KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 文物考古
  • 発掘調査
  • 考古研究
  • 四川省成都市
  • 世界遺産
  • 一般開放
  • 文化遺産
  • 中国河南省
  • 春秋時代
  • 成都文物

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,373
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,373
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月17日
    (5)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市の古建築修繕作業現場で働く職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (8)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (6)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月04日
    (3)文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ホータン地区ロプ県のラワク寺仏遺跡で見つかった三国時代~晋代の彩色泥塑仏像。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月04日
    (7)文化財9千点超を所蔵、ホータン博物館をゆく新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区ホータン地区チラ県のダムクトプルクドン(達瑪溝托普魯克屯)1号仏寺遺跡から出土した唐代の毘沙門天像壁画。(3月19日撮影)2020年5月に建て替え工事を終え、リニューアルオープンした中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館は、北京市の支援により建設された。延床面積は約1万3500平方メートルで、青銅器や陶器、玉器、貨幣などの文化財9553点のほか、学術文化財(標本)約2千点、古書約660冊、民俗資料約800点を収蔵している。中でも玉で作られた装飾品や優雅な姿の仏像、カローシュティー文字にまつわる文化財は、多くの注目を集めている。(ホータン=新華社記者/張暁竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    Resin opens

    28 March 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The lettering “Official Tourist Information of the UNESCO World Heritage City“ is on the façade of a tourist information centre. The district of Harz is planning to open the outdoor gastronomy, the retail trade and tourist leisure facilities in tourist locations of the district from 06.04.2021 onwards. The basis for this is a pilot project that is currently being developed. With the inclusion of test centres and the PassGo app developed in Halberstadt, this would be a first step towards normality. Photo: Matthias Bein/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 22, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 21, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 21, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 21, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    India: Basanta Celebration ‘2021 by Pragati Bangla

    March 21, 2021, Kolkata, India: The Basant Utsab, the Spring fest to commemorate the festival of love & colours signifying the triumph of good over the evil celebrated by the Organisation Pragati Bangla at Baghajatin B & Clock Durgotsab Puja Grounds powered by Rotary Club of Kolkata Galaxy, Jiyo Bangla. Me & Mooi was the official magazine partner of this mega event of Pragati Bangla. The brand Pragati Bangla patronizes, promote & portrays to salute rich heritage Culture ethnicity of Bengal & India worldwide for the last 16 years. (Credit Image: © Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Picasa/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    News - March 18, 2021

    March 18, 2021, Albuquerque, New Mexico, USA: Roberto E. Rosales.Atrisco Heritage‘s Senior running back Jaden Cowley(Cq) ,left, looks down field for an open lane as he bulldozes his way to the end zone for his second touchdown of the half Thursday night against Manzano at Community Stadium. Chasing Cowley from behind is Manzano‘s Daniel Montano(Cq). .Albuquerque, New Mexico/Roberto E. Rosales/ABQ Journal (Credit Image: © Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    HS Football 2021: Manzano vs Atrisco Heritage

    March 18, 2021, Albuquerque, New Mexico, USA: Roberto E. Rosales.Atrisco Heritage‘s Senior running back Jaden Cowley(Cq) ,left, looks down field for an open lane as he bulldozes his way to the end zone for his second touchdown of the half Thursday night against Manzano at Community Stadium. Chasing Cowley from behind is Manzano‘s Daniel Montano(Cq). .Albuquerque, New Mexico/Roberto E. Rosales/ABQ Journal (Credit Image: © Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:36.92
    2021年03月13日
    「新華社」春の息吹あふれる慶雲寺を空中散歩広東省肇慶市

