KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ランタン
  • 小型無人機
  • 海南省三亜市
  • と長城関
  • 寧夏回族自治区
  • 寧夏塩池県
  • 敷地面積
  • 民俗文化
  • 鐘を鳴らして
  • 春の訪れ

「dpa+新華社+スプートニク+ロイター」の写真・映像

絞り込み
  • 7日以内
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
93
( 1 93 件を表示)
  • 1
93
( 1 93 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月01日
    (1)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月24日、三亜市でヨットに乗船する観光客。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月24日、三亜市でヨットチャーターを楽しむ観光客。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺で撮影したロウバイの写真を見る観光客。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (1)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月25日、白洋淀の上空を飛ぶ5羽の国家1級保護鳥類のソデグロヅル。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月24日、三亜市でヨットチャーターを楽しむ観光客。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月22日、白洋淀の上空を飛ぶマガモとカルガモ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺で花を咲かせたロウバイ。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺でロウバイの写真を撮る観光客。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    CDA Baden-Württemberg - Christian Bäumler

    01 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: Christian Bäumler, State Chairman of the Christian Democratic Employees‘ Association (CDA) Baden-Württemberg. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月24日、三亜市三亜河の岸辺に停泊するヨット。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (6)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月23日、三亜市半山半島のヨットハーバーで記念撮影する観光客。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)ヨットチャーター市場が活況海南省三亜市

    2月24日、三亜市でヨットチャーターを楽しむ観光客。中国熱帯地域の沿岸観光都市、海南省三亜市では、春節(旧正月)の大型連休が終わっても観光熱が一向に冷める気配がない。中でもヨットをチャーターして旅を楽しむヨットチャーター市場は、1日平均700隻以上が出航しており、大衆化と普遍化がますます進んでいる。ヨットチャーターを支える水上娯楽も多く、ますます多くの観光客を引き付ける理由となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月25日、白洋淀の水面上で羽を休める国家2級重点保護鳥類のコハクチョウ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月22日、白洋淀の上空を飛ぶヒシクイ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    白洋淀の上空を飛ぶ国家2級重点保護鳥類のクロヅル。(2020年12月25日撮影)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (1)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺で花を咲かせたロウバイ。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺でロウバイの写真を撮る観光客。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (6)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺でロウバイの写真を撮る観光客。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (7)春を告げるロウバイ開花北京市

    2月27日、臥仏寺でロウバイの写真を撮る観光客。中国北京市ではここ数日、暖かい日が続き、春の訪れを告げるロウバイの花が咲き始めた。市内の臥仏寺などには甘い香りと早春の景色が広がり、観光客を楽しませている。(北京=新華社記者/李京)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.82
    2021年03月01日
    「新華社」廬山方竹寺の桜が見頃江西省

    中国江西省九江市の廬山のふもとにある方竹寺でこのところ、桜が見頃を迎え、多くの観光客の目を楽しませている。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、香りを楽しむ市民。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (5)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、お茶を味わったり「猜灯謎」を楽しんだりする市民。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、香りを楽しむ市民。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、天津沈香芸術博物館が今回のイベントのために特別に展示した清代の「沈香如意」。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (5)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区を散策する人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、天津沈香芸術博物館で展示された沈香を見学する子ども。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、子どもたちに中国古代の香について紹介する天津沈香芸術博物館の職員。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区を散策する人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (5)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、黄河九曲竜門灯陣の終点で鐘の音が鳴るボタンを押して、新しい一年に祈りをささげる親子。旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.00
    2021年02月28日
    「新華社」霧氷広がる天門山国家森林公園で元宵節を過ごす湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市の天門山国家森林公園では26日、強い寒気の影響で雪となり一面に銀世界が広がった。霧氷に覆われた幻想的な景色の中、観光客らは春節(旧正月)から15日目に当たる元宵節を楽しんだ。(記者/姚羽) =配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (8)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県の長城関で猜灯謎を楽しむ人々。旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣を訪れた人々。旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区でランタンを撮影する観光客。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区でランタンを選ぶ人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県の長城関で2次元バーコードを読み取り、猜灯謎を楽しむ人々。旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)天津沈香芸術博物館、元宵節イベントを開催

    27日、展示された沈香を市民に紹介する天津沈香芸術博物館の職員。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で27日、旧暦1月15日の元宵節を祝うイベントが開催された。招待された市民は館内を見学し、香りやお茶を味わったり、ランタンに絵を描いたり、「猜灯謎」(ちょうちんに張ったなぞなぞを解く遊び)に参加したりして同博物館ならではの元宵節を楽しんだ。同博物館は香木の一種、沈香をテーマとした文化博物館で、2010年に設立。昨年12月21日には国家2級博物館に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区でランタンを買い求める人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、ライトアップされた寧夏回族自治区塩池県の長城関。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区でランタンを楽しむ人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)カラフルなランタン、元宵節の夜空を彩る江蘇省南京市

    26日、夫子廟景勝区を散策する人たち。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日の夜、中国江蘇省南京市の夫子廟景勝区は感染症対策の措置が取られる中、色鮮やかなランタンを楽しもうと大勢の観光客らが訪れ、にぎわいを見せていた。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (9)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県の長城関で2次元バーコードを読み取り、猜灯謎を楽しむ人々。旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を照らすかがり火。(小型無人機から)中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (8)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を彩る「打鉄花」。中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    23日、三亜市でマリンスポーツを体験する観光客。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    24日、三亜市で海釣りを体験する観光客。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    23日、三亜市でマリンスポーツを体験する観光客。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (11)元宵節、中国各地のにぎわい

