KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 展示ホール
  • 文化交流
  • 国際交流
  • 一般公開
  • 中国福建省
  • 黒竜江省
  • ハルビン
  • 無形文化遺産
  • 中国上海市
  • 伝統文化

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,709
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,709
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月16日
    (4)中国国際花卉園芸展覧会が上海で開幕

    15日、中国国際花卉園芸展覧会を見学する来場者。中国花卉(かき)協会が主催する第23回中国国際花卉園芸展覧会が15日、上海市で開幕した。4万平方メートルの会場に18の国と地域から約700社が出展している。同展覧会は1998年に第1回が開催されて以降、上海・北京両市で交互に開かれている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (7)「三月三」祝うフェスティバル開幕広西チワン族自治区

    14日、「チワン族三月三・八桂フェスティバル」の主会場で民族衣装を着た観光客。旧暦の3月3日に当たる14日、中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区で「チワン族三月三・八桂フェスティバル」が開幕し、少数民族の人々が歌や踊りで伝統的祝日を盛り上げた。1カ月の期間中、スポーツ大会や特産品のライブ販売などが行われる。「三月三」は2014年から同自治区の法定休日となっている。フェスティバルは2016年に始まり、今年は自治区全体で千件以上のイベントを予定している。(南寧=新華社記者/楊馳)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (5)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、南海博物館で開幕した「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」の会場で写真を撮る来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    13日、平壌の中央労働者会館で行われた金日成主席の誕生109周年を祝う職業総同盟中央労働者芸術宣伝隊の公演

    13日、平壌の中央労働者会館で行われた金日成主席の誕生109周年を祝う職業総同盟中央労働者芸術宣伝隊の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    13日、平壌の中央労働者会館で行われた金日成主席の誕生109周年を祝う職業総同盟中央労働者芸術宣伝隊の公演

    13日、平壌の中央労働者会館で行われた金日成主席の誕生109周年を祝う職業総同盟中央労働者芸術宣伝隊の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (9)三国志ゆかりの地で「大三国志展」開催四川省成都市

    3月31日、「大三国志展」の展示ホールの一角。中国四川省成都市の成都武侯祠博物館で3月31日、「大三国志展」が開幕し、国内36の文化機関・博物館が所蔵する貴重な文化財160点(組)余りが公開された。展示品の中には、国家1級文化財30点(組)や普段展示されない品々などが多数含まれている。同展の会期は8月31日まで。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (8)三国志ゆかりの地で「大三国志展」開催四川省成都市

    3月31日、「大三国志展」の展示ホールの一角。中国四川省成都市の成都武侯祠博物館で3月31日、「大三国志展」が開幕し、国内36の文化機関・博物館が所蔵する貴重な文化財160点(組)余りが公開された。展示品の中には、国家1級文化財30点(組)や普段展示されない品々などが多数含まれている。同展の会期は8月31日まで。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (13)三国志ゆかりの地で「大三国志展」開催四川省成都市

    3月31日、「大三国志展」の展示ホールの一角。中国四川省成都市の成都武侯祠博物館で3月31日、「大三国志展」が開幕し、国内36の文化機関・博物館が所蔵する貴重な文化財160点(組)余りが公開された。展示品の中には、国家1級文化財30点(組)や普段展示されない品々などが多数含まれている。同展の会期は8月31日まで。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)上海市、2020年の国内観光収入は2809億元

    1日、第1回上海観光産業博覧会の会場に作られた「石庫門」。中国上海市文化・観光局の方世忠(ほう・せいちゅう)局長は1日、昨年同市を訪れた国内観光客が延べ2億3600万人で、国内観光収入が2809億5千万元(1元=約17円)だったと明らかにした。同市は今後「上海観光」倍増発展計画などを実施し、観光収入や年間観光客1千万人規模の風景区数などの倍増を目指す。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (1)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (8)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展の展示品を撮影する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (2)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された大島則雄の作品「大漁を祈願して」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (4)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された三浦義明の作品「コロナ退散」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (8)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された和田義盛の作品「家族の絆」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (4)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (2)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (6)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (12)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展の展示品を撮影する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (7)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展の展示品を撮影する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (9)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された小口昭宣の作品。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (11)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された山下和輝の作品「春夏秋冬」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.28
    2021年03月28日
    「新華社」手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(記者/常博深、肖月) =配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (5)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された塚原勝二の作品「狐の嫁入り」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (14)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、海南省博物館で開催されている景徳鎮現代陶芸家作品展の会場。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (5)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、海南省博物館で開催されている景徳鎮現代陶芸家作品展の会場。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (11)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (13)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (3)景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (1)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展の会場入り口。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (3)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された小林慶子の作品「黎明」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    (7)手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された作品。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    景徳鎮現代陶芸家作品展が開幕海南省海口市

