KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 一般開放
  • 新型肺炎
  • 一般公開
  • 改革開放
  • 四川省成都市
  • 無形文化遺産
  • 伝統文化
  • 中国上海市
  • 文化交流

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,913
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,913
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月10日
    写真館と平間至さん 古里に写真館を再オープン

    宮城県塩釜市の「ひらま写真館」を再オープンさせた、フォトグラファーの平間至さん=3月

    撮影: 3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月10日
    平間さん 古里に写真館を再オープン

    宮城県塩釜市の「ひらま写真館」を再オープンさせた、フォトグラファーの平間至さん=3月

    撮影: 3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月10日
    平間至さん 古里に写真館を再オープン

    宮城県塩釜市の「ひらま写真館」を再オープンさせた、フォトグラファーの平間至さん=3月

    撮影: 3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月10日
    平間至さん 古里に写真館を再オープン

    宮城県塩釜市の「ひらま写真館」を再オープンさせた、フォトグラファーの平間至さん=3月

    撮影: 3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月10日
    フォトグラファー平間さん 古里に写真館を再オープン

    宮城県塩釜市の「ひらま写真館」を再オープンさせた、フォトグラファーの平間至さん=3月

    撮影: 3月

  • 2021年04月02日
    Ghost Flagship Store Opening

    May 2, 2000, New York, New York, USA: CHLOE SEVIGNY dancing during the ‘Ghost‘ Flagship Store Opening in New York. (Credit Image: © Rick Mackler/ZUMA Wire)、クレジット:©Rick Mackler/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    岡山城本丸に復元された「供腰掛」

    岡山城本丸に復元された「供腰掛」。岡山市教委が岡山城本丸の入り口付近で復元整備していた藩士の付き人の待機所「供腰掛」が完成した。絵図や発掘調査の成果を基に当時の姿を再現した。中には腰掛けられる縁台を設け、観光客の休憩所を兼ねている。来年11月の天守閣のリニューアルオープンに向けた魅力アップの一環で整備した。30日から利用を開始する。=2021(令和3)年3月26日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月22日
    (11)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館に展示されている車体。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (10)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館に展示されている車体。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (4)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の展示スペースを歩くカメラマン。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (1)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の内部を撮影するメディア関係者。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (3)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の内部を撮影するスタッフ。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (2)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の内部を撮影するスタッフ。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (6)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館に展示されている車体。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (7)拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の内部を撮影するメディア関係者。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館の外観。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館に展示されている車体。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    Indrek Kaing

    19.03.2021. Viimsi, Harjumaa. Indrek Kaing, leader of the Estonian rapid covid-19 vaccination plan at the Viimsi Open-Air Museum. Photo Eero Vabamägi, Postimees=2021(令和3)年3月19日、クレジット:Postimees/Scanpix Baltics/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月19日
    拡張工事終えたマカオグランプリ博物館、オープン近づく

    19日、マカオグランプリ博物館に展示されている車体。マカオ特別行政区政府観光局は19日、拡張工事を終えたマカオグランプリ博物館のメディア向け内覧会を開催した。新施設は4フロア構成で、展示面積が拡大された。3月末に一部で試験開館を行う。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (5)世界初体験型、成都ジャイアントパンダ博物館がオープン

    新华社照片,成都,2021年3月3日全球首家大熊猫主题互动体验专题博物馆开馆3月3日,在成都大熊猫博物馆,一名学生在观看大熊猫头骨模型。当日,成都大熊猫繁育研究基地打造的全球首家以大熊猫为主题的互动体验专题博物馆——成都大熊猫博物馆正式开馆。该馆建筑面积7179平方米,展示面积4342平方米,整个博物馆共分为“熊猫前传”“竹林隐士”“发现熊猫”“濒危年代”“保护之路”“生态家园”“创享未来”七大展区,设计的主题体现“人·大熊猫·自然和谐”的精神。博物馆通过互动体验、场景复原、沉浸式游览等方式,让公众在参观、娱乐的同时了解大熊猫等珍稀动物的生存现状。新华社记者胥冰洁摄= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 2021年03月01日
    (1)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月25日、白洋淀の上空を飛ぶ5羽の国家1級保護鳥類のソデグロヅル。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月22日、白洋淀の上空を飛ぶマガモとカルガモ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月22日、白洋淀の上空を飛ぶヒシクイ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    白洋淀の上空を飛ぶ国家2級重点保護鳥類のクロヅル。(2020年12月25日撮影)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月25日、白洋淀の水面上で羽を休める国家2級重点保護鳥類のコハクチョウ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    コロナ規制緩和後のローマの博物館

