KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 一般開放
  • 文化遺産
  • 発掘調査
  • 文物考古
  • 考古研究
  • 重要文化財
  • チベット仏教
  • 中国甘粛省

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
75
( 1 75 件を表示)
  • 1
75
( 1 75 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (10)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    空から見た応家遺跡にある商代末期~西周初期の遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    8日、空から見た発掘エリア。(小型無人機から)中国山西省考古研究院によると、考古研究者らは今年3~8月にかけて同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で主に12カ所の廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡の存在を明らかにし、先史時代の中原と北方地域間の文化交流や建築様式別の空間分布を探るための新たな資料を提供した。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北に位置し、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時代に属する。今年3~8月にかけて、国道209号線ルート変更工事の呂梁新城区間の建設に合わせ、同研究院と市文化財発掘調査チームが共同で、遺跡内の1600平方メートル以上の敷地の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.12
    2020年09月14日
    「新華社」武当山五竜宮遺跡の発掘調査始まる湖北省十堰市

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山でこのほど、五竜宮遺跡の発掘調査が始まった。世界文化遺産に登録される武当山の建築群で実施される初の大規模発掘調査となる。850間(柱間)の道教寺院と廟宇を持つ五竜宮は、同山で最も早い時期に建てられた建築群「九宮」の一つ。唐の貞観年間(627~649年)に建立され、今でも多くの古建築や遺跡が残る。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。今回の発掘エリアは南宮東道院で、面積は5千平方メートル。発掘チームは湖北省文物考古研究所を中心に複数の研究部門と大学のスタッフからなる。今回の発掘では、五竜宮の全体的な建築配置と建立・修復年代、個々の建築物の機能と歴史背景などの問題を解決する。将来実施される全面的な文化財保護活動に科学的根拠を提供し、武当山西ルートの観光開発に文化的、歴史的価値を添える目的もある。(記者/李偉)<映像内容>五竜宮遺跡の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    地元特産品集めたレトロな市場街、湖南省の銅官窯古鎮にオープン

    1日、空から見た銅官草市。(小型無人機から)中国湖南省長沙市望城区にあるレトロな街並みを再現した大型観光地「銅官窯(どうかんよう)古鎮」内に1日、地元の特産品を集めた市場街「銅官草市(どうかんそうし)」がオープンした。近隣の村民やふるさとに戻った若者、無形文化遺産の技を継承する職人らが出店し、地元ならではのB級グルメや伝統の技を駆使した工芸品、土産物などを販売する。他店と競合しないよう一つの店で一つの品を専門的に取り扱う「一店一品」方式を取り入れた。観光客は入場料無料。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:04.52
    2020年07月29日
    「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある響堂山石窟は、北斉時代(550年~577年)の貴重な歴史・文化・芸術遺跡で、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出したが、現存する石窟には大量の仏像や石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、中国書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっている。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、響堂山石窟の保護に関する研究や文化の発掘に力を注ぎ、石窟の仏像芸術の保護と研究に30年余りを捧げ、国内外の学術界から「趙響堂」と呼ばれている。(記者/高博)<映像内容>響堂山石窟の内観、彫像の展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.26
    2020年06月03日
    「新華社」五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省

    中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。同風景区は今回の開放再開後、オンラインとオフラインでの記名式による入場券の予約受け付けや入場制限などの対策を引き続き実施していく。観光客は健康状態を示す2次元バーコード「健康コード」と個人の行動を追跡するアプリ「通信ビッグデータ行程カード」を取得し、マスクを着用して入場する。また、スタッフによる検温や情報登録などにも積極的に協力することが求められる。五台山は中国国内で唯一、漢伝仏教とチベット仏教が共存する仏教名山。80余りの寺院があり、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/馬志異)<映像内容>五台山風景名勝区の風景、撮影日:2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月01日
    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省

    空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.91
    2020年03月28日
    「新華社」内モンゴル自治区アルシャー右旗で新たな古代岩絵遺跡発見

