KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ふるさと納税
  • 北海道・北
  • 縄文遺跡

写真・映像

絞り込み
  • 7日以内
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
196
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
196
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    返礼品 ふるさと納税で縄文PR

    「北海道・北東北の縄文遺跡群」をPRする青森市のふるさと納税の返礼品

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.62
    2021年04月21日
    「新華社」新疆キジル石窟研究所、恒例の春季石窟パトロール

    中国新疆ウイグル自治区にある新疆キジル石窟研究所の若手職員たちは、季節の変わり目ごとに管轄下の石窟や遺跡をパトロールしている。毎回のパトロールには、石窟や遺跡の測量と保護が含まれ、石窟壁画に膨らみや顔料の剥離、風化などを発見した場合は速やかに登録し、今後の修復・保護活動に備える。同自治区天山山脈南麓の古代亀茲(きじ)国があったエリアでは、かつて仏教が盛んだったことから、今でものろし台や仏教寺院、仏教仏窟などが多く残る。亀茲石窟と総称される石窟群には、キジル(克孜爾)石窟やクムトラ(庫木吐喇)石窟、シムシム(森木塞姆)石窟、キジルガハ(克孜爾尕哈)石窟などが含まれる。(記者/宿伝義、潘瑩、侯昭康) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.28
    2021年04月21日
    「新華社」春の古都で伝統文化を楽しむ若者たち西安市

    新しい命が芽生え、若葉がもえる4月は、春の散策に相応しい時期に当たる。中国の13王朝の都が置かれた古都、陝西省西安市には、伝統文化を愛する若者が大勢いる。漢民族の伝統衣装「漢服」に身を包み、春の景色を眺め、茶菓子を味わい、古楽を楽しむ人たちの姿を、市内の各所で見ることができる。西安の明代城壁では、華やかな漢服姿の中国の若者たちが伝統文化を思い思いに楽しんでおり、600年以上前の時代にタイムスリップしたかのような光景が広がっている。唐長安城の三大宮殿の一つ、大明宮(だいめいきゅう)の跡地に建てられた大明宮国家遺跡公園では、漢服姿で春の景色を眺めたり、写真を撮ったりして楽しむ若者たちの姿が多く見られた。(記者/孫正好、蔡馨逸) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    A Ramadan storyteller in an orphan camp in northern Syria

    April 20, 2021: A Ramadan storyteller, an event established by the Gheras Al-Nahda organization in the Leitam camp, they lost their parents due to the bombing. The event aims to make children feel and live the beautiful atmosphere of the month of Ramadan through the storyteller, which is part of the Levantine heritage. The children were psychologically affected, and the organization, through the storyteller, tried to reduce the bitterness of their displacement and get them out of the psychological state they were in because of what they saw from the bombing last year. (Credit Image: © Moawia Atrash/ZUMA Wire)、クレジット:©Moawia Atrash/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (5)パボンカ寺院周辺に咲き誇るモモの花チベット自治区

    18日、パボンカ寺の周辺に咲き誇るモモの花。4月も半ばを過ぎ、一段と春らしくなってきた中国チベット自治区ラサ市の北部山あいにあるパボンカ(帕邦喀)寺の周辺では、モモの花が見頃を迎え、辺り一面を淡いピンク色に染め上げている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.08
    2021年04月20日
    「新華社」米塑細工で作った三星堆の黄金仮面浙江省

    中国浙江省温州市泰順県に住む米塑(米粉を練って作る人形)細工の無形文化遺産伝承者、張甜清(ちょう・てんせい)さんはこのほど、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した黄金仮面をインターネットで見て、米塑の「黄金」仮面を作った。(記者/崔力) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)パボンカ寺院周辺に咲き誇るモモの花チベット自治区

    18日、パボンカ寺のそばで咲き誇るモモの花。4月も半ばを過ぎ、一段と春らしくなってきた中国チベット自治区ラサ市の北部山あいにあるパボンカ(帕邦喀)寺の周辺では、モモの花が見頃を迎え、辺り一面を淡いピンク色に染め上げている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)パボンカ寺院周辺に咲き誇るモモの花チベット自治区

    18日、パボンカ寺の周辺に咲き誇るモモの花。4月も半ばを過ぎ、一段と春らしくなってきた中国チベット自治区ラサ市の北部山あいにあるパボンカ(帕邦喀)寺の周辺では、モモの花が見頃を迎え、辺り一面を淡いピンク色に染め上げている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)伝統の製麺技術貴州省綏陽県の「空心麺」

    16日、貴州省遵義市綏陽県の「空心麺」加工工場で生地を輪状に巻く従業員。中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の名物「空心麺」は、中心が空洞になっていることからその名が付いた。生地をこねる、もむ、輪状に巻く、伸ばす、乾燥させるなど数十の工程を経て作られており、製造技術は同省の第4次省級無形文化遺産リストに登録されている。地元ではここ数年、伝承者の育成に力を入れ、伝統的な製麺技術の伝承と発展に努めている。(遵義=新華社配信/羅星漢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (7)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    13日、上海市嘉定区営業所のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。南翔古鎮や上海国際汽車城などを題材にしている。中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)伝統の製麺技術貴州省綏陽県の「空心麺」

