KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アウン選手
  • ミャンマー
  • 大阪府池田市

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 写真
  • 向き
  • 遺跡・世界遺産
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
48,622
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
48,622
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    涙を拭うアウン選手 ミャンマーの平和祈願

    読経中に涙を拭うピエ・リヤン・アウン選手=20日午前、大阪府池田市の仏日寺

    商品コード: 2021062006755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    手を合わせるアウン選手 ミャンマーの平和祈願

    仏日寺の本堂で手を合わせるピエ・リヤン・アウン選手(左)=20日午前、大阪府池田市

    商品コード: 2021062006739

  • 2021年06月20日
    Wild Animals: Florida Life and Economy

    June 19, 2021, SARASOTA, FLORIDA, USA: Juneteenth in Newtown. Juneteenth was officially made a national holiday, and just in time for the anniversary of the day that marks the last African American slaves being freed in Texas in the wake of the Civil War. Parades, picnics and lessons in history were part of Juneteenth celebrations on Saturday in the United States, a day that carried even more significance after Congress and President Joe Biden created a federal holiday to commemorate the end of slavery. Community members came together to celebrate black freedom and heritage. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062005421

  • 2021年06月20日
    Wild Animals: Florida Life and Economy

    June 19, 2021, SARASOTA, FLORIDA, USA: Juneteenth in Newtown. Juneteenth was officially made a national holiday, and just in time for the anniversary of the day that marks the last African American slaves being freed in Texas in the wake of the Civil War. Parades, picnics and lessons in history were part of Juneteenth celebrations on Saturday in the United States, a day that carried even more significance after Congress and President Joe Biden created a federal holiday to commemorate the end of slavery. Community members came together to celebrate black freedom and heritage. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062005503

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年06月19日
    Ato Fora Bolsonaro em Manaus

    June 19, 2021, Manaus, Brazil: MANAUS, AM - 19.06.2021: ATO FORA BOLSONARO EM MANAUS - Protest against President Jair Bolsonaro (no Party), this Saturday afternoon (19), in the city center of Manaus (AM). The demonstration began in the Praça da saudade and traveled through some streets in the center to Largo São Sebastião, where the Teatro Amazonas is located. In the photo, a demonstrator paints the pavement of Praça da saudade, a public heritage site. (Credit Image: © Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press)、クレジット:©Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil, France and Switzerland Rights OUT

    商品コード: 2021062005106

  • 2021年06月19日
    Ato Fora Bolsonaro em Manaus

    June 19, 2021, Manaus, Brazil: MANAUS, AM - 19.06.2021: ATO FORA BOLSONARO EM MANAUS - Protest against President Jair Bolsonaro (no Party), this Saturday afternoon (19), in the city center of Manaus (AM). The demonstration began in the Praça da saudade and traveled through some streets in the center to Largo São Sebastião, where the Teatro Amazonas is located. In the photo, a demonstrator paints the pavement of Praça da saudade, a public heritage site. (Credit Image: © Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press)、クレジット:©Sandro Pereira/Fotoarena via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil, France and Switzerland Rights OUT

    商品コード: 2021062005131

  • 2021年06月18日
    未調査区域と復元集落 吉野ケ里遺跡の発掘再開へ

    吉野ケ里遺跡の未調査区域(奥)。手前は復元された集落=18日午後、佐賀県吉野ケ里町

    商品コード: 2021061812938

  • 2021年06月18日
    (3)宗教舞踊「チャム」チベット自治区の無形文化遺産

    9日、ディグンティ寺で披露された「跳神」。「跳神」が終わり、空に向かってツァンパ(ハダカムギを炒って粉にしたもの)を投げて福を祈る人々。中国チベット自治区に伝わる「チャム」は「跳神」とも呼ばれ、主に平安と好天を祈願するチベット仏教の宗教舞踊。踊りには太鼓や鈸(ばつ、シンバルのような打楽器の一種)、嗩吶(さない、チャルメラ)、長号(管楽器の一種)の伴奏が付く。踊り手は全員が寺の僧侶で、さまざま仮面と衣装を身に着けて踊る様子は、圧倒的な迫力にあふれている。2008年、チベット自治区ラサ市メルド・グンカル県にあるディグンティ寺の仏教音楽やチャムなどが、同自治区の無形文化遺産に登録された。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(令和3)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061804914

