KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ランタン
  • ライトアップ
  • 全国各地
  • ウィーチャット
  • タンユェン
  • デザート
  • バーコード
  • 広西チワン族自治区
  • 中国江蘇省
  • 伝統医学

「ランタンフェス」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 祭り・伝統芸能
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年01月24日
    訪れたマスク姿の観光客 長崎でランタンフェス開幕

    マスク姿で「長崎ランタンフェスティバル」の前夜祭に訪れた観光客=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 2020年01月24日
    マスク姿が目立つ会場 長崎でランタンフェス開幕

    前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 2020年01月24日
    マスク姿の観光客 長崎でランタンフェス開幕

    前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

    撮影: 24日夕、長崎市

  • 00:19.77
    2020年01月24日
    街を彩る1万5千の明かり 「西日本新聞」長崎ランタンフェスが開幕

    約1万5000個のランタン(中国風ちょうちん)やオブジェが街を彩る長崎の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」が24日、長崎市中心部で始まった。2月9日までの期間中、100万人の人出を見込む。春節(中国の旧正月)に合わせたイベントで今年27回目。午後5時、商店街や川沿いに配されたランタンやオブジェに明かりがともされ、幻想的な光景が広がった。新地中華街など3会場では中国雑技や伝統楽器の二胡(にこ)が披露され、華やかなムードに包まれた。新型コロナウイルスへの警戒ムードが広がる中、今年は各所に消毒液が置かれ、マスク姿の見物客も目立った。福岡市から訪れた大野直樹さん(28)は名物の角煮まんじゅうを手に「中国らしい雰囲気で楽しい」と声を弾ませた。人気の皇帝パレードは2月1、8日。1日は長崎県出身の女優宮崎香蓮さん(26)が皇后役を務める。、撮影日:2020(令和2)年1月24日、撮影場所:長崎県長崎市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年1月24日、長崎県長崎市

  • 2020年01月10日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    10日、豫園ランタンフェスティバルに登場したミッキーとミニーをモチーフとした看板。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    10日、ディズニーキャラクターのミッキーとミニーをモチーフとしたランタン。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月03日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    3日、豫園ランタンフェスティバルの「リハーサル」現場を訪れ、記念撮影するミッキーとミニー。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.11
    2019年02月19日
    「新華社」元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。長さ25メートルの「猜灯謎」回廊には、伝統的色彩に彩られたランタン100個が隙間なく並んだ。一つひとつのランタンには「灯謎」(なぞなぞ)が書かれており、人々は足を止めさまざまな「灯謎」を眺めていた。観光客はスマートフォンの交流サイト(SNS)アプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することができるという。(記者/呉思思、朱麗莉、郭軼凡)<映像内容>園博園元宵ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.15
    2019年02月19日
    「新華社」大唐芙蓉園で水陸ランタン祭り開催陝西省西安市

    中国陝西省西安市の大唐芙蓉園水陸ランタンフェスティバルには元宵節(旧暦1月15日)に当たる19日、国内外から多数の観光客が集まり、美しく輝く元宵節の夜の宴を楽しんだ。今年のフェスティバルは「灯影ゆらめく芙蓉園の夜・この世の小さなだんらん」をテーマとしている。同園西門には、2匹の竜が珠に戯れる様子を表した長さ90メートル、高さ20メートルのランタンが飾られており、撮影しようと大勢の観光客でにぎわった。これは同園でこれまで行われたランタンフェスティバルでは最大のランタンとなる。園内では「花開盛世」「大雁南飛」「福禄仙寿」などと題したさまざまな形のランタンが水辺の景観と一体となって、色とりどりの華やかさを見せていた。今年のフェスティバルは「繁栄の唐代」「子ども心との対話」「民俗無形文化遺産」「正月気分」「水上ランタン」の5つのパートで構成されており、これまでで最多、最大のランタンを展示している。同フェスティバルは3月10日まで開催。(記者/梁愛平)<映像内容>大唐芙蓉園水陸ランタンフェスティバルの風景、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:29.94
    2019年02月14日
    「新華社」輝く孔雀型のランタンで元宵節を祝う香港

