KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日本
  • 風景
  • 平成
  • メイン
  • 屋外
  • 無人
  • 国宝
  • 青空
  • 歴史
  • 令和

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
並び順
  • 新しい順
7,239
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
7,239
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305438

  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305341

  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305492

  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305340

  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305356

  • 2021年08月02日
    Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon.

    August 2, 2021, LISBOA, Lisboa Portugal: (INT) Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire in Lisbon. August 2, 2021, Lisbon, Portugal: Mural by artist Eduardo Kobra portrays Raoni Metuktire, Brazilian indigenous leader of Caiapo ethnic group, in a building on Alberto Jose Pessoa street, in Lisbon, Portugal, on Monday (2). The work highlights importance of peoples indigenous peoples as representatives of a cultural heritage that is not only Brazilian, but common to all Latin American countries. (Credit Image: © Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Edson De Souza/TheNEWS2 via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080305358

  • 2021年07月31日
    (5)エジプトの世界遺産、古代都市メンフィスを訪ねて

    28日、カイロ郊外の古代都市メンフィスに残る、コブラの模様が彫られた建物の残骸。紀元前3100年ごろに建設された、エジプトの古代都市メンフィスは、かつて同国の古王国時代の首都だった。ファラオ、ラムセス2世の巨大像やライオンの体に人間の頭をもつスフィンクスなど、多くの遺跡が今も残る。1979年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103638

  • 2021年07月31日
    (6)エジプトの世界遺産、古代都市メンフィスを訪ねて

    28日、カイロ郊外の古代都市メンフィスに残る、古代エジプトの象形文字が彫られた建物の構造部材。紀元前3100年ごろに建設された、エジプトの古代都市メンフィスは、かつて同国の古王国時代の首都だった。ファラオ、ラムセス2世の巨大像やライオンの体に人間の頭をもつスフィンクスなど、多くの遺跡が今も残る。1979年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103641

  • 2021年07月31日
    (7)エジプトの世界遺産、古代都市メンフィスを訪ねて

    28日、カイロ郊外の古代都市メンフィスに残る建物の残骸。紀元前3100年ごろに建設された、エジプトの古代都市メンフィスは、かつて同国の古王国時代の首都だった。ファラオ、ラムセス2世の巨大像やライオンの体に人間の頭をもつスフィンクスなど、多くの遺跡が今も残る。1979年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103631

  • 2021年07月27日
    Jewish cultural property designated as new World Heritage Site

    27 July 2021, Rhineland-Palatinate, Speyer: A man enters the building of the mikvah, which was built in 1120 in the Romanesque architectural style. The Jewish ritual bath with a plunge pool around ten meters below today‘s street level in its monumental architectural style is considered the oldest known mikvah of its kind. For the first time, Unesco designated Jewish cultural assets in Germany as World Heritage Sites, with the coveted award going to the so-called Shum sites of Mainz, Worms and Speyer as a cradle of European Jewry. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072800955

  • 2021年07月27日
    Jewish cultural property designated as new World Heritage Site

    27 July 2021, Rhineland-Palatinate, Speyer: View into the building of the mikvah, which was built in 1120 in the Romanesque architectural style. The Jewish ritual bath with a plunge pool about ten meters below today‘s street level in its monumental architectural style is considered the oldest known mikvah of this kind. For the first time, Unesco designated Jewish cultural assets in Germany as World Heritage Sites, with the coveted award going to the so-called Shum sites of Mainz, Worms and Speyer as a cradle of European Jewry. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072800767

  • 2021年07月27日
    Jewish cultural property designated as new World Heritage Site

    27 July 2021, Rhineland-Palatinate, Speyer: View into the building of the mikvah, which was built in 1120 in the Romanesque architectural style. The Jewish ritual bath with a plunge pool about ten meters below today‘s street level in its monumental architectural style is considered the oldest known mikvah of this kind. For the first time, Unesco designated Jewish cultural assets in Germany as World Heritage Sites, with the coveted award going to the so-called Shum sites of Mainz, Worms and Speyer as a cradle of European Jewry. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072800951

