KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 世界遺産
  • ユネスコ
  • 国連教育科学文化機関
  • 重要文化財
  • 文化遺産
  • 中国河北省
  • 風景メイン
  • 発掘調査

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,908
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,908
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月19日
    (7)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。(小型無人機から)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (8)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (13)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区にある時荘遺跡の全景。(資料写真、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (1)新緑の伝統村落を訪ねて安徽省

    14日、古い大型船のような西逓村。(小型無人機から)中国の伝統的祝日「上巳節」(旧暦3月3日)に当たる14日、江南の水郷地帯に位置する安徽省黄山市黟(い)県西逓鎮の西逓村には多くの観光客が訪れ、「徽派」の建築様式を持つ古民家が山や川に映える美しい風景を堪能した。同村は安徽省南部を代表する伝統的な村落の景観が良好に保存されていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(黄山=新華社記者/林翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (3)新緑の伝統村落を訪ねて安徽省

    14日、西逓村を散策する観光客。(小型無人機から)中国の伝統的祝日「上巳節」(旧暦3月3日)に当たる14日、江南の水郷地帯に位置する安徽省黄山市黟(い)県西逓鎮の西逓村には多くの観光客が訪れ、「徽派」の建築様式を持つ古民家が山や川に映える美しい風景を堪能した。同村は安徽省南部を代表する伝統的な村落の景観が良好に保存されていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(黄山=新華社記者/林翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (2)新緑の伝統村落を訪ねて安徽省

    14日、空から見た西逓村。(小型無人機から)中国の伝統的祝日「上巳節」(旧暦3月3日)に当たる14日、江南の水郷地帯に位置する安徽省黄山市黟(い)県西逓鎮の西逓村には多くの観光客が訪れ、「徽派」の建築様式を持つ古民家が山や川に映える美しい風景を堪能した。同村は安徽省南部を代表する伝統的な村落の景観が良好に保存されていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(黄山=新華社記者/林翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (7)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (4)新緑の伝統村落を訪ねて安徽省

    14日、西逓村を散策する観光客。(小型無人機から)中国の伝統的祝日「上巳節」(旧暦3月3日)に当たる14日、江南の水郷地帯に位置する安徽省黄山市黟(い)県西逓鎮の西逓村には多くの観光客が訪れ、「徽派」の建築様式を持つ古民家が山や川に映える美しい風景を堪能した。同村は安徽省南部を代表する伝統的な村落の景観が良好に保存されていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(黄山=新華社記者/林翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳 ナガレ山古墳・資料

    ナガレ山古墳=奈良県河合町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県河合町

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳 ナガレ山古墳・資料

    ナガレ山古墳=奈良県河合町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県河合町

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳 ナガレ山古墳・資料

    ナガレ山古墳=奈良県河合町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県河合町

  • 2021年04月12日
    巣山古墳 巣山古墳・資料

    巣山古墳=奈良県広陵町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県広陵町

  • 2021年04月12日
    巣山古墳 巣山古墳・資料

    巣山古墳=奈良県広陵町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県広陵町

  • 2021年04月12日
    巣山古墳 巣山古墳・資料

    巣山古墳=奈良県広陵町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県広陵町

  • 2021年04月12日
    巣山古墳とナガレ山古墳 巣山古墳・資料

    奈良県広陵町の巣山古墳(手前)。左上は河合町のナガレ山古墳=(共同通信社ヘリから)

  • 2021年04月12日
    古墳と聖火リレー 聖火リレー奈良2日目

    奈良県河合町のナガレ山古墳(手前)のそばを通過する聖火リレー=12日午前(共同通信社ヘリから)

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳と聖火リレー 聖火リレー奈良2日目

    奈良県河合町のナガレ山古墳(手前)のそばを通過する聖火リレー=12日午前(共同通信社ヘリから)

  • 00:59.09
    2021年04月12日
    空撮 奈良、聖火リレー 馬見丘陵公園で2日目スタート

    東京五輪の聖火リレーは12日、奈良県で2日目を迎え、河合町の馬見丘陵公園からスタートした。公園内のチューリップ畑やナガレ山古墳のそばを聖火ランナーが走った。<映像内容>奈良県河合町の馬見丘陵公園でスタートした聖火リレーの空撮、撮影日:2021(令和3)年4月12日、撮影場所:奈良県河合町

