KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 人間国宝
  • 中国河北省
  • 中国江蘇省
  • 世界遺産
  • 江蘇省蘇州市
  • 蘇州庭園
  • 歌舞伎俳優
  • 上演江蘇省
  • 伝統演劇

「Actor」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
174
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
174
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月29日
    提灯を手に楽しむ夜の昌徳宮ソウル

    10月29日、韓国・ソウルにある昌徳宮の後苑で、伝統芸能を披露する俳優。韓国の首都ソウルの鐘路(チョンノ)区にある昌徳宮(チャンドックン)は、同国の有名な歴史・文化スポットで、美しい景観を持つ宮殿として知られる。1997年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(ソウル=新華社記者/王婧嬙)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月27日
    伝統影絵劇が生み出す新たな物語甘粛省慶陽市

    10月27日、影絵劇「三羊開泰」の公演で人形を操る影絵役者。中国甘粛省慶陽市環県でこのほど、地元の伝統影絵劇「道情皮影戯」の継承者、許明堂(きょ・めいどう)さんが、劇団仲間と共に新作劇「三羊開泰」の公演を行った。公演の様子はインターネットで同時配信された。中国で影絵劇は「皮影戯(ピーインシー)」と呼ばれる。環県の道情皮影戯は国の無形文化遺産に指定されており、ここ数年は伝統を継承する中で革新を図り、伝統演目の保存とともに新たな輝きを放っている。同劇は、環県がヒツジの飼育に湖羊と呼ばれる綿羊の優良種を導入することで貧困から脱するという内容で、好評を博している。(慶陽=新華社記者/耿馨寧)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、粤劇バージョンで演じられる「覇王別姫(はおうべっき)」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、広東語の歌曲「相遇嶺南」を披露する粤劇俳優。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、京劇「太真外伝—長生殿」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、京劇バージョンで演じられる「帝女花」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、粤劇「刁蛮(ちょうばん)公主」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、京劇「太真外伝-長生殿」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    京劇と粤劇、二大無形文化遺産が競演広東省広州市

    24日、京劇「寿州救駕」の一場面。中国広東省広州市のランドマーク「広州タワー」で24日夜、「京腔粤韻唱響湾区(北京と広東の調べが響く湾区)」と題した、京劇と粤劇(えつげき)の交流イベントが開催された。中国国家京劇院、広東省粤劇院、広州粤劇院などに所属する著名俳優が多く出演し、京劇と粤劇、二大演劇の精髄と風格を表現した。京劇と粤劇はいずれも国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録されている。今回の交流イベントは、演劇文化事業の発展と無形文化遺産の保護・継承・発展を促すことを目的として行われた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで出演の準備をする伝統芸能「粤劇(えつげき)」の俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、陝西省華陰市の伝統演劇「華陰老腔」を披露する俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    美しい水郷の古村で「民俗観光豊作節」開催浙江省

    24日、義皋村で伝統的な地方劇「黄梅戯(こうばいぎ)」を演じる俳優。中国浙江省湖州市織里鎮の太湖南岸にある義皋(ぎこう)古村で24日、地元の伝統文化・農産物などの魅力を発信するイベント「太湖漊港民俗観光豊作節」が開かれ、伝統的な民族舞踊のショーや無形文化遺産の工芸品の展示、特色ある農産物の展示販売が行われた。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    Florida News - September 8, 2020

    September 8, 2020, Delray Beach, Florida, USA: American Heritage safety Bobby Salla (2) takes a knee on sideline during practice in Delray Beach, September 8, 2020. Players not on the field have to wear a mask. Each player is assigned a chair to sit in during practice and at games. (Credit Image: © Allen Eyestone/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Allen Eyestone/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT