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー右旗でこのほど、考古学者が岩絵群遺跡を新たに発見した。確認された岩絵は計11点。今回発見された布徳日根呼都格岩絵群遺跡はアルシャー右旗から273キロの場所にあり、岩絵は花崗岩(かこうがん)に刻まれていた。内容は主に人面像を中心とし、11点の岩絵のうち1点が「騎馬人」を描いているほか、残る10点はいずれも人面像か円形の図案で、丸形や扁長形、長方形などの形状をしていた。比較的シンプルに描かれた符号に近い図形がある一方で、やや複雑な、一種の符号を組み合わせたような図形もあった。アルシャー右旗文物保護センターの范永竜(はん・えいりゅう)主任は、新たに発見された岩絵は基本的に全て表面を研磨した後に描画する「磨刻(まこく)」で、これ以前にアルシャー右旗で発見された73カ所の岩絵と、制作技法や表現内容、深さの程度に大きな違いが見られると指摘。今回の発見は、アルシャー巴丹吉林(バダインジャラン)岩絵の起源と変遷の研究を進める上で、重要な材料と裏付けを提供するものだという。同センターは今後、専門家を招いて今回見つかった岩絵について時代考証や研究、保護などを進める考え。(記者/張晟)<映像内容>内モンゴル自治区アルシャー右旗で発見された岩絵群遺跡、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.46
    2020年03月25日
    「新華社」五台山の風景名勝区が再開山西省

    中国山西省の五台山風景名勝区管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時閉鎖されていた五台山風景区が25日午前0時から再開された。現在、開放されているのは景勝地の屋外遊覧エリアに限られており、寺院の開放は見合わせている。受け入れ人数は、暫定的に1日当たり2万人で、団体観光客は1グループ30人までとしている。(記者/馬志異)<映像内容>五台山風景区が再開、肺炎対策の様子など、撮影日:2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月29日
    オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設

    10月29日、平潭にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。(小型無人機から)海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市

    2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市

    2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月25日
    成都の東華門遺跡、唐代の御苑「摩訶池」の調査進む四川省

    上空から見た東華門遺跡の発掘エリア。(資料写真、小型無人機から)中国四川省成都市で22日、成都都市考古学研究会が開かれ、市の中心部で近年調査が進む東華門遺跡のこれまでの発掘成果や最新の調査状況が紹介された。遺跡で見つかった「摩訶(まか)池」は隋代(6世紀末~7世紀初め)に建設が始まり、約600年後の宋代に至るまで整備が続けられた。唐代には皇室所有の「皇家園林」とされ、詩人の杜甫(とほ)も訪れた。同遺構は2014年にその一部が見つかった後も断続的な発掘調査が行われており、これまでの調査で歩道や庭園建築、用水路、井戸、小さな池などが見つかり、大量の陶磁器や建築部材が出土している。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月25日
    成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省

    正府街遺跡で見つかった唐宋時代の大型建築遺構。(6月25日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月03日
    綏芬河流域で新たに遺跡18カ所を発見黒竜江省

    上空から見た綏芬河流域。(資料写真)中国黒竜江省文物考古研究所はこのほど、綏芬河(すいふんが)流域で新たに遺跡18カ所を発見したことを明らかにした。遺跡の年代は、旧・新石器時代、青銅器時代、鉄器時代初期から遼、金、元、明、清代まで広い範囲に及ぶという。黒竜江省南東部に位置する綏芬河は、主に綏芬河市と東寧市が管轄する区域を流れ、ロシアを経由して日本海に注ぐ。東北アジアの重要河川の一つとされている。(ハルビン=新華社配信/黒竜江省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:黒竜江省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.30
    2019年05月23日
    「新華社」武則天の庭園を再現した九洲池がオープン河南省洛陽

