KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レゴブロック
  • 無形文化遺産
  • 中国福建省
  • 歴史文化街
  • 保存活用
  • 国家歴史文化名城
  • 歴史的建造物
  • 福建省竜岩市
  • 福建省長汀県
  • 科学技術

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
172
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
172
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月15日
    (4)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡から出土した銅塊。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    統合中建設地 安芸市 瓜尻遺跡に古代役所

    高知県安芸市僧津の統合中学校の建設予定地で昨年9月から発掘調査が行われている瓜尻(うりじり)遺跡で、古代律令(りつりょう)制下の官衙(かんが)(役所)とみられる建物群が見つかっている。写真は官衙の一部とみられる柵と溝に囲まれた方形建物区画=2020(令和2)年12月17日、安芸市僧津の瓜尻遺跡、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で出土した紅焼土の塊。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園で展示されているもみ殻が混ざった焼けた土の塊。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2020年11月03日
    CHINA HANGZHOU 3D-PRINTED REPLICA OF YUNGANG GROTTOES

    People admire the lifesize 3D-printed replica of the so-called Music Grotto of the 1,500-year-old UNESCO heritage Yungang Grottoes at a museum at Zhejiang University in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday, Nov. 03, 2020. The grotto is about 14 meters deep, 11 meters wide and nine meters tall. The replica is assembled from 110 blocks of light material.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 01:39.96
    2020年09月26日
    「新華社」雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘

    中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。同遺跡は雲南省臨滄市耿馬(こうま)タイ族ワ族自治県の勐簡(もうかん)郷にある。大きさは東西約530メートル、南北約220メートルで、総面積約11万平方メートル。今回は付近の高速道路建設に伴う発掘調査となり、97のグリッド(区画)に分けた9600平方メートルで実施した。雲南省文物考古研究所の胡長城(こ・ちょうじょう)副研究員は「遺跡は川辺の台地にあり、新石器時代から明清時代まで集落として使われた。継続時間が長く、出土遺物の形状もさまざまで、遺跡の類型も多い。南汀河(なんていが)流域、さらには雲南省南西部の民族や文化、歴史を研究する上で重要な価値がある」と語った。(記者/孫敏、厳勇)<映像内容>芒嘎遺跡の発掘調査の様子、撮影日:2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.08
    2020年09月26日
    「新華社」時間との闘い北石窟寺の風化防止に向けた取り組み

    中国甘粛省慶陽市の北石窟寺には、黄色砂岩に彫られた石窟群がある。中国の中小石窟の典型とされるが、造営から1500年以上が経ち、雨水の浸透や風化・浸食が進み、国が対策に取り組んでいる。秋雨の中、取材に訪れると、北石窟寺文物保護研究所の呉正科(ご・せいか)所長が傘を差しながら各石窟を回り、落砂を量るため仏像の前に置かれたステンレス製の容器を確認していた。「石窟保護の基礎データとするため、壁面の含水量や風化の程度、害虫、落砂量を定期的に調べている」と説明してくれた。石像頭部を覆うコケ、風化してぼやけた顔、失われた手足…。同寺では千年の石像が「生存」の危機に直面している。北石窟寺は、南北朝時代の北魏の永平2年(509年)に造営が始まり、その後の西魏や北周、隋、唐の各王朝でも拡張された。現在は大小296の洞窟と龕(がん、仏像を納めるために彫られた岩壁のくぼみ)に仏像2126体が残る。呉氏によると、砂岩質の文化財の風化防止は世界的な難題だという。特に同寺は地下水が豊富な地盤の上にあり、降雨量も多いことから、石窟の保護で大きな課題を抱えている。晩唐期に開削された267号窟に入ると、長年の雨風の浸食により全体がコケに覆われ、顔の輪郭もはっきりしない仏像が目に留まった。砂岩に含まれる可溶性塩類が、浸透した雨水の蒸発後に表面に浮き出て白い結晶となっている。「ひどい時には仏像の割れ目から水が流れでることもある」と呉氏は語る。一部の石窟では風化により仏像の顔が固まりで落下していた。呉氏は「効果的な措置を取らなければ、来年には変わり果てた姿になってしまう」と風化の激しい仏像を指し、危機感を募らせる。同寺はここ数年、甘粛省の文化財保護活動の重点となっている。2017年には石窟の調査と管理、保護を強化するため、莫高窟(ばっこうくつ)で有名な敦煌研究院が同寺の管理を行うことになった。(記者/文静、梁軍、任延昕<映像内容>北石窟寺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    Mecum Kissimmee Summer Special at Osceola Heritage Park