    16日、貴州省遵義市綏陽県の「空心麺」加工工場で生地を伸ばす従業員。中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の名物「空心麺」は、中心が空洞になっていることからその名が付いた。生地をこねる、もむ、輪状に巻く、伸ばす、乾燥させるなど数十の工程を経て作られており、製造技術は同省の第4次省級無形文化遺産リストに登録されている。地元ではここ数年、伝承者の育成に力を入れ、伝統的な製麺技術の伝承と発展に努めている。(遵義=新華社配信/羅星漢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    14日、上海市奉賢区営業所のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。テーマは「海の舟、風と波に乗る」。中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    14日、上海市南匯新城のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。上海海昌海洋公園や中国航海博物館などを題材にしている。中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (5)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    上海市松江区営業所のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。酔白池公園や広富林文化遺跡、遊園地「歓楽谷(ハッピーバレー)」などを題材にしている。(資料写真)中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    17日、上海市青浦区営業所のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。国家会展中心(上海)や水郷・朱家角古鎮、観光地の東方緑舟などを題材にしている。中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (8)「デジタル上海」をペーパークラフトで表現

    14日、上海市静安区営業所のショーウインドーに展示されたペーパークラフト作品。静安寺や上海展覧センターなどを題材にしている。中国上海市にある中国電信(チャイナテレコム)営業所のショーウインドーにこのほど、同市の名所をペーパークラフトで表現した作品が登場した。国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)や水郷・朱家角古鎮、広富林文化遺跡など新旧のランドマークや観光地を色とりどりの紙で表現した作品に、市民や観光客が足を止めて見入っていた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)伝統の製麺技術貴州省綏陽県の「空心麺」

    16日、貴州省遵義市綏陽県の「空心麺」加工工場で生地を伸ばす従業員。中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の名物「空心麺」は、中心が空洞になっていることからその名が付いた。生地をこねる、もむ、輪状に巻く、伸ばす、乾燥させるなど数十の工程を経て作られており、製造技術は同省の第4次省級無形文化遺産リストに登録されている。地元ではここ数年、伝承者の育成に力を入れ、伝統的な製麺技術の伝承と発展に努めている。(遵義=新華社配信/羅星漢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)伝統の製麺技術貴州省綏陽県の「空心麺」

    16日、貴州省遵義市綏陽県の「空心麺」加工工場で生地を伸ばす従業員。中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の名物「空心麺」は、中心が空洞になっていることからその名が付いた。生地をこねる、もむ、輪状に巻く、伸ばす、乾燥させるなど数十の工程を経て作られており、製造技術は同省の第4次省級無形文化遺産リストに登録されている。地元ではここ数年、伝承者の育成に力を入れ、伝統的な製麺技術の伝承と発展に努めている。(遵義=新華社配信/羅星漢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)パボンカ寺院周辺に咲き誇るモモの花チベット自治区

    18日、パボンカ寺の周辺に咲き誇るモモの花。4月も半ばを過ぎ、一段と春らしくなってきた中国チベット自治区ラサ市の北部山あいにあるパボンカ(帕邦喀)寺の周辺では、モモの花が見頃を迎え、辺り一面を淡いピンク色に染め上げている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)パボンカ寺院周辺に咲き誇るモモの花チベット自治区

    18日、パボンカ寺のそばで咲き誇るモモの花。4月も半ばを過ぎ、一段と春らしくなってきた中国チベット自治区ラサ市の北部山あいにあるパボンカ(帕邦喀)寺の周辺では、モモの花が見頃を迎え、辺り一面を淡いピンク色に染め上げている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年04月20日
    「新華社」少数民族の風情残す無形文化遺産「大方漆器」貴州省畢節市

    中国・欧州連合(EU)地理的表示(GI)協定が3月1日に発効したことを受け、第1陣として指定された中国製品100品目もEU全域で保護を獲得した。貴州省畢節(ひっせつ)市大方県の特産で、国の無形文化遺産にも指定される「大方漆器」も保護リストに含まれている。大方漆器は民族情緒や地方色に富む同省の伝統工芸美術品で、その技法は600年余りにわたり受け継がれている。ウシやウマ、ヒツジなどの皮を用い、綿や麻、絹、緞子(どんす)、木などを型とし、地元の良質な生漆(きうるし)を原料としている。制作工程は複雑で、主に漆作り、型作り、石灰塗り、漆塗り、装飾の五大工程があり、50以上の製作手順と80以上の製作段階を経て完成する。装飾技法は100種類余りに上り、表面に描かれた竜と鳳凰、人物、山水、花きなどの図案が地元少数民族の風情を色濃く反映している。完成した漆器は素朴な作りと上品さを備え、滑らかな漆の輝きは長期間経っても退色しない。同県の奢香博物館に展示されている多くの出土漆器は、今でも良好な状態を保っている。(記者/盧志佳、陳穎) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (9)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (10)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (14)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した動物の骨。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (12)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、土壌から古DNAが検出された土層の穴を指すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した石器。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.93
    2021年04月19日
    「新華社」古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(記者/陳嬙、欧東衢、施銭貴) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で調査を実施するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (11)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡から出土した遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    金蘭寺遺跡で出土した墓と古人骨。(3月20日撮影)中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡で見つかった貝塚。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    6日、金蘭寺遺跡から出土した新石器時代後期の石環。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で層序を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の土層に露出した動物化石を示すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。(小型無人機から)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (13)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した磨製石器。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    Beijing International Hotel Beijing International Hotel

