KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 発掘調査
  • 同省西咸
  • 家族墓園
  • 家族墓地
  • 底張街道
  • 張街道韓
  • 発見陝西省
  • 空港新城
  • 考古研究
  • 軍人政治家

「ジンジャー」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月13日
    (9)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    陝西省西安市の薦福寺(せんふくじ)境内に立つ小雁塔(しょうがんとう)。唐の景竜元(707)年の建立で、方形の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、レンガ塔)としては初期の形式に分類される。大雁塔とともに唐の都・長安(現在の西安市)の面影を今に伝える重要なシンボルであり、2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録された。(2015年6月18日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園で出土文化財の基本展示を見学するシンポジウム参加者ら。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園で出土文化財の基本展示を見学するシンポジウム参加者ら。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園と周辺の農地。(小型無人機から)中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、上山考古遺跡公園に展示されている1万年前のイネ。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園内で行われた「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」の開会式。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園内の発掘跡地に再現されている発掘現場の様子。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園で展示されているもみ殻が混ざった焼けた土の塊。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月17日
    Shougang Industrial Heritage Park Shougang Industrial Heritage Park

    A view of shougang Industrial Heritage Park. Beijing, China, October 18, 2020. In January 2018, it was selected into the first batch of China‘s industrial heritage protection list.=2020(令和2)年10月17日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 00:55.59
    2020年09月02日
    「新華社」地元グルメを堪能、桂林恭城油茶文化節が開幕広西桂林

    中国広西チワン族自治区桂林市恭城(きょうじょう)ヤオ族自治県の油茶小鎮でこのほど、「天下の油茶、恭城にあり」をテーマにした第10回桂林恭城油茶文化節(祭)が開幕した。「恭城油茶」は、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食べ物で、2008年に同自治区の無形文化遺産保護プロジェクトに登録された。ヤオ族の人々に愛される「恭城油茶」は、恭城を訪れる人たちにも、一度食べたら忘れられない食べ物として親しまれている。(記者/楊馳、黄慶剛)<映像内容>第10回桂林恭城油茶文化節の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月27日
    広州市の千年の古刹、光孝寺を訪ねて

    光孝寺の吉祥殿。「吉祥卧(きっしょうが)」と呼ばれる姿勢で横たわる玉仏を安置していることからその名が付いた。(5月27日撮影)中国広東省広州市の光孝寺は、中国南部の嶺南地方で最も大きな影響力と最大の規模を持つ寺院として知られる。同寺は、三国時代の東呉の学者、虞翻(ぐ・ほん)の庭園を基に創建された。当初は王園寺と呼ばれたが、後に王園寺と制止寺の二つの寺に分かれ、唐代初期には乾明寺と法性寺に改称された。南宋の初代皇帝、高宗が紹興年間(1131~1162年)末期に「報恩光孝禅寺」と改称し、以後「光孝」の2文字が現在まで用いられている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月20日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月15日
    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区

    隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.39
    2018年10月19日
    「新華社」深まる古道の秋甘粛省隴南市

    中国甘粛省隴南(ろうなん)市成県の西狭古桟道遺跡は、後漢時代に建設されたもの。桟道本来の姿を見るのは難しいが、遺跡から見て桟道は切り立った崖の数メートル上の高さに造られていた。谷合に沿って通り抜けることで、当時この地の山が高く険しいことで難題だった交通の問題を解決しており、先人の知恵と巧みな技術を見て取ることができる。秋が深まり、山の泉はこんこんと湧き出し、渓流はさらさらと流れ、渓谷の奇峰は、紅葉に染まっている。復元された古桟道に沿って建設された階段を一歩一歩上っていくと、摩崖石刻(崖に刻まれた彫刻)の「西狭頌(せいきょうしょう)」が見える。陝西省漢中市の「石門頌(せきもんしょう)」、同市略陽県の「郙閣頌(ふかくしょう)」と共に漢代書道の「三頌」とされている。(記者/黄文新、周嘯天)<映像内容>西狭古桟道遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2008年07月26日
    下鴨神社(しもがもじんじゃ)

    京都市左京区、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  • 2008年07月25日
    上賀茂神社(かみがもじんじゃ)

    京都市北区、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  • 2008年07月25日
    宇治上神社(うじがみじんじゃ)と宇治神社

    宇治上神社(左上)と宇治神社(右下)、京都府宇治市、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  • 2005年12月06日
    「名を辱めぬよう頑張る」

    「師匠には『心配でしょうが見守ってください』と報告した」と話す六代鶴沢燕三(中)と、三味線方の人間国宝・鶴沢寛治(左)、浄瑠璃語りの人間国宝・竹本住大夫(右)=大阪市中央区の国立文楽劇場

  • 2002年07月03日
    みんなでミルクの時間?

    「ミルクの時間ですよお」と呼ばれたわけじゃないでしょうが、無数のネズミがミルクのたっぷり入った大きな盆に殺到。牛などと同様にネズミを神聖視するヒンズー教の寺院(インド・ラジャスタン州)が飼っているそうで、赤ちゃんも負けじとばかり盆に腕を突っ込んでいます。(ロイター=共同)

  • 1994年11月11日
    鎌倉大仏の修復作業始まる

    赤いペンキでいたずら書きされていた鎌倉大仏(神奈川県鎌倉市長谷)=写真=の修復作業が、十一日午後始まった。文化庁の文化財調査官ら数人と作業員が、シンナーを染み込ませた布で丁寧にふき取っていた。 “赤いマニキュア”にやさしい顔の大仏さまも驚かれた事でしょうが、元の姿に戻るにはしばらく時間がかかりそうだ。(カラーネガ)

  • 1994年11月11日
    鎌倉大仏の修復作業始まる

    赤いペンキでいたずら書きされていた鎌倉大仏(神奈川県鎌倉市長谷)=写真=の修復作業が、十一日午後始まった。文化庁の文化財調査官ら数人と作業員が、シンナーを染み込ませた布で丁寧にふき取っていた。 “赤いマニキュア”にやさしい顔の大仏さまも驚かれた事でしょうが、元の姿に戻るにはしばらく時間がかかりそうだ。(カラーネガ)

  • -
    山村からの富士山

    富士宮市村山あたりから富士山を遠望したものか。富士宮登山口から登る場合は、途中にある村山集落の村山浅間神社(むらやませんげんじんじゃ)・大日堂(だいにちどう)へ参拝し登っていく。富士山の稜線には宝永山の突起が右側にあるため、村山あたりからの撮影で問題はないが、特徴のあるものが見えないため、撮影地点の特定は難しい。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐4‐0]

  • 1