KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 街並み空撮
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 黒竜江省
  • ハルビン
  • ライトアップ
  • 民族文化
  • 中国河北省
  • 祭り会場
  • ランタン

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 祭り・伝統芸能
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
150
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
150
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月06日
    (1)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (5)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (7)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (8)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (10)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (6)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (9)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)氷祭り会場の幻想的な夜黒竜江省ハルビン市

    4日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で開催中の第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)会場は4日夜、中東欧諸国の代表的建築物を模した氷の彫刻がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (3)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場。(2020年12月24日撮影、小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (2)「氷の都」ハルビンのベストシーズン到来黒竜江省

    ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の会場。(2020年12月31日撮影、小型無人機から)冬のベストシーズンに入った中国黒竜江省ハルビン市は現在、各地から多くの観光客を迎えている。寒冷地の同市は冬が長く、氷や雪が豊富で、古くからの氷雪文化を持つことから「氷の都」とも呼ばれる。12月7日の第2回ハルビン採氷節開幕とともに採氷が始まり、松花江の氷が市内の主要観光スポットや大通りなどに送られた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (3)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (2)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (6)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (7)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (5)雪と氷の世界で新年を迎える黒竜江省ハルビン市

    12月31日、ハルビン市で開催中のハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)2020年最後の日、中国黒竜江省ハルビン市で開催されているハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)では、多くの観光客が、幻想的な雪と氷の世界で大晦日を過ごした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (7)第22回ハルビン氷祭り開幕黒竜江省

    24日、空から見たハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で24日、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕、各地から観光客が訪れた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (6)第22回ハルビン氷祭り開幕黒竜江省

    24日、ハルビン氷雪大世界の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で24日、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕、各地から観光客が訪れた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)第22回ハルビン氷祭り開幕黒竜江省

    24日、ライトアップされたハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で24日、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕、各地から観光客が訪れた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)第22回ハルビン氷祭り開幕黒竜江省

    24日、ハルビン氷雪大世界の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で24日、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕、各地から観光客が訪れた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (8)第22回ハルビン氷祭り開幕黒竜江省

    24日、ハルビン氷雪大世界の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で24日、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕、各地から観光客が訪れた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)幻想的な銀世界、太陽島国際雪像芸術博覧会が開催ハルビン市

    25日、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市でこのほど、第33回ハルビン太陽島国際雪像芸術博覧会が開催された。来場者は雪像を鑑賞したり、雪で遊んだりして、冬ならではのイベントを楽しんだ。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    冬本番、青少年向けスポーツイベント開催黒竜江省牡丹江市

    9日、黒竜江省牡丹江市の朝鮮族中学で、ウインタースポーツを楽しむ参加者。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市の朝鮮族中学で9日、ウインタースポーツを楽しむイベント「百万青少年上氷雪」と雪上サッカー大会が開かれ、地元の小中高校生がアイスホッケーや雪上サッカー、スピードスケートなど冬ならではのスポーツを楽しんだ。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    冬本番、青少年向けスポーツイベント開催黒竜江省牡丹江市

    9日、黒竜江省牡丹江市の朝鮮族中学で、ウインタースポーツを楽しむ参加者。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市の朝鮮族中学で9日、ウインタースポーツを楽しむイベント「百万青少年上氷雪」と雪上サッカー大会が開かれ、地元の小中高校生がアイスホッケーや雪上サッカー、スピードスケートなど冬ならではのスポーツを楽しんだ。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    伝統的なチャン族の新年を祝う四川省北川県

    14日、四川省北川チャン族自治県の新生広場で、音楽噴水ショーを楽しみ、チャン暦の新年を祝う地元の人々。(小型無人機から)中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の暦では、毎年旧暦10月1日(今年は11月15日)に正月1日を迎える。四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日、2020年の新年を祝う一連のイベントが行われた。地元住民は晴れ着に身を包み、チャン族伝統の踊り「沙朗舞(シャーラン)」や、たき火を囲んだ祭りなどで新年を祝った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    伝統的なチャン族の新年を祝う四川省北川県