  • 2021年06月17日
    富士山 富士登山道7月開通へ

    富士山=2020年12月

    商品コード: 2021061710550

  • 2021年06月17日
    (12)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、道明鎮竹芸村で竹を割る趙思進さん。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707930

  • 2021年06月17日
    (16)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、道明鎮竹芸村で竹の皮をそぐ職人。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707934

  • 2021年06月17日
    (1)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、しんこ細工で作った人形「捏面人」を見つめる観光客。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713306

  • 2021年06月17日
    (2)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」に使われる操り人形を並べるスタッフ。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713307

  • 2021年06月17日
    (1)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、道明鎮竹芸村で材料を選ぶ趙思進さん。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707903

  • 2021年06月17日
    (5)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、趙思進さんが編んだ天壇。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707915

  • 2021年06月17日
    (3)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場に展示された、しんこ細工で作った人形「捏面人」。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713309

  • 2021年06月17日
    (6)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、「篆刻」(てんこく)の技法を体験する児童。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713322

  • 2021年06月17日
    (4)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、「篆刻」(てんこく)の技法を体験する児童。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713283

  • 2021年06月17日
    (5)伝統文化を体験、瀋陽で無形文化遺産の魅力に触れる遼寧省

    13日、瀋陽無形文化遺産博覧会の会場で、糖画(べっ甲あめ細工)の作り方を学ぶ子ども。中国遼寧省瀋陽市で端午節(旧暦5月5日、今年は6月14日)の三連休期間中に開かれた第7回瀋陽無形文化遺産博覧会の「無形文化遺産」の実演会場では、さまざまな無形文化遺産の展示と実演が行われ、多くの観光客でにぎわいを見せていた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061713329

  • 2021年06月17日
    (9)竹に思いを編み込んで70年道明竹編み無形文化遺産伝承者

    1日、道明鎮竹芸村で撮影した趙思進さん。中国川西平原に位置する四川省崇州市道明鎮は2千年以上の竹編みの歴史を持つ「竹編みの里」として知られ、2014年には「道明竹編み」が国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。同リストに承認された唯一の伝承者である趙思進(ちょう・ししん)さん(86)は15歳で竹編みを習い始め、模倣、革新、改良を繰り返し、技術を向上させてきた。(成都=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707914

  • 2021年06月16日
    御所野遺跡 聖火リレー岩手1日目

    御所野遺跡(奥)の近くを通過する聖火ランナー(左手前)=16日午後、岩手県一戸町

    商品コード: 2021061604420

  • 2021年06月16日
    御所野遺跡近くでリレー 聖火リレー岩手1日目

    岩手県一戸町の御所野遺跡の近くで行われた聖火リレー(左奥)=16日午後

    商品コード: 2021061604416

  • 2021年06月16日
    遺跡とランナー 聖火リレー岩手1日目

    御所野遺跡(奥)の近くを通過する聖火ランナー(手前)=16日午後、岩手県一戸町

    商品コード: 2021061604411

  • 2021年06月16日
    南舘咲希さん 聖火リレー岩手1日目

    御所野遺跡の近くを通過する聖火ランナーの南舘咲希さん=16日午後、岩手県一戸町

    商品コード: 2021061603885

  • 2021年06月16日
    通過する南舘咲希さん 聖火リレー岩手1日目

    御所野遺跡の近くを通過する聖火ランナーの南舘咲希さん(中央)=16日午後、岩手県一戸町

    商品コード: 2021061603868

  • 2021年06月16日
    Canada News - June 16, 2021

    June 16, 2021, Ottawa, on, Canada: Sections of the marble wall are seen affixed with heritage asset tags, during a media tour of Centre Block renovations on Parliament Hill in Ottawa, on Wednesday, June 16, 2021. (Credit Image: © Justin Tang/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Justin Tang/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021061713644

