KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 世界自然遺産
  • 登録勧告
  • 関係自治体
  • 国頭村役場
  • 国頭村長
  • 奄美市役所
  • 奄美市長
  • 朝山毅市長
  • 知花靖村長
  • 鹿児島県

写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 写真
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8,981
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,981
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月10日
    喜ぶ鹿児島県奄美市長 関係自治体「朗報」と拍手

    世界自然遺産の登録勧告を受け、鹿児島県奄美市役所で拍手して喜ぶ朝山毅市長(手前)=10日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月10日
    喜ぶ沖縄県国頭村長 関係自治体「朗報」と拍手

    世界自然遺産の登録勧告を受け、沖縄県国頭村役場で万歳して喜ぶ知花靖村長=10日夕

    撮影: 10日夕

  • 2021年05月10日
    (3)観光名所をかたどったアイスキャンディーがネットで話題に

    4日、湖南省長沙市の観光スポット、洋湖水街で撮影した、同街の名所をかたどったアイスキャンディー。中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)博物館が1日、三星堆遺跡の代表的な遺物「青銅仮面」をかたどったアイスキャンディーを発売し、インターネットで話題を呼んだ。これに続き、湖南省長沙市の洋湖水街や岳陽楼、湖北省武漢市の黄鶴楼、北京市の故宮など、全国各地の観光名所がそれぞれ見栄えのいい文化クリエーティブ・アイスを次々と発売。ネット上では「全国観光地クリエーティブ・アイスキャンディー大賞」が検索急上昇ワードとなり、一時は全国各地のアイスキャンディー・バトルが展開された。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月10日
    (1)観光名所をかたどったアイスキャンディーがネットで話題に

    4日、湖南省岳陽市で撮影した、岳陽楼をかたどったアイスキャンディー。中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)博物館が1日、三星堆遺跡の代表的な遺物「青銅仮面」をかたどったアイスキャンディーを発売し、インターネットで話題を呼んだ。これに続き、湖南省長沙市の洋湖水街や岳陽楼、湖北省武漢市の黄鶴楼、北京市の故宮など、全国各地の観光名所がそれぞれ見栄えのいい文化クリエーティブ・アイスを次々と発売。ネット上では「全国観光地クリエーティブ・アイスキャンディー大賞」が検索急上昇ワードとなり、一時は全国各地のアイスキャンディー・バトルが展開された。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月10日
    (5)観光名所をかたどったアイスキャンディーがネットで話題に

    2日、湖南省長沙市の観光スポット、洋湖水街で撮影した、同街の名所をかたどったアイスキャンディー。中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)博物館が1日、三星堆遺跡の代表的な遺物「青銅仮面」をかたどったアイスキャンディーを発売し、インターネットで話題を呼んだ。これに続き、湖南省長沙市の洋湖水街や岳陽楼、湖北省武漢市の黄鶴楼、北京市の故宮など、全国各地の観光名所がそれぞれ見栄えのいい文化クリエーティブ・アイスを次々と発売。ネット上では「全国観光地クリエーティブ・アイスキャンディー大賞」が検索急上昇ワードとなり、一時は全国各地のアイスキャンディー・バトルが展開された。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月10日
    (4)観光名所をかたどったアイスキャンディーがネットで話題に

    4日、湖南省岳陽市で撮影した、岳陽楼をかたどったアイスキャンディー。中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)博物館が1日、三星堆遺跡の代表的な遺物「青銅仮面」をかたどったアイスキャンディーを発売し、インターネットで話題を呼んだ。これに続き、湖南省長沙市の洋湖水街や岳陽楼、湖北省武漢市の黄鶴楼、北京市の故宮など、全国各地の観光名所がそれぞれ見栄えのいい文化クリエーティブ・アイスを次々と発売。ネット上では「全国観光地クリエーティブ・アイスキャンディー大賞」が検索急上昇ワードとなり、一時は全国各地のアイスキャンディー・バトルが展開された。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月10日
    (2)観光名所をかたどったアイスキャンディーがネットで話題に

