KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大型建物
  • 大壁建物
  • 建物遺構
  • 掘立柱建物
  • 風景メイン
  • 世界遺産
  • 文化遺産
  • 重要文化財
  • テーマメイン
  • ユネスコ

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
5,757
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
5,757
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    火災があった建物など 東京・青梅の10カ所で火災

    火災で煙が立ち上る寺院周辺。右下は焼け落ちた建物=23日午後3時38分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後3時38分、東京都青梅市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.28
    2021年02月15日
    「新華社」天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。凌霄塔は平面が八角形の楼閣式建築で、高さは41メートル。9層からなり3層以下と4層以上では構造が異なる。3層以下は飛檐垂木(ひえんだるき)のみが木製で、斗栱(ときょう)と角柱はれんがの擬木構造となる。4~9層は下部3層を基礎に再建されており、各面の柱間は3間。柱と斗栱、飛檐垂木はいずれも木製となっている。塔刹(とうさつ)は刹座(さつざ)、覆鉢(ふくはち)、仰葉(あおば)、相輪、宝蓋、宝珠からなる。塔の外観は雄壮でありながら、しなやかな美しさも備える。凌霄塔は、塔本体の安定に有利な心柱構造を採用している。中国に現存する古塔の中で唯一の実例であり、古塔の発展史を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.95
    2021年02月15日
    「新華社」清代名士の邸宅「朱家花園」を訪ねて雲南省建水県

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州建水県の建水古城にあり、「西南部辺境の大観園」と呼ばれる朱家花園は、清代末期の名士、朱渭卿(しゅ・いきょう)兄弟が建てた邸宅と霊廟。敷地面積2万平方メートル余り、建築面積5千平方メートル余りで、建物が「縦四横三」配列で並ぶ同県で典型的な住居建築となる。いずれの建物も急勾配の屋根と反り返った軒先を持ち、棟や梁に彫刻や彩色を施した精巧で優美な造りとなっている。2013年3月に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/龐明広) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (1)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (3)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (4)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (2)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の山門前にある石獅子。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺山門の内側。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (8)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (17)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部を支える梁。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (13)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (15)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (10)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (18)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下の柱。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (16)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (12)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の裏手。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (9)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (14)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (19)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている大殿模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    (7)天竜山石窟の仏頭、約100年ぶりに「帰国」

    11日、石刻像を保護するため天竜山石窟第9窟に建てられた木造建物「漫山閣」。中国国家文物局は11日、山西省太原市の天竜山石窟第8窟から100年近く前に盗まれ、日本に持ち込まれていた仏頭が中国に戻ったと明らかにした。中国に昨年「帰国」した100点目の流出文化財で、日本から同石窟の仏像が戻ってきたのはこの100年近くで初めてになるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Prague, Wenceslas Square, The Flow Building

    The Flow Building on the corner of Opletalova street and Wenceslas Square, Prague, Czech Republic, February 4, 2021. The building, with nine aboveground and three underground storeys, will offer office and business space only. Its foundations will bridge the tunnels of the Prague metro situated below Wenceslas Square. Flow East company planned the project a long time ago, but in the beginning, it met with a strong wave of protests, as is usual with new construction projects in the historical centre of Prague, which figures on the UNESCO list of world heritage. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (3)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城遺跡から出土した器蓋(器物のふた)。(資料写真)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (5)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城遺跡で出土したほぞ継ぎ構造の朱塗りの木柱。(資料写真)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (4)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城遺跡の建物跡から出土した骨製博具(サイコロのようなゲームの道具)。(資料写真)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (2)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    発掘調査が実際される前のチェルクート古城遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (1)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城「高台城址」の俯瞰図。(資料写真、小型無人機から)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    厳島神社 厳島神社・資料

    世界遺産・厳島神社。手前は改修工事中の大鳥居=広島県廿日市市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県廿日市市

  • 2021年01月11日
    The Councillor for Culture, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum

    January 11, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum to supervise the tasks of moving the pieces for the subsequent rehabilitation of the building. In Seville (Andalusia, Spain), on January 11, 2021...11 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/11/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月11日
    The Councillor for Culture, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum

    January 11, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo (i), together with the director of the museum during the visit to the Provincial Archaeological Museum to supervise the tasks of moving the pieces for the subsequent rehabilitation of the building. In Seville (Andalusia, Spain), 11 January 2021...11 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/11/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月11日
    The Councillor for Culture, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum

    January 11, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum to supervise the tasks of moving the pieces for the subsequent rehabilitation of the building. In Seville (Andalusia, Spain), on January 11, 2021...11 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/11/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月11日
    The Councillor for Culture, Patricia del Pozo, visits the Provincial Archaeological Museum

    January 11, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo, attends to the media during the visit to the Provincial Archaeological Museum to supervise the tasks of moving the pieces for the subsequent rehabilitation of the building. In Seville (Andalusia, Spain), on January 11, 2021...11 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/11/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月04日
    (12)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた玉皇大帝。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (11)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺壁画に描かれた十廻向(じゅうえこう)菩薩。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (7)至上の美しさ毘盧寺壁画河北省石家荘市

