KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 顔見世興行
  • 吉例顔見世
  • あなたの笑顔
  • 笑顔満開
  • 京都顔見世
  • 和服笑顔
  • 顔に泥を塗る
  • 顔合わせ
  • 古式顔寄せ
  • 地獄の顔

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 祭り・伝統芸能
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
387
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
387
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月24日
    問6の写真 日本の代表的な乳牛は?

    鬼のような顔に長い首の大きな山車「牛鬼」が練り歩く祭りで知られる市は?

  • 04:17.55
    2020年12月16日
    「オリコン」 海老蔵、息子のゲーマー化

    歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)、長女の市川ぼたん(9)、長男の堀越勸玄(7)が16日、都内で行われた新橋演舞場1月公演『初春海老蔵歌舞伎』記者懇談会に出席。父へのお願いとして、勸玄から「おねだりしたいことは、うーんとね…あっ、あった!ゲームしていい?」と屈託のない笑顔を向けられると“父の顔”を見せた。撮影日時:2020(令和2)年12月16日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 01:13.20
    2020年12月01日
    年の瀬告げるまねき上げ 京都・南座、吉例顔見世

    古都に年の瀬を告げる毎年恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」が5日から始まるのを前に、役者の名前を書き込んだ看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が1日、京都市東山区の南座で行われた。作業員が片岡仁左衛門(かたおか・にざえもん)さん(5、6日は休演)の看板(長さ約1・8メートル、幅約30センチ)をロープで引き上げ取り付けると、出演する役者の看板41枚が南座正面に勢ぞろいした。<映像内容>ロープで引き上げられる片岡仁左衛門さんの看板、塩まきの儀、南座正面に勢ぞろいした役者の看板、南座の外観、撮影日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:京都市東山区

    撮影: 2020(令和2)年12月1日

  • 2020年11月21日
    芸を披露する梶原さん 83歳の道化師、今も現役

    83歳の誕生日に開催されたオンラインイベントで、テーブルクロス引きを披露し笑顔を見せる道化師の梶原輝夫さん(右)=21日午後、名古屋市

  • 02:15.86
    2020年11月06日
    大入り願い「まねき書き」 京都・南座、吉例顔見世

    京都・南座で12月に開催される「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りへの願いを込め、出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」が6日、京都市左京区の妙伝寺で報道陣に公開された。この日は書家の井上玉清(いのうえ・ぎょくせい)さん(75)が日本酒を混ぜた墨を使って、長さ1・8メートル、幅30センチのヒノキ板に、片岡仁左衛門(かたおか・にざえもん)さんの名前を1文字ずつ丁寧に書き上げた。<映像内容>井上玉清さんによる片岡仁左衛門さんの名前のまねき書き、井上さんの囲みインタビュー、まねき書きが公開された建物の外観、妙伝寺の外観、撮影日:2020(令和2)年11月6日、撮影場所:京都市左京区

    撮影: 2020(令和2)年11月6日

  • 00:57.56
    2020年08月29日
    「新華社」ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(記者/侯鳴)<映像内容>ヤンコ踊りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、ヤンコ踊りを鑑賞する村民。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信/侯鳴)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、小河東村でヤンコ踊りを熱演する富裕県の文芸ボランティア。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、ヤンコ踊りを鑑賞する村民ら。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信/侯鳴)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、小河東村の広場でヤンコ踊りを熱演する村民。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    ヤンコ踊り、村に元気届ける黒竜江省富裕県

    17日、小河東村の広場でヤンコ踊りを熱演する村民。中国黒竜江省チチハル市富裕県の小河東村でこのほど、同県の劇団と文化館の文芸ボランティア30人余りが、村人たちと秧歌(ヤンコ踊り)を熱演。見物に訪れた地元住民らに元気と笑顔を届けた。(チチハル=新華社配信)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月04日
    泥を塗られる男性 コロナ鎮める?接触心配?

    「どろんこ祭り」で、女性から少量の泥を顔に塗られる男性=4日午後、高知市

    撮影: 4日午後、高知市

  • 2020年04月04日
    泥を塗る女性たち コロナ鎮める?接触心配?

