KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 赤色顔料
  • 鉱物顔料
  • 緑色顔料
  • 顔料出土
  • 朝顔形埴輪
  • 無形文化遺産
  • 人間国宝
  • 世界遺産
  • 伝統文化
  • 和上坐像

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
468
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
468
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月02日
    Easter Friday in Kalwaria Zebrzydowska, Poland - 02 Apr 2021

    April 2, 2021, Kalwaria Zebrzydowska, Lesser Poland, Poland: Devotees standing at a social distancing during the ceremony..In the Kalwaria Zebrzydowska Monastery, listed on UNESCO World Heritage, every year thousands of people take part in a procession re-acting Crucifixion of Christ. However, this spring due to a record high incidence of coronavirus the formula of the celebration has been changed and people were instructed to do individual march and prayer. Formally, the third lockdown has recently started, but restrictions are widely ignored. (Credit Image: © Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    Easter Friday in Kalwaria Zebrzydowska, Poland - 02 Apr 2021

    April 2, 2021, Kalwaria Zebrzydowska, Lesser Poland, Poland: An elderly woman, wearing a cloak of a member of the movement for the enthronement of Christ as King of Poland is seen during the ceremony..In the Kalwaria Zebrzydowska Monastery, listed on UNESCO World Heritage, every year thousands of people take part in a procession re-acting Crucifixion of Christ. However, this spring due to a record high incidence of coronavirus the formula of the celebration has been changed and people were instructed to do individual march and prayer. Formally, the third lockdown has recently started, but restrictions are widely ignored. (Credit Image: © Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    Easter Friday in Kalwaria Zebrzydowska, Poland - 02 Apr 2021

    April 2, 2021, Kalwaria Zebrzydowska, Lesser Poland, Poland: Devotees standing in isolated groups during the ceremony..In the Kalwaria Zebrzydowska Monastery, listed on UNESCO World Heritage, every year thousands of people take part in a procession re-acting Crucifixion of Christ. However, this spring due to a record high incidence of coronavirus the formula of the celebration has been changed and people were instructed to do individual march and prayer. Formally, the third lockdown has recently started, but restrictions are widely ignored. (Credit Image: © Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Filip Radwanski/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Protest against Myanmar Military Coup in Kathmandu, Nepal - 31 Mar 2021

    March 31, 2021, Kathmandu, Nepal: A protester holding a burning candle attends a candlelight vigil for those who died in protests during Myanmar‘s military coup at the Premises of Basantapur Durbar Square, a UNESCO world heritage site..Protest against the military coup and the ongoing violence in Myanmar. (Credit Image: © Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Protest against Myanmar Military Coup in Kathmandu, Nepal - 31 Mar 2021

    March 31, 2021, Kathmandu, Nepal: Protester holding burning candles attends a candlelight vigil for those who died in protests during Myanmar‘s military coup at the Premises of Basantapur Durbar Square, a UNESCO world heritage site..Protest against the military coup and the ongoing violence in Myanmar. (Credit Image: © Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Protest against Myanmar Military Coup in Kathmandu, Nepal - 31 Mar 2021

    March 31, 2021, Kathmandu, Nepal: Protesters holding placards expressing their opinion attends a candlelight vigil for those who died in protests during Myanmar‘s military coup at the Premises of Basantapur Durbar Square, a UNESCO world heritage site..Protest against the military coup and the ongoing violence in Myanmar. (Credit Image: © Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    Newroz in Ankara, Turkey - 21 Mar 2021

    March 21, 2021, Ankara, Turkey: A protester wearing a mask holds a placard saying ‘‘Happy Newroz‘‘ during a rally as part of Nowruz (Newroz)..Pro-Kurdish People‘s Democratic Party (HDP) supporters hold a rally as part of Nowruz (Newroz), or Kurdish New Year, in Ankara. Newroz or Nowruz, means ‘‘new day‘‘, ‘‘new year‘‘ and ‘‘coming of summer‘‘ for the communities living in the Middle East. It is also recognized on the UNESCO List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity‘ (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    Newroz in Ankara, Turkey - 21 Mar 2021

