KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 図書館所蔵
  • 整理番号
  • 長崎大学
  • 附属図書館
  • イマジン
  • ネット画廊
  • 画廊所蔵
  • 年中行事
  • 明治後期
  • つなぎ団子

「(長崎大学附属図書館 古写真 ) + イマジンネット画廊」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 祭り・伝統芸能
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 1912年12月31日
    三河万歳

    キーワード:年中行事、お正月、三河万歳(三河萬歳)、伝統芸能、小鼓、扇、祝福芸=大正期、愛知か?、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • 1904年12月31日
    聖体を運ぶ神道の行列

    伏見稲荷神社の例大祭、稲荷祭か。御神体を運ぶ行列が鴨川七条大橋を西へと渡っていく。橋の上は往来する大勢の観客で賑わっている。背後の鴨川東岸には明治28年(1895)竣工の京都帝室博物館が見えるが、七条大橋上には大正2年(1913)開通の市電の架線脚が見えない。明治37年(1904)撮影。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐34‐0]

  • -
    祭りの山車

    横浜元町の山車。一本柱万度型と呼ばれる古風な形式のもので、中心部の柱の頂点には武内宿祢(たけしうちのすくね)の人形が載っている。土台は2輪車で牛が牽いている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐53‐0]

  • -
    祭りの山車

    山車は、山型、屋台型、船型、灯篭型など地方毎に独自の形態を持ち、地域文化と共に発展してきた。また、経済の発展と共にその装飾は華美になり、大きさも競われるようになった。しかし、電線の普及によって高さが制限され、小型化が余儀なくされている。「町会所」前を進行している「本町一丁目の山車」と通称されているもの山車である。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐40‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、横浜、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐40‐0]

  • -
    都をどり

    舞台にて都をどりを演じる芸舞妓を撮影する。前列の舞妓が花束を持って踊り、後列の芸妓が太鼓をたたく。背後には「つなぎ団子」と呼ばれる提灯が吊り下がる。舞台より低い席には多くの観客が座る。都をどりは東京遷都後の京都の繁栄策として明治5年(1872)の第1回京都博覧会の余興で初めて演じられた。京舞井上流三世の井上八千代が集団舞踊の振付を考案している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐25‐0]

  • -
    御神輿を担ぐ子供たち

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内の祭りの風景を撮影したものであろう。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐63‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐63‐0]

  • -
    和楽器で合奏する女性たち

    祭り装束を着た女性たちは、祭り囃子を演奏しているのであろう。笛、鉦、太鼓の音色が、ピーヒャラ、チン、ドンドンと聞こえてきそうである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐4‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐4‐0]

  • -
    祭りの後の雑踏

    祭りの後の雑踏=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐60‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐60‐0]

  • -
    雛祭り

    キーワード:風俗、雛祭り、御殿飾り、雛壇、雛人形、年中行事、子ども=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    日光東照宮唐門

    唐門は将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用した東照宮本社の正門。全体に白く胡粉が塗られ、門柱に竜の彫刻がある。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」で、1本の欅に4列27人の人物像が彫られている。手前の人物たちは東照宮例大祭の衣装を着ている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐20‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐20‐0]

  • -
    祭りの風景

    都市での祭りの様子。向こうから山車がやってくる。山車は都市での祭礼の特徴で、その起源は平安時代の京都の諸祭礼にあるとも言われている。電線もなく、山車はまさに山のように高くそびえている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐48‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐48‐0]

  • -
    祭りを祝う町の人々

    祭りを祝う町の人々=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐32‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐32‐0]

  • -
    祝日の通り

    「くんち」で賑わう長崎の通り。場所は不詳。笹竿、献灯、日の丸の旗が、祭りの雰囲気を演出している。街路の横には、水道の共用栓が見える。長崎水道が創設されたのは明治24年(1891)であり、その頃の写真である。街路は3間程度で、整然と石畳舗装がされている。江戸時代の風情が残った長崎中心市街の風景。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐8‐0]

  • -
    弁天通り

    ドイツ語と英語で「提灯祭り、横浜弁天通」と書き込まれている。横浜弁天通りの2丁目から3丁目をみる。通りにはこうもり傘や山高帽の通行人が見える。後景には河北商店の時計塔が望まれる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐47‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐47‐0]

  • -
    麹屋町傘鉾

    キーワード:麹屋町、傘鉾(かさぼこ)、長崎くんち、お祭り、伝統、行事、日本三大くんち、祭礼行事=明治後期、長崎県麹屋町、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    雛祭り