    Photo taken on April 18, 2021 shows the Beijing International Hotel at night in Beijing, China. On November 24, 2018, Beijing International Hotel was selected as the third batch of China‘s 20th century architectural heritage projects.=2021(令和3)年4月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月18日
    Beijing International Hotel Beijing International Hotel

    Photo taken on April 18, 2021 shows the Beijing International Hotel at night in Beijing, China. On November 24, 2018, Beijing International Hotel was selected as the third batch of China‘s 20th century architectural heritage projects.=2021(令和3)年4月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月18日
    Beijing International Hotel Beijing International Hotel

    Photo taken on April 18, 2021 shows the Beijing International Hotel at night in Beijing, China. On November 24, 2018, Beijing International Hotel was selected as the third batch of China‘s 20th century architectural heritage projects.=2021(令和3)年4月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月18日
    Beijing International Hotel Beijing International Hotel

    Photo taken on April 18, 2021 shows the Beijing International Hotel at night in Beijing, China. On November 24, 2018, Beijing International Hotel was selected as the third batch of China‘s 20th century architectural heritage projects.=2021(令和3)年4月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月18日
    聖火を運ぶ田野口さん 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げて聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    聖火を運ぶ田野口佳奈さん 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げて聖火を運ぶ田野口佳奈さん=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げ聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で聖火ランナーを運ぶ和船。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げ聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    World Heritage Day

    April 18, 2021, Kathmandu, Bagmati, Nepal: A man wearing face mask visits Hanumandhoka Durbar Square,a UNESCO heritage site on World Heritage Day in Kathmandu, Nepal, April 18, 2021. (Credit Image: © Sunil Sharma/ZUMA Wire)、クレジット:© Sunil Sharma/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (11)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品の部分拡大図。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (15)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの図案を描く黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (17)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの半製品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの図案を描く黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、織り糸を整える黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (16)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの製織技法について弟子と話し合う黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(奥中央)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.52
    2021年04月18日
    「新華社」世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。18世紀以降のチベット建築や絵画、彫像、彫刻など芸術の精華が一堂に会するこの「文化芸術の宝庫」は、1988年国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、2001年12月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録された。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池がある庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。宮殿の屋根の修繕プロジェクトは2年間の調査と設計を経て、2017年に国家文物局に承認された。19年末に公開入札が終わり、20年末に事前準備作業が始まった。プロジェクトには3868万元(1元=約17円)の国家特別予算が割り当てられた。(記者/洛卓嘉措、春拉) =配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、検品作業のやり方を職人に教える黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(左)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    宮殿から取り外した装飾部材の寸法を測る修理作業員。(4月2日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (10)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの凸凹をなくして平らにする職人。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、じゅうたんを織る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、製図板の上で天水絹じゅうたんのデザイン画に色を塗る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (18)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (13)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、図面を見ながら天水絹じゅうたんを織る職人。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの完成品をチェックする黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの完成品をチェックする黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (6)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、職人と共にじゅうたんを織る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(手前)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (12)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、自身の代表作を見せる黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (14)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    金メッキ屋根から取り外された宮殿の装飾部材。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.47
    2021年04月18日
    「新華社」貴州省小七孔風景区など、観光客誘致で入場料を優遇

    旧暦3月3日(今年は4月14日)は中国少数民族の伝統的な祝日。広西チワン族自治区では2014年から「チワン族三月三」を地元独自の法定休日と定めている。例年は2日間の休みだが、今年は休日を振り替えたことで、14日から17日までの4連休となった。貴州省貴陽市と広西チワン族自治区桂林市の境界に位置する貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県にある小七孔風景区は、14日から観光のピークを迎えている。同風景区は広西チワン族自治区からの観光客を誘致するため、今年の「三月三」連休期間中、同自治区在住の観光客に対し入場料を半額にする割引制度を実施している。世界自然遺産に登録された貴州省茘波県にある小七孔風景区は、国家5A級観光地(最高ランク)に指定されている。全長12キロ、幅1キロの山奥に伸びる谷で、「大自然の箱庭」と称されている。小七孔風景区の他、雲南省のデチェン・チベット族自治州や紅河ハニ族イ族自治州なども類似の優待を打ち出している。(記者/崔暁強、陶亮) =配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2