    「どろんこ祭り」で、男性の顔に泥を塗るマスク姿の女性たち=4日午後、高知市

    撮影: 4日午後、高知市

  • 2020年03月08日
    ヤンゴンで「ホーリー祭」開催

    8日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、顔に色とりどりの粉を塗ったホーリー祭の参加者。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、色の祭典とも称される春の祭り「ホーリー祭」が行われ、世界各地からの観光客や地元住民らが参加した。祭りの間、人々は色とりどりの粉末を塗り合い、春を迎える喜びと祝福の気持ちを分かち合った。(ヤンゴン=新華社配信/ウ・アング)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    ヤンゴンで「ホーリー祭」開催

    8日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、顔に色とりどりの粉を塗ったホーリー祭の参加者。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、色の祭典とも称される春の祭り「ホーリー祭」が行われ、世界各地からの観光客や地元住民らが参加した。祭りの間、人々は色とりどりの粉末を塗り合い、春を迎える喜びと祝福の気持ちを分かち合った。(ヤンゴン=新華社配信/ウ・アング)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    ヤンゴンで「ホーリー祭」開催

    8日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンでホーリー祭に参加し、顔中粉だらけになった男の子。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、色の祭典とも称される春の祭り「ホーリー祭」が行われ、世界各地からの観光客や地元住民らが参加した。祭りの間、人々は色とりどりの粉末を塗り合い、春を迎える喜びと祝福の気持ちを分かち合った。(ヤンゴン=新華社配信/ウ・アング)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    ヤンゴンで「ホーリー祭」開催

    8日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、顔に色とりどりの粉を塗ったホーリー祭の参加者。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、色の祭典とも称される春の祭り「ホーリー祭」が行われ、世界各地からの観光客や地元住民らが参加した。祭りの間、人々は色とりどりの粉末を塗り合い、春を迎える喜びと祝福の気持ちを分かち合った。(ヤンゴン=新華社配信/ウ・アング)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    ヤンゴンで「ホーリー祭」開催

    8日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、顔に色とりどりの粉を塗ったホーリー祭の参加者。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、色の祭典とも称される春の祭り「ホーリー祭」が行われ、世界各地からの観光客や地元住民らが参加した。祭りの間、人々は色とりどりの粉末を塗り合い、春を迎える喜びと祝福の気持ちを分かち合った。(ヤンゴン=新華社配信/ウ・アング)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月11日
    笑顔で会見の神田伯山さん 松之丞改め「伯山」を襲名

    記者会見する神田松之丞改め六代目「神田伯山」さん=11日夜、東京・新宿の末広亭

    撮影: 11日夜、東京・新宿の末広亭

  • 2020年02月11日
    撮影に応じる伯山さん 松之丞改め「伯山」を襲名

    記者会見の冒頭、笑顔で撮影に応じる神田松之丞改め六代目「神田伯山」さん=11日夜、東京・新宿の末広亭

    撮影: 11日夜、東京・新宿の末広亭

  • 2020年02月08日
    佐伯市宇目木浦鉱山 木浦すみつけ祭り

    佐伯市の木浦すみつけ祭りで、顔に墨を塗り合って無病息災を祈る参加者=2020(令和2)年02月08日、佐伯市宇目木浦鉱山、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月08日
    佐伯市宇目木浦鉱山 木浦すみつけ祭り

    佐伯市の木浦すみつけ祭りで、顔に墨を塗り合って無病息災を祈る参加者=2020(令和2)年02月08日、佐伯市宇目木浦鉱山、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月08日
    佐伯市宇目木浦鉱山 木浦すみつけ祭り

    佐伯市の木浦すみつけ祭りで、顔に墨を塗り合って無病息災を祈る参加者=2020(令和2)年02月08日、佐伯市宇目木浦鉱山、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月08日
    佐伯市宇目木浦鉱山 木浦すみつけ祭り

    佐伯市の木浦すみつけ祭りで、顔に墨を塗り合って無病息災を祈る参加者=2020(令和2)年02月08日、佐伯市宇目木浦鉱山、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年01月11日
    笑顔で話す鶴竜と白鵬 V狙う白鵬、朝山らに期待

    土俵祭りを前に笑顔で話す鶴竜(左)と白鵬=11日、東京・両国国技館

  • 2020年01月08日
    笑顔

    フィリピンの首都マニラでパレードに参加する人々。同国でのカトリック最大の祭りを控え、笑顔がはじけます。(ゲッティ=共同)

