KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 地元政府
  • 貧困世帯
  • 観光産業
  • 農村観光
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国甘粛省
  • 堅塁攻略
  • 民族衣装
  • 観光資源

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
229
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
229
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (6)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、空から見た新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村。(小型無人機から)パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (3)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村を行き交う住民と観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (2)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で休憩する地元住民。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (4)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で写真を撮る観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (7)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村の一角。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月31日
    アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で写真を撮る観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)=配信日:2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.07
    2020年11月20日
    「新華社」黒竜江省海倫市、障害者の就業技能訓練拠点を設立

    中国黒竜江省海倫市障害者連合会はこのほど、障害者などの特殊グループ向け就業訓練拠点を設立した。障害者の就業技能訓練を無償で行い、就業ルートを拡大し、貧困脱却を後押しする。拠点ではコンピューターやライブコマース、芸術パフォーマンス、剪紙(せんし、切り絵)、手工芸品制作など、障害者に合わせたさまざまな実用就業技能訓練を開設。受講者は無料で受講でき、安定した収入増が見込める。同拠点は既に受講者216人の申し込みを受け付けており、拠点内の貧困脱却支援作業場に障害者20人を配属する予定となっている。(記者/孫暁宇)<映像内容>障害者の就業技能訓練拠点の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    伝統的な果樹園、オーナー制度導入で産業を振興河北省易県

    1日、リンゴ狩りに訪れ記念撮影する観光客。中国河北省易県ではここ数年、貧困脱却のために継続的に果樹産業を育成・拡大し、農家の増収の一助としてきた。果樹の販売チャネルを拡大するため、同県牛岡郷ではリンゴの木のオーナー制度を開始。これまでに4千本余りがオーナーを得た。実りの季節を迎え、リンゴ狩りや写真撮影を楽しむ人々でにぎわい、まるでリンゴの「テーマパーク」のようになっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.64
    2020年10月08日
    「新華社」手織りの布製品と体験型観光で貧困脱却を後押し貴州榕江県

    中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県栽麻鎮にあるトン族の集落「豊登(とう)トン寨」は国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、伝統的なトン族の生活を肌で感じようと訪れた観光客でにぎわっている。集落は現在、電子商取引(EC)のモデル村になっている。地元の若い女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは村の出身者として初めて大学に進学したが、都市での仕事を辞めて故郷に戻り起業した。トン族の土布(手織り布)製品を日本やオーストラリアなどの国へ販売し、村の人々の貧困脱却と増収をけん引している。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、海外からの受注が多数キャンセルになったが、国内市場は有望で、ますます多くの観光客が体験型消費を求めて訪れている。また、多くの村人が民族伝統手工芸の継承に積極的に参加するようになっている。(記者/陳嬙、周宣妮)<映像内容>トン族の土布製品など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、パソコンでハチミツに関する情報を収集する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、張嵩現さんが生産したハチミツ。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器の重さを量る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅を出る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、顧客と通話する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、村の人たちに養蜂の経験を語る張嵩現さん(左から2人目)。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器にラベルを貼る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、容器に入ったハチミツをチェックする張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の階段を降りる張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    農村観光の発展で貧困脱却と増収を推進河南省大王溝村