    撮影: 2021(令和3)年4月12日

  • 2021年04月05日
    (5)寧夏の姚河塬遺跡で銅鋳造区が出土西周時代の辺境に高度な産業

    空から見た姚河塬西周遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国寧夏回族自治区固原市彭陽県にある姚河塬(ようがげん)西周遺跡は、2017年度の中国十大考古学新発見に選ばれ、2020年度の中国考古学新発見にも選定された。寧夏文物考古学研究所によると、2020年に実施した銅鋳造工房区の発掘では、陶範やるつぼの残骸、銅くず、骨器、石器などの銅鋳造に関わる遺物が出土し、これまで知られている限りでは最も西北に位置する西周時代の鋳造銅工房が、ほぼ完全な産業チェーンを持つ国内でも数少ない鋳銅遺跡であることが分かった。(銀川=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (1)鎬京遺跡で西周時代の重要建築遺構を発見陝西省西安市

    鎬京遺跡で見つかった西周時代の重要建築遺構。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省西安市の鎬京(こうけい)遺跡で大型建築の基礎遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東の隅で祭祀(さいし)に関連する獣骨坑が見つかったことから、付近に西周時代の宗廟(祖先を祭る施設)遺跡が存在する可能性があるという。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    Daily Life in Nepal

    April 2, 2021, Lalitpur, Nepal: An aerial view of Patan Durbar Square, a UNESCO World Heritage Site in Lalitpur, Nepal on Friday, April 2, 2021. (Credit Image: © Skanda GautamZUMA Wire)、クレジット:©Skanda GautamZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (2)学校で伝統劇を学ぶ生徒たち貴州省竜里県

    23日、竜里太平花灯戯の稽古をする竜里県第三中学校の教師と生徒。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の竜里県第三中学校はここ数年、地方劇「竜里太平花灯戯」の伝承と保護のため、同演劇をカリキュラムに導入し、伝承者を招いて定期的に授業を行っている。竜里太平花灯戯は2019年に同省の無形文化遺産リストに登録された。(竜里=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月25日
    (11)悠々たる古刹、スバシ故城新疆ウイグル自治区

    22日、クチャ市のスバシ故城。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ市にあるスバシ故城は、天山南麓でかつて栄えた亀茲国の重要な仏教建築群遺跡で、3世紀に築かれた。2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(クチャ=新華社記者/宿伝義)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (12)多様な魅力を秘めた武夷山国家公園を訪ねて福建省

    武夷断裂帯峡谷の風景。(2020年12月1日撮影、小型無人機から)中国福建省の武夷山国家公園体制試行地区は、中国で唯一、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人間と生物圏計画」によって認定された保護区であるとともに、文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えた保護地でもある。公園の計画総面積は1001・41平方キロ。人為的に破壊されていない自然のままの森林210・7平方キロを擁しており、世界の同緯度地域の中で最も完全、典型的かつ最も広域的な原生的森林生態系が保存されている。生息する生物の種類が豊富なことから、国内外の生物学者からは「ヘビの王国」「昆虫の世界」「鳥の楽園」「生物標準標本の世界的産地」などと称えられている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (11)多様な魅力を秘めた武夷山国家公園を訪ねて福建省

    武夷断裂帯峡谷の風景。(2020年12月1日撮影、小型無人機から)中国福建省の武夷山国家公園体制試行地区は、中国で唯一、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人間と生物圏計画」によって認定された保護区であるとともに、文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えた保護地でもある。公園の計画総面積は1001・41平方キロ。人為的に破壊されていない自然のままの森林210・7平方キロを擁しており、世界の同緯度地域の中で最も完全、典型的かつ最も広域的な原生的森林生態系が保存されている。生息する生物の種類が豊富なことから、国内外の生物学者からは「ヘビの王国」「昆虫の世界」「鳥の楽園」「生物標準標本の世界的産地」などと称えられている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (7)多様な魅力を秘めた武夷山国家公園を訪ねて福建省

    福建省武夷山市星村鎮の生態茶園。(2020年4月29日撮影、小型無人機から)中国福建省の武夷山国家公園体制試行地区は、中国で唯一、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人間と生物圏計画」によって認定された保護区であるとともに、文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えた保護地でもある。公園の計画総面積は1001・41平方キロ。人為的に破壊されていない自然のままの森林210・7平方キロを擁しており、世界の同緯度地域の中で最も完全、典型的かつ最も広域的な原生的森林生態系が保存されている。生息する生物の種類が豊富なことから、国内外の生物学者からは「ヘビの王国」「昆虫の世界」「鳥の楽園」「生物標準標本の世界的産地」などと称えられている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    (2)河南省五大考古新発見、2020年度の選考結果発表

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門遺構の平面見取り図。(資料写真、小型無人機から)中国河南省文物考古学会と同省で発行される考古学専門誌「華夏考古」の編集部が共同で主催する「河南省五大考古新発見」の2020年度の選考結果がこのほど発表され、注目を集めていた鞏義(きょうぎ)市の「河洛古国」双槐樹遺跡、洛陽市伊川県の徐陽墓地、周口市淮陽区の時荘遺跡、洛陽市の白草坡後漢陵園遺跡と隋唐代洛陽城遺跡玄武門遺構が選定された。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月20日
    (7)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場。(3月1日撮影、小型無人機から)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月20日
    (40)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場。(3月1日撮影、小型無人機から)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    Daily Life in Nepal