    14日、四川省北川チャン族自治県の禹王広場で、たき火を囲んで踊り、チャン暦の新年を祝う地元の人々。(小型無人機から)中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の暦では、毎年旧暦10月1日(今年は11月15日)に正月1日を迎える。四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日、2020年の新年を祝う一連のイベントが行われた。地元住民は晴れ着に身を包み、チャン族伝統の踊り「沙朗舞(シャーラン)」や、たき火を囲んだ祭りなどで新年を祝った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    伝統的なチャン族の新年を祝う四川省北川県

    14日、四川省北川チャン族自治県の新生広場で、音楽噴水ショーを楽しみ、チャン暦の新年を祝う地元の人々。(小型無人機から)中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の暦では、毎年旧暦10月1日(今年は11月15日)に正月1日を迎える。四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日、2020年の新年を祝う一連のイベントが行われた。地元住民は晴れ着に身を包み、チャン族伝統の踊り「沙朗舞(シャーラン)」や、たき火を囲んだ祭りなどで新年を祝った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    伝統的なチャン族の新年を祝う四川省北川県

    14日、四川省北川チャン族自治県の禹王広場で、「壩壩(バーバー)宴」と呼ばれる盛大な宴席を設け、チャン暦の新年を祝う地元の人々。(小型無人機から)中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の暦では、毎年旧暦10月1日(今年は11月15日)に正月1日を迎える。四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日、2020年の新年を祝う一連のイベントが行われた。地元住民は晴れ着に身を包み、チャン族伝統の踊り「沙朗舞(シャーラン)」や、たき火を囲んだ祭りなどで新年を祝った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の「端節」で先祖を祭る儀式に参加した地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の祭り「端節」で、長テーブルの宴席「長卓宴」に加わる地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    スイ族の祭りにぎやか、移住先でも貴州省

    6日、スイ族の祭り「端節」で竜舞を披露する地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県中和鎮では6日、貧困救済事業による移住者が住む雪花湖社区(コミュニティー)にスイ族など少数民族の人々が集まり、貧困脱却後初めてスイ族の祭り「端節」を祝った。(三都=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    収穫の季節到来、浙江省杭州市で秋の柿祭り

    23日、浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村で秋の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市蕭山区臨浦鎮梅里村では、1500本近くの柿の木が実をつけ、収穫の季節を迎えている。地元政府は23日、秋の柿まつりを開催し、柿狩りや写真撮影、カントリーミュージックカーニバル、無形文化遺産特別展、農産物即売会などを通し、農村観光促進と住民の所得向上を目指している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    第1回内モンゴル牛競技祭り開催

    26日、内モンゴル牛競技祭りで出番を待つ牛の群れ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の図什業図競馬場で26~27日、「第1回内モンゴル牛競技祭り」が開催され、民族情緒あふれる開幕式や乳搾りコンテスト、レース、綱引きなどの競技が観衆の目を楽しませた。今回の祭りは同自治区の赤峰市、通遼市、シリンゴル盟などの市と盟、ヒンガン盟内の各旗、県、市および一部のソム(蘇木)、郷、鎮から代表チーム22組が参加。牧牛業発展フォーラムや品種改良コンテストなども開かれた。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    第1回内モンゴル牛競技祭り開催

    26日、内モンゴル牛競技祭りの開幕式で舞踊「安代舞」を踊るダンサー。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の図什業図競馬場で26~27日、「第1回内モンゴル牛競技祭り」が開催され、民族情緒あふれる開幕式や乳搾りコンテスト、レース、綱引きなどの競技が観衆の目を楽しませた。今回の祭りは同自治区の赤峰市、通遼市、シリンゴル盟などの市と盟、ヒンガン盟内の各旗、県、市および一部のソム(蘇木)、郷、鎮から代表チーム22組が参加。牧牛業発展フォーラムや品種改良コンテストなども開かれた。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    第1回内モンゴル牛競技祭り開催