    2日、大王溝村にある民宿の庭で、観光客とおしゃべりを楽しむオーナー(左から2人目)。中国河南省中部の伏牛山脈に位置する洛陽市嵩(すう)県徳亭鎮の大王溝村は、かつて居住環境が悪い貧困村だった。地元政府は近年、居住条件の改善や移転による貧困対策などを実施し、村民の生活水準の向上に尽力。村の景観を改善し、農村観光の発展を促進することで、村民の自宅近くでの就業、貧困脱却と増収を後押ししている。(洛陽=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    1日、甘南チベット族自治州夏河県に広がる桑科湿地。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    1日、甘粛省甘南チベット族自治州夏河県のラプラン寺貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    1日、甘南チベット族自治州夏河県に広がる桑科湿地。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    1日、「世界のチベット学学府」と呼ばれるラプラン寺。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    8月31日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市の風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    8月31日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市のミラレパ仏閣。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    8月31日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市の風景。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    8月31日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市の当周草原に並んだテント。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、絵筆や絵の具を整理する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、デッサンの練習をする肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、デッサンの練習をする肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、ミツバチの状態を確認する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村の自宅で、絵画の制作に取り組む肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、補聴器を装着する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村の自宅で、絵画の制作に励む肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、絵画の本を広げる肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮の貧困扶助スーパーで、制作した絵画作品を委託販売する肖明さん。地元政府が同スーパーで、売り場を設置し、肖明さんの絵画作品の販売を支援する。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、絵画作品を整理する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、肖明さんに養蜂の知識を教える貧困扶助幹部の鄧勃(とう・ぼつ)さん(左)。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、貧困扶助幹部らの写真を模写する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.52
    2020年08月15日
    「新華社」世界ジオパークの村、貧困脱却を実現福建省

    中国福建省寧徳市周寧県礼門郷陳峭(ちんしょう)村は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されたエリアに位置し、美しい日の出や雲海、星空を見ることができる。村内には切り立った岩や洞窟、渓谷が点在し、真夏の平均気温が24度であることから、気候が近い雲南省の景勝地になぞらえ「福建東部のシーサンパンナ」と称される。同村は山が険しく、交通の便も悪いため、村民が出稼ぎ労働者となって離村し、空洞化が進んでいたが、村外で事業に成功した村民らが2010年に同郷会を創設し、資金を募って観光開発企業「陳峭旅遊開発」を設立、故郷の町づくりに着手し始めた。今のところ、荒れていた村落が国家3A級観光地へと姿を変えた。19年9月には観光発展を契機として同県が投資、建設した観光道路は同村に通じるようになり、沿線の複数の村落も活気づいた。陳峭村が19年に受け入れた観光客は延べ10万人を超え、村民の1人当たりの年収も1万4800元(1元=約15円)に達した。貧困世帯として登録されていた12世帯も17年末に全て貧困脱却を実現した。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>福建省の世界ジオパークの村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    空から見た甘粛省甘南チベット族自治州臨潭県冶力関風景区。(8月14日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    空から見た甘粛省甘南チベット族自治州チョネ(卓尼)県。(8月13日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    甘粛省甘南チベット族自治州チョネ(卓尼)県の阿子灘村。(8月12日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    甘粛省甘南チベット族自治州チョネ(卓尼)県の阿子灘鎮。(8月12日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村の土産品を選ぶ観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村を散策する観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村の農家レストランに入る観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村を散策する観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    7月29日、梁家河村を散策する観光客。黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    黄河の「孤島の村」娘娘灘、貧困脱却に成功山西省

    16日、船に乗り黄河で唯一人が暮らす「孤島の村」、山西省河曲県の娘娘灘村へ向かう観光客。中国の黄河の流れの中にあって唯一人が暮らす「孤島の村」娘娘灘村は数年前、中国の「的確な貧困救済政策」推進に伴い、貧困に別れを告げた。同村貧困世帯1人当たりの可処分所得は昨年、1万元(1元=約15円)を超えた。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの貧困に戻る心配はない。(河曲=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    甘粛省甘南チベット族自治州ルチュ(碌曲)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村内の観光テント村。(6月20日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    甘粛省甘南チベット族自治州ルチュ(碌曲)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村の風景。(6月20日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    文化観光モデル村の一つ、甘南チベット族自治州ルチュ(碌曲)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村。(6月20日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    甘南チベット族自治州、色鮮やかな大地甘粛省

    甘粛省甘南チベット族自治州夏河県のラプラン寺建築群。(6月18日、小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛省、青海省、四川省の境に位置し、黄河の重要な水源補給地として毎年100億立方メートル以上の水を供給するとともに、秦巴山地の生物多様性を維持する役割も果たしている。魅力的な景観と民族風情を持つ同自治州には、国内外から多くの観光客が訪れる。同自治州は2019年から、地元の豊富な観光資源を生かし、文化観光産業と貧困脱却、環境整備、農村振興などを融合し、農牧民の収入増や小康(ややゆとりのある)生活の実現を目指している。(甘南=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座村近くの草地。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、神座風景区内の神座村。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、観光客を迎えるため庭の手入れをする神座村の住民。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、神座風景区内の神座村。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区神座村のチベット式住宅。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    高原の村落が貧困脱却を実現四川省

