KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大型建物
  • 掘立柱建物
  • 大壁建物
  • 建物遺構
  • 風景メイン
  • 世界遺産
  • 文化遺産
  • 重要文化財
  • テーマメイン
  • 厳島神社

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6,994
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
6,994
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:31.52
    2021年04月18日
    「新華社」世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。18世紀以降のチベット建築や絵画、彫像、彫刻など芸術の精華が一堂に会するこの「文化芸術の宝庫」は、1988年国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、2001年12月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録された。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池がある庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。宮殿の屋根の修繕プロジェクトは2年間の調査と設計を経て、2017年に国家文物局に承認された。19年末に公開入札が終わり、20年末に事前準備作業が始まった。プロジェクトには3868万元(1元=約17円)の国家特別予算が割り当てられた。(記者/洛卓嘉措、春拉) =配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    宮殿から取り外した装飾部材の寸法を測る修理作業員。(4月2日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    金メッキ屋根から取り外された宮殿の装飾部材。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (5)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市の古建築修繕作業現場で働く職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (8)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (6)歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)=配信日:2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    歴史と記憶を伝える古民家を保存甘粛省天水市

    13日、甘粛省天水市で古建築の修繕作業を行う職人。中国甘粛省天水市は2018年から、市街地の西関地区に残る大規模で保存状態の良い古民家に対し、緊急の保護や修繕を進めている。元の状態の保持を原則とし、重要部分を修復して歴史文化街区を形成することで、古民家に新たな命を吹き込み、歴史や記憶を伝えていく。修繕予定の文化財建造物62カ所のうち、17カ所で既に作業を終えた。今年7月までには全ての修繕を完了し、一部を一般開放することになっている。(天水=新華社記者/陳斌)=配信日:2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳 ナガレ山古墳・資料

    ナガレ山古墳=奈良県河合町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県河合町

  • 2021年04月12日
    ナガレ山古墳 ナガレ山古墳・資料

    ナガレ山古墳=奈良県河合町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良県河合町

  • 2021年04月12日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳の石室内=奈良県明日香村

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年04月12日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年04月12日
    石舞台古墳 石舞台古墳・資料

    石舞台古墳=奈良県明日香村

    撮影: 奈良県明日香村

  • 2021年04月02日
    (7)三星堆遺跡にまつわる数々の謎に迫る四川省広漢市

    四川省広漢市の三星堆博物館に展示されている、1986年に三星堆2号祭祀坑から出土した青銅神壇。この神壇は3層に分かれ、下の層には逆向きに並んだ一対の神獣、真ん中の層には4人の立人像、上の層には建物や人、飛ぶ鳥などの造形が施されている。垂直に並んだ「時空順序」は天、地、人の「三界」を表し、古蜀国の人たちの神話的な宇宙観を生き生きと表現している。(3月5日撮影)中国四川省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡でこのほど行われた再発掘調査において、遺物が相次いで発見され、同遺跡が再び注目を集めている。新たに見つかった祭祀坑6基から、黄金の仮面の破片や鳥の形をした金の装飾品、精巧な象牙彫刻などの重要遺物500点余りが出土し、考古学や文化財保護に対する世間の強い関心を呼び起こしている。(広漢=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿の屋根の修繕工事始まる

    金メッキを施した装飾部材を検査する修理作業員。(4月2日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿部分の屋根の修繕工事始まる

    「阿嘎土」と呼ばれる伝統的な材料で屋根を作る人々。男女約70人が数人ずつ並び、歌を歌いながら、木の棒や石でできた道具で、材料を叩いて押し固める。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿の屋根の修繕工事始まる

    修繕作業が進むノルブリンカの宮殿。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    世界遺産「ノルブリンカ」、宮殿の屋根の修繕工事始まる

    屋根や装飾部品の修繕に使う金箔(きんぱく)を切る職人。(3月29日撮影)中国チベット自治区の世界遺産「ノルブリンカ」でこのほど、宮殿の金メッキ屋根の修繕プロジェクトが始まった。チベット語で「宝の庭園」を意味するノルブリンカは、ダライ・ラマ7世時代の1751年に創建、すでに270年の歴史がある。歴代ダライ・ラマが夏を過ごした離宮であり、池を有した庭園と宮殿から成る。同自治区最大規模で、造形も美しく、多くの歴史的な建物が保存されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (2)いにしえの学びの場「東林書院」を訪ねて江蘇省無錫市

