KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大型建物
  • 風景メイン
  • 世界遺産
  • 文化遺産
  • 重要文化財
  • テーマメイン
  • 厳島神社
  • 広島県廿日市市
  • 兵庫県姫路市
  • 全国重点文物保護単位

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7,141
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
7,141
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年06月22日
    平安後期の大型建物跡 平安京の大型建物跡発掘

    京都市右京区で見つかった平安後期の大型建物跡=15日

    商品コード: 2021062202046

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai walks past a maquette of the former English Bank building and other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    復元した18世紀の執務室 パリに新名所「海軍館」

    パリの歴史的建造物「海軍館」で復元した18世紀の王室調度品保管庁の長官執務室=7日(共同)

    商品コード: 2021061205115

  • 2021年06月10日
    (4)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した瑠璃(るり)瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(2020年10月26日)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003586

  • 2021年06月10日
    (2)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した建築部材。(2020年10月26日)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003563

  • 2021年06月10日
    (3)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡から出土した泥塑像。(2020年5月24日撮影)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003593

  • 2021年06月10日
    (1)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡で出土した石碑。(2020年6月5日撮影)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003567

  • 2021年06月10日
    (6)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡で見つかった顕応宮の建物遺構。(小型無人機から、資料写真)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003620

  • 2021年06月08日
    (3)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化イネ。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809321

  • 2021年06月08日
    (4)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化イネ。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809324

  • 2021年06月08日
    (1)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化竹片。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809320

  • 2021年06月08日
    (6)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の2020年度発掘調査で撮影した稲田跡と思われるエリア。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809325

  • 2021年06月08日
    (11)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の黄土台地の建物跡と低地を利用した墓葬。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809641

  • 2021年06月08日
    (10)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した盤口圈足尊(ばんこうけんそくそん)。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809629

  • 2021年06月08日
    (8)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の竹と木の骨組みと土壁を持つ建物跡。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809383

  • 2021年06月08日
    (5)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した喇叭口高領罐(らっぱこうこうれいかん)。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809326

  • 2021年06月08日
    (2)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡から出土した炭化竹片。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809322

  • 2021年06月08日
    (7)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の低地を利用して作られた灰坑と墓葬。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809350

  • 2021年06月08日
    (9)四川省で4500年前の「竹の家」を発見三星堆文化の前身

    宝墩古城遺跡の赤土台地で出土した大型住居跡「古墩子F3」。(資料写真)中国四川省の成都文物考古研究院は7日、成都市新津(しんしん)区にある宝墩(ほうとん)古城遺跡で、4500年前の成都平原に建てられていた最古の竹製家屋の部材が初めて見つかったと発表した。この種の「竹の骨組みと土壁」を持つ建物は、三星堆文化の時代まで受け継がれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060809399

  • 2021年06月04日
    (3)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、宮殿跡の大型版築基礎で見つかった単体宮殿建築遺構。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413401

  • 2021年06月04日
    (2)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、床の一部に装飾が施された建物跡。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413400

  • 00:59.20
    2021年06月04日
    「新華社」陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。床装飾の見つかった建物跡の面積は40平方メートル余りで、北側半分の石灰塗りの床に約4千年余り前の人々が施した興味深い装飾があった。東西方向に約40センチ間隔で引かれた横線の上に、南北方向に約8センチ間隔で縦枠が引かれており、縦枠の中には3列に規則的に並んだ三角錐が型押しされていた。中国社会科学院考古研究所の研究員で合同考古調査隊の高江濤(こう・こうとう)隊長は、石灰塗りの床が2層になっていることから、室内は少なくとも2回修繕されていると指摘。2回目は意図的に装飾が施されており、建築専門家によると、こうした装飾には滑り止めの効果があることから、入浴に関係する場所ではないかとの見方を示した。高氏は「これらの発見は、中国古代の宮殿制度の発展を探る上で重要な意義がある」と述べた。(記者/王学濤、馬志異) =配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413359

  • 2021年06月04日
    (1)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、陶寺遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413405

  • 2021年06月02日
    Mining at the Rammelsberg World Heritage Site

    02 June 2021, Lower Saxony, Goslar: A sign “Niedersächsisches Landesamt für Denkmalpflege. Montanarchäologie“ with the Lower Saxony horse can be seen on a building of the Rammelsberg mine. Employees of the Lower Saxony State Office for the Preservation of Monuments have researched mining in the Harz Mountains in the project “Altbergbau.3D“. Photo: Swen Pförtner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309619

  • 2021年06月01日
    (14)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の塔殿内部。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105322

