KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 予防抑制
  • 医療従事者
  • 四川省広漢市
  • 国宝級文化財
  • 展示面積
  • 抑制活動
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 無料公開
  • 臨時閉館

「予防抑制活動」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    マルチメディア技術を利用して展示された三星堆遺跡で出土した金杖。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    マルチメディア技術を活用した三星堆遺跡で出土した青銅立人像の解説板。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    三星堆遺跡から出土した青銅神樹。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    三星堆遺跡から出土した陶器1組。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    新しくなった三星堆博物館総合館のロビー。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    三星堆遺跡から出土した象牙。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表

    マルチメディア技術を活用して紹介される三星堆遺跡に関する考古学上の成果。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1