    25日、東林書院を象徴する高さ7・24メートルの建造物、石牌坊。1604(明・万暦32)年創建で、「三間四柱五楼式」と呼ばれる構造を持つ。中国浙江省無錫市の東林書院は宋代創建の私塾で、明代に隆盛し、清代にも拡張され学ぶ人が増えた。地域の文化史跡として古くから国内外で広く知られている。東林書院は1111(北宋・政和元)年、著名な学者、楊時(よう・じ)が当時の無錫城の東、七箭河のほとりに開設。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に認定されている。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    U.S. Vice President Kamala Harris with USS Constitution Heritage Desk

    STYLELOCATIONU.S. Vice President Kamala Harris sits behind the new USS Constitution desk created by the Naval History and Heritage Command in the Eisenhower Executive Office Building in the White House March 28, 2021 in Washington, DC. The heritage desk was crafted using wood from the USS Constitution known as Old Ironsides. (Credit Image: © Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    U.S. Vice President Kamala Harris with USS Constitution Heritage Desk

    STYLELOCATIONU.S. Vice President Kamala Harris conducts business behind the new USS Constitution desk created by the Naval History and Heritage Command in the Eisenhower Executive Office Building in the White House March 28, 2021 in Washington, DC. The heritage desk was crafted using wood from the USS Constitution known as Old Ironsides. (Credit Image: © Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    St. Louis City Hall Now Has Exterior Lighting CITY HALL

    St. Louis Mayor Lyda Krewson finishes the countdown as 120 new LED lighting fixtures are turned on, lighting St. Louis City Hall in St. Louis on Wednesday, March 24, 2021. The building, built in 1904, is inspired by the City Hall of Paris and was designed in a French Renaissance Revival style to pay homage to the City‘s French heritage and is widely considered to be an architectural gem. Photo by Bill Greenblatt/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    St. Louis City Hall Now Has Exterior Lighting CITY HALL

    Members of the St Louis Board of Aldermen take a photo that includes the newly lit St. Louis City Hall in St. Louis on Wednesday, March 24, 2021. The building, built in 1904, is inspired by the City Hall of Paris and was designed in a French Renaissance Revival style to pay homage to the City‘s French heritage and is widely considered to be an architectural gem. Photo by Bill Greenblatt/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    St. Louis City Hall Now Has Exterior Lighting CITY HALL

    St. Louis Mayor Lyda Krewson finishes the countdown as 120 new LED lighting fixtures are turned on, lighting St. Louis City Hall in St. Louis on Wednesday, March 24, 2021. The building, built in 1904, is inspired by the City Hall of Paris and was designed in a French Renaissance Revival style to pay homage to the City‘s French heritage and is widely considered to be an architectural gem. Photo by Bill Greenblatt/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Dr. Selwyn O. Rogers, Jr., Chief, Section Of Trauma And Acute Care Surgery Founding Director, Trauma Center, University of Chicago Medicine, left, Chris Cheng, History ChannelâÂÂs Top Shot Season 4 Champion, second from left, Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, second from right, and Robyn Thomas, Giffords Law Center To Prevent Gun Violence, right, are sworn-in during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary on Gun Violence

    Dr. Selwyn O. Rogers, Jr., Chief, Section Of Trauma And Acute Care Surgery Founding Director, Trauma Center, University of Chicago Medicine, left, Chris Cheng, History ChannelâÂÂs Top Shot Season 4 Champion, second from left, Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, second from right, and Robyn Thomas, Giffords Law Center To Prevent Gun Violence, right, are sworn-in during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Photo by Rod Lamkey / CNP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年3月23日、クレジット:Lamkey Rod/CNP/ABACA/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Dr. Selwyn O. Rogers, Jr., Chief, Section Of Trauma And Acute Care Surgery Founding Director, Trauma Center, University of Chicago Medicine, left, Chris Cheng, History Channelâs Top Shot Season 4 Champion, second from left, Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, second from right, and Robyn Thomas, Giffords Law Center To Prevent Gun Violence, right, are sworn-in during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Dr. Selwyn O. Rogers, Jr., Chief, Section Of Trauma And Acute Care Surgery Founding Director, Trauma Center, University of Chicago Medicine, left, Chris Cheng, History Channelâs Top Shot Season 4 Champion, second from left, Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, second from right, and Robyn Thomas, Giffords Law Center To Prevent Gun Violence, right, are sworn-in during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence.