  • 2021年06月01日
    (4)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の広済大師金身堂の内部。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105330

  • 2021年06月01日
    (12)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の侍者公廟。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105331

  • 2021年06月01日
    (15)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の祖殿内にある三平祖師と唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)、師の大癲(だいてん)法師の物語を紹介する掲示。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105335

  • 2021年06月01日
    (9)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺と三平祖師文化園の間に架かる橋。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105327

  • 2021年06月01日
    (1)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の大雄宝殿。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区ほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105333

  • 2021年06月01日
    (13)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の塔殿両側に設けられた出入口。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105336

  • 2021年06月01日
    (10)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平祖師文化園の照壁(目隠し用の塀)。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105321

  • 2021年06月01日
    (5)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の入り口。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105337

  • 2021年06月01日
    (3)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の広済大師金身堂。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105339

  • 2021年06月01日
    (6)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の牌坊。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105328

  • 2021年06月01日
    (2)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の放生池と大雄宝殿。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105332

  • 2021年06月01日
    (11)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平祖師文化園の中心に立つ三平祖師像。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105329

  • 2021年06月01日
    (7)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の山門。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105334

  • 2021年06月01日
    (8)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の山門に掛かる扁額。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区のほか、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105338

  • 2021年05月28日
    (14)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の塔殿内部。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809675

  • 2021年05月28日
    (11)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平祖師文化園の中心に立つ三平祖師像。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809672

  • 2021年05月28日
    (10)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平祖師文化園の照壁(目隠し用の塀)。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809684

  • 2021年05月28日
    (3)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の広済大師金身堂。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809419

  • 2021年05月28日
    (2)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の放生池と大雄宝殿。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809420

  • 2021年05月28日
    (1)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の大雄宝殿。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809417

  • 2021年05月28日
    (13)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の塔殿両側に設けられた出入口。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809669

  • 2021年05月28日
    (5)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の入り口。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809600

  • 2021年05月28日
    (15)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の祖殿内にある三平祖師と唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)、師の大癲(だいてん)法師の物語を紹介する掲示。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809678

  • 2021年05月28日
    (7)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の山門。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809637

  • 2021年05月28日
    (6)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の牌坊。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809670

  • 2021年05月28日
    (12)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の侍者公廟。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809673

  • 2021年05月28日
    (9)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺と三平祖師文化園の間に架かる橋。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809674

  • 2021年05月27日
    Bremen City Hall

    27 May 2021, Bremen: The town hall, which also houses the Ratskeller. The building was declared a Unesco World Heritage Site in 2004. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105715

  • 2021年05月27日
    Bremen Ratskeller

    27 May 2021, Bremen: “Bremer Ratskeller“ is written on the outer façade of the town hall, where the Bremer Ratskeller is located. The building was declared a Unesco World Heritage Site in 2004. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060105816

  • 2021年05月22日
    Half-timbered houses - Quedlinburg

    22 May 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg dates from the late Middle Ages. It is one of the most famous buildings in the town and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval testimonies, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with its castle, collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800285

  • 2021年05月22日
    Half-timbered houses - Quedlinburg

    22 May 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg dates from the late Middle Ages. It is one of the most famous buildings in the town and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval testimonies, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with its castle, collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800302

  • 2021年05月22日
    Half-timbered houses - Quedlinburg

    22 May 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg dates from the late Middle Ages. It is one of the most famous buildings in the town and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval testimonies, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with the castle, the collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800251

  • 2021年05月22日
    Half-timbered houses - Quedlinburg

    22 May 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: Tourists walk towards the half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg. It is one of the most famous buildings in the city and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval evidence, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with the castle, collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800256

  • 2021年05月22日
    Half-timbered houses - Quedlinburg

    22 May 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg dates from the late Middle Ages. It is one of the most famous buildings in the city and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval testimonies, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with the castle, the collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800279

  • 2021年05月16日
    Hong Kong News - May 16, 2021

    May 16, 2021, HONG KONG, CHINA: Exterior view of 190 Nathan Road Grade 3 Heritage Building in Tsim Sha Tsui. 16MAY21 SCMP / Sun Yeung (Credit Image: © Sun Yeung/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Sun Yeung/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061000503

  • 2021年05月12日
    (3)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省

    7日、衡水市桃城区で見つかった醸造所跡で出土した建物基礎やれんが排水溝。中国河北省衡水市桃城区でこのほど行われた小学校の拡張工事で、敷地面積千平方メートルの酒造遺跡が見つかった。同省・市の文化財部門の専門家らによる実地調査で、清から中華民国期にかけての醸造所跡だと分かった。今回の発見は、同市の特産品で全国でも銘酒として知られる「老白干酒」の醸造技術の貴重な実物資料になるという。(衡水=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406432

  • 2021年05月06日
    View of a red brick social housing building, Maurice-Thorez council estate.

