KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 一般開放
  • 全国重点文物保護単位
  • 重要文化財
  • チベット仏教
  • チベット学
  • ラブラン
  • 中国甘粛省
  • 主管部門

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (10)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    空から見た応家遺跡にある商代末期~西周初期の遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    8日、空から見た発掘エリア。(小型無人機から)中国山西省考古研究院によると、考古研究者らは今年3~8月にかけて同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で主に12カ所の廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡の存在を明らかにし、先史時代の中原と北方地域間の文化交流や建築様式別の空間分布を探るための新たな資料を提供した。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北に位置し、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時代に属する。今年3~8月にかけて、国道209号線ルート変更工事の呂梁新城区間の建設に合わせ、同研究院と市文化財発掘調査チームが共同で、遺跡内の1600平方メートル以上の敷地の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.12
    2020年09月14日
    「新華社」武当山五竜宮遺跡の発掘調査始まる湖北省十堰市

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山でこのほど、五竜宮遺跡の発掘調査が始まった。世界文化遺産に登録される武当山の建築群で実施される初の大規模発掘調査となる。850間(柱間)の道教寺院と廟宇を持つ五竜宮は、同山で最も早い時期に建てられた建築群「九宮」の一つ。唐の貞観年間(627~649年)に建立され、今でも多くの古建築や遺跡が残る。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。今回の発掘エリアは南宮東道院で、面積は5千平方メートル。発掘チームは湖北省文物考古研究所を中心に複数の研究部門と大学のスタッフからなる。今回の発掘では、五竜宮の全体的な建築配置と建立・修復年代、個々の建築物の機能と歴史背景などの問題を解決する。将来実施される全面的な文化財保護活動に科学的根拠を提供し、武当山西ルートの観光開発に文化的、歴史的価値を添える目的もある。(記者/李偉)<映像内容>五竜宮遺跡の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    地元特産品集めたレトロな市場街、湖南省の銅官窯古鎮にオープン

    1日、空から見た銅官草市。(小型無人機から)中国湖南省長沙市望城区にあるレトロな街並みを再現した大型観光地「銅官窯(どうかんよう)古鎮」内に1日、地元の特産品を集めた市場街「銅官草市(どうかんそうし)」がオープンした。近隣の村民やふるさとに戻った若者、無形文化遺産の技を継承する職人らが出店し、地元ならではのB級グルメや伝統の技を駆使した工芸品、土産物などを販売する。他店と競合しないよう一つの店で一つの品を専門的に取り扱う「一店一品」方式を取り入れた。観光客は入場料無料。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:04.52
    2020年07月29日
    「新華社」北斉時代の芸術の宝庫、響堂山石窟を守って30年河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲市峰峰鉱区にある響堂山石窟は、北斉時代(550年~577年)の貴重な歴史・文化・芸術遺跡で、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。20世紀初頭に甚大な破壊を被り、多くの彫像や浮き彫りが日本や欧米各国に流出したが、現存する石窟には大量の仏像や石経が残され、仏教、建築、彫刻、絵画、中国書道の研究に貴重な資料を提供する芸術の宝庫となっている。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、響堂山石窟の保護に関する研究や文化の発掘に力を注ぎ、石窟の仏像芸術の保護と研究に30年余りを捧げ、国内外の学術界から「趙響堂」と呼ばれている。(記者/高博)<映像内容>響堂山石窟の内観、彫像の展示など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.26
    2020年06月03日
    「新華社」五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省

    中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。同風景区は今回の開放再開後、オンラインとオフラインでの記名式による入場券の予約受け付けや入場制限などの対策を引き続き実施していく。観光客は健康状態を示す2次元バーコード「健康コード」と個人の行動を追跡するアプリ「通信ビッグデータ行程カード」を取得し、マスクを着用して入場する。また、スタッフによる検温や情報登録などにも積極的に協力することが求められる。五台山は中国国内で唯一、漢伝仏教とチベット仏教が共存する仏教名山。80余りの寺院があり、2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/馬志異)<映像内容>五台山風景名勝区の風景、撮影日:2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月01日
    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省

    空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1