    26日、内モンゴル牛競技祭りで牛と共にレースに参加した牧畜民。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の図什業図競馬場で26~27日、「第1回内モンゴル牛競技祭り」が開催され、民族情緒あふれる開幕式や乳搾りコンテスト、レース、綱引きなどの競技が観衆の目を楽しませた。今回の祭りは同自治区の赤峰市、通遼市、シリンゴル盟などの市と盟、ヒンガン盟内の各旗、県、市および一部のソム(蘇木)、郷、鎮から代表チーム22組が参加。牧牛業発展フォーラムや品種改良コンテストなども開かれた。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    第1回内モンゴル牛競技祭り開催

    26日、内モンゴル牛競技祭りの開幕式で弦楽器の「四胡」を弾く奏者。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の図什業図競馬場で26~27日、「第1回内モンゴル牛競技祭り」が開催され、民族情緒あふれる開幕式や乳搾りコンテスト、レース、綱引きなどの競技が観衆の目を楽しませた。今回の祭りは同自治区の赤峰市、通遼市、シリンゴル盟などの市と盟、ヒンガン盟内の各旗、県、市および一部のソム(蘇木)、郷、鎮から代表チーム22組が参加。牧牛業発展フォーラムや品種改良コンテストなども開かれた。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.27
    2020年09月19日
    「新華社」秋のたこ揚げ祭り開幕河北省廊坊市

    中国河北省廊坊市安次区の調河頭郷第什里風箏小鎮で19日、廊坊第什里金秋たこ揚げ祭りが開幕し、多くの観光客でにぎわった。第什里村は宮廷たこの発祥地で、500年以上のたこ作りの歴史を持ち、同村のたこは2009年に河北省の無形文化遺産に認定された。調河頭郷は近年、第什里村を中心に特色ある「たこの村」を築き上げ、たこ関連産業の継続的な拡大を図っている。(記者/斉雷傑)<映像内容>河北省廊坊市のたこ揚げ祭りの様子、撮影日:2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月17日
    米の収穫祝う「稲香祭」開催浙江省建徳市

    17日夜、ライトに照らされた浙江省建徳市欽堂郷の田んぼ。(小型無人機から)中国浙江省建徳市でこのほど、米の収穫を祝う「稲香祭」が開催された。祭りは地元の農村観光振興の役割も担っている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月17日
    米の収穫祝う「稲香祭」開催浙江省建徳市

    17日、浙江省建徳市欽堂郷の田園風景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市でこのほど、米の収穫を祝う「稲香祭」が開催された。祭りは地元の農村観光振興の役割も担っている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月17日
    米の収穫祝う「稲香祭」開催浙江省建徳市

    17日、浙江省建徳市欽堂郷の田園風景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市でこのほど、米の収穫を祝う「稲香祭」が開催された。祭りは地元の農村観光振興の役割も担っている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月22日
    チベット族の祭典「香浪節」が開幕甘粛省夏河県

    22日、大勢の人でにぎわう賽欽草原。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河県の賽欽草原で22日、「夏河ラプラン(拉卜楞)香浪節(祭)」が開幕した。香浪節は甘南地区に住むチベット族の人々にとって最も重要な祭りの一つで、数百年の歴史がある。会場では地元の人々が草原でチベット族の伝統的な舞踊「鍋荘舞」を踊り、民謡を歌い、食事を楽しむなどして民族の文化を盛り上げた。(夏河=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    ミャオ族の集落でタニシビーフンの百家宴広西チワン族自治区