    26日、雲南省昆明市の大観公園でランタンを見て楽しむ観光客。旧暦1月15日に当たる26日、中国各地は「元宵節」を祝う人らでにぎわった。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を彩る「打鉄花」。中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    24日、三亜市でマリンスポーツの準備を整え、桟橋を歩く観光客。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    23日、三亜市の半山半島ヨットハーバー。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年NaN月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を彩る噴水レーザーショー。中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を彩る「打鉄花」。中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    24日、三亜市を流れる三亜河の河口を通って港に戻る船舶。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (19)元宵節、中国各地のにぎわい

    9日、四川省成都市金沙遺跡博物館に展示されたランタン作品「巴蜀絵巻」。10日から28日まで「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開かれている。旧暦1月15日に当たる26日、中国各地は「元宵節」を祝う人らでにぎわった。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で、ショーの開始を待つ観光客。中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)マリンスポーツが観光客に人気海南省三亜市

    24日、三亜市でマリンスポーツを体験する観光客。中国海南省三亜市では、春節(旧正月)の連休が終わった後もマリンスポーツに興じる観光客でにぎわっている。市内ではここ数年で関連の用具や施設が徐々に充実し、マリンスポーツが観光の重要項目となっている。(三亜=新華社記者/周佳誼)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    雄大

    カザフスタン南部の山にある氷河。自然の造形美に観光客もうっとり。(ロイター=共同)

  • 2021年02月26日
    (4)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内で、手に持ったランタンを見せる乗客。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内、乗客にプレゼントを配る乗務員。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)「花の都」広州でキワタの花が満開

    24日、広州市の中山紀念堂近くでキワタの花を撮影する観光客。中国で「花の都」と呼ばれる広東省広州市でこのほど、市の花に指定されているキワタ(木棉)が花を咲かせた。ここ数日の気温上昇と少雨の影響で例年より約1カ月早い開花となった。名所の一つ、広州市の中山紀念堂には樹齢350年余りのキワタが植えられている。(広州=新華社記者/陸浩)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)元宵節、中国各地のにぎわい

    26日夜、北京の清華大学芸術博物館で行われた「福」の字を書くイベント。旧暦1月15日に当たる26日、中国各地は「元宵節」を祝う人らでにぎわった。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内で、切り紙細工をする乗務員。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内で、できた切り紙細工を見せる乗務員。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内で、乗客に記念カードを配る乗務員。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)列車内で祝う元宵節天津市

    25日、天津と長沙南を結ぶG292号の車内で、乗客と「猜灯謎」をする乗務員。春節(旧正月)から15日目の元宵節(今年は2月26日)を前に、中国鉄路北京局集団の天津、北京両旅客輸送区間の乗務員は25日、「猜灯謎」(提灯に付けられたなぞなぞを解く遊び)や切り紙細工、文化・芸術パフォーマンスなど、さまざまなイベントを実施した。お祝いの言葉とともにプレゼントを配り、乗客と一緒に元宵節を祝った。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (1)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で花見を楽しむ観光客。中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (4)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (3)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年02月25日
    「新華社」全路線を暗記、「春運」を支える切符販売員陝西省

    春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」の実施期間、中国陝西省の西安駅では切符販売員の李聡(り・そう)さんが「生きた地図」と呼ばれ、活躍している。彼女は、記憶だけを頼りに1時間ほどで全国の鉄道路線図を描くことができる。路線図に描かれた807の駅名(うち運賃計算駅は606)、343の路線名をすべて記憶し、旅行客に最適なルートをすぐに案内できる。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.80
    2021年02月25日
    「新華社」廬山西海周辺の桜が満開に江西省

    春を迎えた中国江西省九江市武寧県の廬山西海風景区周辺では、5万本以上の桜が満開となり、多くの観光客の目を楽しませている。この花見スポットは600ムー(40ヘクタール)以上の土地にツバキカンザクラ、シダレザクラ、フジザクラなど十数種の桜が植えられており、1カ月余りにわたり花見を楽しむことができる。(記者/余剛) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (2)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区でハクモクレンの花を撮影する観光客。中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.96
    2021年02月24日
    「新華社」春らんまん浙江省桐廬県でヤマザクラが満開

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮に位置する天子地生態風景観光区ではここ数日、暖かな陽気が続き、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたって桜が満開となった。春ならではの見事な風景が観光客を魅了している。同区内の桜は主にヤマザクラで、一般的には3月初めに咲くが、昨年がうるう年だったことや今年の旧正月前後に気温が上昇した影響により、例年より20日以上早い開花となった。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.62
    2021年02月24日
    「新華社」優良資源で観光の安定した回復を後押しチベット自治区

    中国チベット自治区ニンティ(林芝)市内にあるナムチャバルワ峰は標高7782メートルで、一年中雪に覆われている。「ナムチャバルワ」とはチベット語で「天空に突き刺す長矛」を意味し、頂上が独特な三角形をしていることから、そのように呼ばれている。今年の春節(旧正月)の連休期間中、ナムチャバルワ峰を望む色季拉山の展望台には、国道318号線を通って観光客が続々と訪れた。同自治区は2020年末、感染防止対策が常態化する中、新たな政策でチベット観光の安定した回復を推進するため、チベットを訪れる観光客に対し、観光地の入場料やホテルの宿泊費などが優遇されるキャンペーンを打ち出している。(記者/洛卓嘉措、孫陽)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島の遊歩道。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、遊覧船から川沿いを彩る梅の花を楽しむ観光客。(小型無人機から)少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.68
    2021年02月24日
    「新華社」武陵源に春告げる梅の花湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市武陵源の黄石寨(こうせきさい)風景区ではこのところ晴天が続き、数万本の梅の開花が進んだ。多くの観光客が訪れ、花見を楽しんでいる。(記者/薛宇舸、姚羽) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1