    4日、湖南省岳陽市で撮影したスナメリをかたどったアイスキャンディー。中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)博物館が1日、三星堆遺跡の代表的な遺物「青銅仮面」をかたどったアイスキャンディーを発売し、インターネットで話題を呼んだ。これに続き、湖南省長沙市の洋湖水街や岳陽楼、湖北省武漢市の黄鶴楼、北京市の故宮など、全国各地の観光名所がそれぞれ見栄えのいい文化クリエーティブ・アイスを次々と発売。ネット上では「全国観光地クリエーティブ・アイスキャンディー大賞」が検索急上昇ワードとなり、一時は全国各地のアイスキャンディー・バトルが展開された。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    2021 Florida Air Show

    BROWARD United States Of America, FL - MAY 09: (No sales New York Post) Air Force Heritage Flight (F-16 & P-51) performs at the 2021 Florida Air Show on May 9, 2021 on the Beach in Broward County, Florida...People: Air Force Heritage Flight (Credit Image: © SMG via ZUMA Wire)、クレジット:©SMG via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    2021 Florida Air Show

    BROWARD United States Of America, FL - MAY 09: (No sales New York Post) Air Force Heritage Flight (F-16 & P-51) performs at the 2021 Florida Air Show on May 9, 2021 on the Beach in Broward County, Florida...People: Air Force Heritage Flight (Credit Image: © SMG via ZUMA Wire)、クレジット:©SMG via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: The crowd sings along and cheers as Sheila E. performs on stage at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: The Mighty Gospel Warriors perform on stage at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: Drummer and singer Sheila E. performs on stage at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: The McIntyre family of Tampa (L-R) Royce, 7, Royal 20, Latricia, 42 and Robert, 40 enjoy the music at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: The Mighty Gospel Warriors perform on stage at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: Drummer and singer Sheila E. performs on stage at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    Florida News - May 9, 2021

    May 9, 2021, Tampa, Florida, USA: The McIntyre family of Tampa (L-R) Royce, 7, Royal 20, Latricia, 42 and Robert, 40 enjoy the music at the Tampa Bay Black Heritage Music Festival, on Sunday, May 9, 2021 in Tampa (Credit Image: © Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire)、クレジット:©Luis Santana/Tampa Bay Times via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    彫刻の下絵 首里城復元の資料見つかる

    首里城正殿の玉座の背後を飾った彫刻の下絵。今さんが書き込んだ注意点や修正点が残る

  • 2021年05月08日
    Restoration work on the Borkenhäuschen in Wörlitz Park

    08 May 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The graduate restorer Kerstin Klein (r) and the sculptor Katharina Günther apply the last parts of slab boards to missing parts on the over 230-year-old Borkenhäuschen in Wörlitz Park. The small wooden house, also known as Wurzelhütte, has been extensively restored in the last two years. The Borkenhäuschen served Prince Franz as a private bathhouse for changing clothes before swimming in Lake Wörlitz and is clad on the outside with gnarled oak trunks, slabs and bark. Inside, coffers of elm half-trunks and with hand-woven reed mats and rush braids adorn the walls and ceiling. The park was laid out in the second half of the 18th century by Prince Leopold Friedrich Franz von Anhalt-Dessau as an English garden kingdom. The landscape park near Dessau is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    Restoration work on the Borkenhäuschen in Wörlitz Park

    08 May 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The graduate restorer Kerstin Klein attaches the last parts of slab boards to missing parts on the over 230-year-old Borkenhäuschen in the Wörlitz Park. The small wooden house, also known as Wurzelhütte, was extensively restored in the last two years. The Borkenhäuschen served Prince Franz as a private bathhouse for changing clothes before swimming in Lake Wörlitz and is clad on the outside with gnarled oak trunks, slabs and bark. Inside, coffers of elm half-trunks and with hand-woven reed mats and rush braids adorn the walls and ceiling. The park was laid out in the second half of the 18th century by Prince Leopold Friedrich Franz von Anhalt-Dessau as an English garden kingdom. The landscape park near Dessau is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    Restoration work on the Borkenhäuschen in Wörlitz Park

