KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
43,151
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
43,151
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月18日
    (8)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の飛天童子像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、釈迦(しゃか)の三身(法身、報身、応身)を表した観音寺毘盧堂の仏像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音塑像群(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像。大型の浮き彫り群の中央にあり、高さは2・48メートル。南海の荒波を背景に、鼇(ごう、大亀)の頭の上に立つ。重さ数百キロの像を支える支柱は鼇の中に隠れており、中空に浮いているように見える。500年経ってもまったく動いておらず、当時の仏師の知恵と高い技術がうかがえる。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の等身大羅漢塑像と高さ50センチの五百羅漢像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の塑像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡で見つかった2号院落「一門三道」遺構。(資料写真)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、夕日に照らされ、ヤムドク湖に映る日托寺の影。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、日托寺の近くで撮影した星空(スタック写真)。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、夕日を浴びる日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁遺構(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖の岸辺に広がる草むらを駆けるチベットガゼル。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (10)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖北岸の小さな島にある日托寺。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (9)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、ヤムドク湖の岸辺に広がる草むらで餌を探すチベットガゼル。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の明代墓から出土した副葬品の磁器香炉。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で確認された馬面の輪郭(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の明代墓から出土した副葬品の銅鏡。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった城壁建設時の地突き痕。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    10日、空から見た日托寺。(小型無人機から)日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)絵のように美しいヤムドク湖北岸の日托寺チベット自治区

    9日、日托寺のある小島に通じる唯一の道。日托寺は、中国チベット自治区の三大聖湖の一つ、ヤムドク湖(羊卓雍錯)北岸の小さな島にある。辺境の地にあり、交通不便なため、訪れる観光客は少ないが、ここには絵のように美しい風景が広がっている。寺からは360度に広がる同湖を一望でき、岸辺を歩けばチベットガゼルやインドガンを見ることもできる。暗くなれば湖面に映る満天の星空を楽しむこともできる。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁(左)と順城街(右側凹部分)の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓から出土した副葬品の金メッキされた銅製の金剛杵。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地で見つかった元代墓の墓室(部分)。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓の墓道から出土した白塗りの陶器。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓の墓道から出土した白塗りの陶製香炉。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker shows hand-made aged vinegar brewed at home in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    An artisanal vinegar production process is displayed in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    Date vinegar is seen in Handan City, Hebei Province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker checks the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    Workers check the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    Workers check the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    Workers check the drying condition of balsamic vinegar in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar Intangible Heritage Craft Brewing Vinegar

    A worker turns over material at an acetic acid fermentation workshop in Handan, Hebei province, China, Jan 15, 2021.=2021(令和3)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月15日
    (10)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (7)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の一角。中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、無形文化遺産の工芸品を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、湘綉(湖南刺しゅう)の刺しゅう技法を見学する生徒。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏(頭部)。中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡で出土した炉台。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡の発掘エリア。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を撮影する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏の傍らに残る塑像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (9)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の水簾洞道観に残る壁画。中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群の拉梢寺摩崖大仏。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    12月24日、水簾洞石窟群のある魯班峡谷。(小型無人機から)中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(天水=新華社記者/張智敏)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡から出土したるつぼ壁の残骸。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡から出土した銅塊。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    12日、魯台山郭元咀遺跡から出土した鋳型片。中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社記者/喩珮)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、長沙銅官窯陶磁器の焼成過程を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、木造帆船の製造技術を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した滴水(てきすい、軒瓦の先端)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡の遠景。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎から出土した「官家舎利」銘のある瓦。(資料写真、組み合わせ写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した仏像。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.52
    2021年01月14日
    「新華社」貴州省で降雪、世界遺産「梵浄山」も銀世界

    中国貴州省でこのほど雪が降り、銅仁市にある世界自然遺産、梵浄山(ぼんじょうさん)も雪に覆われ白く染まった。武陵山脈の主峰を成す同山の最高地点は標高2500メートルを超える。ユネスコ「人間と生物圏」計画の生物圏保護地域に登録されており、中国の5A級景勝地に指定される国家級自然保護区でもある。(記者/汪軍、劉勤兵) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡2号建築基礎の見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した経幢(きょうどう)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した陶瓶。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (11)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の大殿遺構。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した施釉陶製鴟尾(しび、大棟両端の飾り)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の平面見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.30
    2021年01月14日
    「新華社」水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(記者/張智敏) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (7)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (8)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    Elテュas Bendodo, Jesテコs Aguirre, Patricia del Pozo meet with the presidents of the Andalusian brotherhoods .

    January 13, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for the Presidency, Public Administration and the Interior, Elテδュas Bendodo (c); the Councillor for Health and Families, Jesテδコs Aguirre (i); and the Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo (d), meet with the presidents of the Andalusian brotherhoods. In the Palace of San Telmo, Seville (Andalusia, Spain), on 13 January 2021...13 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/13/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月13日
    (5)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (6)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    黄驊市の郛堤城甕棺葬遺跡。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し復元された陶釜や陶盤、陶罐、筒形器などの葬具。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    Elテュas Bendodo, Jesテコs Aguirre, Patricia del Pozo meet with the presidents of the Andalusian brotherhoods .

    January 13, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for the Presidency, Public Administration and the Interior, Elテδュas Bendodo (c); the Councillor for Health and Families, Jesテδコs Aguirre (i); and the Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo (d), meet with the presidents of the groups of Andalusian brotherhoods (only graphics). At the Palacio de San Telmo, Seville (Andalusia, Spain), on 13 January 2021...13 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/13/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月13日
    Elテュas Bendodo, Jesテコs Aguirre, Patricia del Pozo meet with the presidents of the Andalusian brotherhoods .

    January 13, 2021, Seville (Andalusia, Madrid, Spain: The Councillor for the Presidency, Public Administration and the Interior, Elテδュas Bendodo (c); the Councillor for Health and Families, Jesテδコs Aguirre (i); and the Councillor for Culture and Historical Heritage, Patricia del Pozo (d), meet with the presidents of the Andalusian brotherhoods. In the Palace of San Telmo, Seville (Andalusia, Spain), on 13 January 2021...13 JANUARY 2021..Marテδュa Josテδ© Lテδウpez / Europa Press..01/13/2021 (Credit Image: ツ© MarテδュA Josテδ© LテδウPez/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:ツ©MarテδュA Josテδ©LテδウPez/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

  • 2021年01月12日
    厳島神社 厳島神社・資料

    世界遺産・厳島神社。手前は改修工事中の大鳥居=広島県廿日市市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 広島県廿日市市

  • 2021年01月12日
    (3)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、現地報告会で遺跡の状況を説明する羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者、盛偉(せい・い)氏。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    岳陽市屈原管理区にある羅子国城遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年01月11日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県明日香村

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...