KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 図書館所蔵
  • 整理番号
  • 長崎大学
  • 附属図書館
  • 近代建築
  • 内国勧業博覧会
  • 小川一真
  • 観光会館
  • 箱根観光
  • 記念会館

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 古写真
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1923年09月01日
    横浜大震災

    大正12年(1923)9月1日、関東地震が発生した。この写真は横浜の被害を撮影した災害写真の絵はがきである。警察部付近より記念会館の猛火につつまれた実況。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号20‐27‐0]

  • 1904年12月31日
    大隈重信の屋敷

    床の間に軸が掛かり、大きな壺が置かれている。大正11年(1922)年、大隈重信が没すると、遺志によって早稲田大学に庭園とこの屋敷が寄贈された。大隈庭園は約1万坪あり、屋敷は大隈会館のある辺りに建っていた。平成6年(1994)に庭園の北側にリーガロイヤルホテル早稲田がオープンしている。明治37年(1904)発行のステレオ写真。=1904(明治37)年、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐73‐0]

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    博覧会のパビリオンのひとつ。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐76‐0]

    撮影: 1903

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    中央の像は楊柳観音像だと思われる。当時の記録は、観音像が夜間、色電気を以ってヴァイオレットに照らし出される姿は嘆声を出さしめるものであったと伝えている。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐79‐0]

    撮影: 1903

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    おそらくは会場入り口だと思われるが、詳細は不明。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐78‐0]

    撮影: 1903

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    この博覧会を契機に、市電が開通(1903年9月)し、あるいは市内堀川で小型蒸気船が営業を始めるなど、従来市内交通の中心であった人力車は徐々にその地位を失っていくことになる。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐81‐0]

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    第5回博覧会では、機械館、参考館、加奈陀館、ジョーン館、台湾館等の建物が特設され、国内ばかりではなく、世界各国の最新の技術・産業が紹介された。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐75‐0]

    撮影: 1903

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    明治36年(1903)3月から約五ヶ月にわたり、第5回の内国勧業博覧会が大阪で開催された。会場は現在の天王寺公園(大阪市)と大浜公園(堺市)の二箇所からなり、期間中四百万人を越える人出を数えた。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐74‐0]

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    博覧会場の様子。出品のなかでは、とくに冷蔵庫が大人気で、二、三十分待たなければ見学できなかったという。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐77‐0]

    撮影: 1903

  • 1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    博覧会のパビリオンのひとつ。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐80‐0]

    撮影: 1903

  • -
    横浜郵便局

    本町通りを挟んで、右に明治8年(1875)に新築された横浜郵便局(現県庁の敷地内)、その奥は電信局(同5年竣工)。いずれも明治20年代に煉瓦造に改築されるので撮影はそれ以前。時計塔のある建物は、同7年竣工の横浜町会所(現横浜開港記念会館)。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐104‐0]

  • -
    四天王寺金堂

    四天王寺伽藍の衷心に位置する金堂全景。左奥に回廊の一部が、右奥にはそれと棟続きの講堂が見える。当伽藍の配置は、中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に配置したもので、四天王寺式と呼ばれている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐34‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、大阪、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐34‐0]

  • -
    大阪の三重の塔

    詳細不明。平野部に位置すると思われる寺院の伽藍をなす三重の塔と講堂が映し出されている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐34‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐34‐0]

  • -
    四天王寺伽藍

    現在の大阪市天王寺区にある、和宗総本山。荒陵寺、難波寺、三津寺、天王寺などの名ももつ。伽藍配置は中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に配した、四天王寺式と呼ばれるもの。現存の伽藍は鉄筋で、昭和38年に再建された。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐8‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、大阪、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐8‐0]

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    堀端からみた東京の街

    九段坂中腹(田安門を出た辺り)から神田方面(西側)を望んだ写真。牛ケ淵の対岸一帯は飯田町1丁目。明治11年(1878)6月靖国神社(当時はまだ招魂社)が買収して神社の非常用付属地とした所である。明治35年(1902)にはここにパノラマ国光館が造られる(明治40年閉鎖)。その後は軍人会館(現在は九段会館)などに貸与され神社の経済を支えた。4004の右側でパノラマ写真になる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐21‐0]

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    江戸城の濠

    日比谷御門の辺りから北の馬場先門方面を望む。右の長屋は因幡鳥取藩池田家上屋敷跡で、明治2年(1869)7月に兵部省、明治5年(1872)に陸軍省になった所。現在は丸の内3丁目で、帝国劇場や東京会館などがある一角である。堀端の道は日比谷通りになった。馬場先門の桝形と馬場先門橋は明治39年(1906)の凱旋道路完成の際に撤去された。明治初年の撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐8‐0]