    March 15, 2021, Kathmandu, Nepal: An aerial view of Boudhanath Stupa, a UNESCO World Heritage Site pictured during an evening in Kathmandu, Nepal on Monday, March 15, 2021. (Credit Image: © Skanda GautamZUMA Wire)、クレジット:©Skanda GautamZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    Daily Life in Nepal

    March 5, 2021, Kathmandu, Nepal: An aerial view of Basantapur Durbar Square, a UNESCO World Heritage Site is pictured from the sky in Kathmandu, Nepal on Friday, March 5, 2021. (Credit Image: © Skanda GautamZUMA Wire)、クレジット:©Skanda GautamZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (5)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、上空から見た清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (3)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (2)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (7)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (6)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (1)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の石牌坊。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (9)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (10)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    焼け落ちた寺院 青梅の山林火災、消火再開

    23日に発生した火災で焼け落ちた寺院(中央)=24日午前9時21分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    焼け落ちた寺院 青梅の山林火災、消火再開

    23日に発生した火災で焼け落ちた寺院=24日午前9時23分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前9時23分、東京都青梅市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    火災で焼け落ちた寺院 青梅の山林火災、消火再開

    23日に発生した火災で焼け落ちた寺院(画面中央)=24日午前9時28分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    火災があった建物など 東京・青梅の10カ所で火災

    火災で煙が立ち上る寺院周辺。右下は焼け落ちた建物=23日午後3時38分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後3時38分、東京都青梅市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    煙が立ち上る現場 東京・青梅の10カ所で火災

    火災で煙が立ち上る寺院周辺。左下はJR青梅線沢井駅=23日午後3時47分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後3時47分、東京都青梅市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.59
    2021年02月23日
    空撮 東京・青梅の10カ所で火災

    23日午後1時半ごろ、東京都青梅市沢井2丁目の住宅から「家が燃えている」と119番があった。警視庁青梅署によると、この住宅や近くの空き家が全焼したほか、付近の寺院や山林も燃えるなど計約10カ所で火災が起きた。火元とみられる住宅の60代男性は「庭でたき火をしていた」と話しており、青梅署は強風で燃え広がった可能性があるとみて調べている。<映像内容>東京都青梅市の火災現場付近の空撮、撮影日:2021(令和3)年2月23日、撮影場所:東京都青梅市

    撮影: 2021(令和3)年2月23日

  • 2021年02月22日
    (4)無形文化遺産「掄花」で新春を祝う河北省灤平県

    19日、河北省灤平県火斗山鎮大店子村の文化広場で「掄花」を披露する民間芸能従事者。(小型無人機から)中国河北省承徳市灤平(らんへい)県には「掄花(りんか)」と呼ばれる伝統的な民俗文化がある。筒の中に木炭と鉄片を入れて燃やし、それを専用のスタンドに架けて振り回すことで燃えた鉄が火花となって周囲に飛び散り、まばゆい光の輪を作り出す。「掄花」は国家級無形文化遺産リストに登録されている。同県の人々はこの無形文化遺産で新春を祝っている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)無形文化遺産「掄花」で新春を祝う河北省灤平県

    19日、河北省灤平県火斗山鎮大店子村の文化広場で「掄花」を披露する民間芸能従事者。(小型無人機から)中国河北省承徳市灤平(らんへい)県には「掄花(りんか)」と呼ばれる伝統的な民俗文化がある。筒の中に木炭と鉄片を入れて燃やし、それを専用のスタンドに架けて振り回すことで燃えた鉄が火花となって周囲に飛び散り、まばゆい光の輪を作り出す。「掄花」は国家級無形文化遺産リストに登録されている。同県の人々はこの無形文化遺産で新春を祝っている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (2)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (11)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭都護府の城壁遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (3)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (1)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    空から見たジムサル県にある北庭故城遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    (12)古代都市遺跡、北庭故城を訪ねて新疆ジムサル県