    キーワード:雛祭り、雛人形、三味線、火鉢、茶器、和装の女性、雛壇、年中行事=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -

    キーワード:能楽、伝統芸能=明治後期、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 明治後期、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    雛祭り

    キーワード:雛祭り、雛飾り、子ども=撮影日不明、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 撮影日不明、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    祭り装束の家族

    後ろの年長の女性たちは男装をしている。前列の子供たちはまだ年少だが、本格的な装束。旅役者風にも見える。背後には大きな町が。居留地風の町並み。右上の赤い建物はフェリス女学院で、1888年3月に完成し1900年9月に倒壊した風車が写っているので、その頃に撮影されたもの。=1888~1900年、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐39‐0]

  • -
    春日大社の参道と巫女たち

    春日大社の東南に御祭りで知られる摂社若宮神社がある。この写真は春日大社南門から若宮神社へいたる参道での撮影で、南から撮影し春日大社南門を背景にする。六人の立位の巫女と一人のひざまずく巫女を写す。撮影者は4333と同じで、巫女たちも同一人物と考えられる。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐42‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐42‐0]

  • -
    春日大社参道

    春日大社の東南に御祭りで知られる摂社若宮神社がある。この写真は春日大社南門から若宮神社へいたる参道での撮影で、南から撮影し春日大社南門を背景にする。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐32‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐32‐0]

  • -
    憲法大典祭

    1889年2月11日、大日本帝国憲法発布の日の市中の様子。当時の新聞によると、京都では「市中の様子、祇園に祭りに似たり」(時事、2月12日)とある。国旗が品切れ、酒が品切れなど、「憲法景気」に日本国中が沸いた。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐46‐0]

  • -
    横浜駐屯地のスイス祭り

    ライフル大会を祝うスイス人の友人たちのグループ。明治4年4月8日(5月26日)、1872年度スイス・ライフル大会会場に集まった会友達。The Far East 明治4年(1871)4月14日号。「復刻版The Far East」より引用。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号20‐5‐0]

  • -
    踊る女性たち

    踊子・囃し方の全てが手拭いを身につけ、踊り手は派手な襷(たすき)もかけ、右手の女性は背に団扇(うちわ)を挿している。祭り囃子の賑やかな踊り風景である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐18‐0]

  • -
    日光東照宮参道の人波

    日光東照宮の表参道。参道の両端と中央に堀が見える。中央の堀を境にして、左側半分に人垣が集中していることから、この参道を通る祭礼「百物揃千人行列(ひゃくものぞろえせんにんぎょうれつ)」の開催日に撮影した可能性が高い。日傘が多いことから春季例大祭の日と思える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐9‐2]

  • -
    雛祭り

    キーワード:雛祭りを楽しむ少女、雛飾り、年中行事=明治後期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 明治後期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    祭り

    キーワード:子供、男性、祭り、「三ヶ町」と書かれた法被、魚の山車、扇子、ステレオ写真=明治後期~大正期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    撮影: 明治後期~大正期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  • -
    編み笠をかぶり提灯を持った男性

    編み笠をかぶったこの男は役者か芸人か、それとも祭りの装束をまとっているのか。「萬歳」の提灯を持ち、いなせな柄のハッピを着ている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐88‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐88‐0]

  • -
    都をどり

    舞台にて都をどりを演じる芸舞妓を撮影する。前列の舞妓が花束を持って踊り、後列の芸妓が三味線を弾く。背後には「つなぎ団子」と呼ばれる提灯が吊り下がる。舞台より低い席には多くの観客が座る。都をどりは東京遷都後の京都の繁栄策として明治5年(1872)の第1回京都博覧会の余興で初めて演じられた。京舞井上流三世の井上八千代が集団舞踊の振付を考案している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐27‐0]

  • -
    宮ノ下温泉

    宮の下の街路は現在の国道1号線で、今もほぼ同じ位置を走る。右端は奈良屋旅館、正面の富士屋ホテルには垂れ幕が掛かり、通りには桟敷や提灯も見えて、祭りの時らしい。人々も何かの開始を待ち遠しげな様子に見える。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐15‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、箱根、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐15‐0]

  • -
    横浜運河沿いの鯉のぼり

    英語で「子供の祭り、横浜」と記されている。5月の節句の鯉のぼりの風景である。横浜写真のなかには類似の鯉のぼり風景がいくつか見られる。川に浮かぶ和船は構造が興味深い。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐23‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、横浜、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐23‐0]

  • -
    祭りの風景

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内の祭りの風景を撮影したもの。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐67‐0]

    撮影: 撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐67‐0]

  • 1