KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 京都市右京区
  • 北野天満宮
  • 大型建物
  • 平安後期
  • 建物跡発掘

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
49,281
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
49,281
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月22日
    平安後期の大型建物跡 平安京の大型建物跡発掘

    京都市右京区で見つかった平安後期の大型建物跡=15日

    商品コード: 2021062202046

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    灯籠の飾り 戦争で供出?灯籠飾り発見

    京都・北野天満宮の境内で見つかった灯籠の飾り=21日午後

    商品コード: 2021062109119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek addresses press during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062203468

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062203976

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Ministers, Przemyslaw Czarnek (L) and Piotr Glinski (2nd L) are seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Ministers, Przemyslaw Czarnek and Piotr Glinski are seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Ministers, Przemyslaw Czarnek and Piotr Glinski are seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Ministers, Przemyslaw Czarnek and Piotr Glinski are seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062203987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062203973

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Ministers, Przemyslaw Czarnek and Piotr Glinski seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski speaks during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062203914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek seen during the press conference..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Press Conference in Warsaw, Poland - 21 Jun 2021

    June 21, 2021, Warsaw, Masovia, Poland: The Polish and EU flag seen raised on the roof of the Ministry of Culture, National Heritage and Sports..Press conference on the adopted national Reading Development Program with the Deputy Prime Minister and Minister of Culture, National Heritage and Sport, Piotr Glinski, and Minister of Education and Science, Przemyslaw Czarnek in attendance. (Credit Image: © Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Attila Husejnow/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062204025

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104355

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104449

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104486

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104507

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104431

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104375

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104414

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104503

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104436

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104556

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104528

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104420

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104291

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104527

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104520

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104294

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104419

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104551

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104354

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104424

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104626

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104495

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104433

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104559

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104648

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104542

  • 2021年06月20日
    涙を拭うアウン選手 ミャンマーの平和祈願

    読経中に涙を拭うピエ・リヤン・アウン選手=20日午前、大阪府池田市の仏日寺

    商品コード: 2021062006755

  • 2021年06月20日
    手を合わせるアウン選手 ミャンマーの平和祈願

    仏日寺の本堂で手を合わせるピエ・リヤン・アウン選手(左)=20日午前、大阪府池田市

    商品コード: 2021062006739

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104453

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104543

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104380

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104645

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104421

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104328

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104456

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104477

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104530

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104487

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104350

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104289

  • 2021年06月20日
    Middle East News - June 20, 2021

    June 20, 2021, Nuseirat, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinians take part in a heritage Festival on the occasion of World Refugee Day, at Nuseirat refugee camp, in the center of Gaza Strip on June 20, 2021. Palestine refugees are defined as âpersons whose normal place of residence was Palestine during the period 1 June 1946 to 15 May 1948, and who lost both home and means of livelihood as a result of the 1948 conflict (Credit Image: © Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Ashtawy/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104374

  • 2021年06月20日
    Wild Animals: Florida Life and Economy

    June 19, 2021, SARASOTA, FLORIDA, USA: Juneteenth in Newtown. Juneteenth was officially made a national holiday, and just in time for the anniversary of the day that marks the last African American slaves being freed in Texas in the wake of the Civil War. Parades, picnics and lessons in history were part of Juneteenth celebrations on Saturday in the United States, a day that carried even more significance after Congress and President Joe Biden created a federal holiday to commemorate the end of slavery. Community members came together to celebrate black freedom and heritage. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062005421

  • 2021年06月20日
    Wild Animals: Florida Life and Economy

    June 19, 2021, SARASOTA, FLORIDA, USA: Juneteenth in Newtown. Juneteenth was officially made a national holiday, and just in time for the anniversary of the day that marks the last African American slaves being freed in Texas in the wake of the Civil War. Parades, picnics and lessons in history were part of Juneteenth celebrations on Saturday in the United States, a day that carried even more significance after Congress and President Joe Biden created a federal holiday to commemorate the end of slavery. Community members came together to celebrate black freedom and heritage. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062005503

