KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 世帯
  • 中国
  • 貧困
  • 記者
  • 令和
  • 脱却
  • 観光
  • 村民
  • 発展
  • 風景

「貧困世帯」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
並び順
  • 新しい順
96
( 1 96 件を表示)
  • 1
96
( 1 96 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年09月20日
    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市

    20日、タンカの制作技術を弟子に指導するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104458

  • 2020年09月20日
    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市

    20日、タンカを制作するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104426

  • 2020年09月20日
    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市

    20日、タンカを制作するノルブユルギェルさん。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104452

  • 2020年09月20日
    人を育てる高原のタンカ絵師チベット自治区チャムド市

    20日、タンカを制作するノルブユルギェルさんの弟子。中国チベット自治区チャムド(昌都)市テンチェン(丁青)県には、特殊な「学校」がある。ノルブユルギェルさん(50)は自宅に30平方メートルの「教室」を持ち、若者たちにタンカ(チベット仏教の仏画)制作を教えている。授業料は取らず、弟子が制作した作品を販売し、その収入は作り手に渡している。同県の代々タンカ芸術を継承する家に生まれ育ったノルブユルギェルさんは、子どもの頃から叔父に制作を教わった。彼の弟子の大半は近隣の県や郷の貧困世帯出身で、育った絵師は約10年で200人余りを数える。(テンチェン=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、パソコンでハチミツに関する情報を収集する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、張嵩現さんが生産したハチミツ。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201301

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器の重さを量る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅を出る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201240

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、顧客と通話する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201244

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、村の人たちに養蜂の経験を語る張嵩現さん(左から2人目)。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201273

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器にラベルを貼る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201276

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、容器に入ったハチミツをチェックする張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の階段を降りる張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201266

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201254

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.52
    2020年08月15日
    「新華社」世界ジオパークの村、貧困脱却を実現福建省

    中国福建省寧徳市周寧県礼門郷陳峭(ちんしょう)村は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されたエリアに位置し、美しい日の出や雲海、星空を見ることができる。村内には切り立った岩や洞窟、渓谷が点在し、真夏の平均気温が24度であることから、気候が近い雲南省の景勝地になぞらえ「福建東部のシーサンパンナ」と称される。同村は山が険しく、交通の便も悪いため、村民が出稼ぎ労働者となって離村し、空洞化が進んでいたが、村外で事業に成功した村民らが2010年に同郷会を創設し、資金を募って観光開発企業「陳峭旅遊開発」を設立、故郷の町づくりに着手し始めた。今のところ、荒れていた村落が国家3A級観光地へと姿を変えた。19年9月には観光発展を契機として同県が投資、建設した観光道路は同村に通じるようになり、沿線の複数の村落も活気づいた。陳峭村が19年に受け入れた観光客は延べ10万人を超え、村民の1人当たりの年収も1万4800元(1元=約15円)に達した。貧困世帯として登録されていた12世帯も17年末に全て貧困脱却を実現した。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>福建省の世界ジオパークの村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901866

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の断崖絶壁にある桟道を歩く観光客。(8月4日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村のきらめく夜景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    山肌を縫うように走る観光道路。(8月3日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村を彩る朝焼けの風景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村のきらめく夜景。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の遊歩道を歩く観光客。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の酒蔵(さかぐら)を見学する観光客。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103058

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    早朝の陳峭村とその周辺の風景。(8月3日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村にある古い廊橋(伝統建築の屋根付き橋)「楼下橋」。(8月3日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    早朝の陳峭村とその周辺の風景。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103065

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    朝の光を浴びながら、陳峭村の聚賢閣展望台付近を散策する観光客。(8月2日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    夕映えに染まる陳峭村。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    夕映えに染まる陳峭村の古民家と聚賢閣展望台。(8月2日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月02日
    「新華社」かつての貧困村が美しい観光村に変身福建省陳峭村

    陳峭村の断崖絶壁にある桟道を清掃する村民。(8月2日撮影)中国福建省寧徳市周寧県礼門郷後壠(こうろう)大峡谷の絶壁の上にある陳峭(ちんしょう)村は、避暑地として広く知られる。夏になると観光やキャンプ、ハイキングに訪れる人でにぎわう。10年前までの同村は、今とは全く異なる様相を呈していた。周囲を山々に囲まれ、交通の便が悪く、耕地が乏しく、水資源も不足している同村での生活は困難を極めた。1990年代になると、出稼ぎのために村民が次々と村を離れ、2005年には、かつて千人規模だった村が、留守を守る高齢者30余人のみが残る村に変わってしまった。しかし、村民たちの約10年間にわたる取り組みを経て、陳峭村は以前の貧しい「高齢者と子どもだけが残る村」から、「郷村観光」で知られる村へと発展していった。今では、出稼ぎに出ていた村民200人余りが相次いで帰郷・起業し、主に観光産業に携わっている。2019年に陳峭村を訪れた観光客数は、延べ10万人を突破し、農民の1人当たり年収は1万4800元(1元=約15円)に達した。2017年末には、村の貧困世帯12戸すべてが貧困からの脱却を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082103099

