KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 顔合わせ
  • 鉱物顔料
  • 顔認証機能
  • 笑顔江西省
  • 人物通信
  • 伝統文化
  • 無形文化遺産
  • 名誉教授
  • 成田空港
  • ストックホルム

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,047
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,047
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月07日
    (4)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法について受講生とやりとりする張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (8)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教える張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (6)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教える張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (2)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教える張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法について受講生とやりとりする張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (1)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教える張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (7)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教える張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (5)敦煌壁画の絵画技法を教えるオンライン講座が人気甘粛省

    2日、敦煌小鎮鳴沙書院のスタジオで、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法について受講生とやりとりする張傑竜さん。中国甘粛省敦煌市で活動する若手画家の張傑竜(ちょう・けつりゅう)さんは2020年から、ライブ配信で敦煌壁画の絵画技法を教えており、受講生とやりとりしながら、敦煌の文化や芸術を伝える講座は人気を博している。これまで30回以上にわたってライブ配信を行ってきた。張さんは「全国の受講生の皆さんが敦煌と敦煌文化をどれほど愛しているかが、ライブ配信を通じてひしひしと伝わってくる。今後はオンライン講座の配信を増やし、より多くの人が敦煌壁画の絵画技法を学び、敦煌文化を理解することができるよう、取り組んでいきたい」と語った。1989年生まれの張さんは現在、甘粛省芸術家協会の会員を務める。幼い頃から美術を愛し、敦煌芸術の薫陶を受け、長年にわたり敦煌壁画の研究や岩彩画(鉱物系顔料で描いた絵画)の模写作業に励んでいるという。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    The Work Of The Artist Beaver In Poznan

    May 6, 2021, Poznan, Wielkopolska, Poland: The work of art of the sculptor beaver found in the forest near the pond. (Credit Image: © Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire)、クレジット:©Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    The Work Of The Artist Beaver In Poznan

    May 6, 2021, Poznan, Wielkopolska, Poland: The work of art of the sculptor beaver found in the forest near the pond. (Credit Image: © Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire)、クレジット:©Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    The Work Of The Artist Beaver In Poznan

    May 6, 2021, Poznan, Wielkopolska, Poland: The work of art of the sculptor beaver found in the forest near the pond. (Credit Image: © Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire)、クレジット:©Dawid Tatarkiewicz/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    作品と佐藤さん 日常を少しでも良く

    自らデザインした「クールミントガム」のペンギン像を前に笑顔の、紫綬褒章に決まったグラフィックデザイナー、佐藤卓さん

  • 2021年04月23日
    Amadeo Souza-Cardoso Exhibition in Vila Nova de Gaia, Portugal - 23 Apr 2021

    April 23, 2021, Vila Nova de Gaia, Portugal: A view of a Dessins wall during the exhibition..The exhibition, Drawings and caricatures by Amadeo de Souza-Cardoso were inaugurated in Casa-Museu Teixeira Lopes/Galerias Diogo de Macedo, the biggest museum in Gaia. (Credit Image: © Teresa Nunes/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Teresa Nunes/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    笑顔のみやぞんさん 聖火リレー岐阜2日目

    聖火のトーチを掲げて沿道の人たちに笑顔で手を振る、お笑いタレントのみやぞんさん=4日午後、岐阜県大垣市(代表撮影)

    撮影: 4日午後、岐阜県大垣市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月24日
    (1)新疆博物館、所蔵文化財の保護修復プロジェクトを完了

    19日、新疆博物館文化財科技保護センターで、仮面を着けた踊り手をかたどった彩色塑像の顔料層の剥離部分を補強する職員。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆ウイグル自治区博物館(新疆博物館)で行われていた織物、金属、彩色塑像を含む中国国家文物局の重点文化財保護プロジェクト5件が23日午前、無事終了した。所蔵文化財の保護修復プロジェクト5件は3年にわたって行われ、計118点(セット)の文化財が保護・修復された。そのうち織物は67点(セット)、金属は31点(セット)、彩色塑像は20点(セット)で、貴重な文化財の占める割合がやや高くなっており、一級文化財は14点(セット)、二級文化財は6点(セット)、三級文化財は11点(セット)だった。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    菜の花と富士山 富士山と菜の花の「共演」

