KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 展示ホール
  • 伝統文化
  • 世界遺産
  • シルクロード
  • ユネスコ
  • 文化交流
  • 国際交流
  • 金沙遺跡
  • 歴史文化

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
889
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
889
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.59
    2021年01月21日
    「新華社」国家級無形文化遺産の綱渡り「ダワズ」トレーニング場を訪ねて

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県にある阿迪力達瓦孜芸術伝承センターのホールでは、複数の人がトレーニングに励んでいる。センターでは毎日、綱渡り「ダワズ(達瓦孜)」や雑技、ダンスなどの練習が行われる。ダワズは同自治区の人々に受け継がれてきた伝統芸で、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/高晗) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された金製の舎利容器。(後方から撮影)中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された銀製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された木製の舎利容器。本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された石製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された銅製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    (8)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された新疆ウイグル自治区の楽器「手鼓」(タンバリン)。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (16)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された広西チワン族自治区の銅製太鼓「チワン族銅鼓」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (2)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示されたチベット自治区の工芸品「七珍八宝」銀製金メッキマンダラ。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    (7)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された新疆ウイグル自治区イェンギサール(英吉沙)県の伝統工芸品「英吉沙刀」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (17)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、河南省鶴壁(かくへき)市浚県の無形文化遺産の制作技法による作品「五福馬」を鑑賞する来場者。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (4)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された陝西省の工芸品、彩色泥人形「馬上封侯」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (1)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された四川省涼山イ族自治州の工芸品「円腹漆酒壺」(左)と「高脚木盆」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    (11)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された新疆ウイグル自治区の楽器「ゲジェク」(艾捷克)。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    (9)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された新疆ウイグル自治区の楽器「サパイェ」(沙巴依)。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (13)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示されたチベット演劇に用いられる「鳥」のかぶりもの。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    (10)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された新疆ウイグル自治区の楽器「呼西塔爾」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (15)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された江蘇省蘇州市の伝統手工芸「蘇州刺繍」の作品。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (6)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された山西省平遥県の工芸品の木箱「福寿安康」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (14)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された甘粛省臨夏の伝統民間芸術「臨夏磚雕」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (3)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された陝西省の工芸品、彩色泥人形「坐虎」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (12)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された広西チワン族自治区の楽器「独弦琴」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (5)シルクロード沿線地域の逸品を紹介する展覧会開催寧夏銀川

    17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」に展示された陝西省の工芸品、泥人形「陝西八大怪」。中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の寧夏博物館で17日、「文化の記憶-中国シルクロード無形文化遺産展」が開幕した。会場では、シルクロード沿線にある13の省、自治区、直轄市の無形文化遺産プロジェクトにまつわる逸品145セット、284点を展示しており、展示品の種類は楽器、磁器、金銀器など8分野に及ぶ。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.34
    2020年12月18日
    「新華社」無形文化遺産「内画」の魅力に触れる河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市にある河北地質大学伝統芸術館でこのほど、「内画」(ガラスの小瓶の内側に精巧な絵を描く)技法を継承し内画芸術の魅力を市民に伝える「冀(河北省)派内画展」が開催した。会場ではさまざまな形式で描かれた内画作品が展示されているほか、芸術家による実演も行われている。内画は国の無形文化遺産にも指定されている中国独自の伝統工芸で、3センチほどの大きさの鼻煙壺(びえんこ、嗅ぎたばこ入れ)の内側に、技巧を凝らして一つの世界を描き出す。(記者/駱学峰) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    Application World Cultural Heritage Lüneburg

    10 December 2020, Lower Saxony, Lüneburg: Part of the façade of the town hall. The city of Lüneburg wants to apply for the Unesco World Heritage Site for the third time. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    Application World Cultural Heritage Lüneburg

    10 December 2020, Lower Saxony, Lüneburg: Heike Düselder, Museum Director, points on a model, to the town hall of the city. The city of Lüneburg wants to apply for the Unesco World Heritage Site for the third time. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    Application World Cultural Heritage Lüneburg

    10 December 2020, Lower Saxony, Lüneburg: Heike Düselder, Museum Director, points to the town hall of the city on a model. The city of Lüneburg wants to apply for Unesco‘s World Heritage Site for the third time. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    Application World Cultural Heritage Lüneburg

