KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 図書館所蔵
  • 整理番号
  • 長崎大学
  • 附属図書館
  • 亀戸天神
  • 七五三祝祭
  • 正岡子規
  • 藤まつり
  • 日下部金
  • 玉村康三郎

「(長崎大学附属図書館 古写真 ) + イマジンネット画廊 その他」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • 古写真
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐15‐0]

    商品コード: 2017081401305

  • -
    西瓜売り

    天秤棒を担ぐ西瓜売りの男。前の桶には半分に切った西瓜が積まれ、後ろの桶には丸のままの西瓜やその他の果物が載っている。男はちょん髷を結っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:[スチルフリ-ド]、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号27‐25‐0]

    商品コード: 2017080902002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    濃尾大地震(北方町)

    震源に近いの岐阜県本巣郡北方町の惨状。11月1日付け「岐阜日々」によると、「本巣郡において、倒家数千戸、北方町の中字中町全潰、その他各町倒家なきはなく、死者数百名に上る」という。写真は西方から東方(岐阜方面)を望んで撮ったもの。=撮影年月日不明、岐阜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号39‐13‐0]

    商品コード: 2017080902620

  • -
    亀戸天神の藤棚

    藤棚で有名な亀戸天神。正面に見える木製の太鼓橋が有名だったが、現在は立て替えられている。本殿その他を寄進して現在の姿の基礎を作ったのは四代将軍家綱である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐45‐0]

    商品コード: 2017080902146

  • -
    富士川からの富士山

    地点は定かでないが、富士山の大きさや山容、その他の地形から見て、富士川の流域のように見える。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐23‐0]

    商品コード: 2017081002738

  • -
    橋の下の乞食たち

    土橋の下に座る8人の乞食。左奥の人物はよくわからないが、その他はすべて孤児と思われる幼い子供である。物貰いのための空き缶が2、3個見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐35‐0]

    商品コード: 2017080201775

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐56‐0]

    商品コード: 2017080903263

  • -
    円山也阿弥ホテル

    京都市東山区の西部、東山山麓は、もと安養寺六坊、祇園感神院等の寺社領であった。明治6年(1873)、吉水園という人口温泉が開かれ、金閣寺に似た建物が建てられた。明治12年(1879)、長崎人井万吉が安養寺塔頭その他の施設を買収し、洋風に改造して、京都初の洋風ホテルを開業した。上方右手の建物の破風に「YAAMI」の看板がある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐13‐0]

    商品コード: 2017080200796

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐25‐0]

    商品コード: 2017081401280

  • -
    亀戸天神の藤棚

    楼門(右)前にある小ぶりな方の太鼓橋(反橋)である。亀戸天神の初夏の風物詩である「藤まつり」は毎年4月中旬~5月中旬に行われる。その他にも多くの行事がある。11月15日の七五三祝祭では、出世鯉の心字池への放流がある。たくましく泳ぐ鯉のように子供が育つことを願うのである。池には鯉が泳ぐ。正岡子規は「反橋や藤紫に鯉赤し」と詠んだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐38‐0]

    商品コード: 2017081002604

  • 1