  • 2021年07月26日
    Daily Life Nepal

    July 26, 2021, Kathmandu, Nepald: Nepalese workers construct a building silhouetted against the scene of Boudhanath Stupa, a UNESCO World Heritage Site in Kathmandu, Nepal on Monday, July 26, 2021. (Credit Image: © Skanda Gautam/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Skanda Gautam/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072701398

  • 2021年07月26日
    Daily Life Nepal

    July 26, 2021, Kathmandu, Nepal: Nepalese workers construct a building silhouetted against the scene of Boudhanath Stupa, a UNESCO World Heritage Site in Kathmandu, Nepal on Monday, July 26, 2021. (Credit Image: © Skanda Gautam/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Skanda Gautam/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072701232

  • 2021年07月26日
    Daily Life Nepal

    July 26, 2021, Kathmandu, Nepal: Nepalese workers construct a building silhouetted against the scene of Boudhanath Stupa, a UNESCO World Heritage Site in Kathmandu, Nepal on Monday, July 26, 2021. (Credit Image: © Skanda Gautam/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Skanda Gautam/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072701265

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: Visitors of the spa park take pictures of the arcade building and the statue of Ludwig I King of Bavaria. On 24.07.2021 Unesco included the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510795

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: Performers in historically recreated costumes walk in front of the arcade building in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco has accepted the spa town of Bad Kissingen as part of the new world heritage “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510743

  • 01:18.08
    2021年07月25日
    「新華社」福建省に初の屋根付き橋「廊橋」テーマの博物館が誕生

    中国福建省寧徳市寿寧県でこのほど、寿寧廊橋博物館が正式に一般公開された。敷地面積は540平方メートルで、木造アーチ廊橋(屋根付き橋)の歴史や修理技術、建造技術、保護や伝承などの観点から、来場者に同県の廊橋文化を紹介している。木造アーチ廊橋は、「川の上に橋を架け、橋の上に庇(ひさし)を設け、庇が橋を守り、橋と屋根が一体化する」という古くからの独特の様式で建造された橋。橋の上に建物があることから、閩南(びんなん、福建省南部)方言で「家屋」を意味する「厝(せき)」を冠して、「厝橋」とも呼ばれる。中国に現存する木造アーチ廊橋は110本以上、その大半は福建省北東部と浙江省南西部の境界地帯に分布している。寿寧県には完全な状態を保った木造アーチ廊橋が19本あり、うち6本が全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。同県は木造アーチ廊橋の数が多く、保存状態も良いことから「世界的な木造アーチ廊橋の里」として名高い。(記者/郭圻) =配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507046

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: The arcade building and the statue of Ludwig I King of Bavaria in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco included the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510702

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: The arcade building in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco accepted the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510732

  • 2005年07月24日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: View of the arcade building in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco accepted the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510813

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: The arcade building and the statue of Ludwig I King of Bavaria in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco included the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510742

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: The arcade building in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco accepted the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510807

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: The arcade building and the statue of Ludwig I King of Bavaria in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco included the spa town of Bad Kissingen as part of the new World Heritage Site “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510836

  • 2021年07月25日
    Spa town of Bad Kissingen now a world heritage site

    25 July 2021, Bavaria, Bad Kissingen: Performers in historically recreated costumes walk in front of the arcade building in the spa gardens. On 24.07.2021 Unesco has accepted the spa town of Bad Kissingen as part of the new world heritage “Great Spas of Europe“. Photo: Karl-Josef Hildenbrand/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072510854

  • 2021年07月24日
    Artists‘ Colony Mathildenhöhe

    24 July 2021, Hessen, Darmstadt: The wedding tower (l) and the exhibition building (r) can be seen behind a construction fence on Mathildenhöhe. The Art Nouveau ensemble is currently undergoing extensive renovation. On 24.07.2021 Unesco will decide on the application of the Mathildenhöhe Artists‘ Colony for inscription on the list of World Heritage Sites. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072409159