    May 6, 2021, Ivry Sur Seine, France, France: Ivry Sur Seine, France May 6, 2021 - View of a red brick social housing building. The estate Maurice-Thorez was built by the architects Henri and Robert Chevallier in 1952-1953, first residents moved into this emblematic building in October 1953. The Maurice-Thorez council estate has been labeled 20th century heritage since 2008...CITE MAURICE THOREZ, IMMEUBLE, FACADE, BRIQUES, ARCHITECTURE, LOGEMENTS, HLM, VAL DE MARNE, ILLUSTRATION, GENERIQUE, FENETRES, LOYER, BAILLEUR SOCIAL, LOGEMENTS SOCIAUX, VOISINAGE, VOISINS, VIVRE ENSEMBLE, HAUTEUR, RETRO, HISTORIQUE, ANCIEN, VINTAGE, PARC SOCIAL, ATTRIBUTION DE LOGEMENTS, LOCATAIRES, BATIMENT, QUARTIERS PRIORITAIRES, (Credit Image: © Vincent Isore/IP3 via ZUMA Press)、クレジット:©Vincent Isore/IP3 via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium, Denmark, France and Germany Out

    商品コード: 2021051110194

  • 2021年05月06日
    View of a red brick social housing building, Maurice-Thorez council estate.

    May 6, 2021, Ivry Sur Seine, France, France: Ivry Sur Seine, France May 6, 2021 - View of a red brick social housing building. The estate Maurice-Thorez was built by the architects Henri and Robert Chevallier in 1952-1953, first residents moved into this emblematic building in October 1953. The Maurice-Thorez council estate has been labeled 20th century heritage since 2008...CITE MAURICE THOREZ, IMMEUBLE, FACADE, BRIQUES, ARCHITECTURE, LOGEMENTS, HLM, VAL DE MARNE, ILLUSTRATION, GENERIQUE, FENETRES, LOYER, BAILLEUR SOCIAL, LOGEMENTS SOCIAUX, VOISINAGE, VOISINS, VIVRE ENSEMBLE, HAUTEUR, RETRO, HISTORIQUE, ANCIEN, VINTAGE, PARC SOCIAL, ATTRIBUTION DE LOGEMENTS, LOCATAIRES, BATIMENT, QUARTIERS PRIORITAIRES, CONTRASTE, NATURE EN VILLE, ARBRES. (Credit Image: © Vincent Isore/IP3 via ZUMA Press)、クレジット:©Vincent Isore/IP3 via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium, Denmark, France and Germany Out

    商品コード: 2021051110117

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: One of the temples of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309143

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, JP: One of the temples of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309064

  • 2021年05月06日
    Picturesque Kyoyo-chi Pond in Kyoto

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: The picturesque Kyoyo-chi pond in the garden of the Ryoan-ji Temple (also known as Temple of the Mandarin Ducks), was created in the 12th century and is one of the Historic Monuments of Ancient Kyoto, and a UNESCO World Heritage Site. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309046

  • 2021年05月06日
    Picturesque Kyoyo-chi Pond in Kyoto

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: The picturesque Kyoyo-chi pond in the garden of the Ryoan-ji Temple (also known as Temple of the Mandarin Ducks), was created in the 12th century and is one of the Historic Monuments of Ancient Kyoto, and a UNESCO World Heritage Site. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309049

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: Japanese schoolgirls visit the Nio-man Gate of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309126

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: One of the temples of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052308981

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: The three story pagoda of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto is one of the tallest of its kind in Japan, 31 meters (102 feet) high, dating from 1633. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309144

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: A stone lion sculpture by the gate of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309028

  • 2021年05月06日
    USA News - May 6, 2021

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: A statue of one of the two fierce guardians (nio) at the gate of the Buddhist temple Ninna-ji in Kyoto, one of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site. The temple is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309055

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: Japanese schoolgirls visit the Nio-man Gate of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052308946

  • 2021年05月06日
    Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto.

    May 6, 2021, Kyoto, Honshu, Japan: The Nio-man Gate of the Buddhist Kiyomizu-dera Temple Complex in Kyoto. One of the Historic Monuments of Ancient Kyoto and a UNESCO World Heritage Site, the complex is popular with visitors. (Credit Image: © Arnold Drapkin/ZUMA Wire)、クレジット:©Arnold Drapkin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309042

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...