    15日、空から見た神座風景区内の神座村。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県の神座風景区は風光明媚で、森林や民俗文化などさまざまな観光資源に恵まれており、観光客は高原に広がる草地や森林を眺めたり、原生林で健康的なレジャーを体験したりするほか、チベット族文化の奥深い魅力に触れることもできる。同風景区はここ数年、観光客が増加傾向にあり、2016から20年5月までに延べ41万7500人を受け入れ、観光収入は計1億8400万元(1元=約15円)となった。観光業の発展により、17年から19年には風景区内の113の貧困世帯全てが貧困脱却を実現するなど、観光業が住民の貧困脱却と収入増に重要な役割を果たしている。(アバ=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    特産のヤマモモとネット販売や観光結び付け、貧困脱却後押し湖南省靖州

    6日、湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県にあるヤマモモ園で、ヤマモモを鑑賞し摘み取る観光客。中国湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県は、中国のヤマモモ主要産地の一つ。2千年以上前から栽培されており、果実が大きくジューシーで、風味が濃厚という特長を持つ。同県のヤマモモ栽培面積は10万ムー(約6700ヘクタール)にまで拡大し、年間生産量は6万9千トン、生産額は10億元(1元=約15円)余りとなっており、すでに1万5千人以上の貧困脱却を後押しした。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    特産のヤマモモとネット販売や観光結び付け、貧困脱却後押し湖南省靖州

    6日、湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県にあるヤマモモ園で、竹かごを持ちヤマモモを摘み取る観光客。中国湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県は、中国のヤマモモ主要産地の一つ。2千年以上前から栽培されており、果実が大きくジューシーで、風味が濃厚という特長を持つ。同県のヤマモモ栽培面積は10万ムー(約6700ヘクタール)にまで拡大し、年間生産量は6万9千トン、生産額は10億元(1元=約15円)余りとなっており、すでに1万5千人以上の貧困脱却を後押しした。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    鉱山旅行観光区の劇場で、演劇のリハーサルに参加する妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    演劇のリハーサルに参加するため、潔源村をバイクに乗って通り抜け、鉱山旅行観光区の劇場に向かう欧陽さん夫妻。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    色鮮やかなバラの花が導く貧困脱却への道雲南省丘北県

    5月29日、普者黒国家湿地公園のバラ園を散策する観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、1200ムー(80ヘクタール)にわたって食用バラが栽培されており、毎年4~10月に咲く色鮮やかな花が多くの観光客の目を楽しませる。食用バラを栽培する農業企業は、バラの生産加工と販売、観光を一体化させることで、地元住民300世帯以上を貧困脱却と収入増へと導いた。(丘北=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    色鮮やかなバラの花が導く貧困脱却への道雲南省丘北県

    5月29日、普者黒国家湿地公園のバラの花を撮影する観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、1200ムー(80ヘクタール)にわたって食用バラが栽培されており、毎年4~10月に咲く色鮮やかな花が多くの観光客の目を楽しませる。食用バラを栽培する農業企業は、バラの生産加工と販売、観光を一体化させることで、地元住民300世帯以上を貧困脱却と収入増へと導いた。(丘北=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    色鮮やかなバラの花が導く貧困脱却への道雲南省丘北県

    5月29日、普者黒国家湿地公園のバラの花を撮影する観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園では、1200ムー(80ヘクタール)にわたって食用バラが栽培されており、毎年4~10月に咲く色鮮やかな花が多くの観光客の目を楽しませる。食用バラを栽培する農業企業は、バラの生産加工と販売、観光を一体化させることで、地元住民300世帯以上を貧困脱却と収入増へと導いた。(丘北=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3