    毘盧寺の倒座三大士(文殊、普賢、観世音菩薩)塑像。(資料写真)中国河北省石家荘市新華区上京村の東にある毘盧寺(びるじ)は、唐天宝年間(742~56年)の創建で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。面積は23ムー(約1万5千平方メートル)で12の建物があり、明代の美しい水陸壁画が残されている。水陸画は水陸会と呼ばれる仏教行事に用いられる宗教人物画で、仏教と儒教、道教の人物が描かれているのが特徴。同寺の水陸画の描画技法は、唐・宋時代の優れた線画の伝統を受け継ぎつつ発展させたもので、中国の宗教史や当時の社会生活、絵画芸術を研究する上で重要な意義を持つ。毘盧寺壁画は甘粛省の敦煌莫高窟、北京市の法海寺、山西省の永楽宮の壁画と並び中国四大壁画と呼ばれている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    統合中建設地 安芸市 瓜尻遺跡に古代役所

    高知県安芸市僧津の統合中学校の建設予定地で昨年9月から発掘調査が行われている瓜尻(うりじり)遺跡で、古代律令(りつりょう)制下の官衙(かんが)(役所)とみられる建物群が見つかっている。写真は官衙の一部とみられる柵と溝に囲まれた方形建物区画=2020(令和2)年12月17日、安芸市僧津の瓜尻遺跡、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場から出土した各時代の遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    陝西省西安市の南郊外にある大慈恩寺境内に立つ大雁塔(だいがんとう)。唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられた。インドの雁塔様式を模したことからその名が付いた。塔身は7層で、高さは64メートル。中国に現存する唐代の「四方楼閣式」の磚塔(せんとう、レンガ塔)の中で最も古く、最大の規模を誇る。古都西安を代表する歴史的建造物であり、2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録された。(2015年6月18日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (5)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (6)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (8)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場で見つかった宋代建築の基礎遺構。「??(そうとん)」と呼ばれる礎石の下に築かれたレンガ積みの基礎が出土した。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月13日
    (20)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    福建省泉州市鯉城区西街の開元寺境内に立つ鎮国塔(東塔)と仁寿塔(西塔)。両塔を合わせて泉州東西塔とも呼ぶ。鎮国塔は唐の咸通6(865)年、仁寿塔は五代・梁の貞明2(916)年の創建。対をなす石塔としては中国に現存する中で最も高い。創建から千年余り、風雨や地震に耐え、今なお屹然(きつぜん)と立ち続けている。泉州市を代表する建築物であり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。(2015年11月29日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (2)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (26)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省大同市の華厳寺内に立つ華厳寺塔。寺院は遼の清寧8(1062)年の創建だが、仏塔は2011年に「遼史・地理志」の記載に基づき復元された。高さは43・5メートルで、外観は3層に飾り屋根(1層目)を加えた「三層四檐(えん)」となる。くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた?卯(しゅんぼう)構造を持つ完全な木造建築で、同じ構造の塔としては応県木塔に次いで高い。今では大同古城を象徴する建物となっている。(2015年8月31日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (7)広州市街地から宋代大型建築の基礎遺構各時代の遺物も多数出土

    11日、広州市越秀区中山六路の発掘現場から出土した各時代の遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市越秀区中山六路東段の北側で実施していた発掘調査が11日に完了したと発表した。漢代から中華民国期までの重要遺物2500点余りが出土したほか、宋代の大型建造物の基礎を発見した。(広州=新華社記者/鄧瑞?)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    周辺に5棟の建物跡 土佐国分寺 寺域3倍か

    高知県南国市国分の四国霊場29番札所・国分寺の周辺で、土佐国分寺跡を調査していた南国市教委は11日、金堂などの主要施設があった伽藍(がらん)地の南西側で、8世紀前後とみられる建物群跡などが見つかったと発表した。同市教委は、伽藍地を中心に関連施設が集中していた「寺域」が従来調査より3倍程度広かった可能性が高いとしている。柱穴が規則的に並び、計5棟の建物跡が発見された発掘現場=2020(令和2)年12月11日、南国市国分 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    Application World Cultural Heritage Lüneburg

    10 December 2020, Lower Saxony, Lüneburg: Parts of the town hall can be seen from the inner courtyard of the building. The city of Lüneburg wants to apply for the Unesco World Heritage Site for the third time. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡から出土した戦国時代の銅器。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡から出土した漢代~六朝時代の青磁鉢(左)と唐・宋代の青磁盤口壺。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡の河姆渡(かぼと)文化4期の層から出土した泥質黒皮陶圏足盤。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で出土した紅焼土の塊。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で発掘作業をする安徽省文物考古研究所の張小雷(ちょう・しょうらい)氏。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    空から見た応家遺跡にある商代末期~西周初期の遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡から出土した春秋時代後期の青銅器の蓋。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域で、発掘スタッフを指導する安徽省文物考古研究所の張小雷(ちょう・しょうらい)氏。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡にある唐・宋代の池。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡の紅焼土堆積区域に掘られたトレンチ(試掘坑)から姿を見せた紅焼土の堆積層。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    凌家灘遺跡の紅焼土堆積、大規模な公共建築遺構の可能性