    August 27, 2020, Kissimmee, FL, USA: A Chevrolet Camaro rolls across the auction block at the Mecum Kissimmee Summer Special at Osceola Heritage Park on Thursday, Aug. 27, 2020, in Kissimmee, Florida. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀江両岸のライトアップされた夜景。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「蔵経楼」の内部。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「広儲門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。(小型無人機から)中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」の一角。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: A Visitor booking an online ticket from a mobile App at Qutub Minar , World famous monument on its first day of reopening..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: Notice board reading entry through Digital/E-tickets only seen at Qutub Minar on its first day of reopening..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: A Qutub Minar sign seen before the entrance gates after its reopening..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: Visitors at Qutub Minar seen wearing facemasks before entering the heritage site on the first day of its reopening..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: A view of the entrance of Old Fort, World Famous Monument after its reopening..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: A worker is seen thermal screening a visitor at the entry gate of Qutub Minar, world famous monument on its first day of reopening after the lockdown..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: A worker is seen thermal screening his fellow worker at the entry gate of Qutub Minar, world famous monument on its first day of reopening after the lockdown..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: Qutub Minar, World famous monument reopens after a long lockdown period..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月06日
    World famous monument reopens in New Delhi, India - 6 Jul 2020

    July 6, 2020, New Delhi, India: UNESCO world heritage site Inscription, seen at the World famous monument reopened after a long lockdown period..Visitors zealously visit the world famous monument, heritage site after its reopening. Government arranged this reopening with strict social distancing and safety protocols such as use of E-tickets, and mandatory use of Masks and Thermal Screening. (Credit Image: © Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Pradeep Gaur/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    若い僧侶、ラオス 寺院までの長い道のり

    鮮やかなオレンジ色の袈裟(けさ)をまとい、メコン川のほとりを歩く若い僧侶たち。寺院までの長い道のりを毎朝徒歩で向かいます。「トゥクトゥク(三輪タクシー)に乗れば、すぐ着くのに…」なんて考えは煩悩の塊。彼らに笑われちゃいますね。信心深い仏教徒が多いラオスでは、お坊さんは国民みなに温かく見守られています。(撮影・泊宗之、共同)

  • 01:54.10
    2020年06月12日
    「新華社」雲岡石窟の3Dレプリカ、浙江大学で初公開

    中国浙江省杭州市の浙江大学で12日、山西省にある世界遺産「雲岡石窟」の洞窟の一つを3Dプリンターで再現したレプリカの組み立てが完成した。3Dプリンターによる移動可能な原寸大の洞窟レプリカは世界で初めてだという。高精度デジタル技術と3Dプリント技術で制作された同レプリカは、「音楽窟」とも呼ばれる雲岡石窟第12窟の前殿後室を再現。洞窟の形状や精巧で美しい彫像はもちろん、長い年月で風化した細かな傷までが正確に表現されている。雲岡石窟の「音楽窟」の深さは14メートルで、幅11メートル、高さ9メートル。5世紀に開削され、内部には天空の伎楽や中国内外の楽器が彫刻されている。中国最古の「宮廷交響楽団」といわれており、中国の音楽・舞踊史において重要な位置を占める。浙江大学文化遺産研究院と雲岡石窟研究院の共同プロジェクトチームは、2016年からデータの収集と処理、構造設計、パーツのプリントや着色などの作業を進め、数々の技術的な問題を克服してきた。洞窟のデジタルデータの精度は0・03ミリで、完成したレプリカの誤差は2ミリ未満、色彩再現度は95%以上となっている。同レプリカは、2メートル平方のブロック110個を6層に分けて積み上げている。ブロックは軽量素材で作られており総重量は約2トン。標準コンテナ8台に積載し輸送することができ、組み立てには1週間を要する。杭州で完成披露展示会を行った後、世界各地で巡回展を行うという。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>雲岡石窟の3Dレプリカが公開、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    「徽墨」の職人が墨の塊を叩くのに使うかなづち。3・5キロ~4キロの重さがあるが、職人は片手でこれを使う。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊に熱を加える安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材をつくる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県

    14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀の塊を金づちでたたく姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性

    13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    Berlin - Siemens City

    17 April 2020, Berlin: The block of flats of Hans Scharoun, also known as “Panzerkreuzer“, in Siemensstadt on Jungfernheideweg. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism movement. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    Berlin - Siemens City

    17 April 2020, Berlin: A block of flats by Hans Scharoun in Siemensstadt in the Mäckeritzstraße. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    Berlin - Siemens City

    17 April 2020, Berlin: On a balcony of a block of flats in Popitzweg green plants are growing. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    Berlin - Siemens City

    17 April 2020, Berlin: On a balcony of a block of flats in Popitzweg green plants are growing. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    Berlin - Siemens City

    17 April 2020, Berlin: A block of flats by Hans Scharoun in Siemensstadt in the Mäckeritzstraße. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月15日
    江口沈銀遺跡で「蜀世子宝」金印が出土四川省眉山市

    15日、江口沈銀遺跡の川底から出土した「蜀世子宝」金印。上部の塊は亀の形の印紐(いんちゅう)で甲羅の彫刻がはっきり見て取れる。中国四川省眉山市彭山区は29日、記者会見を開き、同区の江口沈銀遺跡で2019~20年度に実施した考古発掘調査で、金銀器を中心とする1万点余りの遺物が出土したと発表した。うち「蜀世子宝」と記された金印は、国内で初めて見つかった世子の金印だという。世子は明清時代の世襲親王の嫡男を指す。(眉山=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市鼓楼区の鰲峰坊歴史文化街区にある古厝の敷地内を散策する観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州鰲峰坊歴史文化街区にある「観巷」の入り口。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を流れる三捷河に沿って歩く観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州鰲峰坊歴史文化街区にある「李世甲故居」で、書画作品を運ぶスタッフ。李世甲(1894—1970)は福州出身の軍人。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある三通橋を渡る観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州鰲峰坊歴史文化街区の入口に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月15日
    Texas standoff ends peacefully, a day after 3 officers shot, police say