    10 December 2020, Lower Saxony, Lüneburg: Parts of the town hall can be seen from the inner courtyard of the building. The city of Lüneburg wants to apply for the Unesco World Heritage Site for the third time. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    BRUSSELS JORDAENS HOLY FAMILY AUTHENTICATED

    ★Illustration picture shows a crack in the wood of the earliest known version of Jacques Jordaens‘ ‘Holy Family‘ (De Heilige Familie - La Sainte Famille) at the KIK-IRPA, in Brussels, Tuesday 08 December 2020. The artwork of the utmost importance by Antwerp Baroque Master Jacques Jordaens (1593-1678) has been discovered at the Saint-Gilles - Sint-Gillis City Hall in Brussels by the Royal Institute for Cultural Heritage (KIK-IRPA) during an inventory commissioned by urban.brussels in 2019. The artwork, which had been considered a mere copy, had remained undisturbed in the Town Planning and Development Counselor‘s office for about 60 years. The precious wood panel has now been authenticated as the oldest known version of a composition of the ‘Holy Family‘, which Jordaens reiterated in three other panels conserved at the Metropolitan Museum of New York, Saint-Petersburg‘s Hermitage and the Alte Pinakothek in Munich.BELGA PHOTO VIRGINIE LE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    BRUSSELS JORDAENS HOLY FAMILY AUTHENTICATED

    ★Illustration picture shows specific details on the x-ray image of the earliest known version of Jacques Jordaens‘ ‘Holy Family‘ (De Heilige Familie - La Sainte Famille) at the KIK-IRPA, in Brussels, Tuesday 08 December 2020. The artwork of the utmost importance by Antwerp Baroque Master Jacques Jordaens (1593-1678) has been discovered at the Saint-Gilles - Sint-Gillis City Hall in Brussels by the Royal Institute for Cultural Heritage (KIK-IRPA) during an inventory commissioned by urban.brussels in 2019. The artwork, which had been considered a mere copy, had remained undisturbed in the Town Planning and Development Counselor‘s office for about 60 years. The precious wood panel has now been authenticated as the oldest known version of a composition of the ‘Holy Family‘, which Jordaens reiterated in three other panels conserved at the Metropolitan Museum of New York, Saint-Petersburg‘s Hermitage and the Alte Pinakothek in Munich. BELGA PH、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    BRUSSELS JORDAENS HOLY FAMILY AUTHENTICATED

    ★Illustration picture shows a wax seal on the back of the wood pannel, of the earliest known version of Jacques Jordaens‘ ‘Holy Family‘ (De Heilige Familie - La Sainte Famille) at the KIK-IRPA, in Brussels, Tuesday 08 December 2020. The artwork of the utmost importance by Antwerp Baroque Master Jacques Jordaens (1593-1678) has been discovered at the Saint-Gilles - Sint-Gillis City Hall in Brussels by the Royal Institute for Cultural Heritage (KIK-IRPA) during an inventory commissioned by urban.brussels in 2019. The artwork, which had been considered a mere copy, had remained undisturbed in the Town Planning and Development Counselor‘s office for about 60 years. The precious wood panel has now been authenticated as the oldest known version of a composition of the ‘Holy Family‘, which Jordaens reiterated in three other panels conserved at the Metropolitan Museum of New York, Saint-Petersburg‘s Hermitage and the Alte Pinakothek in Munich.、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    BRUSSELS JORDAENS HOLY FAMILY AUTHENTICATED