  • 01:16.16
    2020年09月04日
    「新華社」次世代が受け継ぐ地方劇「哈哈腔」河北省青県

    中国河北省滄州市青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地でこのほど、小学生の子どもたちがベテラン俳優の指導を受けながら、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励む姿が見られた。「哈哈腔」は地方劇の一種で、高齢者を敬い家族を大切することや、勇気を持って正しい行いをすること、喜んで慈善を施すことを伝える歴史物語が中心となっている。2006年に国家級無形文化遺産リストに登録され、地元劇団は2014年から毎年児童らを招いて無料で稽古を行っている。(記者/駱学峰)<映像内容>地方劇「哈哈腔」の稽古の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    Giffoni Film Festival 2020

    August 29, 2020, Napoli, CAMPANIA, ITALIA: 29/08/2020 Giffoni film festival reaches its 50th edition despite the coronavirus pandemic taking place as usual..Anna Laura ORRICO - Undersecretary for Cultural Heritage and Activities (Credit Image: © Fabio Sasso/ZUMA Wire)、クレジット:©Fabio Sasso/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」の上演前にメーキャプをする子ども。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、子どもたちを指導する俳優。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」を上演する子どもたち。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」を上演する子どもたち。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」の上演前にメーキャプをする子ども。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」を上演する子どもたち。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、子どもたちを指導する無形文化遺産の伝承者、劉宗(りゅう・そう)さん。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、子どもを指導する俳優。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、「哈哈腔」の上演前に記念撮影する子どもたち。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    夏休みに地方劇「哈哈腔」の稽古に励む子どもたち河北省

    27日、河北省青県木門店鎮の「哈哈腔」伝承モデル基地で、せりふを覚える子どもたち。夏休み中、中国河北省青県木門店鎮にある「哈哈腔(ハーハーチャン)」伝承モデル基地で、地元の子どもたちがベテラン俳優の指導のもと、「哈哈腔」の節回しや仕草、演技の稽古に励み、充実した時間を過ごした。「哈哈腔」は地方劇の一種で、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(滄州=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    山村で伝統演劇の「晋劇」を披露河北省井陘県

    5日、井陘県上安鎮頭泉村の村民文化広場で、歌を披露する井陘晋劇院の役者。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県上安鎮頭泉村で5日、井陘晋劇院による2020年夏季演劇下郷(農村への普及)イベントが幕を開けた。同市西部の山間部にある農村で延べ60公演以上が行われる。同県はここ数年、国家級無形文化遺産プロジェクトの井陘晋劇を山間部の農村や教育現場、社区(コミュニティー)などに広める取り組みを行っており、無形文化遺産の発展を推進し、伝統的な演劇文化をより多くの人々に伝えている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    山村で伝統演劇の「晋劇」を披露河北省井陘県

    5日、井陘県上安鎮頭泉村の村民文化広場の舞台裏で、出演の準備をする井陘晋劇院の役者。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県上安鎮頭泉村で5日、井陘晋劇院による2020年夏季演劇下郷(農村への普及)イベントが幕を開けた。同市西部の山間部にある農村で延べ60公演以上が行われる。同県はここ数年、国家級無形文化遺産プロジェクトの井陘晋劇を山間部の農村や教育現場、社区(コミュニティー)などに広める取り組みを行っており、無形文化遺産の発展を推進し、伝統的な演劇文化をより多くの人々に伝えている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    山村で伝統演劇の「晋劇」を披露河北省井陘県

    5日、井陘県上安鎮頭泉村の村民文化広場の舞台裏で、公演に使う衣装と小道具を整理する井陘晋劇院の役者。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県上安鎮頭泉村で5日、井陘晋劇院による2020年夏季演劇下郷(農村への普及)イベントが幕を開けた。同市西部の山間部にある農村で延べ60公演以上が行われる。同県はここ数年、国家級無形文化遺産プロジェクトの井陘晋劇を山間部の農村や教育現場、社区(コミュニティー)などに広める取り組みを行っており、無形文化遺産の発展を推進し、伝統的な演劇文化をより多くの人々に伝えている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    山村で伝統演劇の「晋劇」を披露河北省井陘県