  • 2021年06月16日
    Canada News - June 16, 2021

    June 16, 2021, Ottawa, on, Canada: A door is packaged and marked as a heritage asset, seen during a media tour of Centre Block renovations on Parliament Hill in Ottawa, on Wednesday, June 16, 2021. (Credit Image: © Justin Tang/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Justin Tang/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021061713567

  • 2021年06月16日
    (1)数億年前の地球の神秘に迫るツァイダム盆地の柱状節理群

    科爾牧業村近くの柱状節理群の一部。(5月29日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地南東部に位置する柱状節理群の地質遺跡がこのところ、独特の景観からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で急速に人気を集めている。(西寧=新華社記者/陳傑)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061603602

  • 2021年06月16日
    (13)今も変わらぬ姿河西回廊の万里の長城

    甘粛省敦煌市内にある漢代長城の玉門関遺跡。2014年6月に世界文化遺産に登録された。(5月31日撮影、小型無人機から)万里の長城は、中国古代の軍事防御施設であり、北方農耕地帯の安全とシルクロードの円滑な往来を守る上で大きな役割を果たした。中国さらには世界の奇観建築としても知られる。河西回廊は甘粛省西北部の細長い地域・交通路を指す。東西の長さは約千キロで、世界的に有名なシルクロードも同地を通る。漢王朝や明王朝は、シルクロードの円滑な通行と北西辺境の長期的安定を確保するため、現地の実情に合わせ、河西回廊に数千キロに及ぶ長城防御システムを築いた。河西回廊の長城はここ数年、全体として良好な保護状態にある。緊急保護はほぼ完了し、長城国家文化公園の建設も進められている。(敦煌=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606184

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds a candleholder as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703191

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai sits at his house amongst artefacts and antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703164

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai is seen at his house amongst artefacts and antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703174

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai operates an antique candlestick telephone as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703158

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai sits at his house amongst artefacts and antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703159

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds an antique charcoal clothes iron as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703175

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai is seen at his house amongst artefacts and antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703178

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: A general view of a shelf packed with antique pieces collected by Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai after he returned to his house at Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703180

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds two framed pictures of Iraq‘s last monarch, King Faisal II, as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703181

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds a metal sculpture depicting the Crucifixion of Jesus near a cabinet filled with other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703169

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds an antique charcoal clothes iron as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703166

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai climbs down the stairs of his house past antique wall clocks and other pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703161

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: A general view of a cabinet packed with antique pieces collected by Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai after he returned to his house at Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703167

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai stands at his house next to a shelf packed with antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703185

  • 2021年06月16日
    (2)数億年前の地球の神秘に迫るツァイダム盆地の柱状節理群

    ツァイダム盆地の柱状節理群の一部。(5月29日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地南東部に位置する柱状節理群の地質遺跡がこのところ、独特の景観からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で急速に人気を集めている。(西寧=新華社記者/王金金)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061603596

  • 2021年06月16日
    (4)数億年前の地球の神秘に迫るツァイダム盆地の柱状節理群

    ツァイダム盆地の柱状節理群の一部。(5月29日撮影)中国青海チベット高原のツァイダム盆地南東部に位置する柱状節理群の地質遺跡がこのところ、独特の景観からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で急速に人気を集めている。(西寧=新華社記者/王金金)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061603642

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds two antique charcoal clothes irons as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703187

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai operates an antique stereo cassette recorder as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703176

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: A general view of a Nefertiti Bust replica and other antique pieces owned by Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai at his house to which he returned at Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703162

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai walks past a maquette of the former English Bank building and other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703163

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds an antique pocket watch near a cabinet filled with other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703179

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds a candleholder as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703182