    12日、柳州市融水ミャオ族自治県杆洞(かんどう)郷党鳩(とうきゅう)村の烏英ミャオ族集落の芦笙(ろしょう)小広場に集まり、タニシビーフンを食べる村民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市の螺螄粉(タニシビーフン)協会とメーカーのボランティアは12日、同市融水ミャオ族自治県にある烏英(うえい)ミャオ族集落で、タニシビーフンの「百家宴」を催した。百家宴は通常、多くの家々が料理を持ち寄る宴会を指すが、今回は協会やメーカーがタニシビーフンで村民を歓待。同地で開かれている地元ミャオ族の伝統祭日「新禾節(しんかせつ)」に華を添えた。新禾節は豊作祈願の祭りで集落ごとに開催時期が異なるが、毎年旧暦6月6日~月末(今年は7月26日~8月18日)にかけて開かれる。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.31
    2020年05月23日
    「新華社」中国の少数民族、花瑶族の田植え祭を訪ねて湖南省懐化市

    中国湖南省懐化市漵浦(じょほ)県にある山背花瑶棚田風景区で23日、第1回田植え祭が開催され、周辺地域から観光客が訪れた。祭り会場では魚のつかみ取りや田植えのほか、花瑶族の女性たちによる歌や踊りも披露され、来場者は風景区の自然の美しさを満喫した。山背花瑶棚田は、同省中西部の雪峰山北麓を構成する崇山峻嶺の山間地帯に位置する。平均標高は500~1500メートル余り、標高1300メートル以上の棚田の面積は3千ムー(200ヘクタール)を超え、雄大さと壮麗さと美しさが一体となった、中国で最も標高の高い場所にある棚田の一つとされる。風景区の建設が発展するつれ、近年、自宅近くで就業した村民は160人以上に達し、毎月2400元(1元=約15円)以上の給与を手するようになった。就業者には90世帯以上の貧困世帯も含まれている。(記者/丁春雨)<映像内容>田植え祭の様子、歌、楽器演奏、田植え、魚のつかみ取りなど、撮影日:2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:00.95
    2020年05月22日
    「新華社」5キロにわたる花の道、アブラギリの名所が人気江西省修水県

    初夏を迎え、中国江西省九江市修水県ではアブラギリの花が5万ムー(約3300ヘクタール)にわたり咲き競っている。雪のように白い花が緑の山肌を覆い、訪れた観光客を桃源郷にいるような気分にさせる。花の谷に入り、両側の斜面に目を向けると、枝先にたくさんの純白の花が見え、高所から見渡すと満開の花々が山の緑に彩りを添える幻想的な「5月の雪」の風景を描き出している。修水県に咲くアブラギリの花期は約15日間。多くが春から夏にかけて見頃となる。かつては果実を油の精製に用いていたが、ここ数年は花の美しさが注目されるようになった。同県ではこれまでに2年連続で「桐花祭り」を開催し、5キロにわたる花の観賞ルートを整備した。(記者/劉彬)<映像内容>開花したアブラギリの風景、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.36
    2020年04月11日
    空撮 コロナでさくら祭り中止に 寂しき桜の名所 福島県富岡町

    福島県富岡町の桜の名所「夜の森地区」で、桜並木が見頃を迎えている。11日は「桜まつり」が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から中止となり、マスク姿の花見客の姿がまばらに見えるだけで静か。<映像内容>福島県富岡町の桜並木の小型無人機映像とドライブショット、帰還困難区域のチェックポイント、夜ノ森公園の看板など、撮影日:2020(令和2)年4月11日、撮影場所:福島県富岡町

    撮影: 2020(令和2)年4月11日

  • 2020年03月25日
    茶摘みの季節到来福建省福州市

    25日、春の新茶摘み行事が行われた晋安春倫生態旅游観光園。(小型無人機から)中国福建省福州市の鼓嶺山脈にある晋安春倫生態旅游観光茶園で25日、福州春茶祭りが開催された。祭りでは茶や山に感謝をささげる儀式、茶摘み踊りなどが行われ、人々は茶摘みや製茶を体験し、茶を味わい、春を迎えた茶どころの景色と趣を満喫した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.60
    2020年01月19日
    「新華社」鼎盛皇室ランタン祭り開幕承徳市