  • 2020年07月16日
    黄河の「孤島の村」娘娘灘、貧困脱却に成功山西省

    16日、船に乗り黄河で唯一人が暮らす「孤島の村」、山西省河曲県の娘娘灘村へ向かう観光客。中国の黄河の流れの中にあって唯一人が暮らす「孤島の村」娘娘灘村は数年前、中国の「的確な貧困救済政策」推進に伴い、貧困に別れを告げた。同村貧困世帯1人当たりの可処分所得は昨年、1万元(1元=約15円)を超えた。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの貧困に戻る心配はない。(河曲=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072804978

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座村近くの草地。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809377

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、神座風景区内の神座村。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809389

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、観光客を迎えるため庭の手入れをする神座村の住民。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809376

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809330

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809362

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809373

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、神座風景区内の神座村。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809272

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809299

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809392

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区神座村のチベット式住宅。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809401

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809306

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    鉱山旅行観光区の劇場で、演劇のリハーサルに参加する妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809268

  • 2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    演劇のリハーサルに参加するため、潔源村をバイクに乗って通り抜け、鉱山旅行観光区の劇場に向かう欧陽さん夫妻。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809342

  • 01:19.31
    2020年05月23日
    「新華社」中国の少数民族、花瑶族の田植え祭を訪ねて湖南省懐化市

    中国湖南省懐化市漵浦(じょほ)県にある山背花瑶棚田風景区で23日、第1回田植え祭が開催され、周辺地域から観光客が訪れた。祭り会場では魚のつかみ取りや田植えのほか、花瑶族の女性たちによる歌や踊りも披露され、来場者は風景区の自然の美しさを満喫した。山背花瑶棚田は、同省中西部の雪峰山北麓を構成する崇山峻嶺の山間地帯に位置する。平均標高は500~1500メートル余り、標高1300メートル以上の棚田の面積は3千ムー(200ヘクタール)を超え、雄大さと壮麗さと美しさが一体となった、中国で最も標高の高い場所にある棚田の一つとされる。風景区の建設が発展するつれ、近年、自宅近くで就業した村民は160人以上に達し、毎月2400元(1元=約15円)以上の給与を手するようになった。就業者には90世帯以上の貧困世帯も含まれている。(記者/丁春雨)<映像内容>田植え祭の様子、歌、楽器演奏、田植え、魚のつかみ取りなど、撮影日:2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802266

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    山西省忻州市岢嵐県宋家溝村を散策する観光客。(5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業によりには周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508881

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004526

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004542

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004452

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004454

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園で花の回廊の設営をするスタッフ。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004460

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004462

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004527

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004543

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004528

  • 2020年03月06日
    農村を彩るチューリップ四川省内江市

    6日、四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園を美しく彩る花畑。中国四川省内江市中区白馬鎮の永博現代農業公園でこのほど、20品種以上のチューリップ計50万株が相次いで開花した。色鮮やかな花畑が春の田園風景を美しく彩り、春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れた。養殖、栽培、飲食、観光、レジャーを一体化した同公園は、内江市にUターン起業した張永(ちょう・えい)さんが入手した500ムー(約33ヘクタール)余りの土地に建設された。延べ70人余りの村民世帯(半数は貧困世帯)の自宅近くでの就業を実現し、農村観光の発展を実現するとともに、地元住民の収入増を後押ししている。(内江=新華社配信/黄正華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004541

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900503

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900614

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900647

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900625

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900611

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900628

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900580

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、豚肉と白菜漬けの煮込みを味わう観光客ら。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900615

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304572

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304569

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、タンカの描き方を学ぶ若い女性。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304550

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、「レゴンタンカ」に描かれた仏像。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104290

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、尕蔵熱貢文化有限公司の貧困支援工場で働く地元の農牧民たち。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304629

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、無形文化遺産の伝習所で泥人形の作り方を学ぶ地元の若者。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304591

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、無形文化遺産の伝習所で泥人形の作り方を学ぶ地元の若者たち。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304703

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、タンカが壁一面に飾られた同仁県の「熱貢竜樹画苑」の展示ホール。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などが、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104249

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、泥塑仏像を丁寧に磨き上げる地元の人。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などは、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304581

