KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 世界遺産
  • ユネスコ
  • 重要文化財
  • 国連教育科学文化機関
  • 中国河北省
  • 奈良県明日香村
  • 発掘調査
  • 保存状態

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,759
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,759
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月15日
    (10)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏の傍らに残る塑像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    厳島神社 厳島神社・資料

    世界遺産・厳島神社。手前は改修工事中の大鳥居=広島県廿日市市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県廿日市市

  • 2021年01月12日
    (1)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    岳陽市屈原管理区にある羅子国城遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年01月10日
    ウワナベ古墳など ウワナベ古墳・資料

    (左奥から)ヒシャゲ古墳、コナベ古墳、ウワナベ古墳=奈良市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月10日
    ウワナベ古墳 ウワナベ古墳・資料

    ウワナベ古墳=奈良市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良市

  • 2021年01月10日
    箸墓古墳 箸墓古墳・資料

    箸墓古墳=奈良県桜井市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県桜井市

  • 2020年12月29日
    (1)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。(11月20日撮影、小型無人機から)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    ヘリから見た富士山 富士山、雪化粧進まず

    上空から見た雪化粧が進まない富士山=25日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後

  • 2020年12月25日
    上空から見た富士山 富士山、雪化粧進まず

    上空から見た雪化粧が進まない富士山=25日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (6)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構中心部で見つかった石室墓。(2019年9月2日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (3)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構。(10月3日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (1)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台中心部で見つかった石室墓。全体が「甲」字形をしている。(2019年9月2日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (2)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構。(9月23日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (4)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構北東部で見つかった小石を並べた帯状の石敷き。(2019年9月6日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 01:17.91
    2020年12月17日
    空撮 京都の清水寺、金閣寺が雪化粧 御所も

    強い寒気の影響で京都市内では16日夜から17日朝にかけて雪が降り、清水寺(東山区)や金閣寺(鹿苑寺、北区)がこの冬初めて雪化粧した。清水寺では今年、国宝・本堂の檜皮(ひわだ)屋根のふき替えと、舞台の床板張り替えの工事が完了。生まれ変わった「清水の舞台」が真っ白に染まった。<映像内容>屋根などに雪が積もった金閣寺、京都御所、清水寺、撮影日:2020(令和2)年12月17日、撮影場所:京都府京都市

    撮影: 2020(令和2)年12月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.54
    2020年12月08日
    「新華社」河北省の周家荘墓地から貴族墓商代後期の歴史の空白埋める

    中国の河北省文物局はこのほど、同省石家荘市欒城(らんじょう)区の周家荘墓地で1年近く実施した事前調査と緊急発掘調査で、22基の墓を発掘したと明らかにした。墓からは青銅の盛食器「簋(き)」や酒器「爵(しゃく)」「觚(こ)」のほか、兵器や玉器などが出土した。同墓地の発見は同省中南部における商代後期の歴史の空白を埋めたほか、商周時代の歴史や地理、文化、社会発展を研究する上で重要な実物資料をもたらした。墓地は同区西営郷周家荘村の南約200メートルにあり、東を流れる洨河(こうが)からは約2キロ離れている。発掘完了エリアは墓葬と遺跡の二つの部分からなり、緊急発掘調査を実施した墓22基のうち、「甲」字形の墓2基を含む17基が商代の墓だった。墓の格式は高く、造りも精巧で、3千年近くの歳月を経ても良好な状態で保存されていた。同省文物考古研究院の専門家は、商代後期のある程度の身分を持つ貴族の墓群だと暫定的に判断している。(記者/駱学峰)<映像内容>周家荘墓地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    ウワナベ古墳など 玉虫の羽で輝く馬具

    奈良市の(左奥から)ヒシャゲ古墳、コナベ古墳、ウワナベ古墳(共同通信社ヘリから)

  • 00:46.89
    2020年12月07日
    「新華社」張家界市で初雪、石林の絶景を堪能湖南省

    中国湖南省張家界市に位置し、世界自然遺産に登録されている武陵源風景区でこのほど、初雪が観測された。石英質砂岩の石林や岩壁は雪に覆われ、ため息の出るような絶景が広がっている。(記者/阮周囲、薛宇舸)<映像内容>初雪が観測された武陵源風景区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    空から見た応家遺跡にある商代末期~西周初期の遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.06
    2020年12月04日
    「新華社」華山で銀世界と雲海が競演陝西省