  • 2021年07月24日
    Artists‘ Colony Mathildenhöhe

    24 July 2021, Hessen, Darmstadt: The view from the Wedding Tower of the exhibition building from 1908 by architect Joseph Maria Olbrich shows the ongoing restoration work on the building. Unesco has designated the Mathildenhöhe artists‘ colony in Darmstadt as a new World Heritage Site. The responsible committee of the UN Organization for Education, Science, Culture and Communication (Unesco) made the decision on Saturday at its ongoing session. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072500657

  • 2021年07月24日
    Artists‘ Colony Mathildenhöhe

    24 July 2021, Hessen, Darmstadt: The Wedding Tower (l), the Exhibition Building (M) and the Russian Chapel (r) are reflected in the Lily Basin (below) on Mathildenhöhe, which was built by Albin Müller in 1914. The Art Nouveau ensemble is currently undergoing extensive renovation. 24.07.2021 Unesco decides on the application of the artists‘ colony Mathildenhöhe for inscription on the list of World Heritage Sites. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072409240

  • 2021年07月21日
    大型竪穴建物の内部 縄文遺跡群、世界遺産に

    三内丸山遺跡の大型竪穴建物の内部=青森市

    商品コード: 2021072105423

  • 2021年07月21日
    大型掘立柱建物 縄文遺跡群、世界遺産に

    三内丸山遺跡の大型掘立柱建物=青森市

    商品コード: 2021072105429

  • 2021年07月21日
    三内丸山遺跡の建物 縄文遺跡群、世界遺産に

    青森市の三内丸山遺跡

    商品コード: 2021072105395

  • 2021年07月21日
    青森市の三内丸山遺跡 縄文遺跡群、世界遺産に

    青森市の三内丸山遺跡

    商品コード: 2021072105406

  • 2021年07月20日
    Bauhaus Dessau Foundation

    20 July 2021, Saxony-Anhalt, Dessau-Roßlau: Flags with the words “Bauhaus Dessau welcome! Unesco World Heritage“ fly in front of the historic Bauhaus building in Dessau. The position of director of the Bauhaus Dessau Foundation will be filled on 1 September 2021. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072308129

  • 2021年07月20日
    Bauhaus Dessau Foundation

    20 July 2021, Saxony-Anhalt, Dessau-Roßlau: Flags with the words “Bauhaus Dessau welcome! Unesco World Heritage“ fly in front of the historic Bauhaus building in Dessau. The position of director of the Bauhaus Dessau Foundation will be filled on 1 September 2021. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072308103

  • 2021年07月18日
    Half-timbering in world heritage city

    18 July 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The towers of the collegiate church jut out behind residential buildings. In the historic old town with its cobblestone streets, winding alleys and small squares are a good 2,000 half-timbered houses from eight centuries. Quedlinburg‘s old town was added to the UNESCO World Heritage List in 1994. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071900475

  • 2021年07月18日
    Half-timbering in world heritage city

    18 July 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: A half-timbered facade is reflected in the window of a building. Quedlinburg received its town charter in 994. From the 10th to the 12th century, the town was the seat of the royal palace of secular rulers visited at Easter and of a ladies‘ convent for almost 900 years. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071900536

  • 2021年07月13日
    Pakistani News - July 13, 2021

    July 13, 2021, Pakistan: MOHENJO DARO, PAKISTAN, JUL 13: Consul General of Indonesia Dr. June Kuncoro along .with his family members visiting and expressed keen interest in the historical ruins of World .Heritage Monuments of Mohenjo Daro on Tuesday, July 13, 2021. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT

    商品コード: 2021071405112

  • 2021年07月13日
    Pakistani News - July 13, 2021

    July 13, 2021, Pakistan: MOHENJO DARO, PAKISTAN, JUL 13: Consul General of Indonesia Dr. June Kuncoro along .with his family members visiting and expressed keen interest in the historical ruins of World .Heritage Monuments of Mohenjo Daro on Tuesday, July 13, 2021. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT

