KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 7日以内
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
184
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
184
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月19日
    (6)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (9)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (10)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (14)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した動物の骨。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (12)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、土壌から古DNAが検出された土層の穴を指すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.93
    2021年04月19日
    「新華社」古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(記者/陳嬙、欧東衢、施銭貴) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で調査を実施するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (11)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/王東震)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ピラミッドに沈む夕日エジプト・カイロ

    14日、ギザのピラミッドに沈む夕日。エジプト・カイロで、ギザのピラミッドに沈む夕日を撮影した。世界で最も有名な遺跡の一つが、夕焼けに浮かび上がる雄大な景色が見られた。(カイロ=新華社記者/隋先凱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡から出土した遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    金蘭寺遺跡で出土した墓と古人骨。(3月20日撮影)中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡で見つかった貝塚。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    6日、金蘭寺遺跡から出土した新石器時代後期の石環。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で層序を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の土層に露出した動物化石を示すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。(小型無人機から)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (13)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した磨製石器。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    聖火を運ぶ田野口さん 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げて聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    聖火を運ぶ田野口佳奈さん 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げて聖火を運ぶ田野口佳奈さん=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げ聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で聖火ランナーを運ぶ和船。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    高松市の聖火リレー 聖火リレー香川2日目

    高松城跡の堀で和船に乗り込みトーチを掲げ聖火を運ぶ田野口佳奈さん。後方から約10人が泳いで続いた=18日夕、高松市

    撮影: 18日夕、高松市

  • 2021年04月18日
    World Heritage Day

    April 18, 2021, Kathmandu, Bagmati, Nepal: A man wearing face mask visits Hanumandhoka Durbar Square,a UNESCO heritage site on World Heritage Day in Kathmandu, Nepal, April 18, 2021. (Credit Image: © Sunil Sharma/ZUMA Wire)、クレジット:© Sunil Sharma/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (11)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品の部分拡大図。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (15)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの図案を描く黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (17)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの半製品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、検品作業のやり方を職人に教える黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(左)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.52
    2021年04月18日
    「新華社」世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。18世紀以降のチベット建築や絵画、彫像、彫刻など芸術の精華が一堂に会するこの「文化芸術の宝庫」は、1988年国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、2001年12月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録された。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池がある庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。宮殿の屋根の修繕プロジェクトは2年間の調査と設計を経て、2017年に国家文物局に承認された。19年末に公開入札が終わり、20年末に事前準備作業が始まった。プロジェクトには3868万元(1元=約17円)の国家特別予算が割り当てられた。(記者/洛卓嘉措、春拉) =配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの図案を描く黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、織り糸を整える黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (16)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの製織技法について弟子と話し合う黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(奥中央)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    宮殿から取り外した装飾部材の寸法を測る修理作業員。(4月2日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (10)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの凸凹をなくして平らにする職人。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、じゅうたんを織る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、製図板の上で天水絹じゅうたんのデザイン画に色を塗る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (18)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (13)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、図面を見ながら天水絹じゅうたんを織る職人。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの完成品をチェックする黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、同市のじゅうたんメーカー、天水新天絲毯の製品展示室で、絹じゅうたんの完成品をチェックする黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (6)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの工場で、職人と共にじゅうたんを織る黄晶蓉(こう・しょうよう)さん(手前)。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (12)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    14日、自身の代表作を見せる黄晶蓉(こう・しょうよう)さん。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (14)無形文化遺産「天水絹絨毯」の製織技法を伝える伝承者甘粛省

    12日、天水絹じゅうたんの完成品。中国甘粛省天水市の伝統工芸品「天水絹じゅうたん」は、上質な生糸を原料とし、図案のデザインや染織など20以上の工程を経て全て手作業で制作される。完成したじゅうたんは、表面が独特な質感を持つことから「東洋の柔らかなレリーフ(浮き彫り)」として知られており、その製織技法は2014年に第4次国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    金メッキ屋根から取り外された宮殿の装飾部材。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.47
    2021年04月18日
    「新華社」貴州省小七孔風景区など、観光客誘致で入場料を優遇