    5日、井陘県上安鎮頭泉村の村民文化広場で、歌を披露する井陘晋劇院の役者。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県上安鎮頭泉村で5日、井陘晋劇院による2020年夏季演劇下郷(農村への普及)イベントが幕を開けた。同市西部の山間部にある農村で延べ60公演以上が行われる。同県はここ数年、国家級無形文化遺産プロジェクトの井陘晋劇を山間部の農村や教育現場、社区(コミュニティー)などに広める取り組みを行っており、無形文化遺産の発展を推進し、伝統的な演劇文化をより多くの人々に伝えている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    山村で伝統演劇の「晋劇」を披露河北省井陘県

    5日、井陘県上安鎮頭泉村の村民文化広場で、代表的な演目を披露する井陘晋劇院の役者。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県上安鎮頭泉村で5日、井陘晋劇院による2020年夏季演劇下郷(農村への普及)イベントが幕を開けた。同市西部の山間部にある農村で延べ60公演以上が行われる。同県はここ数年、国家級無形文化遺産プロジェクトの井陘晋劇を山間部の農村や教育現場、社区(コミュニティー)などに広める取り組みを行っており、無形文化遺産の発展を推進し、伝統的な演劇文化をより多くの人々に伝えている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、化粧をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、クラウド技術を使ってオンライン上演をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、クラウド技術を使ってオンライン上演をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、化粧をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、衣装を整える河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、クラウド技術を使ってオンライン上演をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月09日
    オンラインで楽しむ無形文化遺産河北省

    9日、化粧をする河北省邯鄲市曲周県の「四股弦」劇団の役者。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県で9日、クラウド技術を使って無形文化遺産を紹介するイベントが開催された。同省の伝統劇「四股弦」や影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」などの無形文化遺産をライブ配信やマルチメディア放送などを通じてオンラインで上演し、視聴者を文化の供宴へといざなった。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    21日、本番前に演技の確認をする瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    21日、一幕物の古典演目で人気が高い「勅書楼」を上演する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    21日、一幕物の古典演目で人気が高い「勅書楼」を上演する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さんと張勲(ちょう・くん)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    21日、本番前の準備をする瀘渓県辰河高腔伝習所の役者、何芳(か・ほう)さん。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月02日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    2日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓県浦市鎮で辰河高腔を上演し、多くの観客を魅了する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月02日
    息吹き返す地方伝統演劇湖南省瀘渓県

    2日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県浦市鎮で辰河高腔を上演し、多くの観客を魅了する瀘渓県辰河高腔伝習所の役者。「辰河高腔」は中国湖南省に伝わる同省四大地方演劇の一つで、2006年に第1次国家級無形文化遺産保護リストに登録された。以来、辰河高腔の伝承はいっそう注目を集めたが、文字や音符による記録ができず口頭でしか伝えられてこなかったため、伝承は困難を極めている。瀘渓県辰河高腔伝習所の劉江華(りゅう・こうか)所長は、緊急保護措置として、旋律の節回しを録音する作業に取り組んでいる。また伝習所は、農村に出向いて辰河高腔を上演する活動を毎年実施しており、多い時には数日おきに上演することもある。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    成都で未盗掘の漢代墓を発見現代によみがえる当時の「死後の世界」

    M94号墓の側室の右手前に並べられていた俳優俑(はいゆうよう)や提罐俑(ていかんよう)などの人物俑、罐を背負った鳥やニワトリの母子をかたどった動物俑、陶楼などの副葬品。(4月22日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は15日、同市の「シンガポール・四川科学技術イノベーションパーク(新川創新科技園)」の南にある五根松墓地で今年実施した発掘調査で、保存状態が非常に良い漢代の墓葬を発見した。墓は盗掘を受けておらず、当時の人々が考えた豪華で謎めいた「死後の世界」を現代によみがえらせた。漢代の人々は「人は死後も生前と同じ生活を送る」と考え、死者を厚く埋葬した。そのため漢代の墓は深刻な盗掘被害を受け、発掘しても何も出てこないことが多い。ところがM94号墓と名付けられた今回の墓葬は、副葬品が完全に残されていただけでなく、墓室内の設備や装飾なども当時の状態が保たれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    Spring awakening in the Garden Kingdom of Wörlitz