    元宵節(旧暦1月15日)を迎えるにあたり、中国香港では14日から「雀屏春瑞燿香江」(香港に輝く孔雀の羽根と春の瑞祥)と題したランタンフェスティバルが行われ、さまざまな形をした孔雀型のランタンが数多く展示された。伝統的な制作技術で作られた11個の宮灯(つり灯籠)と1個の大型の走馬灯も飾られた。ランタンフェスティバルは、中国で古くから縁起の良い鳥とされる孔雀をテーマにしている。そのうち1組の大型の孔雀型ランタンは高さが5メートル以上、長さは約15メートルに達する。巨大な孔雀の羽根は2つの池にまたがりアーチを形作っている。デザインを手がけた担当者によると、孔雀型ランタンの羽根の部分はアイスブルー色のLEDライトで装飾し、伝統的な赤色や黄色とは異なる大胆な試みを行ったという。宮灯は伝統的な灯籠の形の一つだ。今回展示された11個の宮灯は六角形をしており、表面にはすべて挿絵の形で十二支や無形文化遺産が描かれている。無形文化遺産には粤劇(広東省の地方劇)やミルクティーの入れ方、男性用の長い中国服の作り方などの技術が含まれている。つり灯籠に囲まれているのは大型の走馬灯だ。ランタンの中ほどには回る羽根車が付いていて、回転時に浮かび上がる「大坑の舞火龍」(香港の大坑に伝わるファイヤー・ドラゴン・ダンス)をさらに生き生きとさせている。ランタンフェスティバルは19日の元宵節当日まで行われる。同日夜にはランタンフェスティバル以外に、元宵節のランタン祭りも開催され、芸術団体を招いて民族の歌や踊り、武術などの演目が披露される。(記者/陳其蔓、周錦銘)<映像内容>香港で孔雀をテーマにしたランタンフェスティバル開催の様子、撮影日:2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月08日
    中国各地を彩る春節イルミネーション

    8日、山西省大同市で古都ランタンフェスティバルを楽しむ観光客。中国では春節(旧正月)期間中、さまざまなランタンや電飾が街を鮮やかに彩り、訪れた大勢の観光客は美しい夜景に引き込まれた。(大同=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月08日
    中国各地を彩る春節イルミネーション

    8日、山西省大同市で古都ランタンフェスティバルを楽しむ観光客。中国では春節(旧正月)期間中、さまざまなランタンや電飾が街を鮮やかに彩り、訪れた大勢の観光客は美しい夜景に引き込まれた。(大同=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月05日
    ランタンフェスティバル 街飾る1万5千の光

    中国の春節に合わせて、長崎市で始まった「長崎ランタンフェスティバル」=5日夕

    撮影: 5日夕

  • 2019年02月05日
    始まったランタンフェス 街飾る1万5千の光

    中国の春節に合わせて、長崎市で始まった「長崎ランタンフェスティバル」=5日夕

    撮影: 5日夕

  • 2019年02月05日
    長崎ランタンフェス 街飾る1万5千の光

    中国の春節に合わせて、長崎市で始まった「長崎ランタンフェスティバル」=5日夕

    撮影: 5日夕

  • 01:17.57
    2019年02月05日
    長崎ランタンフェス開幕 街を飾る1万5千の光

    長崎市中心部を約1万5千個の中国ちょうちんで華やかに彩る「長崎ランタンフェスティバル」が5日、中国の春節(旧正月)に合わせて始まった。19日までの期間中、実行委員会は100万人の人出を見込んでいる。〈映像内容〉全てのランタンを点灯、麒麟のオブジェ、会場の湊公園、獅子舞、天井から下がるランタン、オブジェ、撮影日:2019(平成31)年2月5日、撮影場所:長崎県長崎市

    撮影: 2019(平成31)年2月5日

  • 2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を見回る国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具を巡回点検中にひと休みする国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市

    四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 01:26.42
    2019年01月28日
    「新華社」巨大なブタ型ランタンで春節を迎える江蘇省南京市