    March 21, 2021, Ankara, Turkey: A woman wearing a mask waits with the People‘s Democratic Party (HDP) flag in her hand during the rally..Pro-Kurdish People‘s Democratic Party (HDP) supporters hold a rally as part of Nowruz (Newroz), or Kurdish New Year, in Ankara. Newroz or Nowruz, means ‘‘new day‘‘, ‘‘new year‘‘ and ‘‘coming of summer‘‘ for the communities living in the Middle East. It is also recognized on the UNESCO List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity‘ (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (8)ベルサイユ宮殿を紹介するデジタル展、上海で初開催

    12日、肖像画の人物の顔を「入れ替える」インタラクティブゲームを体験する来場者。中仏の文化関連機関が共催する「ベルサイユ宮殿中国巡回展」がこのほど、上海市中心部の観光スポット、「上海新天地」で開幕した。フランスが誇る世界文化遺産、ベルサイユ宮殿がデジタル展示形式で中国の観客に公開されるのは今回が初めて。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (6)ベルサイユ宮殿を紹介するデジタル展、上海で初開催

    12日、肖像画の人物の顔を「入れ替える」インタラクティブゲームを体験する来場者。中仏の文化関連機関が共催する「ベルサイユ宮殿中国巡回展」がこのほど、上海市中心部の観光スポット、「上海新天地」で開幕した。フランスが誇る世界文化遺産、ベルサイユ宮殿がデジタル展示形式で中国の観客に公開されるのは今回が初めて。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月11日
    Intangible Cultural Heritage on School Intangible Cultural Heritage on School

    Intangible cultural heritage inheritor Xu Ning teaches children the performance skills of Sichuan Opera face-changing in Zhangye City, northwest China‘s Gansu Province, March 11, 2021.=2021(令和3)年3月11日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月11日
    Intangible Cultural Heritage on School Intangible Cultural Heritage on School

    Intangible cultural heritage inheritor Xu Ning teaches children the performance skills of Sichuan Opera face-changing in Zhangye City, northwest China‘s Gansu Province, March 11, 2021.=2021(令和3)年3月11日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月11日
    Intangible Cultural Heritage on School Intangible Cultural Heritage on School

    Intangible cultural heritage inheritor Xu Ning teaches children the performance skills of Sichuan Opera face-changing in Zhangye City, northwest China‘s Gansu Province, March 11, 2021.=2021(令和3)年3月11日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    搬出される鑑真和上坐像 「鑑真さん」京都へ

    顔部分を梱包専用の柔らかい紙で覆われる国宝の鑑真和上坐像=8日午前、奈良市の唐招提寺

    撮影: 8日午前、奈良市の唐招提寺

  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    「鑑真さん」京都へ
  • 2021年03月08日
    搬出作業 「鑑真さん」京都へ

    顔部分を梱包専用の柔らかい紙で覆われる国宝の鑑真和上坐像=8日午前、奈良市の唐招提寺

    撮影: 8日午前、奈良市の唐招提寺

  • 2020年10月12日
    Demonstrators during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona, Spain - 12 Oct 2020

    October 12, 2020, Pamplona, Navarra, Spain: Demonstrators wearing facemasks are seen displaying flags of Spain during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona..While the second wave of the coronavirus pandemic hits Spain with high levels of infections, the Spanish far right party VOX have called to Spaniards to demonstrate against Spanish government on the occasion of the Spain National Day, after the last restrictions in the country to combat the spread of the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    Demonstrators during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona, Spain - 12 Oct 2020

    October 12, 2020, Pamplona, Navarra, Spain: A protester wearing a facemask, is seen holding her dog dressed in the flag of Spain during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona..While the second wave of the coronavirus pandemic hits Spain with high levels of infections, the Spanish far right party VOX have called to Spaniards to demonstrate against Spanish government on the occasion of the Spain National Day, after the last restrictions in the country to combat the spread of the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    Demonstrators during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona, Spain - 12 Oct 2020