    23 March 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The actors Hans-Jürgen Müller-Hohensee and Christel Ortmann (l) from the Landestheater Anhalt Dessau in the costumes of the princely couple Louise and Franz von Anhalt-Dessau drive through Wörlitz in a carriage during a procession to the traditional spring awakening in the Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. The Wörlitz Park starts the new season with a two-day festival under the motto “Südseeträume - Georg Forster in Wörlitz“. From May onwards, Forster (1754-1794), a researcher and globetrotter, will be exhibiting 250-year-old objects from his South Sea collection in an exhibition in the palace. Friedrich Franz von Anhalt-Dessau (1740-1817) had the Garden Kingdom established more than 200 years ago. Today it belongs to the Unesco World Cultural Heritage. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    Spring awakening in the Garden Kingdom of Wörlitz

    23 March 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The actors Hans-Jürgen Müller-Hohensee (2nd from right) and Christel Ortmann (2nd from left) from the Landestheater Anhalt Dessau with flower fairies in the Wörlitzer Park are standing in the costumes of the princely couple Louise and Franz von Anhalt-Dessau for the traditional spring awakening in the Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. The Wörlitz Park starts the new season with a two-day festival under the motto “Südseeträume - Georg Forster in Wörlitz“. From May onwards, Forster (1754-1794), a researcher and globetrotter, will be exhibiting 250-year-old objects from his South Sea collection in an exhibition in the palace. Friedrich Franz von Anhalt-Dessau (1740-1817) had the Garden Kingdom established more than 200 years ago. Today it belongs to the Unesco World Cultural Heritage. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月08日
    ネット中継で春節を祝う少数民族ミャオ族湖南省竹山村

    8日、春節イベントで披露された無形文化遺産「文武茶灯鬧年」。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県竹山村のミャオ族の集落「竹山苗寨」でこのほど、春節(旧正月)イベント「竹山赶年(竹山の年越し)」が開かれた。中国各地の農村から伝統芸能などをネット中継で全国に紹介する活動「全国農村春節聯歓晩会」の一環で、地元の村民や俳優などが参加し、苗寨ならではの年越しムードを演出した。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月01日
    孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市

    1日、曲阜市にある孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月01日
    孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市

    1日、曲阜孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月01日
    孔子の故郷で「中国的」年越しを体験山東省曲阜市

    1日、曲阜市にある孔府の門前で観光客を迎える役者。古代中国の思想家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市で1日、元旦と春節(旧正月)を祝う「孔府(孔子の子孫らが住んだ邸宅)で年越し」観光体験イベントが正式に始まった。中国国内外の観光客は期間中、蒸し菓子の「花糕(かこう)」を作ったり、「春聯(しゅんれん、縁起の良い対句が書かれた赤い紙)」を貼ったり、孔子を祭った「孔廟」で祈願したりできるだけでなく、しんこ細工や弓矢、伝統菓子「孔府糕点(こうてん)」など無形文化遺産の制作実演を見学することもできる。孔府は中国で最も盛大に行われる春節の儀式の規則を今に伝えており、家庭での最も古い年越しの作法を完全な形で残している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月01日
    中国の新年を迎える一連のイベントがスタート陝西省西安市

    1日、西安の伝統劇「秦腔(しんこう)」を披露する役者。中国陝西省西安市にある唐大明宮国家遺跡公園で1日、旧暦の庚子(かのえね)年の到来を前に、「中国年・看西安」と題した一連の文化・観光イベントが開幕した。2019年12月31日から2月9日まで41日間の会期中、歴史的文化と民俗的文化、現代文化を融合させた9分野301項目のイベントが行われる。市民らは現代的な新年の雰囲気を味わえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    (かたおか・ひでたろう) 片岡秀太郎