    5日、凌家灘遺跡で出土した紅焼土堆積区域。中国安徽省馬鞍山(ばあんざん)市含山(がんざん)県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」では、粘土を焼いて作った「紅焼土」の大規模な堆積区域の発掘が進み、区域の全貌が明らかになりつつある。これまでに得られた情報に基づけば、大規模な公共建築物の遺構の可能性がある。凌家灘遺跡は約5800~5300年前の中心集落遺跡とされ、発掘と研究は中国文明のルーツを探る国家プロジェクト「中華文明探源プロジェクト」の重要要素の一つとなっている。中国で最も早く文明社会に移行した代表的な場所の一つともされており、中国文明の起源と形成過程におけるシンボル的地位を備えている。(合肥=新華社記者/馬姝瑞)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    Security work on the collegiate church of Quedlinburg

    29 November 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The Quedlinburg Collegiate Church is enthroned on the Schlossberg. Extensive security measures are being carried out on the building. Several parts of the building are scaffolded. The collegiate church is a Unesco World Heritage Site. It was consecrated in 1129. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    Security work on the collegiate church of Quedlinburg

    29 November 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The Quedlinburg Collegiate Church is enthroned on the Schlossberg. Extensive security measures are being carried out on the building. Several parts of the building are scaffolded. The collegiate church is a Unesco World Heritage Site. It was consecrated in 1129. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    Security work on the collegiate church of Quedlinburg

    29 November 2020, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The Quedlinburg Collegiate Church is enthroned on the Schlossberg. Extensive security measures are being carried out on the building. Several parts of the building are scaffolded. The collegiate church is a Unesco World Heritage Site. It was consecrated in 1129. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    Mimico Home Demolition

    November 28, 2020, Toronto, ON, Canada: TORONTO, ON - November 28 Two local residents (Charlotte Sheasby-Coleman in dark jacket and Denise) sat down at the front door of the building at 7am on Saturday and did not leave as the heavy equipment was brought in..Area residents came out to a Mimico home at 98 Superior Ave to protest its demolition. The Royal York and Queensway area home is over a hundred years old and an application has been made for a heritage order. Neighbours complain that the developers came in without any signs or warning or tree protection to tear down the former cottage..November 28 2020 Richard Lautens/Toronto Star (Credit Image: © Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire)、クレジット:©Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Leonardo Negr„o/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    Klein Glienicke - Cemetery

    25 November 2020, Brandenburg, Potsdam: The chapel near the cemetery in the Potsdam district Klein-Glienicke. In 1781 the cemetery area was a gift from Friedrich II to the colonists of the settlement as a burial place. In the decades after 1872, after the Neu-Babelsberg villa colony was built, personalities from the area were also buried in the cemetery. At the time of German division, Klein Glienicke was an exclave and special security zone of the GDR in the West Berlin district of Zehlendorf and therefore difficult to access. The brick building was built according to plans by Reinhold Persius and was inaugurated in 1881. The building, which was in danger of collapsing in 1989, was restored between 1993 and 1999 and was given a new organ. The chapel and cemetery, like the Swiss houses, are part of the UNESCO World Heritage Berlin-Potsdam Castle Landscape. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 01:08.31
    2020年11月25日
    「新華社」隋・唐代の離宮「九成宮」遺跡が雪化粧陝西省麟遊県

    中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県でこの冬初めての雪が降り、同県に残る隋・唐代の皇帝たちに愛された避暑用の離宮「九成宮」遺跡も、美しく雪化粧した姿を見せた。(記者/都紅剛)<映像内容>「九成宮」遺跡の雪景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    富山県庁、市役所 富山県庁・資料

    富山県庁(中央上)、富山市役所(同下)。左上は富山城址公園(共同通信社ヘリから)

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている鄴城の復元模型。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    Casa do Alentejo, in Lisbon

    Lisbon, 11/20/2020 - Report at Casa do Alentejo. Located in the Alverca Palace, on Portas de Santo Antão street, a historic building classified as National Heritage. The house could be yet another collateral victim of the Covid-19 pandemic, in view of the billing losses that amount to 80%. (Reinaldo Rodrigues / Global Imagens)、クレジット:Reinaldo Rodrigues/Atlantico Press/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、道教の一派、全真派を開いた王重陽(おう・ちょうよう)を祭る永楽宮の重陽殿。殿内の壁画には王重陽の神話伝説に材を取る壁画が描かれている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省

    17日、永楽宮の無極殿(三清殿)。殿内の大型壁画「朝元図」は特に有名で、元代人物画の逸品と称される。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...