    菜の花と富士山を一度に楽しめることで知られる神奈川県二宮町の「吾妻山公園」では、菜の花が咲き誇り、写真撮影を楽しむ多くの人でにぎわった。県内から遊びに来たという三冨敏さん、敦子さん夫妻は、新型コロナウイルスの影響で「新婚旅行も里帰りもできていない」という。感染対策として車で来園したという2人は、菜の花を前に「きれいで癒やされますね」と笑顔を浮かべた=27日午後

    撮影: 27日午後

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Mother and son wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: A family wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 seen at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: A family wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 embrace each other as they say good bye at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Travellers during a global pandemic in Tokyo, Japan - 07 Feb 2021

    キーワード:成田空港、出発ロビー、利用者、利用客、搭乗者、旅行客、新型コロナウイルス、マスク-February 7, 2021, Tokyo, Japan: Travellers wearing facemasks as a preventive measure against the spread of covid-19 line up at a check-in point at Narita Airport..As Covid-19 coronavirus infections surge, Japanese authorities have closed borders for most of the travellers. (Credit Image: © Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Viola Kam/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:01.76
    2021年02月05日
    湖面から氷のキノコ 北海道糠平「自然の芸術」

    北海道上士幌町にあるダム湖の糠平湖で5日、キノコのようなユニークな形をした氷がにょきにょきと顔を出していた。発電のための放水で水位が下がって凍った湖面が、水面下にあった切り株に押し上げられて円盤状に浮き上がった。大きなものは高さ1メートルを超え、3月上旬まで見られるという。季節によって水没して見え隠れするため「幻の橋」と呼ばれる旧国鉄士幌線のアーチ橋「タウシュベツ川橋梁」のほとりでも氷のキノコが見られた。<映像内容>キノコのような氷の様子、アーチ橋など、撮影日:2021(令和3)年2月5日、撮影場所:北海道上士幌町

    撮影: 2021(令和3)年2月5日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    イチゴ狩りをする親子 イチゴ姿も味わって

    イチゴのイラストで縁取られたフェースシールドを着けイチゴ狩りを楽しむ親子。東日本大震災で被災した宮城県山元町の「山元いちご農園」の岩佐隆社長がコロナ禍でも楽しんでできる感染症対策を考案した。今シーズンは、台湾など海外からの観光客が渡航できず来場者は激減。「先が見通せず不安は消えないが、下ばかり向いてもいられない」と踏ん張る。イチゴが大好きな娘の優苺葉ちゃんと訪れた角田市の斎藤李紗さんは「コロナは不安だったけどかわいいし、安心して楽しめた」と笑顔をみせた=8日

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    イチゴ狩りをする親子 イチゴ姿も味わって

    イチゴのイラストで縁取られたフェースシールドを着けイチゴ狩りを楽しむ親子。東日本大震災で被災した宮城県山元町の「山元いちご農園」の岩佐隆社長がコロナ禍でも楽しんでできる感染症対策を考案した。今シーズンは、台湾など海外からの観光客が渡航できず来場者は激減。「先が見通せず不安は消えないが、下ばかり向いてもいられない」と踏ん張る。イチゴが大好きな娘の優苺葉ちゃんと訪れた角田市の斎藤李紗さんは「コロナは不安だったけどかわいいし、安心して楽しめた」と笑顔をみせた=8日

    撮影: 8日

  • 2021年01月07日
    雪で遊ぶ子ども、タイ 〝日本の冬〟を体験

    舞い落ちてくる雪を全身に浴びてはしゃぐのは熱帯の国、タイの子どもたち。首都バンコクで〝日本の冬〟をテーマにしたイベントが開催されました。人工雪で雪遊びが体験できるコーナーでは、ゴーグルとマスクを着けて冷たい雪の感触を楽しめます。見守っていた母親は、コロナ禍で旅行に連れて行けないので子どもが喜ぶ姿を見るのはうれしいと笑顔でした。(撮影・浮ケ谷泰、共同)