    歌舞伎俳優、重要無形文化財保持者(人間国宝、2019年7月)、2019年7月16日撮影、大阪市中央区のホテル

  • 2019年07月18日
    喜び語る竹本葵太夫さん 師匠、俳優、客に毎日感謝

    人間国宝に選ばれ喜びを語る歌舞伎音楽竹本の竹本葵太夫さん

  • 2019年07月18日
    竹本葵太夫さん 師匠、俳優、客に毎日感謝

    人間国宝に選ばれ喜びを語る歌舞伎音楽竹本の竹本葵太夫さん

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、昆曲「浮生六記」庭園版の上演前、舞台メークを施す役者の沈国芳(しん・こくほう)さん。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、昆曲「浮生六記」庭園版の上演前、舞台メークを施す役者の張争耀(ちょう・そうよう)さん。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で昆曲「浮生六記」庭園版を鑑賞する観客。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、昆曲「浮生六記」庭園版の上演前、舞台メークを施す役者の沈国芳(しん・こくほう)さん。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    世界遺産の庭園で昆曲上演江蘇省蘇州市

    5月29日、蘇州市の滄浪亭で上演された昆曲「浮生六記」庭園版。中国江蘇省蘇州市の庭園、滄浪亭(そうろうてい)でこのほど、昆曲「浮生六記」庭園版が上演された。原作の「浮生六記」は清代の文人、沈復(しん・ふく)の随筆風自叙伝で、同庭園が舞台になっている。今回上演された「庭園版」では、観客は役者の演技に合わせて庭園内を移動し、昆曲を楽しみながら蘇州庭園の歴史を感じ取っていた。(蘇州=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月22日
    世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて

    蘇州市にある網師(もうし)園で稽古する昆劇の俳優。(5月22日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月22日
    世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて

    蘇州市にある網師(もうし)園で稽古する昆劇の俳優。(5月22日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護・管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国・蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    Mark Sertich, world‘s oldest hockey player, dies at 99

    May 16, 2019, Duluth, MN, USA: Mark Sertich gets his skates on before his morning hockey game Thursday, May 16, 2019 at the Essentia Duluth Heritage Center. Sertich, the Guinness World Records‘ oldest hockey player, died Monday, August 24, 2020. He was 99. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    Mark Sertich, world‘s oldest hockey player, dies at 99

    May 16, 2019, Duluth, MN, USA: Mark Sertich hops over the boards for a line change during his game with friends Thursday morning, May 16, 2019 at the Essentia Duluth Heritage Center. Sertich, the Guinness World Records‘ oldest hockey player, died Monday, August 24, 2020. He was 99. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    Mark Sertich, world‘s oldest hockey player, dies at 99

    May 16, 2019, Duluth, MN, USA: Mark Sertich after scoring during his morning hockey game Thursday morning, May 16, 2019 at the Essentia Duluth Heritage Center. Sertich, the Guinness World Records‘ oldest hockey player, died Monday, August 24, 2020. He was 99. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    Mark Sertich, world‘s oldest hockey player, dies at 99

    May 16, 2019, Duluth, MN, USA: Mark Sertich on the bench between shifts during his morning hockey game on Thursday, May 16, 2019 at the Essentia Duluth Heritage Center. Sertich, the Guinness World Records‘ oldest hockey player, died Monday, August 24, 2020. He was 99. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 04:16.38
    2019年04月20日
    「新華社」壮大な野外劇「文成公主」今年第1回の上演