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年06月19日
    Ato Fora Bolsonaro em Manaus

    June 19, 2021, Manaus, Brazil: MANAUS, AM - 19.06.2021: ATO FORA BOLSONARO EM MANAUS - Protest against President Jair Bolsonaro (no Party), this Saturday afternoon (19), in the city center of Manaus (AM). The demonstration began in the Praça da saudade and traveled through some streets in the center to Largo São Sebastião, where the Teatro Amazonas is located. In the photo, a demonstrator paints the pavement of Praça da saudade, a public heritage site. (Credit Image: © Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press)、クレジット:©Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil, France and Switzerland Rights OUT

    商品コード: 2021062005106

  • 2021年06月19日
    Ato Fora Bolsonaro em Manaus

    June 19, 2021, Manaus, Brazil: MANAUS, AM - 19.06.2021: ATO FORA BOLSONARO EM MANAUS - Protest against President Jair Bolsonaro (no Party), this Saturday afternoon (19), in the city center of Manaus (AM). The demonstration began in the Praça da saudade and traveled through some streets in the center to Largo São Sebastião, where the Teatro Amazonas is located. In the photo, a demonstrator paints the pavement of Praça da saudade, a public heritage site. (Credit Image: © Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press)、クレジット:©Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil, France and Switzerland Rights OUT

    商品コード: 2021062005131

  • 2021年06月19日
    Juneteenth Celebration In Boston

    People are buying Black Heritage merchandise during Juneteenth celebration at at Boston, MA, 19 June 2021. (Photo by Anik Rahman/NurPhoto)=クレジット:Anik Rahman/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110134

  • 2021年06月18日
    未調査区域と復元集落 吉野ケ里遺跡の発掘再開へ

    吉野ケ里遺跡の未調査区域(奥)。手前は復元された集落=18日午後、佐賀県吉野ケ里町

    商品コード: 2021061812938

  • 2021年06月18日
    吉野ケ里遺跡の発掘再開へ

    佐賀・吉野ケ里遺跡

    商品コード: 2021061812674

  • 2021年06月18日
    吉野ケ里遺跡の発掘再開へ

    佐賀・吉野ケ里遺跡

    商品コード: 2021061812671

  • 2021年06月18日
    (3)宗教舞踊「チャム」チベット自治区の無形文化遺産

    9日、ディグンティ寺で披露された「跳神」。「跳神」が終わり、空に向かってツァンパ(ハダカムギを炒って粉にしたもの)を投げて福を祈る人々。中国チベット自治区に伝わる「チャム」は「跳神」とも呼ばれ、主に平安と好天を祈願するチベット仏教の宗教舞踊。踊りには太鼓や鈸(ばつ、シンバルのような打楽器の一種)、嗩吶(さない、チャルメラ)、長号(管楽器の一種)の伴奏が付く。踊り手は全員が寺の僧侶で、さまざま仮面と衣装を身に着けて踊る様子は、圧倒的な迫力にあふれている。2008年、チベット自治区ラサ市メルド・グンカル県にあるディグンティ寺の仏教音楽やチャムなどが、同自治区の無形文化遺産に登録された。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(令和3)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061804914

  • 2021年06月17日
    富士登山道7月開通へ

    富士山の登山ルート

    商品コード: 2021061711726

  • 2021年06月17日
    富士山 富士登山道7月開通へ

    富士山=2020年12月

    商品コード: 2021061710550

  • 2021年06月17日
    (1)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、道明鎮竹芸村で材料を選ぶ趙思進さん。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707903

  • 2021年06月17日
    (1)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、しんこ細工で作った人形「捏面人」を見つめる観光客。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713306

  • 2021年06月17日
    (2)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」に使われる操り人形を並べるスタッフ。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713307

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...