  • 2021年06月16日
    (14)今も変わらぬ姿河西回廊の万里の長城

    甘粛省敦煌市内にある漢代長城の玉門関遺跡。2014年6月に世界文化遺産に登録された。(5月31日撮影、小型無人機から)万里の長城は、中国古代の軍事防御施設であり、北方農耕地帯の安全とシルクロードの円滑な往来を守る上で大きな役割を果たした。中国さらには世界の奇観建築としても知られる。河西回廊は甘粛省西北部の細長い地域・交通路を指す。東西の長さは約千キロで、世界的に有名なシルクロードも同地を通る。漢王朝や明王朝は、シルクロードの円滑な通行と北西辺境の長期的安定を確保するため、現地の実情に合わせ、河西回廊に数千キロに及ぶ長城防御システムを築いた。河西回廊の長城はここ数年、全体として良好な保護状態にある。緊急保護はほぼ完了し、長城国家文化公園の建設も進められている。(敦煌=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606178

  • 2021年06月16日
    (21)今も変わらぬ姿河西回廊の万里の長城

    甘粛省敦煌市内にある漢代長城の玉門関遺跡。2014年6月に世界文化遺産に登録された。(5月31日撮影、小型無人機から)万里の長城は、中国古代の軍事防御施設であり、北方農耕地帯の安全とシルクロードの円滑な往来を守る上で大きな役割を果たした。中国さらには世界の奇観建築としても知られる。河西回廊は甘粛省西北部の細長い地域・交通路を指す。東西の長さは約千キロで、世界的に有名なシルクロードも同地を通る。漢王朝や明王朝は、シルクロードの円滑な通行と北西辺境の長期的安定を確保するため、現地の実情に合わせ、河西回廊に数千キロに及ぶ長城防御システムを築いた。河西回廊の長城はここ数年、全体として良好な保護状態にある。緊急保護はほぼ完了し、長城国家文化公園の建設も進められている。(敦煌=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061606515

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds a metal sculpture depicting the Crucifixion of Jesus near a cabinet filled with other antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703168

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai holds a piece of pottery belonging to the Kurdish heritage as part of a collection of antique pieces that he gathered after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703171

  • 2021年06月16日
    Iraqi man converts house into museum in Mosul

    16 June 2021, Iraq, Mosul: Iraqi Fakhri Suleiman Al-Tai sits at his house amongst artefacts and antique pieces that he collected after he returned to Mosul‘s Old City following its liberation from the so-called Islamic State (IS) terror organization. Al-Tai decided to convert his house into a temporary museum where he is displaying more than 5,000 pieces reflecting the heritage and history of Mosul, which was severely damaged between 2014 and 2017 under the Islamic State‘s rule. Al-Tai spent nearly 33,000 US dollars in pursuit of his passion to collect and preserve pieces from all past and present cultures of Iraq‘s northern Nineveh Governorate, including Muslim, Christian, Kurdish, Turkmen and Jewish. Photo: Ismael Adnan/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703189

  • 2021年06月16日
    (1)今も変わらぬ姿河西回廊の万里の長城

    3日、甘粛省白銀市内にある明代長城景泰区間の索橋堡遺跡ののろし台。(小型無人機から)万里の長城は、中国古代の軍事防御施設であり、北方農耕地帯の安全とシルクロードの円滑な往来を守る上で大きな役割を果たした。中国さらには世界の奇観建築としても知られる。河西回廊は甘粛省西北部の細長い地域・交通路を指す。東西の長さは約千キロで、世界的に有名なシルクロードも同地を通る。漢王朝や明王朝は、シルクロードの円滑な通行と北西辺境の長期的安定を確保するため、現地の実情に合わせ、河西回廊に数千キロに及ぶ長城防御システムを築いた。河西回廊の長城はここ数年、全体として良好な保護状態にある。緊急保護はほぼ完了し、長城国家文化公園の建設も進められている。(景泰=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061604845

  • 2021年06月15日
    Prussian Cultural Heritage Foundation

    15 June 2021, Berlin: The sign at the Villa von der Heydt, seat of the president and the head office of the Prussian Cultural Heritage Foundation (SPK). (To dpa “BGH negotiates again on embedding digital media by framing“) Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061706486