    商品コード: 2021071404733

  • 01:08.80
    2021年07月12日
    「新華社」良渚古城遺跡公園、5千年前の大型木製部材を初公開浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市では、新石器時代後期の良渚(りょうしょ)文化に関するイベント、第2回杭州良渚の日・良渚文化週間が6~12日の日程で開かれている。良渚古城遺跡公園は無料予約入園などの優遇措置を実施するほか、市民テーマ体験など10以上のイベントを開催する。8日には、宮殿大型木製部材の復元展示エリアが公開された。良渚時代の木製部材のレプリカ6本が横たわる土坑は今後、同公園の常設見学スポットとなる。浙江省文物考古研究所は2015年冬、鍾家港古河道の堆積調査のため、河道南部で発掘を実施。長さの異なる神秘的な大型木製部材を17年春までに相次ぎ発見した。うち、比較的大きな3本は「大木作」と呼ばれ、最長の部材は17・2メートルに上る。専門家はこれらの部材について、非常に大きな建築物に用いられ、水路で同地に運ばれたと推測。将来的には、部材の長さや形状に基づき良渚時代の宮殿建築の復元も可能との見方を示した。展示エリアに置かれた大型木製部材は、17年に出土した原物を3Dスキャンし、デジタルモデルを用いて原寸大で正確に復元している。部材の位置関係や外観も発掘時とほぼ同じだという。(記者/馮源、宋立峰) =配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302566

  • 2021年07月10日
    見つかった建物跡 纒向学論集刊行で寄付募集

    奈良県桜井市の纒向遺跡=2009年11月

    商品コード: 2021071006724

  • 2021年06月26日
    ‘Raffaello At Capodimonte The Artist‘s Workshop‘ Exhibition In Naples

    Part of the exhibition ‘Raffaello at Capodimonte, The Artist‘s Workshop‘ on display at the Capodimonte Museum in Naples, Southern Italy, on June 26, 2021.The exhibition Raffaello a Capodimonte: l‘officina dell‘artista curated by Angela Cerasuolo and Andrea Zezza is part of the celebrations for the 500th anniversary of the artist‘s death and aims to enhance the Museum‘s Raphael heritage, the exhibition will end on September 13, 2021. (Photo by Manuel Dorati/NurPhoto)=クレジット:Manuel Dorati/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062911223

  • 2021年06月23日
    World Heritage City of Stralsund

    23 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Roses bloom in front of listed residential buildings in the old town. First mentioned in 1234, the Hanseatic city of Stralsund attracts many thousands of tourists every year. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308108

  • 2021年06月23日
    World Heritage City of Stralsund

    23 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Roses bloom in front of listed residential buildings in the old town. First mentioned in 1234, the Hanseatic city of Stralsund attracts many thousands of tourists every year. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308134

  • 2021年06月22日
    平安京の大型建物跡発掘

    京都市「大型建物跡が見つかった市立西院小」、平安京跡

    商品コード: 2021062205431

  • 2021年06月22日
    平安京の大型建物跡発掘

    京都市「大型建物跡が見つかった市立西院小」、平安京跡

    商品コード: 2021062205430

  • 2021年06月22日
    平安京の大型建物跡発掘

    京都市「大型建物跡が見つかった市立西院小」、平安京跡

    商品コード: 2021062205429

  • 2021年06月22日
    平安京の大型建物跡発掘

    京都市「大型建物跡が見つかった市立西院小」、平安京跡

    商品コード: 2021062205428

  • 2021年06月22日
    平安後期の大型建物跡 平安京の大型建物跡発掘

    京都市右京区で見つかった平安後期の大型建物跡=15日

    商品コード: 2021062202046

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church can be seen on the Kapellenberg. The place of worship belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070512145