    Illustration picture shows the earliest known version of Jacques Jordaens‘ ‘Holy Family‘ (De Heilige Familie - La Sainte Famille) at the KIK-IRPA, in Brussels, Tuesday 08 December 2020. The artwork of the utmost importance by Antwerp Baroque Master Jacques Jordaens (1593-1678) has been discovered at the Saint-Gilles - Sint-Gillis City Hall in Brussels by the Royal Institute for Cultural Heritage (KIK-IRPA) during an inventory commissioned by urban.brussels in 2019. The artwork, which had been considered a mere copy, had remained undisturbed in the Town Planning and Development Counselor‘s office for about 60 years. The precious wood panel has now been authenticated as the oldest known version of a composition of the ‘Holy Family‘, which Jordaens reiterated in three other panels conserved at the Metropolitan Museum of New York, Saint-Petersburg‘s Hermitage and the Alte Pinakothek in Munich. BELGA PHOTO VIRGINIE LEFOUR、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The Paseo de Alfonso XII, in front of the Retiro Park, in Madrid, on 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The Casón del Buen Retiro, in Madrid, on 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Paisaje de la Luz‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The monument to Alfonso XII in the Retiro Park in Madrid, 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The statue of Neptune, in the Paseo del Prado, in Madrid, on November 22, 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The statue of Velázquez in front of the Museo del Pardo, in the Paseo del Prado, in Madrid, on 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: El Jardín del Parterre in the Retiro Park in Madrid, 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The Casón del Buen Retiro, in Madrid, on 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Paisaje de la Luz‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The statue of Velázquez in front of the Prado Museum, in the Paseo del Prado, in Madrid, on November 22, 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: El Jardín del Parterre in the Retiro Park in Madrid, 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The statue of Velázquez in front of the Prado Museum, in the Paseo del Prado, in Madrid, on November 22, 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The Retiro Park in Madrid, 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Paisaje de la Luz‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The Prado Museum, in Madrid, on 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月22日
    El Paseo del Prado and El Retiro, candidates for UNESCO World Heritage

    November 22, 2020, Madrid, Madrid, Spain: The monument to Alfonso XII in the Retiro Park in Madrid, 22 November 2020. The Madrid City Council has promoted the candidacy of the Paseo del Prado and El Retiro to become a UNESCO World Heritage Site through the ‘Landscape of Light‘ campaign...22 NOVEMBER 2020;POLITICS;CULTURE;MADRID;MADRID Madrid HALL;UNESCO;EL RETIRO;PASEO DEL PRADO..Eduardo Parra / Europa Press..11/22/2020 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2020年11月21日
    Intangible cultural heritage show on Miao Eating New Festival Intangible cultural heritage show on Miao Eating New Festival

    Ethnic minorities gather their costumes at the Lusheng venue of the traditional festival eating new festival, Danzhai County, Guizhou Province, China, November 21, 2020. Miao costumes, Miao silver ornaments and Shui People‘s horsetail embroidery are national intangible cultural heritage.=2020(令和2)年11月21日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月21日
    Intangible cultural heritage show on Miao Eating New Festival Intangible cultural heritage show on Miao Eating New Festival

    Ethnic minorities gather their costumes at the Lusheng venue of the traditional festival eating new festival, Danzhai County, Guizhou Province, China, November 21, 2020. Miao costumes, Miao silver ornaments and Shui People‘s horsetail embroidery are national intangible cultural heritage.=2020(令和2)年11月21日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月19日
    第3回長江デルタ国際文化産業博覧会、上海で開催

    19日、会場で国家級無形文化遺産のちょうちん「仙居針刺無骨花灯小宮灯」の製作技術を実演する浙江省台州市仙居県の職人。長江デルタ地域の文化産業の発展を目指す「第3回長江デルタ国際文化産業博覧会」が19日から22日まで、中国上海市の国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開かれた。同博覧会の展示面積は5万4千平方メートル、出展者数は千社に上った。展示内容はテーマ別フォーラム、文化観光の紹介、デジタル・クリエーティビティー、文化テクノロジー、文化クリエーティブ生活、ライセンス取引となった。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省

    13日、南通博物苑の自然ホールで、生物資源をテーマとした展示を見学する親子。初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】無形文化遺産が示したコロナ下の中国人の思い

    8日、第3回輸入博の会場で、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした剪紙(せんし、切り絵細工)作品を見せる福建省浦城剪紙伝承者の周冬梅(しゅう・とうばい)さん。中国上海市で10日に閉幕した第3回中国国際輸入博覧会では、過去2回の開催に比べ、よりバラエティ豊かな中国各地の無形文化遺産が展示された。これらは輸入博の人文(人的・文化的)交流の重要な媒介であり、今年は多くの出展作品が新型コロナウイルスの流行を自然かつ独特な形で表現した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】無形文化遺産が示したコロナ下の中国人の思い