  • -
    西本願寺大玄関門

    明治4年(1871)に日本初の博覧会の会場となったときの写真か。門柱に「博覧会」の字幕がつけられている。=明治4年?、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐41‐0]

  • -
    大阪造幣局

    造幣寮創業時の貨幣鋳造所は老朽化のため昭和3年に解体されたが、その玄関部は後に復元され、桜宮公会堂を経て、現在は桜宮ユースアートギャラリーとして当時の姿を伝えている。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐45‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐45‐0]

  • -
    箱根

    箱根神社付近の芦ノ湖と元箱根の様子。画面左手の岸に見える岩は曽我五郎の繋ぎ石で、現在は護岸工事で埋められ、マンホールの下になっている。画面中央左手の一の鳥居の側に釜がないので、明治14年以降と分かる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐10‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐10‐0]

  • -
    飽の浦からの長崎港

    明治5(1872)年、天皇の西国巡幸に随行した内田九一が撮影した長崎港の4枚組写真の一枚である。会場には天皇のお召し艦が見える。もともと上野彦馬の撮影と見られていたが、霞会が所蔵していた西国巡幸の内田の献納写真に同じものがあり、撮影者が九一であることがわかった。=明治5年、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐24‐0]

  • -
    塔ノ沢温泉

    現在の箱根観光会館跡地辺りから早川渓谷の上流を見上げた構図。正面の建物は、明治20年頃開業した新玉の湯である。塔ノ沢村の総代堀貞蔵が、玉の湯旅館を読売新聞社主子安峻に譲渡し、新たに建設したもの。左手の道は、明治20年(1887)に開通した塔ノ沢・宮ノ下間の車道で、国道一号線となった。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐2‐0]

  • -
    塔ノ沢温泉

    旧県立観光会館・函嶺洞門辺りから早川の上流に向かって写した写真。中央に見える旅館は新玉の湯。その上に勝麗山のお堂が見える。左の道路は現在の国道一号線に相当し、電線が見えるので明治25年以降であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐2‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐2‐0]

  • -
    唐招堤寺

    天平宝字3年(759)、数々の苦難をへて来日した唐僧鑑真によって創建された。境内には、金堂、講堂、宝蔵、鼓楼などがある。御影堂内に安置された鑑真座像はとくに有名である。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号30‐4‐0]

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    湯本の渓谷

    旧県立箱根観光会館辺りの早川から、上流の新玉の湯旅館方面を望んだ図。早川の様子は川の氾濫や治水事業によって変わってしまったが、山並みの様子等は変わらない。ネガ番号から整理番号9-5と同時の写真と思われる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐6‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐6‐0]

  • -
    横浜駐屯地のスイス祭り

    ライフル大会を祝うスイス人の友人たちのグループ。明治4年4月8日(5月26日)、1872年度スイス・ライフル大会会場に集まった会友達。The Far East 明治4年(1871)4月14日号。「復刻版The Far East」より引用。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号20‐5‐0]

  • -
    上野公園の桜

    農商務省の主催で、明治18年(1885)4月1日より繭・生糸・織物・陶器・漆器の5品目の共進会が開催された。左の建物がその会場である。建物手前が第一陳列館、向こう側が第二陳列館である。東照宮の鳥居の前から北に向いて撮影したもので、写真では見えないが道路の突き当りが博物館(現東京国立博物館)になる。明治18年(1885)撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐1‐0]

  • -
    第四回内国勧業博覧会会場

    第四回内国勧業博覧会会場=1895(明治28)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号111‐91‐0]

    撮影: 1895

  • -
    湯本の渓谷

    旧県立箱根観光会館をやや下った辺りの早川から、下流の湯本旭橋方面を望んだ図。右に電柱が見え、湯本が京都に次いで全国2番目の水力発電所で電化され、電灯が点いた明治25年以降と分かる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐5‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐5‐0]

  • -
    横浜本町通り

    本町1丁目付近。左の建物は、アメリカ人建築家ブリジェンス(R.P.Bridgens)の設計で明治7年(1874)に竣工した横浜町会所。時計塔をもつこの建物は、本町通りのランドマークとして親しまれたが、同39年(1906)に焼失。跡地に現横浜開港記念会館が建つ。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐1‐0]

  • 1