    中国陝西省渭南(いなん)市に位置する華山でこのほど、雪がやんだ後に雲海が現れた。頂上に積もった真っ白な雪と青々とした松の木、雲海が幻想的な冬の風景を織り成した。華山は中国で最初に選定された重点景勝地で、国家級の自然と文化の複合遺産でもある。(記者/張晨俊)<映像内容>華山の雪景色、雲海の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.68
    2020年12月03日
    「新華社」古詩の世界を思わせる武当山の雪景色湖北省十堰市

    国湖北省十堰(じゅうえん)市でこのほど、連日降り続いた雨や雪がようやく止み、久しぶりに青空が広がった世界文化遺産の武当山は、雪景色を楽しもうと訪れた大勢の人でにぎわった。冬の武当山に広がる風景は水墨画の世界を思わせ、詩的な情緒を感じさせてくれる。(記者/李偉)<映像内容>武当山の雪景色、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    中尾山古墳 中尾山古墳も八角墳

    奈良県明日香村の中尾山古墳=17日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 17日

  • 2020年11月26日
    明日香村の中尾山古墳 中尾山古墳も八角墳

    奈良県明日香村の中尾山古墳(山林中央)=17日(共同通信社ヘリから)

  • 01:13.14
    2020年11月26日
    空撮 中尾山古墳も八角墳 文武陵?石敷きは3重

    文武天皇陵説がある中尾山古墳(奈良県明日香村、8世紀初頭)は墳丘が3段構造の八角墳で、石敷きが3重に取り囲んでいたことが分かり、村教育委員会と関西大が26日、発表した。八角墳は7世紀以降の天皇陵にみられる形で、同村では、斉明天皇陵とされる牽牛子塚(けんごしづか)古墳と天武・持統天皇合葬陵が八角墳で周囲の石敷きも見つかっている。宮内庁は村内の別の古墳を文武天皇陵に指定しているが、中尾山古墳を文武陵とみる向きが強まりそうだ。<映像内容>中尾山古墳の空撮、撮影日:2020(令和2)年11月26日、撮影場所:奈良県明日香村

    撮影: 2020(令和2)年11月26日

  • 2020年11月25日
    河南省で夏王朝初期の「穀倉城邑」見つかる

    淮陽区の時荘遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国河南省周口市淮陽区の時荘遺跡でこのほど、夏王朝初期の穀物倉庫跡28基が見つかった。さまざまな形をした遺跡が1カ所に集まっており、中国でこれまで見つかった食糧集中保管用の「穀倉城邑」としては最も古く、初期国家の食糧管理や租税制度などを研究するための優れた手がかりとなる。(鄭州=新華社配信)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.31
    2020年11月25日
    「新華社」隋・唐代の離宮「九成宮」遺跡が雪化粧陝西省麟遊県

    中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県でこの冬初めての雪が降り、同県に残る隋・唐代の皇帝たちに愛された避暑用の離宮「九成宮」遺跡も、美しく雪化粧した姿を見せた。(記者/都紅剛)<映像内容>「九成宮」遺跡の雪景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    富山県庁、市役所 富山県庁・資料

    富山県庁(中央上)、富山市役所(同下)。左上は富山城址公園(共同通信社ヘリから)

  • 00:12.05
    2020年11月23日
    The Snow-covered Shennongjia Forest Area In Hubei

    Aerial video taken on November 22, 2020 shows the snow-covered Shennongjia forest area in Shennongjia, Hubei Province. Shennongjia is China‘s first UNESCO Nature Reserve for man and biosphere and has been included in the World Heritage List.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.05
    2020年11月23日
    The Snow-covered Shennongjia Forest Area In Hubei

    Aerial video taken on November 22, 2020 shows the snow-covered Shennongjia forest area in Shennongjia, Hubei Province. Shennongjia is China‘s first UNESCO Nature Reserve for man and biosphere and has been included in the World Heritage List.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:15.87
    2020年11月20日
    空撮 ウワナベ古墳は全長12位 陵墓参考地の同時調査