    08 May 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The graduate restorer Kerstin Klein (l) and the sculptor Katharina Günther apply the last parts of slab boards to missing parts on the over 230-year-old Borkenhäuschen in Wörlitz Park. The small wooden house, also known as Wurzelhütte, has been extensively restored in the last two years. The Borkenhäuschen served Prince Franz as a private bathhouse for changing clothes before swimming in Lake Wörlitz and is clad on the outside with gnarled oak trunks, slabs and bark. Inside, coffers of elm half-trunks and with hand-woven reed mats and rush braids adorn the walls and ceiling. The park was laid out in the second half of the 18th century by Prince Leopold Friedrich Franz von Anhalt-Dessau as an English garden kingdom. The landscape park near Dessau is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    Restoration work on the Borkenhäuschen in Wörlitz Park

    08 May 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The graduate restorer Kerstin Klein (l) and the sculptor Katharina Günther apply the last parts of rind boards and reeds to missing parts on the over 230-year-old bark hut in the Wörlitz Park. The small wooden house, also known as the Wurzelhütte, has been extensively restored in the last two years. The Borkenhäuschen served Prince Franz as a private bathhouse for changing clothes before swimming in Lake Wörlitz and is clad on the outside with gnarled oak trunks, slabs and bark. Inside, coffers of elm half-trunks and with hand-woven reed mats and rush braids adorn the walls and ceiling. The park was laid out in the second half of the 18th century by Prince Leopold Friedrich Franz von Anhalt-Dessau as an English garden kingdom. The landscape park near Dessau is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    Restoration work on the Borkenhäuschen in Wörlitz Park

    08 May 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The graduate restorer Kerstin Klein (l) and the sculptor Katharina Günther apply the last parts of rind boards and reeds to missing parts on the over 230-year-old bark hut in the Wörlitz Park. The small wooden house, also known as the Wurzelhütte, has been extensively restored in the last two years. The Borkenhäuschen served Prince Franz as a private bathhouse for changing clothes before swimming in Lake Wörlitz and is clad on the outside with gnarled oak trunks, slabs and bark. Inside, coffers of elm half-trunks and with hand-woven reed mats and rush braids adorn the walls and ceiling. The park was laid out in the second half of the 18th century by Prince Leopold Friedrich Franz von Anhalt-Dessau as an English garden kingdom. The landscape park near Dessau is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    三内丸山遺跡 奄美・沖縄、10日にも勧告

    青森市の三内丸山遺跡

  • 2021年05月07日
    Pretziener Weir - Candidate for the UNESCO World Heritage List

    07 May 2021, Saxony-Anhalt, Pretzien: Saxony-Anhalt‘s state government wants to propose the Pretzien Weir, built in 1875, for the UNESCO World Heritage List. The weir protects the cities of Magdeburg and Schönebeck from flooding. It has been drawn 64 times since it was commissioned. (Photo taken with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    Pretziener Weir - Candidate for the UNESCO World Heritage List

    07 May 2021, Saxony-Anhalt, Pretzien: Saxony-Anhalt‘s state government wants to propose the Pretzien Weir, built in 1875, for the UNESCO World Heritage List. The weir protects the cities of Magdeburg and Schönebeck from flooding. It has been drawn 64 times since it was commissioned. (Photo taken with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    Pretziener Weir - Candidate for the UNESCO World Heritage List

    07 May 2021, Saxony-Anhalt, Pretzien: Burkhard Henning from the State Office for Flood Protection (l.), State Secretary for Culture Gunnar Schellenberger (m.) and State Archaeologist Harald Meller (r.) talk about the significance of the structure at the Pretzien Weir. Saxony-Anhalt wants to propose the Pretzien Weir, built in 1875, for the UNESCO World Heritage List. The weir protects the cities of Magdeburg and Schönebeck from flooding. It has been drawn 64 times since it was commissioned. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    Pretziener Weir - Candidate for the UNESCO World Heritage List