    Amy Swearer, Legal Fellow, The Heritage Foundation, offers her opening remarks during a Senate Committee on the Judiciary hearing to examine constitutional and common sense steps to reduce gun violence in the Hart Senate Office Building in Washington, DC, Tuesday, March 23, 2021. Credit: Rod Lamkey / CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (9)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される代州文廟主殿「大成殿」の藻井(そうせい、天井装飾の一種)。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (1)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される明代創建の辺靖楼。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (7)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される代州文廟(孔子廟)の主殿「大成殿」。明の成化年間(1465~87年)に改築・拡張された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    UNESCO World Heritage City of Quedlinburg

    16 March 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: A hiker stands in front of the collegiate church of Sankt Servatii on the Schloßberg. Currently, scaffolding is everywhere around the collegiate church. The roof truss of the listed building is being renovated. The work is scheduled to last until mid-2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    UNESCO World Heritage City of Quedlinburg

    16 March 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The collegiate church of St. Servatii on the Schloßberg is completely surrounded by scaffolding. The roof truss of the listed building is being renovated. The work is scheduled to last until mid-2022. Photo: Stephan Schulz/dpa-zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    UNESCO World Heritage City of Quedlinburg

    16 March 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: The half-timbered house Finkenherd 1 in the World Heritage town of Quedlinburg dates from the late Middle Ages. It is one of the most famous buildings in the city and is a listed building. Quedlinburg is rich in medieval testimonies, art and cultural treasures. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with the castle, the collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    UNESCO World Heritage City of Quedlinburg

    16 March 2021, Saxony-Anhalt, Quedlinburg: View of the listed residential building Grünhagen. The entire old town with over 1,200 half-timbered houses as well as the Schlossberg with the castle, collegiate church and the famous cathedral treasure were recognised by UNESCO as a World Heritage Site in 1994. Photo: Stephan Schulz/dpa-zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される元代の磚塔(せんとう)、阿育王塔。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (20)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    琉璃工芸品に細かい絵を丹念に描き入れる葛原生さん。(1月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、葛原生さんのアトリエに並ぶ作品。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (12)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、作品の焼き上がりをチェックする葛原生さん。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    アトリエで作品の制作に励む葛原生さん。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (13)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、山西省太原市迎沢区郝荘鎮の山の中で、弟子と琉璃の原料を集める葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、葛原生さんのアトリエに並ぶ作品。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (19)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    作品の焼き上がりをチェックする葛原生さん。(2019年3月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、弟子を指導する葛原生さん(右)。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (18)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    作品を焼き上げる葛原生さん。(2019年3月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (9)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    アトリエで作品の細部を見つめる葛原生さん。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (16)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    瑠璃工芸品に細かい彫刻を施す葛原生さん。(1月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、アトリエで孔雀藍の調合作業をする葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.47
    2021年03月06日
    「新華社」うっすらと雪化粧した水岩寺河北省昌黎県

    気温が上がり、少しずつ春らしくなってきた中国河北省秦皇島市昌黎(しょうれい)県でこのほど、雪が降り、碣石山のふもとにある水岩寺では、アブラマツやヒノキ、昔ながらの建物などがうっすらと雪化粧した。(記者/高博) =配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、山西省太原市迎沢区郝荘鎮で、山の中を歩きながら琉璃の原料を集める葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (14)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、葛原生さんが調合した孔雀藍。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (21)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    葛原生さんが制作した作品。(1月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、葛原生さんのアトリエに並ぶ作品。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    色付け前~完成までの琉璃工芸品。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (17)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    アトリエで作品の細部を見つめる葛原生さん。(1月13日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (10)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    アトリエで作品の制作に励む葛原生さん。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (11)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、釉薬のかけ方について話し合う葛原生さん(右)夫妻と弟子。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (15)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、アトリエで作品を見つめる葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    U.S. Vice President Kamala Harris with USS Constitution Heritage Desk