    旧暦3月3日(今年は4月14日)は中国少数民族の伝統的な祝日。広西チワン族自治区では2014年から「チワン族三月三」を地元独自の法定休日と定めている。例年は2日間の休みだが、今年は休日を振り替えたことで、14日から17日までの4連休となった。貴州省貴陽市と広西チワン族自治区桂林市の境界に位置する貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県にある小七孔風景区は、14日から観光のピークを迎えている。同風景区は広西チワン族自治区からの観光客を誘致するため、今年の「三月三」連休期間中、同自治区在住の観光客に対し入場料を半額にする割引制度を実施している。世界自然遺産に登録された貴州省茘波県にある小七孔風景区は、国家5A級観光地(最高ランク)に指定されている。全長12キロ、幅1キロの山奥に伸びる谷で、「大自然の箱庭」と称されている。小七孔風景区の他、雲南省のデチェン・チベット族自治州や紅河ハニ族イ族自治州なども類似の優待を打ち出している。(記者/崔暁強、陶亮) =配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、孔明鎖を体験する河北省沙河市第四中学の生徒。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: Two people visit the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Reloj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: A man visits the graphic exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Rejoj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: The artist Pepe de Rojas, in the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Centro Cultural Casa del Reloj, on 17 April 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the seal Minuni. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: The artist Pepe de Rojas, in the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Centro Cultural Casa del Reloj, on 17 April 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the seal Minuni. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: A man visits the graphic exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Rejoj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: The artist Pepe de Rojas, in the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Centro Cultural Casa del Reloj, on 17 April 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the seal Minuni. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: A man visits the graphic exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Rejoj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    (5)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市の古建築修繕作業現場で働く職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: The artist Pepe de Rojas, in the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Centro Cultural Casa del Reloj, on 17 April 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the seal Minuni. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: A woman visits the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Reloj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: A woman visits the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Reloj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    (8)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (5)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、孔明鎖を体験する河北省沙河市第四中学の生徒。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (1)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: Three people visit the graphic exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Centro Cultural Casa del Rejoj, on 17 April 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    (6)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (4)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: Two people visit the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Reloj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月17日
    Exhibition ‘Spain as a World Heritage Site‘, in the Casa del Reloj Cultural Centre

    April 17, 2021, MADRID, Madrid, Spain: Two people visit the exhibition ‘Spain World Heritage‘ at the Cultural Center Casa del Reloj, on April 17, 2021, in Madrid (Spain). The exhibition consists of a tour of places distinguished by Unesco under the Minuni label. This artistic format aims to convey the essence of each place through the synthesis of its forms, with the objective of the dissemination of these places...17 APRIL 2021;SPAIN WORLD HERITAGE;CASA DEL RELOJ CULTURAL CENTRE;MADRID..Ricardo Rubio / Europa Press..04/17/2021 (Credit Image: © Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Ricardo Rubio/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年04月16日
    Protest requesting the resignation of mayor Ada Colau in Barcelona, Spain - 16 Apr 2021

    April 16, 2021, Barcelona, Spain: Protesters hold a banner with a slogan Colau kills Barcelona but multiplies her heritage during the demonstration..Around 300 people summoned by different civic entities have demonstrated through the streets of Barcelona to the door of the City Hall to request the resignation of the mayor of Barcelona Ada Colau and to show rejection of the municipal policies of urban development and security. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    Protest requesting the resignation of mayor Ada Colau in Barcelona, Spain - 16 Apr 2021

    April 16, 2021, Barcelona, Spain: Protesters hold a banner with a slogan Colau kills Barcelona but multiplies her heritage during the demonstration..Around 300 people summoned by different civic entities have demonstrated through the streets of Barcelona to the door of the City Hall to request the resignation of the mayor of Barcelona Ada Colau and to show rejection of the municipal policies of urban development and security. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    Protest requesting the resignation of mayor Ada Colau in Barcelona, Spain - 16 Apr 2021

    April 16, 2021, Barcelona, Spain: Protesters hold a banner with a slogan Colau kills Barcelona but multiplies her heritage during the demonstration..Around 300 people summoned by different civic entities have demonstrated through the streets of Barcelona to the door of the City Hall to request the resignation of the mayor of Barcelona Ada Colau and to show rejection of the municipal policies of urban development and security. (Credit Image: © Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paco Freire/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    Daily Life in Nepal

    April 16, 2021, Lalitpur, Nepal: A woman wades through a waterlogged path after a spell of heavy rainfall inside Patan Durbar Square, a UNESCO World Heritage Site in Lalitpur, Nepal on Friday, April 16, 2021. (Credit Image: © Skanda Gautam/ZUMA Wire)、クレジット:©Skanda Gautam/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    無形文化財の登録制度新設

    登録制度のイメージ

  • 2021年04月16日
    無形文化財の登録制度新設

    登録制度のイメージ

  • 2021年04月16日
    (8)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (9)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2020年4月28日撮影)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (16)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区の時荘遺跡で見つかった円形と角丸四角形の倉庫跡(上が北)。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (36)2020年度中国十大考古新発見が発表