  • 2019年10月11日
    悠久の歴史誇る「中国のタンカの里」青海省同仁県を訪ねて

    11日、「レゴンタンカ」に描かれた仏像。中国青海省黄南チベット族自治州同仁県は、「中国のタンカ(チベット仏教の仏画)芸術の里」と称され、同県を流れる隆務河のほとりには、チベット式の建築様式をもつ「タンカ画院」やチベット仏教芸術の中心地、レゴン(熱貢)地区の文化に携わる企業133社が立ち並ぶ。現地政府は長年にわたって無形文化産業と貧困層支援を結びつけ、「企業+貧困支援工場+貧困世帯」の支援モデルを通じて、貧困者の増収を後押ししてきた。タンカや堆繍(立体的に見える絹の刺繍の技法)、泥人形などが、2009年に「レゴン芸術」としてユネスコの無形文化遺産リストに登録された。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104221

  • 02:08.10
    2019年06月12日
    「新華社」自然を生かしたアグリテイメントで貧困脱却江西省九江市

    中国江西省九江(きゅうこう)市南西部にある廬山西海(ろざんせいかい)は、恵まれた自然の風景を生かして観光業を急速に発展させており、周辺村民の貧困脱却と増収を推し進めている。武寧(ぶねい)県巾口(きんこう)郷幸福里の村民で、今年43歳の王九生(おう・きゅうせい)さんの家庭は、王さんの母親が慢性的な病気を抱えていることなどから経済的に困難な状況にあり、幸福里の貧困世帯に指定されていた。2017年、王さんの暮らし向きに大きな変化が訪れた。この年の国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)、幸福里に廬山西海花千谷景勝地がオープンした。景勝地の面積は4500ムー(約300ヘクタール)で、投資総額は3億5千万元(1元=約16円)。観光客の増加につれ、幸福里で田舎暮らしを体験する「農家楽」(アグリテイメント)が誕生した。地元政府の支援と友人らの助けで、王さんは2018年初めに3階建ての建物を建設した。1階と2階部分をアグリテイメント用に貸し出し、毎年それなりに安定した宿泊料収入が得られるようになった。景勝地には現在、熱帯風情園、サルスベリ園、ラベンダー園、現代農業モデル園があり、2018年の来場者数は約23万人に達した。アグリツーリズムの人気は幸福里の発展をけん引している。(記者/黄和遜、余剛)<映像内容>廬山西海の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205659

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点で花の手入れをする農家。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205567

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205547

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205522

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205525

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた親子連れ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205605

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、空から見た貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205512

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205513

  • 2019年06月08日
    農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県

    8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205517

  • 2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、寝床で横になり、ひょうたんに丹念に絵を焼きつけていく王英傑さん。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111540

  • 2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、寝床で横になり、ひょうたんに丹念に絵を焼きつけていく王英傑さん。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111646

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、王英傑さん(左)にひょうたんの販売状況を尋ねる沁源県人民法院の官軍村駐在幹部、温瑞(おん・ずい)氏。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111634

  • 2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、王英傑さんが制作したひょうたん烙画の作品。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111649

  • 2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、父親に次の作品の構想や改善点を語る王英傑さん(右)中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111653

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、王英傑さんの父親(左)にひょうたんの生産状況を尋ねる沁源県人民法院の官軍村駐在幹部、温瑞(おん・ずい)氏。王英傑さんが作品制作に用いるひょうたんを確保するため、地元政府は栽培用のビニールハウスを設置した。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111642

  • 2018年10月08日
    寝床の上のひょうたん芸術家山西省沁源県

    8日、顧客に自分のネットショップやひょうたんの販売状況を説明する王英傑さん。中国山西省沁源(しんげん)県の官軍村に住む王英傑(おう・えいけつ)さんは、先天性の二分脊椎症による半身不随で寝床の上での生活を余儀なくされている。2015年末には貧困世帯としての認定を受けた。王さんは幼少時から重ねた苦労と天性の素質により絵画の技術を習得し、彫刻や切り紙の技能も身に着けた。貧困扶助を行う地元政府や村に駐留する作業チームは、この貧困青年が生きるすべを得られるように、現状を踏まえ、彼が長所を積極的に発揮できる環境を作り上げた。起業を勧め、彼のために「ひょうたん烙画(焼き絵)スタジオ」やネットショップを開設した。王さんが手作りするひょうたん烙画は地元の誰もが知る存在となり、多くのコレクターから愛されている。2017年末には自らの手で貧困脱却を達成し、地元の障がい者が強く生き、貧困者が志を抱き貧困を克服していく上での手本となった。(沁源=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111644

  • 2018年08月18日
    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県

    18日、陝西省安康市寧陝県にある上壩河国家森林公園で遊ぶ観光客。同県は「生態+観光」のモデルを絶えず革新し、2017年には延べ480万人の観光客が同県を訪れ、貧困世帯はエコ観光により平均で3千元(1元=約16円)余りの増収を実現した。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082207467

  • 2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800369

  • 2018年08月04日
    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県

    4日、福建省周寧県七歩鎮の蘇家山村に位置する「農業観光」の一体型施設、蘇家山レジャー農業基地を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700138

  • 1