    October 12, 2020, Pamplona, Navarra, Spain: A demonstrator wearing a facemask is seen holding a Spanish flag during the Hispanic Heritage Day celebration in Pamplona..While the second wave of the coronavirus pandemic hits Spain with high levels of infections, the Spanish far right party VOX have called to Spaniards to demonstrate against Spanish government on the occasion of the Spain National Day, after the last restrictions in the country to combat the spread of the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Elsa A Bravo/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    The Spanish right pays tribute to Hispanidad in Barcelona, Spain - 12 Oct 2020

    October 12, 2020, Barcelona, Spain: A protester wearing a face mask holds two red carnations to deposit them at the foot of an image of the Virgen del Pilar during the celebration of Hispanic Heritage Day at the Columbus monument..Social entities of the Spanish political right, summoned by Somatemps and Vox have paid tribute to Hispanidad at the monument to Columbus to honour Hispanidad Day. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    The Spanish right pays tribute to Hispanidad in Barcelona, Spain - 12 Oct 2020

    October 12, 2020, Barcelona, Spain: A protester wearing a face mask holds two red carnations to deposit them at the foot of an image of the Virgen del Pilar during the celebration of Hispanic Heritage Day at the Columbus monument..Social entities of the Spanish political right, summoned by Somatemps and Vox have paid tribute to Hispanidad at the monument to Columbus to honour Hispanidad Day. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    Toi Moko from the Ethnological Museum

    12 October 2020, Berlin: Hermann Parzinger, President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, speaks at a ceremony to mark the return of two Toi Moko, preserved heads from Mキori, the indigenous people of New Zealand, whose faces have been decorated with tattoos. The Toi Moko will be brought back to New Zealand from the Ethnological Museum Dahlem. Photo: Christophe Gateau/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    Canada News - October 3, 2020

    October 3, 2020, Regina, SK, Canada: Reverend Joy Cowen smiles during the Drive-Thru Fall Supper held at Heritage United Church in Regina on Saturday Oct. 3, 2020. The annual event, normally a large communal meal, was switched to a drive-thru event because of COVID-19. (Credit Image: © Michael Bell/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Michael Bell/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.08
    2020年09月26日
    「新華社」時間との闘い北石窟寺の風化防止に向けた取り組み

    中国甘粛省慶陽市の北石窟寺には、黄色砂岩に彫られた石窟群がある。中国の中小石窟の典型とされるが、造営から1500年以上が経ち、雨水の浸透や風化・浸食が進み、国が対策に取り組んでいる。秋雨の中、取材に訪れると、北石窟寺文物保護研究所の呉正科(ご・せいか)所長が傘を差しながら各石窟を回り、落砂を量るため仏像の前に置かれたステンレス製の容器を確認していた。「石窟保護の基礎データとするため、壁面の含水量や風化の程度、害虫、落砂量を定期的に調べている」と説明してくれた。石像頭部を覆うコケ、風化してぼやけた顔、失われた手足…。同寺では千年の石像が「生存」の危機に直面している。北石窟寺は、南北朝時代の北魏の永平2年(509年)に造営が始まり、その後の西魏や北周、隋、唐の各王朝でも拡張された。現在は大小296の洞窟と龕(がん、仏像を納めるために彫られた岩壁のくぼみ)に仏像2126体が残る。呉氏によると、砂岩質の文化財の風化防止は世界的な難題だという。特に同寺は地下水が豊富な地盤の上にあり、降雨量も多いことから、石窟の保護で大きな課題を抱えている。晩唐期に開削された267号窟に入ると、長年の雨風の浸食により全体がコケに覆われ、顔の輪郭もはっきりしない仏像が目に留まった。砂岩に含まれる可溶性塩類が、浸透した雨水の蒸発後に表面に浮き出て白い結晶となっている。「ひどい時には仏像の割れ目から水が流れでることもある」と呉氏は語る。一部の石窟では風化により仏像の顔が固まりで落下していた。呉氏は「効果的な措置を取らなければ、来年には変わり果てた姿になってしまう」と風化の激しい仏像を指し、危機感を募らせる。同寺はここ数年、甘粛省の文化財保護活動の重点となっている。2017年には石窟の調査と管理、保護を強化するため、莫高窟(ばっこうくつ)で有名な敦煌研究院が同寺の管理を行うことになった。(記者/文静、梁軍、任延昕<映像内容>北石窟寺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    顔が描かれた土器 「これ何?」展示が好評