    8日、第3回輸入博の会場で、新型コロナウイルスと闘う医療従事者を描いた自身の作品を見せる湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州のミャオ族挑花(刺しゅう)伝承者の滕静蓉(とう・せいよう)さん。中国上海市で10日に閉幕した第3回中国国際輸入博覧会では、過去2回の開催に比べ、よりバラエティ豊かな中国各地の無形文化遺産が展示された。これらは輸入博の人文(人的・文化的)交流の重要な媒介であり、今年は多くの出展作品が新型コロナウイルスの流行を自然かつ独特な形で表現した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】無形文化遺産が示したコロナ下の中国人の思い

    8日、第3回輸入博の会場で、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした剪紙(せんし、切り絵細工)作品を見せる福建省浦城剪紙伝承者の周冬梅(しゅう・とうばい)さん。中国上海市で10日に閉幕した第3回中国国際輸入博覧会では、過去2回の開催に比べ、よりバラエティ豊かな中国各地の無形文化遺産が展示された。これらは輸入博の人文(人的・文化的)交流の重要な媒介であり、今年は多くの出展作品が新型コロナウイルスの流行を自然かつ独特な形で表現した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    岡山県備前市閑谷 ライトアップされた楷の木と国宝の講堂

    ライトアップされた楷の木と国宝の講堂。今年創学350年を迎えた国特別史跡・旧閑谷学校(岡山県備前市閑谷)で6日夜、ライトアップの試験点灯があり、シンボルの楷の木と国宝の講堂を秋の夜空に浮かび上がらせた。=2020(令和2)年11月6日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    無形文化遺産「竜泉青磁」の伝統技法を実演上海市

    2日、朶雲軒の展示ホールで竜泉青磁の作品を紹介する浙江省竜泉市無形文化遺産伝承者の李茂林さん(左から2人目)。中国上海市の南京路歩行街(歩行者天国)にある「朶雲軒」で2日、浙江省竜泉市の無形文化遺産伝承者、李茂林(り・もりん)さんが、青磁展を訪れた人のために無形文化遺産「竜泉青磁」の伝統技法を実演した。李さんは実際にろくろを使って体験者に直接手ほどきをした。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手ら。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手ら。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    寿山石の彫刻技能競技大会、福州市で開催

    10月31日、寿山石彫刻技能競技大会の会場で、競技に臨む選手ら。中国福建省福州市晋安区の東方石芸城で10月31日、2020年福州市晋安区寿山石彫刻技能競技大会と第3回寿山石彫刻「10大新鋭」選考大会が開催された。会場では選手45人が4日間かけて寿山石彫刻作品を制作。彫刻の技術を競い合い、「10大新鋭」の座を争う。同区は2001年1月、中国文化部から「中国寿山石民間芸術の里」の称号を授けられた。「寿山石彫」は中国福建省福州市北部の山地で採れる寿山石(じゅざんせき)を材料とする伝統的な民間の彫刻芸術で、2006年5月20日に第1次国家級無形文化遺産リストに、2019年11月には「国家級無形文化遺産の代表的項目保護単位リスト」に登録された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の会場に集まった人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    湄洲島で媽祖の祭礼福建省莆田市

    25日、海祭媽祖祭礼の会場に集まった人々。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の青浦澳海岸で25日、「海祭媽祖祭礼」が行われた。主祭者と補佐役が伝統に従い、宝船を模した祭壇で3回ひざまずき、その都度頭を地面に付ける「三跪九叩の礼」や祈願、三献礼の儀式、放生会を執り行った。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで出演の準備をする伝統芸能「粤劇(えつげき)」の俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、世界最長の叙事詩とされる「ケサル王伝」を歌う内モンゴル自治区赤峰市の無形文化遺産伝承者。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、同省の伝統織物「魯錦」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで伝統手工芸品「広州彩磁」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、同市の伝統手工芸品「泥塑兎子王」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、世界最長の叙事詩とされる「ケサル王伝」を歌う内モンゴル自治区赤峰市の無形文化遺産伝承者。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、少数民族ユーグ族の民族衣装を制作する甘粛省の職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、陝西省渭南市澄城県の伝統工芸品「澄城刺しゅう」の作品を整理する職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、少数民族ミャオ族に伝わる刺しゅう「松桃苗繍」の制作実演をする貴州省の職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、プミ族に伝わる四弦の楽器「羊頭琴」の演奏を披露する雲南省の演奏家。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省