    吉林省図們市の磨盤村山城遺跡の1号中庭。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (5)2020年度中国十大考古新発見が発表

    浙江省余姚市の井頭山遺跡から出土した海産軟体動物の貝殻。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (3)2020年度中国十大考古新発見が発表

    貴州省貴陽市貴安新区にある招果洞遺跡から出土した打製石器。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (22)2020年度中国十大考古新発見が発表

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のサンダルンガ墓地から出土した金の掛け飾り。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (13)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区にある時荘遺跡の全景。(資料写真、小型無人機から)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (28)2020年度中国十大考古新発見が発表

    陝西省西安市の少陵原十六国大墓から出土した陶製の鼓吹儀仗(ぎじょう)俑。2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (34)2020年度中国十大考古新発見が発表

    青海省都蘭県の熱水墓群2018血渭1号墓から出土したトルコ石を象眼した「鑲緑松石金覆面」。(資料写真)2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (15)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟山門前の広場。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (9)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟の錦香池と山門。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (19)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟の万福台。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.55
    2021年04月16日
    「新華社」天下の名硯「端渓硯」の技術を伝える広東省肇慶市

    中国四大名硯の一つ、端渓硯(たんけいけん)の産地として知られる広東省肇慶市はここ数年、硯(すずり)の製作技法の継承に取り組むとともに、関連する観光業や小売業の発展にも力を入れてきた。端渓硯は現代文化産業においても輝きを失っていない。端渓硯は1300年余り前の唐代から、朝廷への献上品として広く知られてきた。石質が硬く滑らかで、墨の下りも良く、冬でも凍らないことから、歴代の文人墨客が文房の至宝としてきた。製作過程は非常に複雑で、石の採掘や選定、石割、はつり、設計、彫刻、木枠作り、研磨、蝋引きなどの工程に分かれている。同市は2004年、「中国硯の都」の称号を授与され、端渓硯は地理的表示(GI)産品として認可された。2006年には国の無形文化遺産にも指定されている。同省端渓硯協会の王建華(おう・けんか)会長によると、同市の関連産業の従事者数は現在、3万人を超えるという。(記者/壮錦) =配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (17)2020年度中国十大考古新発見が発表

    河南省周口市淮陽区の時荘遺跡で見つかった、穀倉跡の底部から検出されたアワやキビの成分。2020年度の「全国十大考古新発見」が13日、中国北京市で発表された。入選したプロジェクト10件は次の通り。1、貴州省貴陽市貴安新区の招果洞遺跡。2、浙江省余姚市の井頭山(せいとうざん)遺跡。3、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺跡。4、河南省周口市淮陽区の時荘遺跡。5、河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地。6、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県の桑達隆果(サンダルンガ)墓地。7、江蘇省徐州市の土山2号墓。8、陝西省西安市の少陵原十六国大墓。9、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。10、吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市の磨盤村山城遺跡。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (24)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟の建築群。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (22)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟正殿の内部。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (26)道教文化の宝庫「仏山祖廟」を探訪広東省仏山市

    仏山祖廟の慶真楼。(3月25日撮影)中国広東省仏山市の仏山祖廟は、北宋の元豊年間(1078~85年)の創建で、その歴史の長さから「仏山諸廟の首」と呼ばれる。明代初期から繰り返された二十数回の改修により、現在の建築面積3600平方メートルに及ぶ明清古建築群となった。境内には多くの美術工芸品が残ることから「東方民間文化芸術の宮殿」とも呼ばれている。祖廟は道教で北方の守護神とされる真武大帝(玄天上帝)を祭る神廟を指す。仏山祖廟の建築群は、南北を貫く中軸線上に並ぶ万福台、霊応牌坊、錦香池、三門、前殿、正殿、慶真楼などの古建築で構成され、宋、明、清各時代の建築特徴を併せ持つ。中でも霊応牌坊は華南地区で最も有名な木石構造の牌坊の一つで、万福台は同地区で最も保存状態の良い古舞台とされている。1996年には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (1)新緑の伝統村落を訪ねて安徽省

    14日、古い大型船のような西逓村。(小型無人機から)中国の伝統的祝日「上巳節」(旧暦3月3日)に当たる14日、江南の水郷地帯に位置する安徽省黄山市黟(い)県西逓鎮の西逓村には多くの観光客が訪れ、「徽派」の建築様式を持つ古民家が山や川に映える美しい風景を堪能した。同村は安徽省南部を代表する伝統的な村落の景観が良好に保存されていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(黄山=新華社記者/林翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2