  • 2021年06月15日
    Prussian Cultural Heritage Foundation

    15 June 2021, Berlin: The Villa von der Heydt, seat of the president and the head office of the Prussian Cultural Heritage Foundation (SPK). (To dpa “BGH negotiates again on embedding digital media by framing“) Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061706244

  • 2021年06月15日
    Prussian Cultural Heritage Foundation

    15 June 2021, Berlin: The Villa von der Heydt, seat of the president and the head office of the Prussian Cultural Heritage Foundation (SPK). (To dpa “BGH negotiates again on embedding digital media by framing“) Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061706498

  • 2021年06月14日
    (1)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    上山考古遺跡公園に立つ「万年上山世界稲源」碑。「ハイブリッド米の父」と呼ばれた袁隆平(えん・りゅうへい)氏の言葉で「悠久の上山、世界稲作文化の起源」の意。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405498

  • 2021年06月14日
    (4)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文物保護修復展示センターで、3号青銅神樹の修復のために復元した木の枝や鳥の尾、羽などの銅製部品を整理する文化財修復師の郭漢中さん。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407452

  • 2021年06月14日
    (9)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    四川省広漢市の三星堆博物館に展示されている1号青銅神樹。(3月17日撮影)中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407478

  • 2021年06月14日
    (2)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    浙江省金華市浦江県にある上山考古遺跡公園。(5月12日撮影、小型無人機から)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405443

  • 2021年06月14日
    (5)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    上山考古遺跡公園に展示されているモミガラの混じった炭化物付着土器。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405454

  • 2021年06月14日
    (8)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文化財保護修復展示センターで修復作業が進む3号青銅神樹の人首鳥身像。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407479

  • 2021年06月14日
    (5)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文化財保護修復展示センターで修復作業が進む3号青銅神樹の基部。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407453

  • 2021年06月14日
    (1)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文化財保護修復展示センターで実施されている3号青銅神樹の修復作業で、復元した枝を幹のどの部分に接合すべきかを確かめる文化財修復師の郭漢中さん。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407446

  • 2021年06月14日
    (4)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    上山考古遺跡公園の発掘場所で再現された発掘調査の様子。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405452

  • 2021年06月14日
    (6)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    上山考古遺跡公園の発掘場所で再現された発掘調査の様子。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405455

  • 2021年06月14日
    (8)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    浙江省金華市浦江県にある上山考古遺跡公園。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405484

  • 2021年06月14日
    (7)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文化財保護修復展示センターで修復作業が進む3号青銅神樹の枝。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407449

  • 2021年06月14日
    (3)現代によみがえる三星堆の青銅神樹

    11日、四川省広漢市の三星堆博物館文化財保護修復展示センターで実施されている3号青銅神樹の修復作業で、復元した鳥の尾を人首鳥身像のどの部分に接合すべきかを確かめる文化財修復師の郭漢中さん。中国四川省広漢市の三星堆遺跡は「20世紀最大の考古学的発見の一つ」とされる。1927年の発見後、1934年に最初の発掘調査が実施され、現在は2019年に始まった新たな調査が続いている。これまでに6基の祭祀坑が見つかり、重要遺物千点余りが出土した。中でも、高さ4メートル近い1号青銅神樹をはじめとする国宝級の青銅器群は、独特な造形と文化的要素の豊かさから世界的に注目されている。1号青銅神樹は1986年に三星堆遺跡の2号祭祀坑から見つかった。出土時には百個以上の破片に分かれていたが、青銅器専門の文化財修復師の楊暁鄔(よう・ぎょうお)さんと弟子の郭漢中(かく・かんちゅう)さんが7年近くかけて修復し、現代によみがえらせた。郭さんのチームは現在、2号祭祀坑から出土した3号青銅神樹の修復を進めている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061407450

  • 2021年06月14日
    (3)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    浙江省金華市浦江県にある上山考古遺跡公園。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405503

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...