの町や村で紅葉が見頃を迎えている。高い所から山野を見渡すと、まるで夕日に照らされているかのように赤く、幾重にも染められている。同区の紅葉はナンキンハゼやハグマノキなどが中心で、面積は10万ムー(約6600ヘクタール)を超える。毎年秋になると多くの観光客が観賞に訪れるという。(記者/李偉)<映像内容>湖北省十堰市の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.44
    2020年10月31日
    「新華社」紅葉シーズン真っ盛りの「太行山の空中村」山西省

    中国太行山の奥深くにあり、「太行山の空中村」と呼ばれる山西省平順県石城鎮の岳家寨村で、紅葉が見頃を迎えている。5月以降、20万人を超える観光客が同村を自家用車で訪れており、地元の旅館経営者の収入は1人当たり年平均1万1千元(1元=約16円)増える見通しとなっている。<映像内容>山西省の岳家寨村の紅葉の様子など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.40
    2020年10月31日
    「新華社」夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(記者/陸浩)<映像内容>広東省のイルミネーションイベントの様子、撮影日:2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    10月31日、広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で開幕したイルミネーションイベント。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    10月31日、広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で開幕したイルミネーションイベント。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    10月31日、広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で開幕したイルミネーションイベント。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    10月31日、広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で開幕したイルミネーションイベント。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    夜空を照らすイルミネーションイベント広東省

    10月31日、広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で開幕したイルミネーションイベント。(小型無人機から)中国広東省広州市従化区鰲頭鎮の西塘童話小鎮で10月31日夜、イルミネーションイベントが開幕し、約5千人が訪れた。会場に設置された数千万の照明が作り出す光の海や、躍動感あふれる光の芸術作品の数々が、来場者を光と影が織りなす幻想的な世界へと誘う。会期は29日まで。(広州=新華社配信/鄺健華)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    真っ赤なじゅうたん、世紀公園でコキアが見頃に上海市

    10月30日、世紀公園で真っ赤なコキアを観賞する観光客。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の世紀公園でこのところ、約2万平方メートルに広がるコキア(ホウキギ)が真っ赤に紅葉し、見頃を迎えている。世紀公園は2016年からコキアの栽培を開始、今では上海の秋を代表する景観を生み出している。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    真っ赤なじゅうたん、世紀公園でコキアが見頃に上海市

    10月30日、世紀公園で真っ赤に色づいたコキアを観賞する観光客。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の世紀公園でこのところ、約2万平方メートルに広がるコキア(ホウキギ)が真っ赤に紅葉し、見頃を迎えている。世紀公園は2016年からコキアの栽培を開始、今では上海の秋を代表する景観を生み出している。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    真っ赤なじゅうたん、世紀公園でコキアが見頃に上海市

    10月30日、世紀公園で真っ赤なコキアを観賞する観光客。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の世紀公園でこのところ、約2万平方メートルに広がるコキア(ホウキギ)が真っ赤に紅葉し、見頃を迎えている。世紀公園は2016年からコキアの栽培を開始、今では上海の秋を代表する景観を生み出している。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    盤山風景区の秋景色天津市

    29日、天津市薊州区の盤山風景区。(小型無人機から)中国天津市薊州区の盤山風景名勝区では秋の深まりとともに区内各所の木々が色づき、美しい景色が多くの観光客を引き付けている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、河北省沙河市欒卸村のイチョウ林を散策する観光客。(小型無人機から)中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    盤山風景区の秋景色天津市

    29日、天津市薊州区の盤山風景区。(小型無人機から)中国天津市薊州区の盤山風景名勝区では秋の深まりとともに区内各所の木々が色づき、美しい景色が多くの観光客を引き付けている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    盤山風景区の秋景色天津市

    29日、天津市薊州区の盤山風景区。(小型無人機から)中国天津市薊州区の盤山風景名勝区では秋の深まりとともに区内各所の木々が色づき、美しい景色が多くの観光客を引き付けている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    盤山風景区の秋景色天津市

    29日、天津市薊州区の盤山風景区。(小型無人機から)中国天津市薊州区の盤山風景名勝区では秋の深まりとともに区内各所の木々が色づき、美しい景色が多くの観光客を引き付けている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    盤山風景区の秋景色天津市

    29日、天津市薊州区の盤山風景区。(小型無人機から)中国天津市薊州区の盤山風景名勝区では秋の深まりとともに区内各所の木々が色づき、美しい景色が多くの観光客を引き付けている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    秋深まる洪沢湖湿地の景色江蘇省泗洪県

    10月29日、洪沢湖湿地国家級自然保護区を彩るメタセコイア。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市泗洪(しこう)県の洪沢湖湿地国家級自然保護区では秋の深まりとともに木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景色が広がり、多くの観光客を魅了している。(宿遷=新華社配信/許昌亮)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...