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The domes with golden crosses of the Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church can be seen on the Kapellenberg. The church belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070512329

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church can be seen on the Kapellenberg. The place of worship belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070512225

  • 2021年06月22日
    Potsdam - Alexander Nevsky Memorial Church

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The domes with golden crosses of the Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church can be seen on the Kapellenberg. The church belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304529

  • 2021年06月22日
    Potsdam - Alexander Nevsky Memorial Church

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church stands on a flowering meadow on the Kapellenberg. The place of worship belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304508

  • 2021年06月22日
    Mathildenhöhe in Darmstadt

    22 June 2021, Hessen, Darmstadt: A construction fence stands at the entrance to the Mathildenhöhe exhibition building. The Art Nouveau ensemble is currently undergoing extensive renovation. In July, the World Heritage Committee will discuss the Mathildenhöhe artists‘ colony‘s application for inscription on the Unesco list. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062510326

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church stands on a flowering meadow on the Kapellenberg. The place of worship belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070512082

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: The Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church stands on a flowering meadow on the Kapellenberg. The place of worship belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304513

  • 2021年06月22日
    Alexander Nevsky Memorial Church - Potsdam

    22 June 2021, Brandenburg, Potsdam: At the entrance to the Russian Orthodox Alexander Nevsky Memorial Church on the Kapellenberg there are rules of conduct. For example, one should kick off one‘s shoes, close the door and no headgear may be worn. The church belongs to the Alexandrowka colony in Potsdam, which was built in 1826. The church is the oldest Russian Orthodox church building in Western Europe in the style of early Russian historicism. It has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062304491

  • 2021年06月22日
    Mathildenhöhe in Darmstadt

    22 June 2021, Hessen, Darmstadt: A construction fence stands in front of the Mathildenhöhe exhibition building. The Art Nouveau ensemble is currently undergoing extensive renovation. In July, the World Heritage Committee will discuss the Mathildenhöhe artists‘ colony‘s application for inscription on the Unesco list. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062510334

  • 2021年06月22日
    Mathildenhöhe in Darmstadt

    22 June 2021, Hessen, Darmstadt: A partially transparent banner with the portrait of Bernhard Hoetger, German sculptor, painter and architect, hangs on a construction fence in front of the Mathildenhöhe exhibition building. In July, the World Heritage Committee will discuss the Mathildenhöhe artists‘ colony‘s application for inscription on the Unesco list. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062510335

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai walks past a maquette of the former English Bank building and other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    復元した18世紀の執務室 パリに新名所「海軍館」

    パリの歴史的建造物「海軍館」で復元した18世紀の王室調度品保管庁の長官執務室=7日(共同)

    商品コード: 2021061205115

  • 2021年06月10日
    (4)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した瑠璃(るり)瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(2020年10月26日)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003586

  • 2021年06月10日
    (2)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した建築部材。(2020年10月26日)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003563

  • 2021年06月10日
    (3)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した泥塑像。(2020年5月24日撮影)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003593

  • 2021年06月10日
    (1)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡で出土した石碑。(2020年6月5日撮影)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003567

  • 2021年06月10日
    (6)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡で見つかった顕応宮の建物遺構。(小型無人機から、資料写真)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003620

  • 2021年06月08日
    (3)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化イネ。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809321

  • 2021年06月08日
    (4)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化イネ。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809324

  • 2021年06月08日
    (1)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化竹片。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809320

  • 2021年06月08日
    (11)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の黄土台地の建物跡と低地を利用した墓葬。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809641

  • 2021年06月08日
    (10)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した盤口圈足尊(ばんこうけんそくそん)。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809629

  • 2021年06月08日
    (6)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の2020年度発掘調査で撮影した稲田跡と思われるエリア。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809325

  • 2021年06月08日
    (5)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した喇叭口高領罐(らっぱこうこうれいかん)。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809326

  • 2021年06月08日
    (8)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の竹と木の骨組みと土壁を持つ建物跡。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809383

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...