    宮内庁、奈良県、奈良市が同時調査していた陵墓参考地「ウワナベ古墳」(奈良市、前方後円墳)の全長は、想定されていた全長255メートルよりも長い270~280メートルで全国12位の規模と分かり、県と市が20日発表した。また宮内庁も同日、葺石やひれ付き円筒埴輪などが出土したと発表した。ウワナベ古墳は、奈良市の佐紀古墳群の東端にある5世紀の前方後円墳で、宮内庁は皇族の墓の可能性があるとして陵墓参考地にしている。仁徳天皇の皇后だった八田皇女を被葬者とする見方もある。<映像内容>ウワナベ古墳の空撮、撮影日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:奈良県奈良市

    撮影: 2020(令和2)年11月20日

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.44
    2020年11月19日
    「新華社」寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。遺跡は同区新碶(しんけい)街道にあり、面積は千平方メートル。東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。遺跡では、作業場と思われる家屋の柱穴群が出土したほか、沈殿槽1カ所、貯泥槽1カ所、井戸1本、穴窯2カ所、煉炉1カ所、灰坑10カ所余りが見つかった。出土遺物は土器と陶器、灰釉陶器が中心で、青銅器や鉄器、石器、少量の竹・木器もみられた。専門家は、出土物の機能と性質から、今回の発掘された東周期の遺構の多くが製陶や製磁、製錬など工業活動と関わりがあるとみている。(記者/顧小立、馮源)<映像内容>東周時代の遺跡の空撮、調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.48
    2020年11月19日
    「新華社」コーラオ族の「三幺台」、村民に富をもたらす切り札に

    中国の国家級無形文化遺産に登録されているコーラオ族の「三幺台(さんようだい)」は、同族に伝わるユニークな食の風習。「幺台」とは「終了」を意味し、宴が茶、酒、食事の順に進んで終了することから「三幺台」と呼ばれる。コーラオ族の人々は大事な客をもてなす時や、重要なお祝い事などの際にこの宴を催す。貴州省遵義市にある竜潭コーラオ族の古い集落ではここ数年、地元の村民が食文化の風習を利用し、飲食と文化体験を融合させて「食」から同族の文化を観光客に体験してもらう取り組みを始めている。今では村民に富をもたらす切り札となり、村民1人当たりの平均可処分所得は2007年の千元(1元=約16円)未満から1万元以上にまで増加している。(記者/李驚亜)<映像内容>コーラオ族の「三幺台」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.83
    2020年11月18日
    「新華社」舞踊「醴泉墨韻」、欧陽詢の書の神髄を表現陝西省麟遊県

    中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県が創作に携わった舞踊「醴泉墨韻」の撮影がこのほど、唐九成宮遺跡風景区で行われた。「醴泉墨韻」は、唐代を代表する書家、欧陽詢(おうよう・じゅん)が「九成宮醴泉銘」の碑文を書く場面を、優美な舞踊で表現している。同県に遺跡が残る九成宮は、隋の開皇13(593)年に建てられ、隋~唐代にかけて、何代にもわたり皇帝に避暑用の離宮として使われていた。遺跡内に今も残る唐代の名臣、魏徴(ぎ・ちょう)が撰文し、欧陽詢が書した国宝級の貴重な文化財「九成宮醴泉銘」碑は、楷書の手本とされている。(記者/都紅剛)<映像内容>舞踊「醴泉墨韻」の撮影の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の煉炉遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の穴窯遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の貯泥槽遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の沈殿槽遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の主要発掘エリア。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か

    小型無人機で撮影した四顧山遺跡の井戸遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑の一角。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認

    13日、浦江県の上山考古遺跡公園と周辺の農地。(小型無人機から)中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、豊かな緑に囲まれた南通博物苑とその周辺の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    大足石刻に観光客戻る重慶市