    2月25日、イタリア・ローマのスパーダ美術館で作業をする職員。イタリアでは、2月1日に多くの地域で新型コロナウイルスの感染対策規制が緩和され、首都ローマでも博物館が一般開放を再開した。ただ、州をまたぐ移動は依然禁止されているため、博物館は平日のみ開館している。新型コロナによる外国人観光客の減少など多くの要因により、ローマ市内の博物館や文化史跡は、一般開放が再開されて1カ月余り経った今でも静けさが広がっている。(ローマ=新華社記者/程婷婷)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    Yikes! Weather in New York

    Jeep Wrangler parked in the snow in Chelsea in New York on Thursday, February 18, 2021. (Â Richard B. Levine)、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 01:55.01
    2021年02月18日
    無人駅舎に伝統品工房 紀州へら竿、南海高野線

    和歌山県橋本市の南海電鉄高野線・紀伊清水駅の一角に、ヘラブナ釣り用の竹ざおで国指定の伝統的工芸品「紀州へら竿(ざお)」の工房が完成し、18日、報道陣に公開された。さお師と呼ばれる職人が、作業見学や制作体験などを通じて技能の魅力を発信するのが狙い。無人駅である同駅の駅舎清掃や介助が必要な人のサポートなども担う。 南海電鉄が進める高野山麗エリア活性化対策の一環で、同社と橋本市、紀州製竿組合の共同設置。1925年に建てられた古い駅舎の仮眠室を改修して整備した。22日にオープンする。 米田護(よねだ・まもる)組合長は「利用者や高野山の観光客にも紀州へら竿のことを広く知ってもらい、新しいお弟子さんに来てもらえるきっかけになるといい」と期待を寄せた。 <映像内容>紀伊清水駅の外観、工房内で作業するさお師、竿の制作体験、米田護組合長のインタビューなど、撮影日:2021(令和3)年2月18日、撮影場所:和歌山県橋本市

    撮影: 2021(令和3)年2月18日

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)の建物内の大広間。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えるだけでなく、「一帯一路」構想の推進および世界文明の発展にも、重要な役割を担っている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球漆器。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている三線(サンシン)と中国の拳法家、周子和(しゅう・しわ)が使っていた刀剣(手前)。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    中国と琉球の友好交流史を振り返る福州琉球館を訪ねて

    6日、柔遠駅(琉球館)に展示されている琉球王国の首里城とその周辺地域を記した屏風。中国福建省福州市の柔遠(じゅうえん)駅は、同省の省級文物保護単位(重要文化財)で、明の成化8(1472)年に建設が始まった。当時、明の朝廷に琉球国王からの貢ぎ物を献上する任務を担っていた琉球の貢使(こうし)は、福州の沿海地域から上陸し、内陸地域へ移動する途中で、まず柔遠駅に滞在してから「京城」(現在の北京を指す)へ赴いて中国の皇帝に謁見していた。明の朝廷が同駅を「柔遠」駅と名付けた理由は「優待遠人、以示朝廷懐柔之至」(遠方からの訪問者を優遇することで、朝廷の懐柔政策を明示する)という一文に由来する。当時柔遠駅には多くの琉球人が滞在していたことから、一般に琉球館と呼ばれている。現在、改修工事を経て、同市の対外関係史を紹介する博物館として無料開放されている同館は、中国と琉球の友好交流の歴史を人々に伝えている。(福州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、2021年「読める建築」十大行動計画とデジタルバージョン3・0について説明する上海市文化・観光局の方世忠(ほう・せいちゅう)局長。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、上海市で行われた2021年「読める建築」春季チェックイン推薦ランキングリストの発表イベント。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.41
    2021年02月03日
    「新華社」上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。上海市では2018年から「読める建築」を系統的に推進。これまでに市内の歴史的建造物2437カ所に専用2次元バーコードを設置した。市民や観光客はスマートフォンで読み込むことで、関連テキストや画像、音声、動画、仮想現実(VR)パノラマガイドなどが利用できる。同市ではまた、歴史的建造物1037カ所が一般公開されている。(記者/陳傑、陳愛平)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.45
    2021年01月30日
    極寒の夜照らす氷瀑まつり 感染警戒、飲食取りやめ

    北海道上川町で30日、極寒の中で大小約30基の氷像を7色のライトで照らす「層雲峡温泉氷瀑まつり」が始まった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止も検討されたが、屋外イベントであることや、観光業への影響も考慮して実施に踏み切った。例年とは異なり飲食を提供せず、人が密集しやすいステージイベントも中止した。3月14日まで。 観光客は手の消毒や検温を済ませて会場入り。時折ふぶく中、アルプスのマッターホルンをイメージした高さ14メートルの氷像や、トンネルなどを見て回った。 実行委員会のスタッフは「長年続けてきた祭りの火を消さないという決意から、開催を決めた」と話した。 <映像内容>層雲峡氷瀑まつりの会場の様子、全景の俯瞰映像、撮影日:2021(令和3)年1月30日、撮影場所:北海道上川町