    27日、景徳鎮現代陶芸家作品展を鑑賞する来場者。中国の海南省博物館で27日、「陶磁中国-景徳鎮現代陶芸家作品展」が開幕した。会期は1カ月で、海南省文学芸術界連合会の指導の下、景徳鎮美術館と海南時代陶磁芸術館が主催する。景徳鎮美術館の企画には現代を代表する各世代の陶芸家16人が参加、様式もさまざまな93組(点)のオリジナル作品が集まった。会場では現代に息づく景徳鎮陶磁芸術の魅力に触れることができる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=配信日:2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (5)高セレン茶の産地に春の茶摘みシーズン到来陝西省紫陽県

    20日、茶摘みシーズンの到来を祝う「開園式」の一連のイベント、茶摘みコンテストの会場で、審査員らが茶葉を審査する様子を見学する観光客。春を迎えた中国陝西省紫陽(しよう)県では、山の斜面に広がる25万ムー(約1万6700ヘクタール)の富硒(セレンが多く含まれるお茶)茶園が茶摘みのシーズンを迎えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された大島則雄の作品「コロナなんのその」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)=配信日:2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された今村誠之祐の作品「祇園祭」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/常博深)=配信日:2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    手漉き紙風景写真展・中日民間書画展開催江蘇省無錫市

    25日、何振梁・オリンピック陳列館で展示された倪黎祥の作品「COVIT19-1」。中国江蘇省無錫市の何振梁・オリンピック陳列館でこのほど、第10回手漉き紙「おおむらさき」に見る世界風景写真展および第1回無錫中日民間書画芸術交流展が開催された。同展は「明日に向かって」をテーマに、中日民間の手漉き紙写真、書画作品を展示。28日に無錫会場が閉幕した後、日本の京都府や静岡県などでの巡回を予定している。(無錫=新華社記者/肖月)=配信日:2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (6)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示された「亀型銀香器」。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (1)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示された草木類の香料素材と香料について書かれた書物。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (2)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示された錫製の「五供」(五つの仏具)。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (3)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示された香料を細かく砕く道具。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (7)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」で、展示品を見つめる来場者。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (9)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示されたカリマンタン産の沈香。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (4)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」に展示された「亀鶴紋銅香器」。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (8)山西博物院で中国古代の香文化に触れる展覧会

    13日、「香魂-中国古代香文化展」で、展示品を見つめる来場者。中国山西省太原市の山西博物院で2月4日から、中国古代の香文化に触れる展覧会「香魂-中国古代香文化展」が開かれている。関連の所蔵品や芸術品160点余りが展示され、会場は大勢の来場者でみぎわいを見せている。会期は5月9日まで。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (4)天津美術館で風景画を集めた展覧会

    13日、「春風十里-京津小幅風景油画招待展」で、展示作品を撮影する来場者。中国天津市の天津美術館で12日から、風景画を集めた展覧会「春風十里-京津小幅風景油画招待展」が開かれており、会場には同市と北京市の芸術家が描いた作品約100点が展示されている。会期は4月20日まで。入場無料。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (6)中国現代漆画の逸品を展示上海タワーでビエンナーレ

    5日、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」に展示された宗建成(そう・けんせい)氏の漆画作品「小城鎮」。中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大廈)で今年1月から3月にかけて、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」が開かれており、会場には中国の現代漆画や漆器の逸品約100点が展示されている。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (7)中国現代漆画の逸品を展示上海タワーでビエンナーレ

    5日、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」の会場で開かれた中国の著名な漆画家、翁紀軍氏(左端)による講座の様子。中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大廈)で今年1月から3月にかけて、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」が開かれており、会場には中国の現代漆画や漆器の逸品約100点が展示されている。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (8)中国現代漆画の逸品を展示上海タワーでビエンナーレ

    5日、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」に展示された翁紀軍(おう・きぐん)氏の漆画作品「集聚系列之2020-2021」。中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大廈)で今年1月から3月にかけて、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」が開かれており、会場には中国の現代漆画や漆器の逸品約100点が展示されている。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (1)天津美術館で風景画を集めた展覧会

    13日、「春風十里-京津小幅風景油画招待展」で、展示作品を見つめる来場者。中国天津市の天津美術館で12日から、風景画を集めた展覧会「春風十里-京津小幅風景油画招待展」が開かれており、会場には同市と北京市の芸術家が描いた作品約100点が展示されている。会期は4月20日まで。入場無料。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (3)天津美術館で風景画を集めた展覧会