  • 2020年12月17日
    笑顔の倉田真由美さん 頑張った事実、支えに

    漫画家の倉田真由美さん

  • 2020年12月04日
    作品を持つ小熊さん 生花店主の彫る熊が人気

    自分の作品を手に笑顔の小熊秀雄さん=北海道八雲町

    撮影: 北海道八雲町

  • 00:07.00
    2020年12月01日
    「新華社」カンゼ・チベット族自治州の若者、ネット人気で故郷の観光を後押し四川省

    中国のインターネットでこのところ、四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県出身の、澄んだ瞳と輝く笑顔を持つ20歳の牧畜民の若者、タシテンジン(扎西丁真)さんが思いがけず人気を集めている。タシテンジンさんの写真や動画はここ数日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」や動画投稿アプリの「抖音(ドウイン)」などのインターネットプラットフォームで大量に拡散。11月30日現在、動画は累計274万回以上の「いいね」を獲得している。人気の理由について、ネット上では「ワイルドでかわいくて純真」な外見と評する声がある。都会で暮らすネットユーザーたちはタシテンジンさんのルックスに魅了され、さらに取材を受ける時に見せる純真さと素朴さに感動、「ネット有名人の正統派」や「ワイルドスイートボーイ」と呼んでいる。タシテンジンさんは現在、ふるさと理塘県の観光イメージキャラクターを務めている。地元の人によると、ネット上でタシテンジンさんの人気が高まるにつれ、同県の「勒通古鎮」や「格聶神山」などの観光地の人気が急上昇している。今年は、わざわざ観光ルートを変更して同県を訪れる観光客も少なくないという。ネット上で追っかけをする多くのファンが、人気と故郷の経済発展への貢献を両立できる、タシテンジンさんのようなネット有名人が増えることを願うとコメントしている。(記者/康錦謙)<映像内容>カンゼ・チベット族自治州の扎西丁真さん、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 2020年11月25日
    レリーフと矢口高雄さん 矢口高雄さんが死去

    「釣りキチ三平」のレリーフの前で笑顔の矢口高雄さん=2016年10月、秋田空港

    撮影: 2016年10月、秋田空港

  • 2020年11月21日
    水を抜いた養魚池でにぎやかな魚取り浙江省杭州市

    21日、西渓湿地の養魚池で魚取りを体験し笑顔を見せる観光客。中国浙江省杭州市の西渓国家湿地公園で21日、「乾塘節」が開催された。漁師らが養魚池の水を抜き、防水つなぎを着た観光客が池に入り、魚取りを体験した。同湿地の一帯では古くから、冬を迎える頃に養魚池の水をくみ上げて泥をかき出す習慣がある。当日は魚やドジョウを捕まえるにぎやかな光景が広がる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.40
    2020年11月13日
    「新華社」顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、中国国内で唯一、科学的な発掘調査で見つかった顔真卿の初期の筆跡となる。考古チームは今年6月から、秦漢新城龔東(きょうとう)村にある漢~唐代の墓の発掘調査を実施。隋唐時代の墓が多数出土し、元氏一族の墓3基と墓誌4点を確認した。顔真卿の筆による墓誌は、上の蓋石と下の誌石がいずれも51・4センチ四方で、花や草、四神の線刻で縁取られた蓋石の上面には篆書体(てんしょたい)16文字が、誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれていた。西安碑林博物館の陳根遠(ちん・こんえん)研究員は、今回見つかった羅婉順の墓誌は顔真卿が38歳の時に書いたもので、初期の書道作品の特徴である繊細で優雅な筆致が現れていると述べた。(記者/梁愛平、楊一苗)<映像内容>秦漢新城の調査、顔真卿の筆による墓誌、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    冬到来告げる 土佐清水市以布利 ヤッコソウ 愛らしく