    STYLELOCATIONU.S. Vice President Kamala Harris sits behind the new USS Constitution desk created by the Naval History and Heritage Command in the Eisenhower Executive Office Building in the White House March 28, 2021 in Washington, DC. The heritage desk was crafted using wood from the USS Constitution known as Old Ironsides. (Credit Image: © Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    U.S. Vice President Kamala Harris with USS Constitution Heritage Desk

    STYLELOCATIONU.S. Vice President Kamala Harris conducts business behind the new USS Constitution desk created by the Naval History and Heritage Command in the Eisenhower Executive Office Building in the White House March 28, 2021 in Washington, DC. The heritage desk was crafted using wood from the USS Constitution known as Old Ironsides. (Credit Image: © Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Lawrence Jackson/White House/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    清徐レンガ彫刻、家屋を装飾する「立体絵画」山西省

    山西晋韻磚彫芸術博物館を構成する建物の一部。(2月26日撮影)中国山西省の民家を装飾するレンガ彫刻は、同省に伝わる伝統的なレンガ彫刻技法で作られたもので、中国レンガ彫刻の主要流派の一つ。中でも同省清徐(せいじょ)県の伝統的な装飾技術「清徐レンガ彫刻」はその代表で、2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(太原=新華社記者/魏飈)=配信日:2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    火災があった建物など 東京・青梅の10カ所で火災

    火災で煙が立ち上る寺院周辺。右下は焼け落ちた建物=23日午後3時38分、東京都青梅市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後3時38分、東京都青梅市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.28
    2021年02月15日
    「新華社」天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。凌霄塔は平面が八角形の楼閣式建築で、高さは41メートル。9層からなり3層以下と4層以上では構造が異なる。3層以下は飛檐垂木(ひえんだるき)のみが木製で、斗栱(ときょう)と角柱はれんがの擬木構造となる。4~9層は下部3層を基礎に再建されており、各面の柱間は3間。柱と斗栱、飛檐垂木はいずれも木製となっている。塔刹(とうさつ)は刹座(さつざ)、覆鉢(ふくはち)、仰葉(あおば)、相輪、宝蓋、宝珠からなる。塔の外観は雄壮でありながら、しなやかな美しさも備える。凌霄塔は、塔本体の安定に有利な心柱構造を採用している。中国に現存する古塔の中で唯一の実例であり、古塔の発展史を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.95
    2021年02月15日
    「新華社」清代名士の邸宅「朱家花園」を訪ねて雲南省建水県

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州建水県の建水古城にあり、「西南部辺境の大観園」と呼ばれる朱家花園は、清代末期の名士、朱渭卿(しゅ・いきょう)兄弟が建てた邸宅と霊廟。敷地面積2万平方メートル余り、建築面積5千平方メートル余りで、建物が「縦四横三」配列で並ぶ同県で典型的な住居建築となる。いずれの建物も急勾配の屋根と反り返った軒先を持ち、棟や梁に彫刻や彩色を施した精巧で優美な造りとなっている。2013年3月に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/龐明広) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (3)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (1)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (4)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月15日
    (2)天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    天寧寺の凌霄塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (13)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (8)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺山門の内側。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (17)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部を支える梁。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の山門前にある石獅子。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (15)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (10)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (18)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下の柱。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (12)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の裏手。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (16)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (19)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている大殿模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (9)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (14)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Winter weather - Saxony-Anhalt

    09 February 2021, Saxony-Anhalt, Naumburg: The Cathedral of Saint Peter and Paul in the snow-covered city centre. The late Romanesque building has been a Unesco World Heritage Site since 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Prague, Wenceslas Square, The Flow Building

    The Flow Building on the corner of Opletalova street and Wenceslas Square, Prague, Czech Republic, February 4, 2021. The building, with nine aboveground and three underground storeys, will offer office and business space only. Its foundations will bridge the tunnels of the Prague metro situated below Wenceslas Square. Flow East company planned the project a long time ago, but in the beginning, it met with a strong wave of protests, as is usual with new construction projects in the historical centre of Prague, which figures on the UNESCO list of world heritage. (CTK Photo/Vit Simanek)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...