    中国河北省承徳市で19日、第7回鼎盛皇家ランタン祭りが開幕した。同祭りは歴史的民俗と文化を継承し、冬の文化観光を革新することを主旨としている。同祭りは中国の伝統な風習の伝承を基にして、氷彫刻やランタン、民俗ショー、美食、ゲームなどの催しで新春の雰囲気を生み出している。祭りは2月8日まで開催され、期間中はさまざまなテーマイベントが行われる。(記者/駱学峰)<映像内容>第7回鼎盛皇家ランタン祭りの様子、撮影日:2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.35
    2020年01月05日
    「新華社」黒竜江省で中国・ハルビン国際氷雪祭り開幕、イベントめじろ押し

    第36回中国・ハルビン国際氷雪祭りが5日、黒竜江省ハルビン市で開幕した。厳しい寒さが続く冬の間、100以上のイベントが予定されている。同祭りは1985年に始まり、現在は日本のさっぽろ雪まつり、カナダのケベック・ウインター・カーニバル、ノルウェー・オスロのスキーフェスティバルとともに世界四大氷祭りと称されている。(記者/斉泓鑫)<映像内容>ハルビンの氷雪祭りの様子、撮影日:2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月31日
    氷と雪の中で年越し新疆ウイグル自治区

    12月31日に撮影したブルチン県フームー村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区ブルチン(布爾津)県フームー(禾木)村では、多くの観光客が年末年始のひとときを楽しんでいる。観光客らは雪郷の風景を堪能し、馬そりや乗馬、たき火や雪投げなどの年越しイベントに参加して、氷雪の地でも冷めることのない熱気で村を包み込んだ。(布爾津=新華社記者/宋彦樺)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月31日
    氷と雪の中で年越し新疆ウイグル自治区

    12月31日、たき火を囲んで年越しを祝う観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区ブルチン(布爾津)県フームー(禾木)村では、多くの観光客が年末年始のひとときを楽しんでいる。観光客らは雪郷の風景を堪能し、馬そりや乗馬、たき火や雪投げなどの年越しイベントに参加して、氷雪の地でも冷めることのない熱気で村を包み込んだ。(布爾津=新華社記者/宋彦樺)=2019(令和元)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    第21回ハルビン氷雪大世界が開幕黒竜江省

    23日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、「氷と雪を共に楽しむ」をテーマとした第21回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が正式に開幕した。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:09.12
    2019年12月23日
    「新華社」第21回ハルビン氷雪大世界が開幕黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市で23日、「氷と雪を共に楽しむ」をテーマとした第21回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が開幕した。今回の氷祭りは敷地面積約60万平方メートル。22万立方メートルの雪と氷を使い、21カ所の景観群と20余りの参加型娯楽施設を作り上げた。ハルビン氷祭りは1999年の開始以来、氷雪アートの分野で長年にわたり発展を続けている。(記者/馬知遥、唐鉄富)<映像内容>第21回ハルビン氷祭りの様子、撮影日:2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月23日
    第21回ハルビン氷雪大世界が開幕黒竜江省

    23日、ハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、「氷と雪を共に楽しむ」をテーマとした第21回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が正式に開幕した。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月07日
    老いてなお活き活き高齢者が歌や踊りで重陽節祝う湖南省

    7日、重陽節を迎えた長沙市の南郊公園で、歌や踊りを楽しむ高齢者たち。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の南郊公園では7日、SNSを通じて集まった高齢者200人余りが、歌や踊り、「腰鼓」(ようこ、腰につけた小太鼓を打ちながら踊る民間舞踊)、「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)などを楽しみながら、重陽節(今年は10月7日)を祝った。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、空から望む雲南省竜陵県竜江郷。(小型無人機から)中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/邵維岑)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、一面に広がる雲南省竜陵県竜江郷の田園風景。(小型無人機から)中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/邵維岑)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」に訪れた観光客と地元住民。(小型無人機から)中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/邵維岑)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」の会場で、「稲花魚」のつかみ取りを楽しむ観光客と地元住民。(小型無人機から)中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/邵維岑)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、一面に広がる雲南省竜陵県竜江郷の田園風景。(小型無人機から)中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/邵維岑)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    ヤクの真剣勝負者下郷で闘牛祭りチベット自治区