    撮影: 2021(令和3)年1月30日

  • 2021年01月20日
    Portugal: Businesses that remain open during confinement

    Portugal: Businesses that remain open during confinement Papelaria LIVROS E COMPANHIA , Ana Martinho. (PAULO SPRANGER / Global Imagens )、クレジット:Paulo Spranger/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Portugal: Businesses that remain open during confinement

    Portugal: Businesses that remain open during confinement Papelaria LIVROS E COMPANHIA , Ana Martinho. (PAULO SPRANGER / Global Imagens )、クレジット:Paulo Spranger/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Portugal: Businesses that remain open during confinement

    Portugal: Businesses that remain open during confinement Papelaria LIVROS E COMPANHIA , Ana Martinho. (PAULO SPRANGER / Global Imagens )、クレジット:Paulo Spranger/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Portugal: Businesses that remain open during confinement

    Portugal: Businesses that remain open during confinementLIVROS E COMPANHIA , Ana Martinho. (PAULO SPRANGER / Global Imagens )、クレジット:Paulo Spranger/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Portugal: Businesses that remain open during confinement

    Lisboa- 20/01/2021. Businesses that remain open during confinement Restaurante PIGMEU , á direita Miguel Peres. . (PAULO SPRANGER / Global Imagens )、クレジット:Paulo Spranger/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    法要の淳子さん 漫画で情報提供呼び掛け

    千葉大作さんが刺殺されてから14年となり、法要に臨む母親の淳子さん=15日午後、京都市

    撮影: 15日午後、京都市

  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (5)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪景色を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (6)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、雪の彫刻を楽しむ観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、黒竜江省牡丹江市江心島の第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場で、ランタンを手に写真に納まる観光客ら。中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ネット通販のプラットフォームを見る中国系商店の店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.36
    2020年12月27日
    「新華社」中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。大まかな統計によると、人口300万人以上の人口を抱える首都ブエノスアイレスには、中国系移民が経営する店が1万軒以上あり、市中心部の繁華街にも中国系の店を見つけることができる。また、国内各都市でも華人による店舗が増え続けている。(記者/倪瑞捷、朱暁光) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店でクリスマスの買い物をする子ども。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (7)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、クリスマス用品のネット通販コンテンツを撮影する中国系商店の店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、ブエノスアイレスの中国系商店で、クリスマスの買い物をする市民。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店の店内で、クリスマス用品を陳列する店員。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:33.96
    2020年12月27日
    せなけいこ展、銀座で 「ねないこだれだ」誕生50周年

    人気絵本作家せなけいこさんの代表作「ねないこだれだ」の誕生50周年を記念し、原画など約250点を展示する「せなけいこ展」が27日から、東京・松屋銀座8階イベントスクエアで始まった。来年1月12日まで。 同じフロアのカフェでは期間中、せなさんの絵本をモチーフにしたサンドイッチやデザートも提供される。 展覧会の入場料(当日)は一般1200円、高校生700円、中学生500円、小学生300円。問い合わせは松屋銀座大代表。 <映像内容>展覧会の報道内覧会の様子、原画などのブツ撮り(原画の撮りきりでの使用はご遠慮ください)、カフェで提供されるサンドイッチとデザートのブツ撮り、松屋銀座の広報担当者のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年12月27日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月27日

  • 2020年12月27日
    (5)中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    18日、中国系商店の店内に並んだクリスマス用品。アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。(ブエノスアイレス=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    天井の空気清浄機 窓開けず空気をきれいに

    積水ハウスが「スマートイクス」で提供する天井に設置した空気清浄機

  • 2020年12月11日
    (5)チベット自治区、1~9月の観光客数は3200万人超

    チベット自治区の観光情報を提供するアプリ「チベット・ツアー」を利用して、ヤムドク湖を訪れた観光客。(6月20日撮影)中国チベット自治区はさまざまな魅力にあふれており、多くの人がこの地域を訪れたいと思っている。世界中の観光業は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を受けているが、同自治区では効果的な感染予防・抑制策により、観光客でにぎわっている。今年1~9月の観光客数は延べ3200万人を超え、観光収入は約335億元(1元=約16円)に上った。(ラサ=新華社記者/曹鵬遠)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    渋沢史料館 七転八倒、新時代開く物語

    2020年11月にリニューアルオープンした渋沢史料館=東京都北区

    撮影: 東京都北区

  • 2020年12月01日
    区役所で展示される塗り絵 園児に塗り絵用イラスト

    名古屋市北区役所で展示される、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが直筆のイラストを提供し、園児が塗り絵をした作品=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 2020年12月01日
    区役所に展示された塗り絵 園児に塗り絵用イラスト