    13日、「春風十里-京津小幅風景油画招待展」で、展示作品を見つめる来場者。中国天津市の天津美術館で12日から、風景画を集めた展覧会「春風十里-京津小幅風景油画招待展」が開かれており、会場には同市と北京市の芸術家が描いた作品約100点が展示されている。会期は4月20日まで。入場無料。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (2)中国現代漆画の逸品を展示上海タワーでビエンナーレ

    5日、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」に展示された胡菲(こ・ひ)氏の漆画作品「璧上観系列」。中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大廈)で今年1月から3月にかけて、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」が開かれており、会場には中国の現代漆画や漆器の逸品約100点が展示されている。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (9)中国現代漆画の逸品を展示上海タワーでビエンナーレ

    5日、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」に展示された陳玉明(ちん・ぎょくめい)氏の漆画作品「和諧」。中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大廈)で今年1月から3月にかけて、「漆彩東方-第4回上海漆画ビエンナーレ」が開かれており、会場には中国の現代漆画や漆器の逸品約100点が展示されている。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (2)天津美術館で風景画を集めた展覧会

    13日、「春風十里-京津小幅風景油画招待展」で、展示作品を見つめる来場者。中国天津市の天津美術館で12日から、風景画を集めた展覧会「春風十里-京津小幅風景油画招待展」が開かれており、会場には同市と北京市の芸術家が描いた作品約100点が展示されている。会期は4月20日まで。入場無料。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (5)天津美術館で風景画を集めた展覧会

    13日、「春風十里-京津小幅風景油画招待展」を見学する来場者。中国天津市の天津美術館で12日から、風景画を集めた展覧会「春風十里-京津小幅風景油画招待展」が開かれており、会場には同市と北京市の芸術家が描いた作品約100点が展示されている。会期は4月20日まで。入場無料。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (8)水族館で伝統の「竜抬頭」、順調な一年願い散髪安徽省

    14日、合肥海洋世界で行われた散髪イベントの会場。中国安徽省合肥市の海洋テーマパーク、合肥海洋世界で14日、ボランティアが無料で散髪するイベントが開かれ、多くの観光客を引き付けた。14日は旧暦の2月2日で、中国では伝統的な祝祭日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)に当たり、髪を切って順調な一年の開始を願う風習がある。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    8日、平壌の女性会館で行われた国際女性デー111周年を記念する女性同盟中央芸術宣伝隊員の公演

    8日、平壌の女性会館で行われた国際女性デー111周年を記念する女性同盟中央芸術宣伝隊員の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    8日、平壌の女性会館で行われた国際女性デー111周年を記念する女性同盟中央芸術宣伝隊員の公演

    8日、平壌の女性会館で行われた国際女性デー111周年を記念する女性同盟中央芸術宣伝隊員の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (2)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された陶瓦当(漢代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (8)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された「千秋万歳」銘瓦当(前漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (13)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された陶瓦当(漢代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (10)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された「長楽未央」銘瓦当(前漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (1)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された樹木双獣双鳥文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (3)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された幾何学文瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (4)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された「長生無極」銘瓦当(前漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (11)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された「漢併天下」銘瓦当(前漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (12)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された樹木双獣文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (6)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された竜文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (7)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された陶瓦当(漢代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (9)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された「延年益寿」銘瓦当(前漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された陶瓦当(漢代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館

    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 黄海製鉄連合企業所の文化会館

  • 2021年02月23日
    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館

    20日、黄海北道松林市で始まったワンジェサン芸術団の地方巡回公演=黄海製鉄連合企業所の文化会館(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 黄海製鉄連合企業所の文化会館

  • 2021年02月23日
    (1)石家荘市、公共の文化施設が再開河北省

    22日、河北博物院の「金声天韻河北梆子芸術展」の展示ホールで、伝統戯曲「河北梆子(かほくほうし)」で用いる臉譜(れんぷ、隈取)をタッチパネルに触れて描く子ども。中国河北省石家荘市で22日、市内の図書館や文化館、博物館、美術館などの公共文化施設が秩序よく再開した。「予約、オフピーク、入場制限」の条件に従い、受け入れ可能来場者数は、最大収容人数の50%までに制限されている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演