    冬の訪れを告げるヤッコソウが、高知県土佐清水市以布利の雑木林で顔を出し始めている。落ち葉の間から顔をのぞかせたヤッコソウ=2020(令和2)年11月9日、高知県土佐清水市以布利 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月05日
    路上画家の似顔絵はいかが

    インドネシア・ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    路上画家の似顔絵はいかが

    インドネシア・ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    路上画家の似顔絵はいかが

    インドネシア・ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    路上画家の似顔絵はいかが

    インドネシア・ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    路上画家のギャラリー 路上画家の似顔絵はいかが

    パサール・バルと呼ばれる一帯の道路沿いにある路上画家のギャラリー=10月1日、ジャカルタ(共同)

    撮影: 10月1日、ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    路上画家らの作品 路上画家の似顔絵はいかが

    人物の顔を写実的に、胴体や手足を短めに描いた路上画家らの作品=10月1日、ジャカルタ(共同)

    撮影: 10月1日、ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    画家のチーフさん 路上画家の似顔絵はいかが

    スマートフォンの画面に映し出された客の顔を見ながら、似顔絵を描くチーフさん=10月1日、ジャカルタ(共同)

    撮影: 10月1日、ジャカルタ

  • 2020年11月05日
    画家のエコさん 路上画家の似顔絵はいかが

    注文客の顔写真を片手に、作品に向き合うエコさん=10月1日、ジャカルタ(共同)

    撮影: 10月1日、ジャカルタ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、昆明市にある海埂大壩でユリカモメへの餌やりを楽しむ観光客。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、昆明市にある海埂大壩でユリカモメへの餌やりを楽しむ観光客。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、昆明市にある海埂大壩でユリカモメへの餌やりを楽しむ観光客。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、観光客から餌を受け取ったユリカモメ。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、昆明市にある海埂大壩でユリカモメへの餌やりを楽しむ観光客。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    カモメ舞う街に人々の笑顔雲南省昆明市

    1日、昆明市にある海埂大壩で観光客が手にした餌をついばむユリカモメ。温暖な気候から「春城」(春の都)と呼ばれる中国雲南省昆明市ではこのところ、ユリカモメが飛来し、市民や観光客を笑顔にしている。同市内にユリカモメが初飛来したのは1985年。以来30年以上にわたり「春城の約束」が続いている。(昆明=新華社配信/王冠森)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    北京で青海チベット高原の各民族の新生活をテーマにした写真展

    16日、自身の作品「マツタケの豊作」を紹介する写真家の顔勁松(がん・けいしょう)さん。中国北京市の中国文芸家之家展覧館で16日、青海チベット高原で暮らす各民族の新しい生活をテーマにした写真展「晴れた空」が開幕した。同展には101点の作品が展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    北京で青海チベット高原の各民族の新生活をテーマにした写真展

    16日、作品「幸せに満ちた顔」を見つめる来場者。中国北京市の中国文芸家之家展覧館で16日、青海チベット高原で暮らす各民族の新しい生活をテーマにした写真展「晴れた空」が開幕した。同展には101点の作品が展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.32
    2020年10月08日
    「新華社」住民の芸術作品で村が観光地に浙江省寧波市

    ポーランド出身の哲学博士で中国浙江大学寧波理工学院の研究者、アルトゥル・レガ氏は、浙江省寧波市寧海県葛家村を訪れた際、「芸術が中国の地域再生事業で重要な役割を果たし、環境美化だけでなくコミュニティーの雰囲気改善にもつながり、住民を笑顔にしている」と語った。2019年、中国人民大学芸術学院の芸術家が同村で「村の芸術家」試験を実施。地元住民は芸術によって村の環境を一変させた。村の中のさまざまな装飾はほぼ全てが村民によるもので、1200年の歴史を持つ村は現在、人気観光地となり、年間3万人以上の観光客を受け入れている。レガ氏は「自分が暮らしている場所の住み心地や雰囲気が良くなるし、ほとんどの住民も肯定的な反応を示すだろう。芸術を原動力として住民の活動を刺激するやり方は、とてもいいアイデアだと思う」と称えた。(記者/鄭夢雨)<映像内容>浙江省寧波市の村の風景、装飾など制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月20日
    和服を着たアベック にぎわう浅草・仲見世通り