    名古屋市北区役所で展示される、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが直筆のイラストを提供し、園児が塗り絵をした作品=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で店舗の従業員に作品を紹介する王方周さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民にろうけつ染めの模様の描き方を指導する王方周さん(手前右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で模様を描く地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民にろうけつ染めの模様の描き方を指導する王方周さん(手前左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房に展示されている作品。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で観光客に模様の描き方を指導する王方周さん(左端)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県にあるろうけつ染めの体験館で商品を選ぶ観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県の工房でろうけつ染めの模様を描く地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で店舗の従業員に作品を紹介する王方周さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民に作品を紹介する王方周さん(右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で作品を鑑賞する店舗従業員(左)と地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で観光客に模様の描き方を指導する王方周さん(奥左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館に展示された東魏時代の獣面鎮墓獣。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館に展示された石棺床。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館に展示された陶俑。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館に展示された北魏時代の金冠飾り。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    北朝考古博物館、東魏・北斉時代の逸品を展示河北省磁県

    26日、河北省邯鄲市磁県の北朝考古博物館に展示された東魏・北斉時代の獣面瓦。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県の北朝考古博物館は、文化財1千点余りを所蔵し、主に東魏・北斉時代の貴重な文化財を展示している。同館は今年9月19日に正式にオープンした。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中国最北端の街に雪の彫刻公園がオープン

    20日、雪の彫刻公園。中国黒竜江省漠河市で20日、雪の彫刻公園が正式オープンした。同園は「中国最北端の雪の彫刻公園」と称されており、さまざまな雪像が観光客の評判を呼んでいる。(ハルビン=新華社配信/顧吉仁)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    中国最北端の街に雪の彫刻公園がオープン

    19日、雪の彫刻公園。中国黒竜江省漠河市で20日、雪の彫刻公園が正式オープンした。同園は「中国最北端の雪の彫刻公園」と称されており、さまざまな雪像が観光客の評判を呼んでいる。(ハルビン=新華社配信/顧吉仁)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    中国最北端の街に雪の彫刻公園がオープン

    19日、雪の彫刻公園。中国黒竜江省漠河市で20日、雪の彫刻公園が正式オープンした。同園は「中国最北端の雪の彫刻公園」と称されており、さまざまな雪像が観光客の評判を呼んでいる。(ハルビン=新華社配信/顧吉仁)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    中国最北端の街に雪の彫刻公園がオープン

    18日、雪の彫刻公園。中国黒竜江省漠河市で20日、雪の彫刻公園が正式オープンした。同園は「中国最北端の雪の彫刻公園」と称されており、さまざまな雪像が観光客の評判を呼んでいる。(ハルビン=新華社配信/顧吉仁)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    普陀山観音文化園がオープン浙江省舟山市

    普陀山観音文化園のメイン建築「観音聖壇」の外観。(資料写真)中国浙江省舟山市に建設されていた「普陀山観音文化園」が15日、正式にオープンした。同園は舟山群島の朱家尖島にある白山の山麓に位置し、海を挟んで普陀山と向き合っている。観音文化を主題としており、教義の普及や文化の伝達、聖地観光などの内容を結び付け、文化体験、芸術展示、文化交流、観光サービスなどの機能を一体化したテーマパークとなっている。(舟山=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    日本政府観光局、コロナ後の中国人観光客に期待

    16日、2020中国国際観光交易会の会場で取材に応じる日本政府観光局(JNTO)上海事務所の原口健司所長。日本政府観光局(JNTO)上海事務所の原口健司所長は16日、新華社の取材に対し、2019年の訪日外国人旅行者数は3千万人以上となり、うち中国本土からは959万人を超えたと述べた。JNTOは、16~18日に上海市で開かれた2020中国国際観光交易会に出展した。展示ブースでは各種観光情報の提供のほか、浴衣試着などのイベントを実施した。原口氏は「日本が優れた旅行目的地であることを忘れないでほしい。コロナが一日も早く収束することに期待する。その時には是非日本に来てほしい」と語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    日本政府観光局、コロナ後の中国人観光客に期待

    16日、2020中国国際観光交易会の日本政府観光局(JNTO)ブース。日本政府観光局(JNTO)上海事務所の原口健司所長は16日、新華社の取材に対し、2019年の訪日外国人旅行者数は3千万人以上となり、うち中国本土からは959万人を超えたと述べた。JNTOは、16~18日に上海市で開かれた2020中国国際観光交易会に出展した。展示ブースでは各種観光情報の提供のほか、浴衣試着などのイベントを実施した。原口氏は「日本が優れた旅行目的地であることを忘れないでほしい。コロナが一日も早く収束することに期待する。その時には是非日本に来てほしい」と語った。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...