    07 May 2021, Saxony-Anhalt, Pretzien: Saxony-Anhalt‘s state government wants to propose the Pretzien Weir, built in 1875, for the UNESCO World Heritage List. The weir protects the cities of Magdeburg and Schönebeck from flooding. It has been drawn 64 times since it was commissioned. (Photo taken with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (5)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、ハグマノキと霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (11)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に建つ天王殿。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (1)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に建つ大聖緊那羅殿の後方の様子。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (4)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の近くにある通り。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (8)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に立つ石塔に施された彫刻の一部。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (9)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に立つ石塔に施された彫刻の一部。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (13)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に建つ大聖緊那羅殿の前方の様子。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (18)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、八大処清凉寺の入り口から望む霊光寺仏牙舍利塔(中央)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (8)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔(画像千仏塔)の基壇に設置された遺跡を示す碑刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (6)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、夕日に照らされた霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (7)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に立つ石塔と文保碑。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (2)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の牌坊の裏側。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (3)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の牌坊、双塔および天王殿。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (6)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の前に立つ双塔。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (10)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の山門。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (13)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇に施された彫刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (15)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の招仙塔基壇と仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (12)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇(部分)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (15)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の傍らを流れる運河の夜景。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (10)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に立つ石塔に施された彫刻の一部。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (4)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺心経照壁の横から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (1)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺玉仏殿前から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (11)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の講堂。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (16)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇に施された彫刻。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (9)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺山門殿の後方から見た牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (7)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、夕日に照らされた八大処翠微山と霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (5)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の境内に建つ普賢殿。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (17)爽やかな春に華やぐ香積寺を訪ねて浙江省杭州市

    香積寺の牌坊。(2020年10月5日撮影)中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の香積寺巷にある香積寺は、北宋の太平興国(978)年に創建された。当初は「興福寺」と呼ばれていたが、北宋の大中祥符年間(1008~16年)に皇帝真宗(しんそう)から香積寺の名を下賜(かし)された。元代末期に火災で焼失し、その後何度も再建が繰り返されたが、最終的には災害により破壊された。霊隠寺などの寺院に参拝する参拝客が1泊することが多かったことから、「運河第一の参拝地」と呼ばれてきた。境内にはかつて清の康熙52(1713)年に建てられた宝塔が2基あったが、現在は1基のみが残る。塔の構造や浮き彫りの様式は、清代を代表するものとされている。同寺は2009年に再建され、うち大聖緊那羅王殿と鐘鼓楼は銅で建造された。他のいくつかの大殿(本堂)の屋根にも銅瓦が使われ、屋根の最上部にある棟(むね)の部分や欄干などにも銅板葺(どうばんぶき)が施されている。現在、大聖緊那羅王菩薩(監齋菩薩)を本尊としており、国内で唯一の同菩薩を祭る寺院となっている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (2)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺の玉仏殿と仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (14)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺招仙塔の基壇(部分)。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (17)春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、翠微山の山道から望む霊光寺仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (5)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園の祈年殿を訪れた観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (4)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (1)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園の祈年殿を訪れた観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (6)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園を散策する観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    Hong Kong News - May 5, 2021

    May 5, 2021, Hong Kong, China: ‘‘The Legend of Kwan Tak-hing - On Stage, On Screen and Off‘‘ exhibition at the Hong Kong Heritage Museum in Sha Tin. 05MAY21 SCMP / Winson Wong (Credit Image: © Winson Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Winson Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (3)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園の祈年殿前で、祈年殿の形をしたアイスクリームの写真を撮る観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (2)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園の祈年殿を背景に写真撮影をする観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (4)天壇で過ごす5連休のひととき北京市

    4日、天壇公園を散策する観光客。労働節(メーデー)5連休中の中国北京市では、多くの観光客が世界遺産の天壇公園を訪れ、休日のひとときを楽しんでいる。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (13)潮州鳳凰塔を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、潮州鳳凰塔の塔身の題額と対聯。中国広東省潮州市の鳳凰塔は、潮州古城から東南約2キロの韓江のほとりにある。遠くに鳳凰山を望み、川を挟んで鳳凰台に面していることからその名が付いた。創建は明の万暦13(1585)年で、清の乾隆30(1765)年に再建された。七層八面で高さ45・8メートル、基壇の周囲46・6メートル、壁の厚さ2メートル。1、2層は石造り、3層より上はれんが造りになっている。内部は空洞で二重壁の内側にらせん階段があり、最上層まで登ることができる。塔頂部の鉄製ひょうたんは高さ3メートルで、重さは10トン以上ある。基壇にはさまざまな祥禽・瑞獣、美しい花、力士などが刻まれている。塔門は西北に面し、両側に明の万暦年間に潮州知府(府の長官)が記した対聯(ついれん、対句)が配されている。鳳凰塔は地勢のけわしい韓江東岸に立つが、400年余りにわたり台風や洪水、地震などの試練に耐え、今なお堂々とそびえ立っている。1962年に同省の重点文物保護単位(省重要文化財)に指定されている。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (2)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (3)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    News - May 4, 2021

