KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 国際自然保護連合
  • 自然博物館
  • アジサシ
  • インドネシア
  • バードライフインターナショナル
  • 中国浙江省
  • 中米両国
  • 保護団体
  • 列島海洋
  • 取り組み

「IUCN」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:59.43
    2020年06月04日
    「新華社」コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功吉林省

    中国吉林省長春市の東北師範大学自然博物館は4日、同館の研究員がこのほど長白山で国家1級保護野生動物コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功したと発表した。研究員によると「巣立ち」は、ひながふ化して24時間後、母鳥に伴われて巣穴から飛び出し、渓流での生活を始めるプロセスを指す。コウライアイサはジャイアントパンダやアモイトラと並ぶ希少種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種(EN)に指定されている。分布域が狭く、長白山から小興安嶺沿いにロシア極東地区に至るエリアで繁殖し、主に長江中・下流域以南で冬を越す。(記者/張建)<映像内容>コウライアイサの巣立ち、巣穴から飛び出す様子、撮影日:2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月22日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月16日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、足環の装着作業中に発見されたヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥とみられる鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/朱涵)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月02日
    中国貴州省梵浄山、「世界自然遺産リスト」に登録

    梵浄山を訪れる観光客。バーレーンの首都マナマで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会会議は7月2日、中国貴州省梵浄山の「世界自然遺産リスト」への登録を承認した。梵浄山の登録により、中国の世界遺産は53件、世界自然遺産は13件となる。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1