    23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、陝西省華陰市の伝統演劇「華陰老腔」を披露する俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    発見された礎石抜き取り穴 京都の西寺跡で須弥壇発見

    国史跡「西寺跡」の講堂跡で発見された礎石を抜き取った穴=22日午後、京都市

    撮影: 22日午後、京都市

  • 2020年10月22日
    発見された須弥壇 京都の西寺跡で須弥壇発見

    国史跡「西寺跡」の講堂跡で発見された須弥壇。外側に凝灰岩を施していた痕跡がある=22日午後、京都市

    撮影: 22日午後、京都市

  • 2020年10月22日
    発見された須弥壇 京都の西寺跡で須弥壇発見

    国史跡「西寺跡」の講堂跡で発見された須弥壇。手前右には礎石を抜き取った穴がある=22日午後、京都市

    撮影: 22日午後、京都市

  • 2020年10月22日
    California News - October 22, 2020

    October 22, 2020, Riverside, California, USA: Rose Mayes, executive director of Fair Housing Council, center, is greeted by a participant during the Peace Walk by the John Lewis memorial in front of the future site of the Mission Heritage Plaza on Thursday, Oct. 22, 2020. The walk is part of a ceremony to celebrate the Fair Housing Council of Riverside County and The Civil Rights Institute of Inland Southern California‘s groundbreaking of Mission Heritage Plaza. (Credit Image: © Watchara Phomicinda/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Watchara Phomicinda/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2020年10月22日
    California News - October 22, 2020

    October 22, 2020, Riverside, California, USA: People gathered at the Martin Luther King, Jr. memorial in front of Riverside City Hall, at the start of the Peace Walk along Downtown Riverside‘s Main Street Pedestrian Mall on Thursday, Oct. 22, 2020. The walk is part of a ceremony to celebrate the Fair Housing Council of Riverside County and The Civil Rights Institute of Inland Southern California‘s groundbreaking of Mission Heritage Plaza. (Credit Image: © Watchara Phomicinda/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Watchara Phomicinda/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2020年10月11日
    旧閑谷学校でプロジェクションマッピング

    国宝の講堂を楷の木の葉で彩ったプロジェクションマッピング。創学350年を迎えた国特別史跡・旧閑谷学校(岡山県備前市閑谷)で11日夜、国宝・講堂を彩るプロジェクションマッピングが行われた。シンボルの楷の木が成長していく姿などがカラフルに映し出され、来場者は光と音の芸術に酔いしれた。=2020(令和2)年10月11日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: Printed photos showing personal treasures of people lie on the tiled floor of the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. As part of the “Mon Trésor“ exhibition the photos will be shown together with their history under the motto “What‘s your treasure?“ from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: Printed photos showing personal treasures of people lie on the tiled floor of the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. As part of the “Mon Trésor“ exhibition the photos will be shown together with their history under the motto “What‘s your treasure?“ from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: General Director Ralf Beil is standing in the blower hall of the World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte, where the exhibition “Mon Trésor“ will be shown on November 8th. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: Printed photos showing personal treasures of people lie on the tiled floor of the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. As part of the “Mon Trésor“ exhibition the photos will be shown together with their history under the motto “What‘s your treasure?“ from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: General Director Ralf Beil is standing in the so-called coaster room, which was built in the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. It is part of the exhibition “Mon Trésor“, which can be seen from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: General Director Ralf Beil is standing in the so-called coaster room, which was built in the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. It is part of the exhibition “Mon Trésor“, which can be seen from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    Exhibition tells stories about treasures

    09 October 2020, Saarland, Völklingen: General Director Ralf Beil is standing in the so-called coaster room, which was built in the blower hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklinger Hütte. It is part of the exhibition “Mon Trésor“, which can be seen from 8 November. (to dpa Korr: “Very personal: exhibition tells stories about treasures“ from 16.10.2020) Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    City Hall Schneeberg

    03 October 2020, Saxony, Schneeberg: The town hall of the large mountain town Schneeberg is illuminated by the morning sun. The region around Schneeberg, the “cultural and mining landscape“ of the Erzgebirge, is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    View of Schneeberg