    4連休2日目となった20日、東京・浅草の仲見世通りは多くの観光客らでにぎわい、新型コロナウイルス感染拡大で減少していた客足が戻った。家族で先週も訪れたという神奈川県の男性は「明らかに人が増えた。子供もにぎやかなのがうれしいようだ」と声を弾ませる。インバウンド客向けだったという土産物店の女性店員は、観光支援事業「Go To トラベル」が東京を対象に追加するのを前に「国内のお客さまに向け工夫をしないといけない。ようやく前向きに仕事ができる」と笑顔だった。

  • 2020年09月20日
    マスク姿の観光客ら にぎわう浅草・仲見世通り

    4連休2日目となった20日、東京・浅草の仲見世通りは多くの観光客らでにぎわい、新型コロナウイルス感染拡大で減少していた客足が戻った。家族で先週も訪れたという神奈川県の男性は「明らかに人が増えた。子供もにぎやかなのがうれしいようだ」と声を弾ませる。インバウンド客向けだったという土産物店の女性店員は、観光支援事業「Go To トラベル」が東京を対象に追加するのを前に「国内のお客さまに向け工夫をしないといけない。ようやく前向きに仕事ができる」と笑顔だった。

  • 2020年09月20日
    マスク姿の観光客ら にぎわう浅草・仲見世通り

    4連休2日目となった20日、東京・浅草の仲見世通りは多くの観光客らでにぎわい、新型コロナウイルス感染拡大で減少していた客足が戻った。家族で先週も訪れたという神奈川県の男性は「明らかに人が増えた。子供もにぎやかなのがうれしいようだ」と声を弾ませる。インバウンド客向けだったという土産物店の女性店員は、観光支援事業「Go To トラベル」が東京を対象に追加するのを前に「国内のお客さまに向け工夫をしないといけない。ようやく前向きに仕事ができる」と笑顔だった。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月16日
    新疆カシュガルにチャーター便秋冬観光シーズン始まる

    16日、カシュガル古城風景区を訪れ、笑顔を見せる観光客。秋冬観光シーズンを迎える中国新疆ウイグル自治区のカシュガル空港に16日、上海市からの観光客を満載したチャーター便が到着した。同自治区を支援する観光チャーター便は12月末まで週4便の運航を予定しており、自治区外からカシュガルに観光客5千人を送り届ける。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の顔料成分を検査する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月28日
    最先端のAI技術を体験、「宋慶齢文化空間」オープン上海市

    28日、AIによる顔認識技術を体験する子どもたち。中国福利会はこのほど、上海市の衡復歴史文化風貌区にある「宋慶齢(そう・けいれい)文化空間」の運用を開始した。同施設は今後、良質かつ公益的な教育活動、芸術および人文展示活動を展開し、女性・子どもに関する事業の発展成果を共有するための新たな窓口となる。今回は最初の取り組みとして、子どもたちの課外活動用の施設、中国福利会少年宮などが主催する子どもAIインタラクティブ体験展「小小AI七巧夢想」が開催された。同展は、インタラクティブな体験を通じて子どもたちに最先端のAI技術に触れ、AIに興味をもってもらうことを目的としているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    倉敷市の大原美術館 4カ月半ぶり再開

    再開した館内で、名画を鑑賞する入館者。新型コロナウイルスの影響で休館していた大原美術館(岡山県倉敷市中央)が25日、約4カ月半ぶりに再開した。美観地区の〝顔〞が復活し、美術ファンらは久々の名画を堪能、近隣の商店はにぎわい回復へ期待を寄せた。=2020(令和2)年8月25日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    無形文化遺産を楽しむ夏休み湖南省長沙市

