KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 令和
  • 観光
  • 風景
  • 小型
  • 無人機
  • 記者
  • ドローン
  • 景観
  • カナス

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
並び順
  • 新しい順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100162

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100149

  • 01:01.52
    2020年11月13日
    「新華社」木々の色鮮やか空から見た北京世園公園

    中国北京市延慶区にある北京世園公園では気温の低下に伴い、木々が鮮やかに色づいている。同園は昨年開かれた北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の跡地で、今年3月に一般開放を再開して以降、累計40万人の観光客を受け入れ、各種イベントを計170回以上開催した。北京園芸博の会場は、博覧会の遺産を十分に保護、活用しながら、新たな公園として生まれ変わっている。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>北京世園公園の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600265

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111006147

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、上空から見た沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111006044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の月亮湾を訪れた観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104507

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104596

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104552

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区のカナス湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の月亮湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104479

  • 00:49.06
    2020年09月27日
    「新華社」改修終えた西関街がオープン、「SNS映えスポット」に湖北省房県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市房県で9月27日、西関街のオープニングイベントが開催され、詩経(中国最古の詩集)と黄酒(穀類を原料とする中国独特の醸造酒)の里を訪れた各地からの観光客が古い街並みや美食、美酒を楽しんだ。同県城関鎮にある全長1500メートルの西関街は唐代に建設が始まり、宋・元代に完成し、明・清代に繁栄した。県は2017年に「西関街」修復プロジェクトを始動した。数年の建設を経てプロジェクトは完了。修復を終えるや中国国家3A級観光地(上から3番目)に認定されており、今後は「SNS映えする人気の観光スポット」なっていくとみられている。<映像内容>西関街のオープニングイベントの様子、撮影日:2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100300727

  • 00:40.36
    2020年09月25日
    「新華社」パンダモチーフの田んぼアートが見頃広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区南寧市賓陽県古辣鎮の大陸村でこのほど、豊作を祝う「2020年中国農民豊収節」が開幕した。2頭のパンダが描かれた田んぼアートが、多くの観光客の目を楽しませている。(賓陽県融合メディアセンター提供、羅桂源、林増其、黄進浩)<映像内容>2020年中国農民豊収節が開幕、パンダの田んぼアートの空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092809193

  • 2020年08月01日
    地元特産品集めたレトロな市場街、湖南省の銅官窯古鎮にオープン

    1日、空から見た銅官草市。(小型無人機から)中国湖南省長沙市望城区にあるレトロな街並みを再現した大型観光地「銅官窯(どうかんよう)古鎮」内に1日、地元の特産品を集めた市場街「銅官草市(どうかんそうし)」がオープンした。近隣の村民やふるさとに戻った若者、無形文化遺産の技を継承する職人らが出店し、地元ならではのB級グルメや伝統の技を駆使した工芸品、土産物などを販売する。他店と競合しないよう一つの店で一つの品を専門的に取り扱う「一店一品」方式を取り入れた。観光客は入場料無料。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405566

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303201

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303304

  • 02:04.52
    2020年07月29日
    「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある響堂山石窟は、北斉時代(550年~577年)の貴重な歴史・文化・芸術遺跡で、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出したが、現存する石窟には大量の仏像や石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、中国書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっている。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、響堂山石窟の保護に関する研究や文化の発掘に力を注ぎ、石窟の仏像芸術の保護と研究に30年余りを捧げ、国内外の学術界から「趙響堂」と呼ばれている。(記者/高博)<映像内容>響堂山石窟の内観、彫像の展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006105

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303356

  • 1