    大型野外劇「文成公主」が20日夜、中国チベット自治区のラサで今年初めて上演された。2013年の初演から上演回数はすでに1千回を突破、観客動員数は210万人を超えた。1300年前の吐蕃のソンツェン・ガンポへ降嫁した唐の皇女、文成公主を主人公とした歴史絵巻「文成公主」は、上演時間約90分、5幕から成る。舞台セットは3Dを効果的に使い、劇場は約4千人の収容が可能だ。副総監督の白芨(はく・きゅう)氏は、この野外劇はチベットに伝わる舞踊や演劇、チベット仏教の念仏などの芸術形式を取り入れ、チベットの民間の貴重な無形文化遺産の要素を表現し、チベット文化の保護や継承、発展にも貢献していると話す。「文成公主」は全劇で800名以上の俳優が出演するが、そのうち95%が現地チベット族のエキストラ。昼間は他の労働をし、夜は劇に出演することで、月額3千~4千元(1元=約17円)の増収になる。また農牧民にも警備や清掃、サービス接待、行政アシスタントなど100以上の仕事が提供され、同イベントはこれまでに貧困層として登録された500名以上の人々の貧困脱却を支援してきた。(記者/何程)<映像内容>大型野外劇「文成公主」上演の様子、撮影日:2019(平成31)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:06.16
    2019年02月20日
    「新華社」人形役者の絶技書道や京胡演奏も福建省連城県

    中国の客家人形劇の役者、李明卿(り・めいけい)さん(66)は、40年以上の努力により書道の造詣と人形劇を融合させた「人形書道」芸術を作り上げた。近年では再び大胆な革新に挑み、人形に京劇楽器の「京胡」を弾かせる「人形京胡」の絶技を生み出した。李さんは今年の春節期間、福建省竜岩市連城県の城市広場や地元の観光地、温泉地を糸操り人形2体とともに訪れ、書道や京胡演奏の絶技を披露。地元の人々や観光客の目を楽しませた。李さんは、書道人形を李明(り・めい)、京胡人形を李卿(り・けい)と名付け、自分の子のように接している。「一つ一つの人形には命が宿っている。芸を磨くことでより多くの人に人形芸術を好きになってほしい」と話す。李さんは人形劇の伝承と発展を図るため、中国各地に赴き技術を学んだ。各地の人形劇芸術の真髄を取り入れ、連城の人形劇に融合させることで、連城の糸操り人形をよみがえらせた。連城県の操り人形劇は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/彭張青)<映像内容>糸操り人形の演奏や書道のパフォーマンス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    元宵節を祝い「高山戯」上演甘粛省隴南市

    17日、甘粛省隴南市武都区魚竜鎮の卯家荘村で街を練り歩いて「高山戯」を披露する役者。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を目前に控え、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区魚竜鎮でこのほど、地元発祥の地方劇「高山戯」が上演された。武都高山戯はこれまで700年余りの歴史を持ち、2008年には中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録されている。(隴南=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    元宵節を祝い「高山戯」上演甘粛省隴南市

    17日、甘粛省隴南市武都区魚竜鎮の卯家荘村で出番を待つ「高山戯」の役者。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を目前に控え、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区魚竜鎮でこのほど、地元発祥の地方劇「高山戯」が上演された。武都高山戯はこれまで700年余りの歴史を持ち、2008年には中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録されている。(隴南=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    600年の伝統行事「翔竜節」で元宵節祝う四川省新場鎮

    17日、四川省内江市威遠県の新場鎮で、新婦を新郎の家までかごに乗せ運ぶ伝統的風習を題材とした劇を披露する役者たち。中国四川省内江市威遠県の新場鎮で17日、600年以上の歴史を持つ無形文化遺産の伝統行事「翔竜節」が盛大に行われた。行事は竜の登場、「打鉄花」(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)、花火で竜を焼く「火焼竜」の3部構成となっている。(内江=新華社配信/黄正華)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    600年の伝統行事「翔竜節」で元宵節祝う四川省新場鎮