    8日、長沙市無形文化遺産展示館で湖南省伝統演劇の「湘劇臉譜(れんぷ、隈取)」の面を顔に当てる観光客。中国湖南省長沙市橘子洲(きっししゅう)観光地にある長沙市無形文化遺産展示館ではこのところ、多くの市民が訪れており、見学や各種体験を通して夏休みのひと時を楽しんでいる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.80
    2020年08月05日
    「新華社」北辺の地の芸術「北安木彫」を守る若き匠黒竜江省北安市

    中国黒竜江省北安市にある北安木彫芸術館の作業場では、スタンドの明かりの下で李宝峰(り・ほうほう)さんが彫刻刀を手に黙々と作業を続けている。それほど広くない室内には、木くずを被った木工用具が所狭しと並ぶ。1986年生まれの李さんは、北安木彫の4代目継承者。代々続く木工職人の家に生まれ、幼い頃より父から技術を学んだ。北安の木彫は置物が中心で、精巧で美しい細工と独創的な芸術性が特徴。民間の職人が宮廷の木彫芸術を取り入れ、独自の発展を遂げた。李さんの作品は単純な具象的な美を強調するのではなく、対象物や作者の精神性や抽象的な要素を取り込んでいる。これこそが彼が北安木彫にもたらした革新であり、実際に李さんの作品のテーマは極めて多岐にわたる。木彫で身を立てようとした当初は、生活を維持するに苦労したという。李さんも外に出て多くのアルバイトを経験した。ただ彫刻家としての夢を捨てることはなかった。「コックの仕事をしていた時にはいつも食材に彫刻を施していた。お客はもったいないと言って食べなかった」と当時を振り返る。人々の生活が向上し、精神生活への要求が高まると、李さんの周りでも民芸品に関心を示す人が増えた。木彫芸術の市場も広がりを見せた。時代の流れを感じた李さんは木彫の世界に戻った。初めて作品が売れた時は「人に認められたのがうれしかった」としつつも「少しは良い工具が買える」が本音だった。電動のこぎりが買えなかった頃は、手引きのこぎりで1日かけて丸太を切断したこともあったという。再び木彫に取り組み始めた後も苦労は絶えなかった。当初は自宅で作業をしていたが、木くずのせいで娘のせきが止まらなくなり、仕方なく作業場を借りた。「お金がなかったので暖房のない倉庫を借りた。真冬は零下20度以下まで下がり、分厚い綿入れを着ていても寒さで震えた」と語る。李さんは昔の苦労を振り返る時も笑顔で話す。「巡り巡って最後には自分が一番好きな事を仕事にすることができた。とても幸せなことだ」と述べ、何かに打ち込んでいる時にはつらさは感じず、あるのは幸せだけだと語った。北安の木彫は2019年、黒竜江省の無形文化遺産リストに登録された。<映像内容>北安木彫の制作の様子、作品の物撮り、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    国境の村、農業と観光業の融合・発展を推進吉林省

    1日、琿春市の敬信鎮防川村を散策する観光客。中国吉林省延辺朝鮮族自治州琿春(こんしゅん)市の敬信鎮防川村は、中国・ロシア・朝鮮3カ国の国境が接する地域に位置する。日本海までの距離がわずか15キロであることから、「日本海に最も近い中国の村」として知られる。同村は近年、民俗風情や郷土文化を生かした民宿・観光、農家楽(アグリツーリズム)などを展開。農業と観光業の融合・発展を推進し、特色ある郷村観光ブランドを打ち出すことで、多くの観光客を引きつけている。(琿春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    国境の村、農業と観光業の融合・発展を推進吉林省

    1日、琿春市敬信鎮防川村で、美しい風景を楽しむ観光客。中国吉林省延辺朝鮮族自治州琿春(こんしゅん)市の敬信鎮防川村は、中国・ロシア・朝鮮3カ国の国境が接する地域に位置する。日本海までの距離がわずか15キロであることから、「日本海に最も近い中国の村」として知られる。同村は近年、民俗風情や郷土文化を生かした民宿・観光、農家楽(アグリツーリズム)などを展開。農業と観光業の融合・発展を推進し、特色ある郷村観光ブランドを打ち出すことで、多くの観光客を引きつけている。(琿春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    講話する松野世菜さん 語り部やデジタル手法多彩