    中国南部、嶺南地方の四大名刹の一つ、慶雲寺は広東省肇慶(ちょうけい)市の市街地から北東に18キロ離れた鼎湖山の谷間にある。明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、慈禧太后(西太后)が60歳の誕生日を迎えた清の光緒19(1893)年に、「万寿慶雲寺」と書かれた扁額と「竜蔵経」を勅賜(ちょくし)され、修繕が行われた。山頂付近に霧がしばしば立ち込めることから、「慶雲寺」と呼ばれる。敷地面積は1万7千平方メートル、建築面積は9千平方メートルで、境内には100余りの殿堂房舎がある。同寺は韶関の南華寺、潮州の開元寺、広州の光孝寺とともに嶺南四大名刹と呼ばれている。(記者/壮錦、映像提供/肇慶広播電視台) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:肇慶広播電視台/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「犁地図」。農夫が牛に犂を引かせ畑を耕している。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「馿車図」。車を引くロバが懸命に前に進もうとしている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「槌牛図(ついぎゅうず)」。片手で手綱をつかみ、片手でハンマーを振り上げた男が牛を打ち殺そうとしている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「殺猪図」。机の上には丸々と太ったブタ、下にはたらいが置かれ、包丁を持った男が解体しようとしている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「採桑護桑図」。手に籠を持つ女性が桑の葉を摘み、子どもが弓矢を持ち葉を食べようとする鳥を追い払っている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「畜収図」。魏晋時代の河西地区の牧畜の様子が描かれている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (9)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の前室。6号墓は前、中、後室からなる典型的な三室墓。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (10)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「進餐図」。食事をする女性被葬者の背後で、召使いが扇子で風を送っている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の壁画「畜収図」。魏晋時代の河西地区の牧畜の様子が描かれている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の中室西壁の壁画。召使いたちが忙しく働く厨房の様子が描かれている。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (11)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の門楼(部分)。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (12)甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群れんが絵に残る生活の息づかい

    2月25日、嘉峪関新城魏晋墓群6号墓の外観。中国甘粛省の嘉峪関新城魏晋墓群には、魏晋時代の古墓が千基以上あり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。1972年以降に発掘された18基のうち、9基には1枚のれんが、または複数のれんがにまたがり描かれた彩色壁画が残る。これまでに確認された絵が描かれたれんがの数は760枚に及ぶ。現在開放されているのは6号墓のみだが、多くの彩色壁画が残ることから墓群を代表する墓とみなされている。壁画は質朴な画風と明快な色調、流れるような線、生き生きした描写を特徴とする。農作業や採桑、狩猟、屯田、駅逓(えきてい)、出遊などを題材としており、当時の生活の雰囲気を濃厚に漂わせている。(嘉峪関=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.93
    2021年03月05日
    「新華社」湖の岩峰「七星岩」を訪ねて広東省肇慶市

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市にある総面積8・23平方キロの七星岩風景区は、七つの石灰岩峰が北斗七星のように並んでいることから名付けられた。カルスト地形と鍾乳洞、湖、石碑、仏教・道教の寺院を中心とした景観は、中国南部の嶺南地方で最も美しい風景とたたえられている。また、風景区内には同地方で最も数多く集中的に残された摩崖石刻群もある。七星岩のある星湖観光風景区は昨年1月、国家5A級観光地(最高ランク)に指定された。(記者/壮錦、映像提供/西江網)=配信日:2021(令和3)年3月5日、クレジット:西江網/新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.35
    2021年02月26日
    「新華社」肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/壮錦、映像提供/肇慶市広播電視台) =配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    Cestmir Vancura, the Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zikmund Villa Foundation head and the villa‘s owner Cestmir Vancura poses to photographers in the Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    The Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by the Zikmund Villa Foundation, whose head and the villa‘s new owner is Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    Cestmir Vancura, the Zlin functionalist villa of Miroslav Zikmund

    The Zikmund Villa Foundation head and the villa‘s owner Cestmir Vancura poses to photographers in the Zlin villa of Miroslav Zikmund, the popular Czech globetrotter, Zlin, Czech Republic, February 10, 2021. Miroslav Zikmund will turn 102 on Sunday, February 14, 2021. The villa will get open to the public, managed by Cestmir Vancura, the president of the Zlin Film Festival. The Foundation plans a sensitive reconstruction of the functionalist villa from the mid-1930s, which Zikmund bought in 1953 and which is a piece of cultural heritage. (CTK Photo/Dalibor Gluck)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Prague, Wenceslas Square, The Flow Building

    The Flow Building on the corner of Opletalova street and Wenceslas Square, Prague, Czech Republic, February 4, 2021. The building, with nine aboveground and three underground storeys, will offer office and business space only. Its foundations will bridge the tunnels of the Prague metro situated below Wenceslas Square. Flow East company planned the project a long time ago, but in the beginning, it met with a strong wave of protests, as is usual with new construction projects in the historical centre of Prague, which figures on the UNESCO list of world heritage. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    Between regional stubbornness and European cultural heritage