    顔が描かれた土器=奈良市埋蔵文化財調査センター

    撮影: 奈良市埋蔵文化財調査センター

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の顔料成分を検査する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    無形文化遺産を楽しむ夏休み湖南省長沙市

    8日、長沙市無形文化遺産展示館で湖南省伝統演劇の「湘劇臉譜(れんぷ、隈取)」の面を顔に当てる観光客。中国湖南省長沙市橘子洲(きっししゅう)観光地にある長沙市無形文化遺産展示館ではこのところ、多くの市民が訪れており、見学や各種体験を通して夏休みのひと時を楽しんでいる。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.80
    2020年08月05日
    「新華社」北辺の地の芸術「北安木彫」を守る若き匠黒竜江省北安市

    中国黒竜江省北安市にある北安木彫芸術館の作業場では、スタンドの明かりの下で李宝峰(り・ほうほう)さんが彫刻刀を手に黙々と作業を続けている。それほど広くない室内には、木くずを被った木工用具が所狭しと並ぶ。1986年生まれの李さんは、北安木彫の4代目継承者。代々続く木工職人の家に生まれ、幼い頃より父から技術を学んだ。北安の木彫は置物が中心で、精巧で美しい細工と独創的な芸術性が特徴。民間の職人が宮廷の木彫芸術を取り入れ、独自の発展を遂げた。李さんの作品は単純な具象的な美を強調するのではなく、対象物や作者の精神性や抽象的な要素を取り込んでいる。これこそが彼が北安木彫にもたらした革新であり、実際に李さんの作品のテーマは極めて多岐にわたる。木彫で身を立てようとした当初は、生活を維持するに苦労したという。李さんも外に出て多くのアルバイトを経験した。ただ彫刻家としての夢を捨てることはなかった。「コックの仕事をしていた時にはいつも食材に彫刻を施していた。お客はもったいないと言って食べなかった」と当時を振り返る。人々の生活が向上し、精神生活への要求が高まると、李さんの周りでも民芸品に関心を示す人が増えた。木彫芸術の市場も広がりを見せた。時代の流れを感じた李さんは木彫の世界に戻った。初めて作品が売れた時は「人に認められたのがうれしかった」としつつも「少しは良い工具が買える」が本音だった。電動のこぎりが買えなかった頃は、手引きのこぎりで1日かけて丸太を切断したこともあったという。再び木彫に取り組み始めた後も苦労は絶えなかった。当初は自宅で作業をしていたが、木くずのせいで娘のせきが止まらなくなり、仕方なく作業場を借りた。「お金がなかったので暖房のない倉庫を借りた。真冬は零下20度以下まで下がり、分厚い綿入れを着ていても寒さで震えた」と語る。李さんは昔の苦労を振り返る時も笑顔で話す。「巡り巡って最後には自分が一番好きな事を仕事にすることができた。とても幸せなことだ」と述べ、何かに打ち込んでいる時にはつらさは感じず、あるのは幸せだけだと語った。北安の木彫は2019年、黒竜江省の無形文化遺産リストに登録された。<映像内容>北安木彫の制作の様子、作品の物撮り、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    タナカを塗った子どもたち 粉の伝統、無形文化遺産に

    ミャンマー・ヤンゴンの小学校で、伝統的な植物粉「タナカ」を顔に塗った子どもたち=2019年12月(共同)

    撮影: 2019年12月

  • 2020年07月13日
    Future of the Prussian Cultural Heritage Foundation

    13 July 2020, Berlin: Monika Grütters (CDU), Minister of State for Culture, and Hermann Parzinger, President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, take part in a press conference of the German Science Council on the future of the Prussian Cultural Heritage Foundation (SPK), smiling and touching her forehead. After two years of evaluating the Foundation, the Science Council has proposed dissolving the umbrella organization of state museums, libraries and institutes. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    COVID-19 Testing site in Kissimmee, US - 11 Jul 2020