    長崎市の小学校を訪問し、山脇佳朗さんの被爆体験を語り継ぐ松野世菜さん=7月、長崎市

    撮影: 7月、長崎市

  • 01:20.54
    2020年07月20日
    紫に染まる丘、観光客ら満喫 富良野でラベンダー満開

    北海道富良野地方の代名詞、ラベンダーの花が満開の時期を迎えた。中富良野町の観光農園「ファーム富田」では約6万株が咲き誇り、観光客は丘一面に紫色のじゅうたんを広げたような風景を満喫した。見ごろは今月末まで。なだらかな丘陵地を色の濃淡や香りが異なる5種類のラベンダーが彩る。ピンクのコマチソウやオレンジのキンセンカなど色とりどりの花々が並び、虹がかかったように見えるエリアも人気だ。青空が広がった20日は家族連れやカップルが笑顔で写真撮影を楽しんでいた。<映像内容>「ファーム富田」のラベンダー畑、全景や寄り、観光客の様子など、撮影日:2020(令和2)年7月20日、撮影場所:北海道中富良野町

    撮影: 2020(令和2)年7月20日

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設でキャンプをする人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の滑り台で遊ぶ人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の滑り台で遊ぶ子ども。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の滑り台で遊ぶ人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の花畑を楽しむ人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の滑り台で遊ぶ人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の花畑で遊ぶ子ども。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設で自転車に乗る子ども。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    スキー場を夏の行楽に活用、吉林省吉林市

    19日、吉林省吉林市にあるリゾート施設の花畑でキャンプをする人々。中国吉林省吉林市にあるリゾート施設内のスキー場は、観光客を呼び込むため夏には花畑や滑り台などのあるレジャー施設に変わる。(吉林=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省美術館に展示された岩彩画作品。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省美術館に展示された岩彩画に使われる鉱物系顔料の粒子。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省美術館に展示された岩彩画作品。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省貴陽市にある貴州省美術館の入り口。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省美術館に展示された岩彩画作品をみつめる来場者。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    魅力あふれる作品がずらり貴州省美術館に岩彩画が登場

    17日、貴州省美術館に展示された岩彩画作品。中国貴州省貴陽市にある貴州省美術館では、7月15日から8月6日まで、岩彩画作品117点を展示している。同省産砂岩で作られた顔料が多く使われた展示作品は、岩彩画の独特な魅力にあふれている。岩彩画とは鉱物系顔料を使って描いた絵画で、中国古代の亀茲(きじ)壁画や敦煌壁画の風格を現代に伝えており、ユニークな美しさと文化的価値を持つ。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の左炳陽(さ・へいよう)さん。(7月16日撮影)下:自宅で黄桃をカットし、ドライフルーツに加工する準備をする村民の左炳陽さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の尹嬌月(いん・きょうげつ)さん。(7月16日撮影)下:村内で手作りの涼粉(ところてん状の食べ物)を観光客に販売する村民の尹嬌月さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製のヤマモモ酒を見せる神山村村民の彭茶香(ほう・ちゃこう)さん。(7月15日撮影)下:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で観光客が予約したヤマモモ酒を準備する村民の彭茶香さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    養蜂基地内でハチの巣を取り出し、蜂蜜採取の準備をする神山村の村民、彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    江西省井岡山に位置する神山村の一角。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製の蜂蜜を見せる神山村村民の彭水生(ほう・すいせい)さんと息子の彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)下:顧客が注文した蜂蜜を箱詰めする村民の彭水生さんと息子の彭小華さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村村民の左秀発(さ・しゅうはつ)さんの家で餅つきを体験する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で自家製の乾燥トウガラシを見せる神山村村民の彭夏英(ほう・かえい)さん。(7月15日撮影)下:「農家楽」の施設で観光客に料理を提供する村民の彭夏英さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...