    01 February 2021, Brandenburg, Altranft: Kenneth Anders, director of the Oderbruch Museum “Museum Altranft - Workshop for Rural Culture“, shows a self-made mousetrap in an exhibition in the Altranft manor house. The theme “obstinacy“ offers room for diverse interpretations. The Oderbruch Museum Altranft is making it the focus of its programme this year. Specifically, it is about the stubbornness of the inhabitants of the largest dyked river polder, which may soon be a European cultural heritage site. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    Between regional stubbornness and European cultural heritage

    01 February 2021, Brandenburg, Altranft: Kenneth Anders, director of the Oderbruch Museum “Museum Altranft - Workshop for Rural Culture“, stands in a project room in the Altranft Manor House. The theme “obstinacy“ offers room for diverse interpretations. The Oderbruch Museum Altranft is making it the focus of its programme this year. Specifically, it is about the stubbornness of the inhabitants of the largest dyked river polder, which may soon be a European cultural heritage site. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    Between regional stubbornness and European cultural heritage

    01 February 2021, Brandenburg, Altranft: In the Oderbruch Museum “Museum Altranft - Workshop for Rural Culture“ in the Altranft Manor House, a bucket that has been cut in half and converted into a shovel is on display. The theme “obstinacy“ offers room for diverse interpretations. The Oderbruch Museum Altranft is making it the focus of its programme this year. Specifically, it is about the stubbornness of the inhabitants of the largest dyked river polder, which may soon be a European cultural heritage site. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    Between regional stubbornness and European cultural heritage

    01 February 2021, Brandenburg, Altranft: Kenneth Anders, director of the Oderbruch Museum “Museum Altranft - Workshop for Rural Culture“, stands in a project room in the Altranft Manor House. The theme “obstinacy“ offers room for diverse interpretations. The Oderbruch Museum Altranft is making it the focus of its programme this year. Specifically, it is about the stubbornness of the inhabitants of the largest dyked river polder, which may soon be a European cultural heritage site. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    Between regional stubbornness and European cultural heritage

    01 February 2021, Brandenburg, Altranft: Kenneth Anders, director of the Oderbruch Museum “Museum Altranft - Workshop for Rural Culture“ in the Altranft Manor House, shows a bucket that has been cut in half and turned into a shovel. The theme “obstinacy“ offers room for a variety of interpretations. The Oderbruch Museum Altranft is making it the focus of its programme this year. Specifically, it is about the stubbornness of the inhabitants of the largest dyked river polder, which may soon be a European cultural heritage site. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    16日、漆芸作品を鑑賞する観光客。中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    16日、劉家堡村無形文化遺産街の除幕式。中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (7)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    16日、改修前の古民家。中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    16日、漆器作品を見せる無形文化遺産伝承者。中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (6)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    改修を経て民宿に生まれ変わった古民家。(2020年9月1日撮影)中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)古い村落が無形文化遺産の街へと変貌山西省太原市

    16日、無形文化遺産街に展示された切り絵細工。中国山西省太原市小店区劉家堡郷劉家堡村でこのほど、「無形文化遺産街」が一般公開された。切り絵細工や漢服、漆画(しつが)、木彫など九つの無形文化遺産を受け継ぐ職人らが工房で制作、展示、販売などを行い、観光客を迎えている。同村は空き家となっていた古民家を改修し、歴史的な雰囲気を生かした無形文化遺産街とさまざまな趣を持つ民宿に生まれ変わらせた。また、無形文化遺産伝承者には農家の家を無償で提供している。こうした取り組みを通して観光農業とレジャー観光の発展を促し、地域振興と住民の収入増を図っていく。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、無形文化遺産の工芸品を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、湘綉(湖南刺しゅう)の刺しゅう技法を見学する生徒。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を撮影する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、木造帆船の製造技術を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、長沙銅官窯陶磁器の焼成過程を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (8)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で、自分が作った手織りのバッグを点検する村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (7)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村で布を織りながら話をする村民。中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...