    中国河南省洛陽市にこのほど、九洲池遺跡公園が開園した。隋唐洛陽城国家歴史文化公園建設プロジェクトの重要な一環で、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)時代の有名な宮廷庭園「九洲池」の風景が千数百年後の現代に再現された。史料によると、九洲池は隋唐両王朝時代に創建された。城内に水を引き入れて造営された洛陽城内最大の池で、その屈曲した形が「東海之九洲」のようだったのでその名が付いた。後の史料には、「面積10頃(約52ヘクタール)、水深は1丈(約3メートル)余り、魚が泳ぎ鳥が飛んで、花が植えられている」とあり、そこに建設された高殿や楼閣がさらに景色を引き立たせ、非常に美しい眺めだったと記されている。九洲池遺跡はもともと洛陽浮法玻璃(フロートガラス)集団の敷地内に位置していたが、洛陽市は2009年に隋唐洛陽城大規模遺跡保護プロジェクトを推進、10億元(1元=約16円)を拠出して同社を移転させ、九洲池遺跡群の全体的な保護を進めた。現在の九洲池遺跡公園は、唐代の造園手法を参考にして黄河から水を引いており、史料と同様の「千頃の広大な敷地に四季折々の美しさを詰め込んだ」風景を作り出している。(記者/張彩霞、楊金鑫、張建)<映像内容>九洲池遺跡公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月23日
    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省

    M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月20日
    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省

    M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月23日
    成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省

    空から見た正府街遺跡の発掘現場。(4月23日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の墓地発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月11日
    青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン

    11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月27日
    観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘

    27日、石家荘市鹿泉(ろくせん)区の徳明古鎮の夜景。(小型無人機から)中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月26日
    観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘

    26日、空から見た石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)文旅小鎮。(小型無人機から)。中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月19日
    重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる

    小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月04日
    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河

    4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月04日
    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河

    4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月04日
    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河

    4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月27日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第2作業場。(2018年5月27日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月27日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第2作業場。(2018年5月27日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月19日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第3作業場。(2018年5月19日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月18日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の呉王廟。(2018年5月18日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月13日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県寧廠古鎮の全景。(2018年5月13日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月10日
    千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる

    重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第1作業場。(2018年5月10日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.57
    2018年04月08日
    空撮 唐古・鍵遺跡公園オープン

    弥生時代の巨大な環濠(かんごう)集落として知られる奈良県田原本町の「唐古(からこ)・鍵(かぎ)遺跡」(国史跡)で、整備していた史跡公園が完成し、16日、祝賀式典が行われた。史跡公園は17日に開園。1994年に復元して老朽化が進んでいた楼閣(高さ約13メートル)を修復したほか、井戸や環濠の一部も再現。土器の野焼きなど弥生時代の生活体験も楽しる。<映像内容>整備された史跡公園の空撮、撮影日:2018(平成30)年4月8日、撮影場所:奈良県田原本町

    撮影: 2018(平成30)年4月8日

  • 2016年09月07日
    開放で発展続ける敦煌甘粛省

    世界遺産の莫高窟。(2016年9月7日、小型無人機から)中国甘粛省酒泉市敦煌(酒泉市の管轄下にある県級市)は「歴史の証人」といえる。昔から外に向かって開かれていた敦煌は、古代シルクロード上の漢民族と西方民族が交流する都市になった。千年が経ち、改革開放という恵みの春風が中国西北部の内陸に位置する同地に吹き込み、敦煌は再び中国の対外開放の最前線の地となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2016(平成28)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年07月31日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区を訪れた観光客。(2016年7月31日、小型無人機から)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年01月31日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園。(2017年1月31日、小型無人機から)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年12月27日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城にある東城壁の下段。(2009年12月27日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年12月10日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある南水軍埠頭。(2009年12月10日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月10日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 02:58.14
    2006年10月20日
    空撮 富士山のふもとで初滑り スキー場オープン

    静岡県裾野市の富士山2合目にあるスキー場「スノータウンYeti(イエティ)」の人工造雪ゲレンデで20日、スキー客らが初滑りを楽しんだ。経営する富士急行(山梨県富士吉田市)によると、屋外スキー場としては日本一早いオープン。5,500トンの氷を砕いて作られた真っ白なゲレンデは長さ約1キロ、幅約10メートル<映像内容>富士山のふもとにあるスキー場遠景、リフトで頂上まで上りゲレンデを滑るスキー客ら、空撮、撮影日:2006(平成18)年10月20日、撮影場所:静岡県裾野市

    撮影: 2006(平成18)年10月20日

  • 2005年03月16日
    三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省

    空から見た三星堆遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=2005(平成17)年3月16日、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  • 1