    July 11, 2020, Kissimmee, Florida, United States: People are being tested for COVID-19 at a drive through testing site operated by the Florida Department of Health at Osceola Heritage Park. .Coronavirus cases are surging in Florida with more than 10,000 new cases and 95 COVID-related deaths were reported today. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    COVID-19 Testing site in Kissimmee, US - 11 Jul 2020

    July 11, 2020, Kissimmee, Florida, United States: People are being tested for COVID-19 at a drive through testing site operated by the Florida Department of Health at Osceola Heritage Park. .Coronavirus cases are surging in Florida with more than 10,000 new cases and 95 COVID-related deaths were reported today. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    COVID-19 Testing site in Kissimmee, US - 11 Jul 2020

    July 11, 2020, Kissimmee, Florida, United States: People are being tested for COVID-19 at a drive through testing site operated by the Florida Department of Health at Osceola Heritage Park. .Coronavirus cases are surging in Florida with more than 10,000 new cases and 95 COVID-related deaths were reported today. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    COVID-19 Testing site in Kissimmee, US - 11 Jul 2020

    July 11, 2020, Kissimmee, Florida, United States: Health workers are seen at a COVID-19 drive through testing site operated by the Florida Department of Health at Osceola Heritage Park. Coronavirus cases are surging in Florida with more than 10,000 new cases and 95 COVID-related deaths were reported today. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月11日
    COVID-19 Testing site in Kissimmee, US - 11 Jul 2020

    July 11, 2020, Kissimmee, Florida, United States: A health worker wearing personal protective equipment holds a COVID-19 swab sample at a drive through testing site operated by the Florida Department of Health at Osceola Heritage Park. Coronavirus cases are surging in Florida with more than 10,000 new cases and 95 COVID-related deaths were reported today. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月28日
    Hong Kong News - June 28, 2020

    June 28, 2020, Hong Kong, CHINA: Traditional Sichuan face-changing ‘‘bian lian‘‘ artisan performs at the opening ceremony of Tai O Intangible Cultural Heritage Culture Festival 2020 in Tai O on Lantau Island. 28JUN20 SCMP / May Tse (Credit Image: © May Tse/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©May Tse/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:47.97
    2020年06月19日
    「新華社」7300年前の謎を秘めた双墩遺跡安徽省蚌埠市

    文字の起源はどのようなものだったのか。中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の双墩(そうとん)村に行けば、その答えが見つかるかもしれない。1986年、同村で今から約7千年前の土器600点余りが出土した。土器には神秘的な記号が刻まれており、学術界では中国における文字の重要な起源の一つと見なされている。これらの記号は多種多様で、既知のものだけでも動物や水、建物などの写実的な描写から、イノシシ狩りや魚捕り、植物栽培など生産や生活に関する描写、記録などに使われた幾何学的記号などがある。全ての記号は土器の底や見えにくい部分に刻まれている。双墩遺跡は現在の面積が1万2千平方メートルで、淮河中流域で発見された最も古い新石器時代の文化遺跡とされる。神秘的な記号のほか、陶製の人頭像も注目を集めている。約6・5センチ四方の人頭像の顔には点を連ねたような模様があり、額には太陽の模様が見られる。この人頭像は、中国で最も古い陶製人物像の一つとして知られている。(記者/白斌、汪海月、朱青)<映像内容>双墩遺跡で出土された土器の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    Floyd Protests Junction City, Kansas

    June 6, 2020, Manhattan, Kansas, USA: ARYANA BRUNTON, smiles and holds AULISHA BRUNTON‘S hand during prayer at a peaceful protest in Heritage Park in Junction City, Kansas on Saturday. The protests were organized in response to the death of George Floyd by Minneapolis police. The peaceful protesters gathered in and marched around Heritiage Park. (Credit Image: © Luke Townsend/ZUMA Wire)、クレジット:©Luke Townsend/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    71st day of Lockdown in Kathmandu, Nepal - 2 May 2020

