KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 四川省成都市
  • 民俗風情
  • 無形文化遺産
  • ブリージング
  • ライトアップ
  • ランタン
  • 人感センサー
  • 国家考古
  • 太陽崇拝
  • 展覧会四川省

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 写真
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月01日
    (1)中仏共同でデジタル展ベルサイユ宮殿が中国に「移転」

    2月27日、ベルサイユ宮殿中国巡回展の会場で記念写真を撮る来場者。中国とフランスの文化機関が共同で主催する「ベルサイユ宮殿中国巡回展-VirtuallyVersailles」が2月27日夜、上海市中心部の商業・観光スポット、上海新天地で開幕し、世界文化遺産のベルサイユ宮殿が、デジタル展の形で中国の観客の前に初めて姿を現した。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)福州市で国家級無形文化遺産「十竹齋木版水印」の特別展

    13日、「十竹齋・二十四節気」展の会場。中国福建省福州市の古い街並みが残る観光地「三坊七巷(さんぼうしちこう)」で13日、中国の彩色木版画技法「木版水印」の作品を展示する国家級無形文化遺産新春特別展「十竹齋(じっちくさい)・二十四節気」が開幕した。同展は一連の作品と無形文化遺産を結びつける形で、国家級無形文化遺産伝承者、杭州十竹齋の魏立中(ぎ・りつちゅう)齋主が二十四節気を主題に制作した木版水印作品2セットを展示する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (9)天竜山石窟から盗掘された仏頭、北京魯迅博物館に登場

    12日、会場に展示された仏頭の前で自撮りする来場者。中国の北京魯迅博物館で12日、「咸同斯福-天竜山石窟国宝帰還とデジタル復元特別展」が開幕し、山西省太原市の天竜山石窟第8窟北壁の仏頭が公開された。国家文物局によると、この仏頭は中国に昨年「帰国」した100点目の流出文化財で、日本から同石窟の仏像が戻ってきたのはこの100年近くで初めてになるという。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (10)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「烏木林の願いの木」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (7)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「喜迎春節」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (4)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「四季花開」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (3)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「太陽神跡」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (8)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「巴蜀絵巻」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (9)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「牛気衝天」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (1)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩る子どもが描いたイラストが貼られたランタン。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (2)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るたいまつをモチーフにした光のオブジェ。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (5)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、ゆっくりと明滅を繰り返すブリージングライト。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (6)考古遺跡公園で夜空を彩るランタンの展覧会四川省成都市

    9日、会場を彩るランタンの作品「四季花開」。中国四川省成都市の金沙(きんさ)国家考古遺跡公園で10日、色とりどりのランタンを展示する展覧会「点亮金沙-彩灯光影芸術展」が開幕した。会場は「巴蜀(はしょく)の文化」「太陽崇拝」「民俗風情」の3つのエリアに分かれており、ライトアップされたランタンが幻想的な雰囲気を醸し出している。今回の展示には、無形文化遺産「彩灯」(飾り灯籠)の技法を取り入れた新しい要素がふんだんに盛り込まれている。また、明滅を繰り返す「ブリージングライト」や人を感知して照明がつく人感センサーライトなどが使われているという。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (12)金沙遺跡博物館でヒマラヤ宝物の特別展四川省成都市

    1月31日、「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」の会場。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と香港中文大学文物館が共催する「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」が1日、金沙遺跡博物館で開幕した。同展は17~20世紀の芸術品を中心に233点(組)を展示する。ヒマラヤ地方の華麗な物質文化や多彩な民俗風情、独特な審美眼を持つ芸術を伝える。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (11)金沙遺跡博物館でヒマラヤ宝物の特別展四川省成都市

    1月31日、「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」の会場。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と香港中文大学文物館が共催する「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」が1日、金沙遺跡博物館で開幕した。同展は17~20世紀の芸術品を中心に233点(組)を展示する。ヒマラヤ地方の華麗な物質文化や多彩な民俗風情、独特な審美眼を持つ芸術を伝える。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (14)金沙遺跡博物館でヒマラヤ宝物の特別展四川省成都市

    1月31日、「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」の会場。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と香港中文大学文物館が共催する「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」が1日、金沙遺跡博物館で開幕した。同展は17~20世紀の芸術品を中心に233点(組)を展示する。ヒマラヤ地方の華麗な物質文化や多彩な民俗風情、独特な審美眼を持つ芸術を伝える。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (13)金沙遺跡博物館でヒマラヤ宝物の特別展四川省成都市

    1月31日、「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」の会場。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館と香港中文大学文物館が共催する「七宝玲瓏-ヒマラヤの宝物展」が1日、金沙遺跡博物館で開幕した。同展は17~20世紀の芸術品を中心に233点(組)を展示する。ヒマラヤ地方の華麗な物質文化や多彩な民俗風情、独特な審美眼を持つ芸術を伝える。(成都=新華社配信/張艶)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1