    9日、上空から見た者下郷の闘牛場。(小型無人機から)中国チベット自治区日喀則(シガツェ)市白朗(パナム)県者下郷の闘牛祭りは歴史が古く、自治区の無形文化遺産に指定されている。牧民たちは競技に参加するヤクに絹織物や緞子(どんす)をかけ、闘牛場に連れてくる。勝負は一瞬で決まることもあれば、数十分間かかる場合もある。優勝したヤクは「ヤクの至尊」と呼ばれる。(シガツェ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.60
    2019年07月23日
    「新華社」見頃迎えるキンレンカ内モンゴル自治区ショローン・フフ旗

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フフ旗(正藍旗)の金蓮川草原で、キンレンカ祭りが18日から21日の日程で開かれ、各地から大勢の観光客が集まっている。金蓮川草原は、ショローン・フフ旗の最も代表的な草原生態系の観光地で、毎年7、8月にキンレンカが見頃を迎える。(ショローン・フフ旗党委員会宣伝部提供)<映像内容>中国内モンゴル自治区のキンレンカ祭りの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:ショローン・フフ旗党委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月05日
    新国立競技場の空撮 伝統芸能、アニメ、復興も

    建設中の新国立競技場。2020年東京五輪の開会式などが行われる=6月

    撮影: 6月

  • 2019年05月01日
    郷土の風情でおもてなしメーデー連休、各地にぎわう

    1日、江西省新余市渝水(ゆすい)区下保村で行われた農村文化観光祭りで田植えを体験する観光客。(小型無人機から)労働節(メーデー)の連休期間中、中国各地では民族情緒や美しい自然の魅力にあふれた古鎮(古い街並み)および農村が、観光客に人気のスポットになっている。(新余=新華社配信/趙春亮)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月24日
    盛装で舞い新春を祝う貴州省凱里市

    24日、貴州省凱里市舟渓鎮に集まり芦笙舞を踊るミャオ族の人々。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州凱里(がいり)市の舟渓(しゅうけい)鎮で24日、各地のミャオ族の人々が祝日の衣装を身にまとい、伝統の「甘嚢香(ガンナンシャン)」芦笙(ろしょう)堂に集った。新年の祭り「芦笙会」が始まると、男性は民族楽器の芦笙を吹き、女性やと子どもたちは芦笙舞を踊り、新年を祝うとともに1年の恵まれた天候や五穀豊穣を祈った。若者らは祭りを機会に意中の人を求めた。「甘嚢香」はミャオ語で「川の下流、神々が集う場所」を意味する。甘嚢香の芦笙会は貴州で最も規模が大きく、最も古風な芦笙会の一つとされる。(凱里=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月20日
    千人のイ族の「刺しゅう娘」、技術とファッションを競う雲南省楚雄

    20日、空から撮影した会場。中国雲南省楚雄(そゆう)イ族自治州永仁県はこのほど、千人が一カ所に集まり刺しゅうをする伝統的な祭りを開催した。参加者は刺しゅうの技術を披露し、千年以上にわたり受け継がれてきたイ族の賽装節(ファッションコンテストの祭り)を祝った。(楚雄=新華社配信/趙普凡)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、唐山市の南湖公園で披露された、溶かした鉄を空に向かって投げる伝統的な花火「打鉄花」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家庄=新華社記者/楊世堯)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、唐山市の南湖公園で披露された、溶かした鉄を空に向かって投げる伝統的な花火「打鉄花」。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、唐山市の南湖公園で獅子舞を見る観光客。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月17日
    南湖公園を彩る元宵節のランタン祭り河北省唐山市