    北庭都護府の城壁遺跡。(1月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県の北約10キロに位置する北庭故城遺跡は、唐王朝が辺境警備や周辺諸民族統治などのために北庭都護府を設置した地として知られる。かつては同王朝が天山山脈北麓の統治を強化するための政治・経済・軍事・文化における重要拠点で、これまでに同山脈北麓で発見された最も保存状態の良い古代都市遺跡とされる。同遺跡は2013年12月に国家考古遺跡公園に指定され、翌年6月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北庭故城の形状はおおむね長方形を呈し、現存する遺跡は南北1500メートル、残存する城壁の高さは約7メートル、幅約5メートル。主に内城と外城、西大寺からなり、上から見下ろすと、二重の城が巨大な「回」の字を構成していることが分かる。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The neo-Gothic stud farm built in 1779-1781 in the wintry landscape garden of Luisium Palace. The Dessau-Wörlitz Garden Kingdom has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The neo-Gothic stud farm built in 1779-1781 in the wintry landscape garden of Luisium Palace. The Dessau-Wörlitz Garden Kingdom has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The neo-Gothic stud farm built in 1779-1781 in the wintry landscape garden of Luisium Palace. The Dessau-Wörlitz Garden Kingdom has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Hotel to be built on Loreley plateau

    09 February 2021, Rhineland-Palatinate, St. Goarshausen: Snow lies on the Loreley rock plateau on the Rhine (photo taken by drone). High above the river, a large hotel is to be built here in the heart of the World Heritage area. (to dpa “Tree felling on the Loreley for 700-bed hotel“) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Hotel to be built on Loreley plateau

    09 February 2021, Rhineland-Palatinate, St. Goarshausen: Snow lies on the Loreley rock plateau on the Rhine (photo taken by drone). High above the river, a large hotel is to be built here in the heart of the World Heritage area. (to dpa “Tree felling on the Loreley for 700-bed hotel“) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Hotel to be built on Loreley plateau

    09 February 2021, Rhineland-Palatinate, St. Goarshausen: Snow lies on the Loreley rock plateau on the Rhine (photo taken by drone). High above the river, a large hotel is to be built here in the heart of the World Heritage area. (to dpa “Tree felling on the Loreley for 700-bed hotel“) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Hotel to be built on Loreley plateau

    09 February 2021, Rhineland-Palatinate, St. Goarshausen: Snow lies on the Loreley rock plateau on the Rhine (photo taken by drone). High above the river, a large hotel is to be built here in the heart of the World Heritage area. (to dpa “Tree felling on the Loreley for 700-bed hotel“) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    (1)偃師商城で商代最古の水路跡を発見河南省洛陽市

    偃師商城遺跡で見つかった城壁を貫く水路跡。(資料写真、小型無人機から)中国河南省洛陽市にある商(殷)代の都城遺跡、偃師(えんし)商城遺跡に、これまでに発見された商代の都市水路の中で最も古く、最も整備された水路があったことが、最新の考古学研究で明らかになった。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (2)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    発掘調査が実際される前のチェルクート古城遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (1)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城「高台城址」の俯瞰図。(資料写真、小型無人機から)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)隋唐洛陽城の玄武門、千年の時を経て全貌明らかに河南省

    洛陽市の隋唐代洛陽城遺跡で出土した玄武門遺構の見取り図。(資料写真、小型無人機から)中国河南省洛陽市にある隋唐洛陽城遺跡の発掘調査でこのほど、玄武門の遺構が初めて全貌を現した。同遺構の発見は、唐~宋代の宮城構造や配置を知る上で重要な意義を持ち、中国古代の都城の形状変化や沿革の研究にも役立つという。これまでの発掘で、唐代の門道や墩台(とんだい、基台)、馬道(傾斜道)、城壁の遺構が確認された。玄武門が一つの門道からなり、門道の天井を木の柱と梁で支える「単門道過梁式」構造だったことも分かった。門道の幅は6メートルで、墩台は東西の幅13・9メートル、奥行き16・5メートル。墩台の両端は城壁と接続しており、城壁の南側(内側)には、墩台に登るための馬道が設けられていた。馬道の長さは東側が約40メートル、西側が約50・5メートルだった。(洛陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)吐谷渾の王城跡、ボーリング調査で画期的新発見青海省

    上空から見た伏俟城の内城。(2018年8月28日撮影、小型無人機から)中国の西北大学文化遺産学院(陝西省西安市)と青海省文物考古研究所からなる合同考古調査隊は18日、青海省海南チベット族自治州共和県にある吐谷渾(とよくこん)伏俟(ふくし)城跡で実施したボーリング調査の結果を発表した。吐谷渾は4~7世紀に現在の青海省に拠った遊牧国家。専門家は、今回の調査で吐谷渾の瓦片や陶片を大量に採集するなど非常に多くの成果が得られたとし、吐谷渾の王城調査で多年来の画期的発見になったと述べた。(西寧=新華社配信/曹凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (10)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏の傍らに残る塑像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    厳島神社 厳島神社・資料

    世界遺産・厳島神社。手前は改修工事中の大鳥居=広島県廿日市市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県廿日市市

  • 2021年01月12日
    (1)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    岳陽市屈原管理区にある羅子国城遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...