    03 October 2020, Saxony, Schneeberg: View of the Erzgebirge town Schneeberg with the protestant church St. Wolfgang, one of the largest late-gothic hall churches in Saxony. The mountain town belongs to the UNESCO World Heritage region “Cultural and Mining Landscape“ Erzgebirge. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    View of Schneeberg

    03 October 2020, Saxony, Schneeberg: View of the Erzgebirge town Schneeberg with the protestant church St. Wolfgang, one of the largest late-gothic hall churches in Saxony. The mountain town belongs to the UNESCO World Heritage region “Cultural and Mining Landscape“ Erzgebirge. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    Statue of a miner

    03 October 2020, Saxony, Schneeberg: View of the town hall and the miner‘s well with the statue of a miner. The region around Schneeberg, the “cultural and mining landscape“ of the Erzgebirge, is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月30日
    11 books by Latinx authors to read during Hispanic Heritage Month

    September 30, 2020, USA: Author Erika L. Sanchez watches a rehearsal for an adaptation by Steppenwolf Theater of her book, ‘‘;I Am Not Your Perfect Mexican Daughter,‘‘ in Yondorf Hall on Feb. 15, 2020. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    助成金審査会場 秋の京都彩る写真イベント

    若手写真家を支援する助成金の公開審査が行われた寺院「将軍塚青竜殿」。京都市中心部(左奥)を一望できる=京都市

  • 2020年09月28日
    唐代の墓室壁画、初の台湾巡回展開催

    28日、台湾師範大学の展示会場で、壁画模写のインタラクティブ体験に参加する来場者。デジタル技術で複製された中国唐代の壁画40点余りが28日、台北市の台湾師範大学で展示された。唐代の墓室壁画が台湾地区でこれほどまとまった規模で展示されるのは今回が初。作品は章懐太子(しょうかいたいし)墓や懿徳太子(いとくたいし)墓、永泰公主(えいたいこうしゅ)墓など唐代の皇室や高官の墓室で発見された壁画から精選されており、その多くは20世紀半ば以降に陝西省西安市とその周辺から出土した。陝西歴史博物館が収蔵する「馬球図」「闕楼図(けつろうず)」「狩猟出行図」「客使図」「宮女図」など、「国宝級」の壁画も多数含まれている。(台北=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、木船の形をした跨湖橋遺跡博物館。手前の黄色いドームは湖底の遺跡を展示するホールで「中華第一舟」と呼ばれる8千年前の中国最古の丸木舟が保存されている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    美しい水郷の古村で「民俗観光豊作節」開催浙江省

    24日、義皋古村の民俗観光豊作節の会場で、刺しゅうをする人たち。中国浙江省湖州市織里鎮の太湖南岸にある義皋(ぎこう)古村で24日、地元の伝統文化・農産物などの魅力を発信するイベント「太湖漊港民俗観光豊作節」が開かれ、伝統的な民族舞踊のショーや無形文化遺産の工芸品の展示、特色ある農産物の展示販売が行われた。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月24日
    美しい水郷の古村で「民俗観光豊作節」開催浙江省

    24日、義皋古村の民俗観光豊作節の会場で、職人が木刻画(もっこくが)を作る様子を見つめる女の子たち。中国浙江省湖州市織里鎮の太湖南岸にある義皋(ぎこう)古村で24日、地元の伝統文化・農産物などの魅力を発信するイベント「太湖漊港民俗観光豊作節」が開かれ、伝統的な民族舞踊のショーや無形文化遺産の工芸品の展示、特色ある農産物の展示販売が行われた。(湖州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市

    22日、広州博物館の展示ホールで作品を真剣に鑑賞する来場者。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市

    21日、広州博物館の展示ホール。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    秋のたこ揚げ祭り開幕河北省廊坊市

    19日、廊坊第什里金秋たこ揚げ祭りの会場で打ち合わせをするたこ愛好家ら。中国河北省廊坊市安次区の調河頭郷第什里風箏小鎮で19日、廊坊第什里金秋たこ揚げ祭りが開幕し、多くの観光客でにぎわった。第什里村は宮廷たこの発祥地で、500年以上のたこ作りの歴史を持ち、同村のたこは2009年に河北省の無形文化遺産に認定された。調河頭郷は近年、第什里村を中心に特色ある「たこの村」を築き上げ、たこ関連産業の継続的な拡大を図っている。(廊坊=新華社記者/斉雷傑)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...