    February 15, 2020, Austin, Texas, USA: Police officers work near the house on Natalie Cove in the Heritage Park subdivision in Cedar Park in Austin, Texas where a standoff was happening on Sunday August 16, 2020. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年02月15日
    Texas standoff ends peacefully, a day after 3 officers shot, police say

    February 15, 2020, Austin, Texas, USA: Law enforcement officers work at the scene of a shooting in the Heritage Park subdivision in Cedar Park in Austin, Texas on Sunday August 16, 2020. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年02月15日
    Texas standoff ends peacefully, a day after 3 officers shot, police say

    February 15, 2020, Austin, Texas, USA: A police officer works at the scene of a shooting in the Heritage Park subdivision in Cedar Park in Austin, Texas on Sunday August 16, 2020. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年02月15日
    Texas standoff ends peacefully, a day after 3 officers shot, police say

    February 15, 2020, Austin, Texas, USA: A police officer works at the scene of a shooting in the Heritage Park subdivision in Cedar Park in Austin, Texas on Sunday August 16, 2020. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:54.88
    2020年01月21日
    「新華社」福建省の曇石山歴史文化街区がオープン婚礼文化テーマに

    中国福建省福州市で1年余りにわたり建設が進められていた曇石山特色歴史文化街区「喜街」が21日、オープンした。喜街は同日、市内15カ所で一斉オープンした歴史文化街区の主会場となり、同市閩侯県の「喜娘」(婚礼の介添え役)が取り仕切る伝統的な結婚式をはじめ、盛りだくさんの催しが行われた。曇石山特色歴史文化街区は閩侯県の甘蔗街道に位置し、曇石山遺跡博物館に隣接。閩都民俗園、閩侯県博物館とも一体化している。現在の総面積は71・4ムー(4万7600平方メートル)で、34の建築物の中には移築された古民家8棟を含み、中心エリアには閩侯県の婚礼文化が色濃く反映されている。オープン当日は中国の伝統衣装をまとった新郎新婦らが喜娘のおめでたい口上の中、天地を拝し、両親に拝礼。観光客に喜娘文化の独特の魅力を伝えた。閩侯県の豊かな歴史と文化を幅広く紹介する無形文化財館など各施設も同時開館した。(記者/林凱)<映像内容>曇石山特色歴史文化街区「喜街」がオープン、結婚式の様子など、撮影日:2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市の会場を散策する人たち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、「のぞき眼鏡」(多数の絵を木箱の中で次々に取り替え,凸レンズを隔てて観客に見せる民間芸能)を楽しむ子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、屋台で売られている飴細工(吹糖人)をじっと見つめる子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、「福」の字を見せる子どもたち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で売られている中国の伝統的な民間工芸品。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、買ったばかりの飴細工(吹糖人)をうれしそうに見つめる子どもたち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、昔ながらの屋台の前で足を止め、商品を手に取る子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、山東省の特産、「竜口春雨」の伝統的な製法を実演する職人。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、中国の伝統的な飾り物「紙翻花」を手に取る子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、中国の伝統的な飾り物「紙翻花」を見つめる人たち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、スマホで蒸しパンで作った飾り物の写真を撮る買い物客。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、山東省の特産、「竜口春雨」の伝統的な製法を実演する職人。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Urban renewal in World Heritage City Stralsund

    17 January 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: KOMBO - On 28.11.2011, an excavator demolishes a panel building from GDR times in the Knieper West residential area of Stralsund. The block behind it has been redeveloped today (photo below) for “dpa survey: Stadtumbau Ost - Where do we stand 30 years after reunification? Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:37.88
    2019年09月12日
    「新華社」淘宝メーカー・フェス開幕若者の革新的商品が集まる

    中国の電子商取引大手、アリババ集団傘下のネット通販サイト「淘宝」(タオバオ)が主催するイベント「第4回淘宝造物節」(タオバオ・メーカー・フェスティバル)が12日、浙江省杭州市で開幕した。世界各地から千種類以上の革新的な商品が集まった若者の創造性を示す祭典は、25日まで開かれる。今年はメイン会場が元杭州ボイラー工場に設けられ、科学技術、国風・無形文化遺産、トレンド、デザイン、グルメの5ブロックに分かれ、古い工場が「文化のランドマーク」として新たに生まれ変わった。「スマート航空機」のブースでは、自動操縦で自立飛行が可能な電気スマート飛行機の試乗が来場者の人気を集めている。イベントでは期間中、一新された西湖断橋ファッションショーも開かれ、新時代の最新ファッションのトレンドが披露される。(記者/張璇、鄭夢雨、李濤)<映像内容>タオバオ・メーカー・フェスティバルの様子、撮影日:2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2