    17日、新春ランタン祭りが行われた唐山市の南湖公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖公園でこのほど、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を祝う新春ランタン祭りが行われ、大勢の市民や観光客が色鮮やかな光の祭典を楽しんだ。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市

    15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市

    15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市

    15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市

    15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月15日
    きらびやかな雪と氷の季節黒竜江省ハルビン市

    15日に撮影したハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)「氷雪の冠に輝く真珠-ハルビン」をテーマとする第35回中国・ハルビン国際氷雪祭りは5日の開幕以来、各地から訪れる多くの観光客を引き付けている。黒竜江省ハルビン市は氷と雪の季節に、氷雪観光、氷雪文化、氷雪ファッション、氷雪経済貿易、氷雪スポーツの5ジャンルのイベントを100以上行う。さまざまなイベントを開催することで、観光客に豪華な「氷雪の宴」を体験してもらう。(ハルビン=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月05日
    ラクダの文化祭開催内モンゴル自治区ヘシグテン旗

    5日、ラクダ文化祭で行われた火祭り。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市ヘシグテン旗のダルハン・ウラ・ソムで5、6両日、第9回ラクダ文化祭が開催され、競馬やモンゴル相撲、ラクダレースなど、モンゴル族の伝統スポーツの試合が行われた。(赤峰=新華社記者/彭源)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    「ラクダのナーダム」開幕内モンゴル自治区

    27日、「第2回ラクダのナーダム」の開幕式で白い伝統衣装を身に着け、パフォーマンスを披露する地元の牧畜民。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗で27日、「第2回ラクダのナーダム(お祭り)」が開幕した。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    第20回ハルビン氷雪大世界開催黒竜江省

    23日に撮影したハルビン氷雪大世界の景観。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市で23日、第20回ハルビン氷雪大世界が開園した。世界中から訪れた観光客の目の前に、きらびやかな氷と雪の世界が広がる。今回のハルビン氷雪大世界は敷地面積が60万平方メートルで、11万立方メートルの氷、12万立方メートルの雪を使って作り上げられた。100カ所に上る景観や30カ所余りの娯楽施設、数百回の充実したイベントが氷と雪の祭りを盛り上げる。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    長テーブルを囲むトン族の宴会貴州省従江県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で、地元のトン族同胞と観光客が長テーブルを囲み、トン族の宴会「長卓宴」に参加する様子。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で17日、年に1度の行事「新米節」が行われた。地元のトン族同胞は伝統に基づき、約200メートルの長テーブルを囲む「長卓宴」で各地から集まった賓客をもてなし、共に祭りを楽しんだ。(従江=新華社配信/呉徳軍)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    長テーブルを囲むトン族の宴会貴州省従江県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で、地元のトン族同胞と観光客が長テーブルを囲み、トン族の宴会「長卓宴」に参加する様子。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で17日、年に1度の行事「新米節」が行われた。地元のトン族同胞は伝統に基づき、約200メートルの長テーブルを囲む「長卓宴」で各地から集まった賓客をもてなし、共に祭りを楽しんだ。(従江=新華社配信/呉徳軍)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月17日
    長テーブルを囲むトン族の宴会貴州省従江県

    17日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で、地元のトン族同胞と観光客が長テーブルを囲み、トン族の宴会「長卓宴」に参加する様子。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県谷坪郷銀潭村で17日、年に1度の行事「新米節」が行われた。地元のトン族同胞は伝統に基づき、約200メートルの長テーブルを囲む「長卓宴」で各地から集まった賓客をもてなし、共に祭りを楽しんだ。(従江=新華社配信/呉徳軍)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月16日
    ブリュッセル・フラワーカーペット

    キーワード:ブリュッセル・フラワーカーペット、花の祭典、鮮やか、イベント、花のじゅうたん、観光地=2018(平成30)年8月16日、ベルギー・ブリュッセルのグランプラス(ロイター=共同)

    撮影: 2018

  • 1
  • 2