KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 無形文化遺産
  • つや出し
  • アクス地区
  • アクセサリー
  • アーカイブ
  • ウイグル
  • ウルムチ
  • ガソリンスタンド
  • クチャ大ナン
  • クチャ県

「Hall 顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月16日
    Protest requesting the resignation of mayor Ada Colau in Barcelona, Spain - 16 Apr 2021

    April 16, 2021, Barcelona, Spain: Protesters hold a banner with a slogan Colau kills Barcelona but multiplies her heritage during the demonstration..Around 300 people summoned by different civic entities have demonstrated through the streets of Barcelona to the door of the City Hall to request the resignation of the mayor of Barcelona Ada Colau and to show rejection of the municipal policies of urban development and security. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:48.30
    2019年10月03日
    名人芸を3D映像に 人間国宝野村万作さんの狂言伝承

    人間国宝の狂言師野村万作さん(88)の芸を360度から撮影して最新技術の3D映像でアーカイブ化する取り組みが進み、NTTコミュニケーションズが3日、完成した映像を東京都内で公開した。映像は約15分間で、演目は「栗焼」。万作さん演じる太郎冠者が、主人に言われ客に出す栗を焼くうち、誘惑に負けて食べてしまう話。焼けた栗を取り、息を吹き掛けるなど手の動き、顔の表情が鮮明に間近に迫るような映像が浮かんだ。同日、万作さんはディスプレーを装着してしゃがんだり上から見下ろしたりして映像を見て「初めて自分と会いましたね」と話していた。<映像内容>野村万作さんと野村萬斎さんの会場入り、VR装着・体験、感想、公開された映像、VR本体の物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年10月3日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年10月3日

  • 02:52.67
    2019年04月23日
    「新華社」第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの試験運用開始

    中国北京で開催される第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムのメディアセンターが23日、試験運用を開始した。メディアセンターは国家会議センターのE1、E2ホールにあり、総面積は1万1000平方メートル。完備した報道施設とサービスを提供する他、5Gネットワークによるフルカバーの実現など、さまざまな先進技術が導入されている。フォーラムには4100人余りの記者が登録しており、うち1600人程が中国本土以外のメディアの記者となっている。これ以外にも、最新の顔認証電子ロッカーも設置されている。記者も利用したが、非常に便利で安心だと感じた。センター内の景観デザインにはシルクロード文化が色濃く反映され、関連絵画、装飾が飾られ、施されているだけでなく、各種メディアやLEDスクリーンを利用した「一帯一路」建設の成果展示もある。また、無形文化遺産の伝承者による中国画、宮花(花の形のアクセサリー)、彩絵(壁などに描く装飾画)、軟陶(ポリマークレイ)製作の実演も行われる。(記者/王普、王修楠)<映像内容>第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの様子、撮影日:2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    安徽省黄山市にある工房に併設された展示ホールで、犀皮漆器の歴史と伝承について説明する甘而可さん。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:35.42
    2018年12月13日
    「新華社」【字幕あり】小さな「ナン」が大産業へ「ナン」ブランド売り出す新疆クチャ県

    中国新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県にあるクチャ大ナン城に13日、黒山の人だかりができていた。「ナン」は同自治区の各民族の人々が深く愛する伝統食品で、クチャ県の大ナンは、自治区の無形文化遺産として地元の人々に愛されるだけでなく、同県の顔として広く知られている。氷点下に届く冷え込みも、地元の人々のナンへの熱愛を阻むことはできないようだ。同日、第1回新疆ナン産業PR会が始まり、人々は会場でナン作りの過程を見物し、各種の特色あるナンを食べ比べ、クチャの大ナンの悠久の歴史に触れた。PR会には自治区内の11の地区(州、市)から集まった116社が230種類余りの製品を出展した。また中国南方航空グループ航空食品有限公司や中国鉄路ウルムチ局集団公司、新疆公路局など機関がナン産業協会や企業と協力意向書に署名。新疆のナンが旅客機や列車のほか、サービスエリアやガソリンスタンド、ホテルで販売される時代が始まろうとしている。現在、クチャ県の中心部には300余りのナンの店があり、毎日2万枚以上のナンが作られる。同県はここ数年、「プラットフォーム+観光」を突破口に文化の宣伝を手段として、貧困を脱却し豊かになることを目標に据え、絶えずナン産業建設を拡大するとともに「クチャ大ナン」ブランドを丹精込めて打ち立てることで、農家の増収に向けたルートを広げ、増収を達成している。(記者/阿曼、阿伊努尓)<映像内容>第1回新疆ナン産業PR会の様子、撮影日:2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 2018年06月11日
    彫刻が生み出す小宇宙成都市で明清象牙彫刻芸術展

    金沙遺跡博物館「太平有象-明清象牙彫刻芸術展」で展示された清代の「銀鎏金累絲焼藍双面絵象牙貼面人物紋折扇」。海外輸出向けの銀製扇子で幅29センチ。金メッキや琺瑯(ほうろう)彩、金銀の透かし細工が施され、当時の輸出工芸品の中でも高価な部類に属する。人物の顔に象牙片が使われている。(東莞市博物館蔵、2018年6月11日撮影)中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で16日、特別展「太平有象-明清象牙彫刻芸術展」が開幕した。同日は博物館開館12周年の記念日にも当たる。会場では象牙製品や象牙美術品100点余りが、来場者を古蜀(こしょく、四川省にあった古代の地方文明)から明清時代に至る時間の旅、小さな象牙彫刻の中に広がる小宇宙へといざなった。(成都=新華社配信/東莞市博物館提供)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:東莞市博物館/新華社/共同通信イメージズ

  • 2014年06月20日
    笑顔の大沢知事 富岡製糸場、登録決定へ

    「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録などが審議される会場に到着し、笑顔を見せる群馬県の大沢正明知事=20日、ドーハ(共同)

    撮影: 20日、ドーハ

  • 2013年06月22日
    笑顔の山梨、静岡県知事ら 富士山、世界遺産に

    富士山の世界遺産登録決定を受け、会場で笑顔を見せる(左から)山梨県の横内正明知事、木曽功ユネスコ日本政府代表部大使、静岡県の川勝平太知事=22日、プノンペン(共同)

  • 1993年12月14日
    木造弥勒如来立像 飛鳥仏の顔は昭和の作

    顔と右手の一部が昭和の補作と分かった奈良・法起寺の木造弥勒如来立像=10月18日、奈良・法隆寺の聖徳会館(文化財)

    撮影: 10月18日、奈良・法隆寺の聖徳会館

  • -
    Spain.

    Spain. Cantabria. Cave of Altamira. Upper Paleolithic Paintings. Bison. Polychrome ceiling. Around Santillana del Mar. World Heritage Site by UNESCO.、クレジット:Album/Kurwenal/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

  • 1