    12日、夕日に照らされる大足石刻宝頂山風景区。(小型無人機から)中国重慶市大足区にある大足石刻風景区では6月22日に観光客の受け入れを全面的に再開して以降、着実に客足が戻っている。同風景区は新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、1日平均約2千人を受け入れ、再び観光シーズンを迎えた。大足石刻は初唐時代に建造が始まり、宋時代に全盛期を迎えた。1999年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    大足石刻に観光客戻る重慶市

    12日、夕日に照らされる大足石刻宝頂山風景区。(小型無人機から)中国重慶市大足区にある大足石刻風景区では6月22日に観光客の受け入れを全面的に再開して以降、着実に客足が戻っている。同風景区は新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、1日平均約2千人を受け入れ、再び観光シーズンを迎えた。大足石刻は初唐時代に建造が始まり、宋時代に全盛期を迎えた。1999年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.11
    2020年11月11日
    「新華社」2千年前の大型穀物庫らしき遺構を発見内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区文物考古研究所と中山大学(広東省)の合同考古学チームはこのほど、同自治区フフホト市玉泉区の沙梁子村で、約2千年前の前漢中~後期の建築基礎遺構を発見した。大型の穀物倉庫の跡と思われ、これまで見つかった漢代の単体版築(はんちく)高台建築の中で最大の規模だという。遺構は面積約11万平方メートルの前漢時代の町の遺跡中央部に位置する。東西約170メートル、南北約21メートルの細長い建物で、柱間16間、奥行き2間が残されていた。内部から南北方向の細い溝16本が見つかり、考古学者は換気や防潮のために掘られたと推測している。建物の壁と柱には防虫、防湿効果の高いマツ材が使われていた。遺跡で採取した土壌サンプルにはキビが含まれており、版築基礎の下から見つかった食糧貯蔵用の穴の列からも大量のキビが出土した。考古学研究者らは、内部で見つかった溝や出土遺物から、同遺構が前漢の大型穀物倉庫の跡と判断した。使用期間は約100年間で、最後は火災で焼失したとの見方を示すが、現時点で倉庫の存在を記載した文献資料は見つかっていないという。(記者/張晟)<映像内容>内モンゴル自治区で発見された大型穀物庫らしき遺構、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:48.68
    2020年11月06日
    「新華社」内モンゴル自治区に残る秦代の万里の長城固陽秦長城遺跡

    中国内モンゴル自治区中部の陰山山地に、秦代の万里の長城「固陽秦長城遺跡」がある。固陽県とフフホト、バヤンノール、烏海各市にまたがり、全長400キロに及ぶ。現存する城壁の高さは、外壁が2・5~4メートル、内壁が1~1・7メートル。一部の城壁は既に倒壊している。約500メートルごとの高台にはのろし台が築かれている。万里の長城は1987年に世界文化遺産に登録された。固陽秦長城は1996年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。(記者/張晟)<映像内容>万里の長城「固陽秦長城遺跡」の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.19
    2020年11月03日
    「新華社」「東洋人の故郷」泥河湾で石器時代の文化に触れる河北省

    中国河北省の北西部に、先史時代の大型遺跡群「泥河湾(でいかわん)遺跡群」がある。世界の地質考古学界が認める第四紀の国際標準地層であり、哺乳類化石や旧石器人類の遺構も多く出土していることから「東洋人の故郷」と呼ばれる。遺跡は主に張家口市陽原県内の東西82キロ、南北27キロの細長い範囲に分布している。大型旧石器文化遺跡群に属し、中国の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)と国家級地質遺跡自然保護区に指定されている。2019年末時点の統計では、確認・試掘調査や発掘調査で前・中・後期旧石器時代と新石器時代の遺跡400カ所近くが確認されている。(記者/秦婧)<映像内容>泥河湾遺跡群の空撮、発掘の様子、観光の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省

    10月29日、禹会村遺跡の集落考古学調査の現場を見学する考古学者ら。(小型無人機から)中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.32
    2020年10月28日
    「新華社」キジル石窟に錦秋の風景新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県にある大型仏教石窟寺院遺跡、キジル石窟では現在、錦秋の風景が広がっている。キジル石窟は同自治区に現存する最大の石窟群の一つで、349カ所の洞窟と約1万平方メートルの壁画が残る。シルクロードのさまざまな文化の融合が生み出した優れた文化遺産とされており、世界文化遺産に登録されている。(記者/高晗)<映像内容>キジル石窟周辺の風景、紅葉の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月23日
    キジル石窟に錦秋の風景新疆ウイグル自治区