    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演

    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演

    14日、平壌の青年中央会館で行われた金正日総書記の誕生日を祝う青年中央芸術宣伝隊の公演(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (2)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「芸術家」と題したろう人形(左)の衣装を調整する同社創業者の周雪蓉さん。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (3)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「おばあさん」と題したろう人形(左)に触れる同社創業者の周雪蓉さん。作品は周さんの祖母をモデルに制作された。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (7)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「しゅうと」と題したろう人形の後ろで写真を撮る同社創業者の周雪蓉さん(右奥)と夫の劉震(りゅう・しん)さん(左奥)。同作品は夫妻それぞれの父親をモデルに制作された。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (8)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    8日、大象東方蝋像芸術の展示ホールで、「粤劇(えつげき)」と呼ばれる広東オペラの登場人物のろう人形が着た衣装を整える同社創業者の周雪蓉さん。中国広東省中山市港口鎮の大象東方蝋像芸術は、中国で比較的早期にろう人形制作を始めた会社の一つで、制作チームには50人余りが所属し、これまでに600体以上の作品を制作してきた。同社は広東省広州市や湖南省長沙市、福建省アモイ市、チベット自治区ラサ市、雲南省麗江市、遼寧省大連市などに加え、マレーシアにもろう人形館を設立している。(中山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (7)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「吉牛兆豊年」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (9)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「辛丑大吉」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (3)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牛角掛書図」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (8)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「金牛迎春送福」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (4)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「献甘乳」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (6)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牧歌行」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (5)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「牧牛図」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (10)中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展、天津市で開幕

    5日、会場に展示された「春牛」。今年の干支(えと)「丑(うし)」を題材とした作品を集めた「中国第14回十二支絵画・国画優秀作品展」が5日、天津市河西区文化センター美術館で始まった。「福牛賀新春(めでたい牛が祝う新春)」をテーマに400点近くの作品から選ばれた174点を展示。国画(中国の伝統絵画)や書、油絵、水彩画、版画、蔵書票などさまざまな作品が並ぶ。天津市書画芸術研究会の主催で、会期は3月7日まで。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    北京冬季五輪の競技エリア彩るイルミネーション

    5日、イルミネーションで彩られた竜慶峡氷灯祭りの会場。北京冬季五輪の競技エリアがある中国北京市延慶区にこのほど、総面積20万平方メートルのイルミネーションがお目見えし、春節(旧正月)間近の街を華やかに彩った。同区の竜慶峡で1987年から開催されている人気のイベント「氷灯祭り」は今年、新型コロナウイルス対策としてオンラインでの事前予約制を導入。1日の入場者数を最大9100人に制限することで、観光客の安全と健康を守っている。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    ライトアップされた氷像 極寒の夜照らす氷瀑まつり

    北海道上川町で始まった「層雲峡温泉氷瀑まつり」。観光客は手の消毒や検温を済ませて会場に入り、氷像を楽しんでいた=30日夜

    撮影: 30日夜

  • 2021年01月21日
    (5)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」を見学する来場者。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    厳寒の中の芸術美、氷灯祭りを彩る氷彫刻ハルビン市

    20日、第47回ハルビン氷灯芸術遊園会の会場で、作品の制作に励む氷彫刻家。中国黒竜江省ハルビン市で開かれている「第47回ハルビン氷灯芸術遊園会」(氷灯祭り)の会場でこのほど、氷彫刻の創作イベントが行われた。園内では、氷彫刻家によって丁寧に仕上げられた氷の作品の数々が、極寒の地、ハルビンの冬の美しさを際立たせていた。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    池田市との友好都市締結40周年記念写真展、蘇州市で開幕

    19日、蘇州美術館で始まった「日本池田市写真展」。中国江蘇省蘇州市と日本の大阪府池田市の友好都市締結40周年を記念した「日本池田市写真展」が19日、蘇州美術館で始まった。双方が友好交流を促進し、理解と友情を深めることを目的としている。会場には写真作品40点が展示された。(蘇州=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    高知県立美術館で生誕100年展 石元泰博さんの軌跡回顧

    高知県土佐市出身の写真家、石元泰博さん(1921~2012年)の生誕100年を記念した過去最大規模の写真展が16日、高知市高須の県立美術館で開幕した。豊富な資料から、デザインや建築などさまざまな分野に影響を及ぼした写真家の軌跡をたどっている。3月14日まで。石元泰博さんが撮影した両界曼荼羅の巨大パネルが並ぶ会場=2021(令和3)年1月16日、高知市の県立美術館 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (14)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」の会場。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)雲南省博物館でポーランド産琥珀を紹介する特別展

    10日、特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」で披露された展示品。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で10日、ポーランド産の琥珀(こはく)製品を展示する特別展「琥珀-ポーランド民族文化の魂」が開幕した。会場では、標本、宝石、彫刻など、海を越えてやってきた琥珀製品512セット(845点)が、きらびやかな美しさを見せている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...