    ブタ年(日本ではイノシシ年)の春節(旧正月)を間近に控え、中国江蘇省南京市で28日夜、第33回中国秦淮(しんわい)灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕する。今回の灯会には「水・陸・空」での立体的なレイアウトを採用し、各展示エリアではそれぞれ特色あるランタンの展示を行い、全国各地から多くの観光客を集めている。夜のとばりが下りると、さまざまなスタイルの猪灯(ブタをモチーフにしたランタン)に明かりがともされた。デザインはいずれもユニークで、高さ約10メートルの巨大な「干支猪灯」、無邪気で可愛らしい本物のブタそっくりの「ミニ猪灯」などがあり、中でも夫婦の末長い幸せをイメージした「新婚猪」や学業成就の意味を託した「状元猪」には多くの観光客が記念写真を撮ろうと集まっていた。また、手づくりの「福猪掛件」(ブタモチーフの入った、壁などにかける装飾品)にも多くの観光客が足を止めていた。猪灯や伝統的な蓮花灯(水に浮かべるハスの花型のランタン)、金魚灯(金魚型ランタン)以外にも、竜と鳳凰が寄り添う「龍鳳呈祥」、南京の伝統芸能「南京白局」、「京劇臉譜(れんぷ・隈取り)」をデザインした民俗的特色のあるランタンが、観光客に一足早い年越し気分を届けている。(記者/林凱)<映像内容>ランタンフェスティバルの風景、撮影日:2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月22日
    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市

    22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月22日
    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市

    22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月22日
    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市

    22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月22日
    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市

    22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月16日
    ランタンフェスティバル 1万5千の光、華やかに

    中国の春節(旧正月)に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」=16日夕、長崎市

  • 2018年02月16日
    始まったランタンフェス 1万5千の光、華やかに

    中国の春節(旧正月)に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」=16日夕、長崎市

  • 2017年01月28日
    長崎のランタンフェス 1万5千の光で幻想世界

    中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」。幻想的な光が街を彩った=28日夕、長崎市

    撮影: 28日夕、長崎市

  • 2017年01月28日
    長崎ランタンフェス 1万5千の光で幻想世界

    中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」。幻想的な光が街を彩った=28日夕、長崎市

    撮影: 28日夕、長崎市

  • 2017年01月28日
    ランタンフェス楽しむ親子 1万5千の光で幻想世界

    中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」を楽しむ親子連れ=28日夜、長崎市

    撮影: 28日夜、長崎市

  • 2014年01月31日
    始まったランタンフェス 街彩る華やかな光

    中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」=31日夜、長崎市

    撮影: 31日夜、長崎市

  • 2014年01月31日
    楽しむ親子連れ 街彩る華やかな光

    中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」を楽しむ親子連れ=31日夜、長崎市

    撮影: 31日夜、長崎市

  • 2007年02月18日
    ランタンフェスティバル 極彩色の光で幻想的雰囲気

    中国の春節(旧正月)に合わせて長崎市で始まった「2007長崎ランタンフェスティバル」=18日夜

  • 2007年02月18日
    ランタンフェスティバル 極彩色の光で幻想的雰囲気

    中国の春節(旧正月)に合わせて長崎市で始まった「2007長崎ランタンフェスティバル」=18日夜

  • 1999年02月16日
    ランタンフェスティバル 長崎の夜、華やかに彩る

    中国の旧正月(春節)に合わせ飾られた色とりどりのランタンを見物する人たち=16日午後6時50分、長崎市新地町

  • 1996年02月16日
    ランタンフェスティバル 長崎でランタンの祭典

    中国などから取り寄せられたランタンで異国情緒たっぷりに始まった「ランタンフェスティバル」=16日午後7時、長崎市新地町(ランタンは中国のちょうちんで、家庭で旧正月を祝う「春節祭」に使われる。長崎の中国系市民らが祝っていた春節祭を全市的な祭りに拡大して今回で3回目)

    撮影: 16日午後7時、長崎市新地町

  • 1