    23日、朝日に照らされたキジル石窟。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県にある大型仏教石窟寺院遺跡、キジル石窟では現在、錦秋の風景が広がっている。キジル石窟は同自治区に現存する最大の石窟群の一つで、349カ所の洞窟と約1万平方メートルの壁画が残る。シルクロードのさまざまな文化の融合が生み出した優れた文化遺産とされており、世界文化遺産に登録されている。(アクス=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月23日
    キジル石窟に錦秋の風景新疆ウイグル自治区

    23日、朝日に照らされたキジル石窟。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県にある大型仏教石窟寺院遺跡、キジル石窟では現在、錦秋の風景が広がっている。キジル石窟は同自治区に現存する最大の石窟群の一つで、349カ所の洞窟と約1万平方メートルの壁画が残る。シルクロードのさまざまな文化の融合が生み出した優れた文化遺産とされており、世界文化遺産に登録されている。(アクス=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で秋の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    パレードでミャオ族の民族衣装の魅力を発信貴州省丹寨県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県の万達小鎮で、ミャオ族の民族衣装に身を包み、パレードする人たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県にある人気スポット、万達小鎮では、観光客にミャオ族の各支系の美しい民族衣装を楽しんでもらおうと、地元の人々が週末と祝日に民族衣装パレードを行っている。同県ミャオ族の支系「ガノウ」人の衣装は、2009年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    パレードでミャオ族の民族衣装の魅力を発信貴州省丹寨県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県の万達小鎮で、ミャオ族の民族衣装に身を包み、パレードする人たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県にある人気スポット、万達小鎮では、観光客にミャオ族の各支系の美しい民族衣装を楽しんでもらおうと、地元の人々が週末と祝日に民族衣装パレードを行っている。同県ミャオ族の支系「ガノウ」人の衣装は、2009年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    パレードでミャオ族の民族衣装の魅力を発信貴州省丹寨県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県の万達小鎮で、ミャオ族の民族衣装に身を包み、パレードする人たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県にある人気スポット、万達小鎮では、観光客にミャオ族の各支系の美しい民族衣装を楽しんでもらおうと、地元の人々が週末と祝日に民族衣装パレードを行っている。同県ミャオ族の支系「ガノウ」人の衣装は、2009年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    遼・金代の大規模な寺院遺跡見つかる内モンゴル自治区

    遼上京遺跡で発見された寺院遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国社会科学院考古研究所内モンゴル第2隊と内モンゴル文物考古研究所の合同チームがこのほど、内モンゴル自治区の遼上京遺跡で遼・金代の大規模な皇家寺院遺跡を発見した。これまで見つかった寺院の中で最大規模になるという。(フフホト=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城の遺跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、大自然の絶景が広がる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、朝焼けに照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、朝焼けに照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、麻黄梁黄土地質公園にある「高峡平湖」の風景。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城の遺跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、大自然の絶景が広がる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城ののろし台跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、朝焼けに照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    16日、朝焼けに照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    15日、夕日に照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    15日、夕日に照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年の風雨に浸食された重厚な黄土層が独特の地形景観を形成している。この地域にこのほど麻黄梁黄土地質公園が完成し、一般公開した。総面積37平方キロメートルに達する同公園には、黄土鍾乳石地形景観、第四紀地層断面、砂漠地形、古生物化石の4つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    15日、大自然の絶景が広がる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    15日、夕日に照らされる麻黄梁黄土地質公園。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年の風雨に浸食された重厚な黄土層が独特の地形景観を形成している。この地域にこのほど麻黄梁黄土地質公園が完成し、一般公開した。総面積37平方キロメートルに達する同公園には、黄土鍾乳石地形景観、第四紀地層断面、砂漠地形、古生物化石の4つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省

    15日、夕日に映える麻黄梁黄土地質公園にある「高峡平湖」の風景。(小型無人機から)中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦漢時代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...