    May 4, 2021, ALBUQUERQUE, NEW MEXICO, USA: 050421.Sandia Matador Dylan D‘arco , left takes the charge while defending Atrisco Heritage Atrisco Heritage .Photographed on Tuesday May 4, 2021. Adolphe Pierre-Louis/Journal (Credit Image: © Adolphe Pierre-Louis/Journal/Albuquerque Journal via ZUMA Wire)、クレジット:©Adolphe Pierre-Louis/Journal/Albuquerque Journal via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (14)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、自身のアトリエで、助手がタンカに色を塗る様子を見守るドルジェさん(手前右)。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (6)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、自宅のアトリエで作業するタシさん。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、自宅のアトリエで、タンカに色を塗るタシさん。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、息子のタシさん(右)を指導するドルジェさん。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓の発掘風景。(4月24日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓。(4月20日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (10)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (9)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (18)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    Hong Kong News - May 4, 2021

    May 4, 2021, HONG KONG, CHINA: Press preview of ‘‘The Legend of Kwan Tak-hing - On Stage, On Screen and Off‘‘ exhibition at the Hong Kong Heritage Museum, Sha Tin. 04MAY21 SCMP/ Winson Wong (Credit Image: © Winson Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Winson Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    春の北京八大処、霊光寺仏牙舎利塔を探訪

    4日、霊光寺許願台(願掛け所)から見た仏牙舍利塔。中国北京市の八大処公園は、西山に連なる翠微山、虎頭山、盧師山に囲まれている。三山は肘掛け椅子の背もたれと左右の肘掛けの形に並んでおり、山中には八つの古刹が点在する。霊光寺は八大処に現存する最も重要な寺院で、創建は唐の大暦年間(766~779)。境内には遼代に建てられた招仙塔の基壇が残る。画像千仏塔とも呼ばれた同塔は、1900年の義和団運動を機に北京に侵攻した8カ国連合軍の砲火で破壊されたが、その後、残された基壇の後片付けで仏歯舎利を納めた石函が見つかった。中国仏教協会は1958年、仏牙舎利塔の建立を開始。1964年に完成すると純金の七宝塔に仏歯舎利を納めた。仏歯舎利は世界にわずか2点しか伝わっていないため、今では世界の仏教僧徒が参拝する地となっている。(北京=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (20)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (5)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、アトリエでタンカの輪郭線を描くドルジェさん。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)伝統芸術を伝えるタンカ画家の親子四川省

    4月30日、タシさんの自宅のアトリエで、タンカに色を塗る画家ら。中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市の塔公草原で暮らすタシさん(35)と父親のドルジェさんはタンカ(チベット仏教の仏画)画家で、ドルジェさんは約40年のキャリアと高度な技術を持つ。タシさんは7歳の頃からドルジェさんとタンカを描いてきた。二人は毎年、大型タンカを4~5枚、あるいは小型タンカを十数枚制作し、20万元(1元=約17円)余りの収入を得ている。かつて、より多くの寺院用の大型タンカを描いたこともある。ここ数年、地元の人たちがますます豊かになり、同省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路を利用する人も増えていることから、小型タンカの需要が高まっている。二人が描いたタンカは、同自治州だけでなく、雲南省などでも販売されているという。(康定=新華社記者/陳燮)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓。(4月20日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (12)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    The Wartburg near Eisenach

    04 May 2021, Thuringia, Eisenach: The flag of the Federal Republic of Germany flies next to the gilded tower cross of the Wartburg on the keep. The Wartburg was founded around 1067 by Louis the Knight and has been a UNESCO World Heritage Site since 1999. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓から出土した銅銭。(4月28日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...