    17日、四川省内江市威遠県の新場鎮で、新婦を新郎の家までかごに乗せ運ぶ伝統的風習を題材とした劇を披露する役者たち。中国四川省内江市威遠県の新場鎮で17日、600年以上の歴史を持つ無形文化遺産の伝統行事「翔竜節」が盛大に行われた。行事は竜の登場、「打鉄花」(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)、花火で竜を焼く「火焼竜」の3部構成となっている。(内江=新華社配信/黄正華)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村の畑を通る玉塁花灯劇の役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村の畑を通る玉塁花灯劇の役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村で村内を巡る花灯劇の役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村で玉塁花灯劇を鑑賞する人々。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    元宵節を祝い「高山戯」上演甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南市武都区魚竜鎮の劉家湾村でランタンを手に「高山戯」を披露する役者。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を目前に控え、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区魚竜鎮でこのほど、地元発祥の地方劇「高山戯」が上演された。武都高山戯はこれまで700年余りの歴史を持ち、2008年には中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録されている。(隴南=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村で玉塁花灯劇を演じる役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村で玉塁花灯劇を演じる役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    元宵節を祝い「高山戯」上演甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南市武都区魚竜鎮の劉家湾村でランタンを手に「高山戯」を披露する役者。旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を目前に控え、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区魚竜鎮でこのほど、地元発祥の地方劇「高山戯」が上演された。武都高山戯はこれまで700年余りの歴史を持ち、2008年には中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録されている。(隴南=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    花灯劇で元宵節を祝う甘粛省隴南市

    16日、甘粛省隴南(ろうなん)市文県玉塁郷玉塁坪村の畑を通る玉塁花灯劇の役者。玉塁(ぎょくるい)花灯劇は中国甘粛省に伝わる無形文化遺産の伝統劇の一つ。元宵節(旧暦1月15日)を間近に控えた16日、文県玉塁郷各村の花灯劇の役者が玉塁坪(ぎょくるいへい)村を訪れて公演を行い、村内を巡って元宵節を祝った。(隴南=新華社配信/冉創昌)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:22.43
    2019年02月15日
    「新華社」秦腔の古き調べで迎える新春青海省互助トゥ族自治県

    中国北西部の伝統演劇「秦腔(しんこう)」は、乱弾(らんだん)とも呼ばれ、青海省海東市互助トゥ族自治県にも古くから伝わる。同県では家々で伝統劇を歌い継ぐ風習があり、しばしば大掛かりな「秦腔」が上演されている。互助県秦劇団では農民が役者を務める。劇団は2011年4月に各郷鎮にあった8つのアマチュア劇団を統合し結成され、2017年5月には劇団を元に互助県秦韻戯曲演芸有限公司が設立された。同劇団は民間の秦腔公演団体であり、「戯曲(伝統劇)芸術を受け継ぎ後世に伝え、人びとの生活を彩り、文化を繁栄興隆させる」ことを理念に、河湟(かこう、青海省東部の黄河上流とその支流の湟水一帯)流域で活動している。農村や学校への出張公演にも力を入れており、毎年の公演回数は150回上以上、観客数は10万人以上に達する。中国北西部で流行した秦腔は、「八百里秦川」と呼ばれる陝西省の渭河(いが)平原から河湟地域へ伝わり、さらに互助トゥ族が生活する地域へと伝わった。秦腔はこの地で静かにトゥ族の郷土文化に溶け込んでいった。互助秦腔は2017年、青海省の省級無形文化遺産リストに登録されている。(記者/韓方方、趙玉和)<映像内容>中国北西部の伝統演劇「秦腔」上演の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月13日
    小さな村で百年続く伝統行事「武社火」遼寧省本渓市

    13日、遼寧省本渓市花渓沐雲山スケート場で本渓社火の演目を披露する同江峪村の村民。中国遼寧省本渓市本渓満族自治県同江峪村でこのほど、村に伝わる行事「本渓社火」が行われた。多くの村民が1週間にわたり朝早くから化粧し華やかな衣装に身を包み、稽古に励んできた。普段農業を営む村民たちが伝統劇を演じる同行事は、代々受け継がれ、100年の歴史を持つ。着飾った役者が槍、大刀、双槌などの武器を駆使して立ち回り、物語を演じることから「武社火」などとも呼ばれる。本渓社火は、各省の少数民族に伝わる民間の踊りを記録した書籍「中国民族民間舞踊集成・遼寧巻」に収められており、2008年6月に国の無形文化遺産に登録された。(本渓=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2