    June 10, 2020, Kathmandu, Nepal: A Buddhist monk wearing a face mask as a preventive measure against Covid-19 is seen walking around a deserted Swayambhunath Stupa, UNESCO world heritage site during the 71st day of the nationwide lockdown..Nepal has confirmed 2099 Coronavirus (COVID-19) positive cases, 266 recovered and 8 death. (Credit Image: © Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Prabin Ranabhat/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    Woman WEARS Sugar Skull MASK

    May 22, 2020, Portland, OREGON, USA: DAYNA VELASCO, Energy Healer, Lunasol Polarity Therapy, Portland, Oregon, says,.‘‘I chose this sugar skull mask because of my Mexican heritage. In our culture, we choose to step closer to death by celebrating the Day of the Dead. This helps alleviate some of the fears associated with dying. This mask makes me feel more brave about facing the pandemic. Wearing a mask is essential to my work as an energy healer. Now that my practice has opened back up, I am always protecting myself and my clients. This mask was made by my friend María-José in New Mexico, who has made hundreds of masks for front line workers and many others. (Credit Image: © Katharine Kimball/ZUMA Wire)、クレジット:©Katharine Kimball/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:50.84
    2020年05月02日
    「新華社」石碑と音楽の融合西安交響楽団、碑林でクラウド音楽会

    中国陝西省西安市の西安碑林博物館で2日、西安交響楽団による「雲上国宝」音楽会が開かれた。演奏は館内の「昭陵六駿石刻」の前で行われ、穏やかで美しい音楽と碑林の重厚な歴史文化の融合を多くの人がライブ動画で楽しんだ。「世界最古の石刻書庫」と称される同館は、中国歴代の石碑や墓誌、石刻の収蔵や研究、陳列を行う。「石台孝経」「大秦景教流行中国碑」など19組134点の国宝級文化財を収蔵するほか、顔真卿(がん・しんけい)や欧陽詢(おうよう・じゅん)、王義之(おう・ぎし)ら書の大家の作品を収集、中国書道の最盛期の輝きをとどめている。同楽団の「雲上国宝」音楽会はシリーズで開催されており、今後も西安博物院、西安城壁など歴史文化の名所での開催が予定されている。音楽ファンや文化財愛好家は、動画を通じ独創性豊かな芸術の世界を体験することができる。(記者/藺娟)<映像内容>西安碑林博物館で開催された音楽会、撮影日:2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、アトリエに置かれた呉維清さんの未完成作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、呉漫さんに泥塑の隈取りの描き方を教える呉維清さん(奥)。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、自身の泥塑作品を紹介する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、工房で泥塑を制作する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村にある呉維清さんの工房で保管されている古い泥塑作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、新型コロナウイルスとの闘いを題材にした呉漫さんの作品「負重前行」。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、泥塑作品に隈取りを描き込む呉漫さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、大呉泥塑の国家級代表伝承者、呉維清さんと泥塑作品。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、自身の泥塑作品を紹介する呉維清さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    指先で伝える文化「大呉泥塑」広東省潮州市

    10日、自身の受賞作「泥之舞」を見せる呉漫さん。中国広東省潮州市潮安区浮洋鎮大呉村に伝わる泥人形「大呉泥塑(だいごでいそ)」は、国家級無形文化遺産リストに登録されており、中国三大泥塑の一つとしても知られている。大呉泥塑は劇や物語の登場人物や人の顔を主な題材とし、700年以上にわたり制作されてきた。呉維清(ご・いせい)さん(64)は2018年に大呉泥塑の国家級代表的伝承者に選出された。呉さんの息子、呉漫(ご・まん)さん(34)は大学卒業後、伝統技術の継承のため実家に戻り、父親に従って技術の研さんを続け、大呉泥塑の市級伝承者となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓の発掘現場。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した青銅壺。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月23日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した大雁銅灯。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月11日
    笑顔の野口さん 東京五輪聖火、きょう採火

    ギリシャのオリンピア遺跡で行われた東京五輪の聖火採火式のリハーサルを終え、笑顔で取材に応じる野口みずきさん=11日(共同)

    撮影: 11日

  • 00:19.77
    2020年02月08日
    「西日本新聞」伝統の厄払い厳かに 佐賀市で「見島のカセドリ」

    佐賀市蓮池町の見島地区で8日夜、小正月の伝統行事「見島のカセドリ」が営まれた。蓑(みの)と笠(かさ)を身にまとい、神の使者「加勢鳥(かせどり)」に扮(ふん)した青年2人が民家を回り厄を払った。2018年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「来訪神仮面・仮装の神々」の一つ。地区内の熊野神社で神事を終えた加勢鳥が19軒を訪問。膝をつき、体を前にかがめて、先を裂いた青竹を「ガシャ、ガシャ」と床に打ち鳴らした。加勢鳥の顔を見ることができれば縁起が良いとされ、住民は茶や菓子などでもてなしながら顔をのぞき込んでいた、撮影日:2020(令和2)年2月8日、撮影場所:佐賀市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年2月8日、佐賀市

  • 2020年01月15日
    湖南省に無形文化遺産「灘頭年画」をテーマにしたKFC店舗が登場

    15日、自分で作った年画を手に笑顔の子ども。中国湖南省邵陽市の灘頭鎮に伝わる無形文化遺産の「灘頭年画」。春節(旧正月)の際に家の門や壁に飾る版画である「年画」を百年以上にわたり制作してきた老舗工房「高蠟梅作坊」が現在、ケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携し、話題となっている。春節を控え、同省に灘頭年画をテーマとしたKFC店舗がオープンした。工房の責任者で灘頭年画4代目伝承者の鍾星琳(しょう・せいりん)さんが招かれ、子どもたちに年画の作り方を教えた。(邵陽=新華社配信/張弛)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓主墓室で見つかった主棺部分を実験室に運び調査を続ける考古学者。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した銀釦金箔漆奩。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる

    河南省洛陽市の前漢大型墓主墓室で見つかった主棺部分。被葬者の頭部の周りに散らばる小さな玉片が「玉温明」。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月09日
    発掘された土器 徳島に赤色顔料の生産跡

    福島県川俣町の前田遺跡から出土した、赤と黒の漆で塗り分けられた土器=福島市

    撮影: 福島市

  • 01:18.32
    2019年12月02日
    「新華社」水面にも絵が描ける?トルコの墨流し芸術

    中国福建省泉州市でこのほど、トルコの芸術家が墨流し芸術「エブル」の実演を行った。まず水に植物性樹脂のトラガカントガムを入れて混ぜ合わせ、粘度を高める。次に、各色の顔料を少しずつ水に落とし、さまざまな絵柄を描く。そして、水面に紙を置き、密着させてから注意深く引き上げると、美しい絵柄が紙に転写される。乾燥させれば、1枚のエブルの完成だ。エブルは2014年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(記者/林凱)<映像内容>トルコの墨流し芸術「エブル」の実演、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    タンカ職人が指先の技の伝承甘粛省甘南チベット族自治州

    13日、甘粛省甘南チベット族自治州合作市にあるタンカ制作会社で、タンカを描く絵師の普措多傑さん。中国甘粛省甘南(かんなん)チベット族自治州の合作市に住む万瑪南さん(27)は、幼い頃から父親にタンカ(チベット仏教の仏画)の描画技術を学んできた。彼は昨年、タンカの制作・加工専門会社を設立、30人以上の若いタンカ職人を育成し、伝統的な技術の伝承に取り組んできた。タンカはチベット族の「文化の名刺」と呼ばれている。タンカ職人は天然の鉱物で作った顔料を用い、金箔などの金属素材を加えて、布の上に絵を描く。緻密な構図を持ち、よどみのない滑らかな線で描かれるタンカは、中国の民族絵画芸術の逸品として、国家級無形文化遺産リストに登録されている。(甘南=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5