  • 2020年01月02日
    ケーキを贈られた田中さん 最高齢田中さん117歳に

    昨年9月の「敬老の日」のイベントで、贈られた特大ケーキを前に笑顔の田中カ子さん=福岡市

    撮影: 福岡市

  • 02:00.95
    2019年11月25日
    年の瀬告げるまねき上げ 京都、吉例顔見世興行

    古都に年の瀬の訪れを告げる歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りを願って歌舞伎役者の名前を書き入れた看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が25日、京都市東山区の南座で行われた。太く丸みを帯びた「勘亭流(かんていりゅう)」という独特の書体には「劇場に隙間なく客が入るように」と、大入りへの願いが込められている。公演は30日から12月26日まで。坂田藤十郎さんら東西の人気俳優が顔をそろえ、昼の部の「仮名手本忠臣蔵」七段目では、片岡仁左衛門さんが親子孫3代で共演する。<映像内容>「片岡仁左衛門」のまねき看板を作業員が設置する様子、松竹の市村昌也・関西演劇室室長によるあいさつと手締め、すべてのまねき看板がそろった南座の外観など、撮影日:2019(令和元)年11月25日、撮影場所:京都府 京都市

    撮影: 2019(令和元)年11月25日

  • 2019年11月09日
    笑顔の白鵬と鶴竜 御嶽海らの闘いに注目

    土俵祭りを前に笑顔で話す白鵬(左)と鶴竜=9日、福岡国際センター

  • 00:26.74
    2019年10月27日
    「皆さんのおかげで最高のお練りができた。恩返しを舞台上でしたい」 「西日本新聞」中村勘九郎さんら北九州を「お練り」 平成中村座、11月1日から公演

    北九州市小倉北区で11月1日に始まる九州初上陸の歌舞伎「平成中村座小倉城公演」(博多座、テレビ西日本主催)を前に、出演者らが顔見せする「お練り」が27日あり、人力車に乗った中村勘九郎さんらが中心市街地を巡った。勘九郎さんの弟七之助さんや中村獅童さんも参加。商店街の沿道を埋め尽くしたファンらに笑顔で手を振った。国の重要無形民俗文化財「小倉祇園太鼓」の団体も行列に加わり、お練りを盛り上げた。小倉井筒屋前の船場広場に到着後、勘九郎さんは「皆さんのおかげで最高のお練りができた。恩返しを舞台上でしたい」と意気込みを語った。、撮影日:2019(令和元)年10月27日、撮影場所:福岡県北九州市小倉北区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年10月27日、福岡県北九州市小倉北区

  • 2019年10月01日
    一面に広がる田園風景素朴な農村風情を楽しもう雲南省

    1日、田んぼでつかみ取った魚を手に笑顔を見せる観光客。中国雲南省竜陵(りゅうりょう)県竜江郷でこのほど、第4回竜陵・竜江「稲花魚節(祭り)」が開かれ、「稲花魚」(田んぼで飼育され、稲の落花を食べる魚)のつかみ取りや農村の素朴な風情を楽しもうと大勢の観光客が訪れ、賑わいを見せていた。(昆明=新華社配信/李長明)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月10日
    中国重慶三峡芸術団、フィジーのナンディで公演

    10日、顔の隈取りを一瞬のうちに変化させる伝統芸能「変面(へんめん)」を披露する出演者。中国重慶三峡芸術団が10日夜、フィジー中国文化センターの招きに応じ、フィジーの有名な観光都市ナンディのデナラウ港野外劇場で公演を行った。新中国成立70周年と中国の重要な祝日である中秋節(旧暦8月15日)を盛大に祝い、現地で暮らす華僑・華人や地元フィジーの人々のほか、観光客らから温かく迎えられた。(ナンディ=新華社記者/張永興)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月07日
    笑顔の白鵬ら 大相撲秋場所きょう開幕

    土俵祭りに臨み、笑顔を見せる横綱白鵬(中央)。左は大関栃ノ心、右は横綱鶴竜=7日、東京・両国国技館

  • 2019年09月02日
    「またおいで」温かな笑顔

    ムツヘタの路上で踊りを披露する子ども。鮮やかな動きに歓声が湧いた(共同)

  • 01:12.63
    2019年08月14日
    「下野新聞」花に囲まれ 笑顔も満開 ヒマワリ200万本咲き誇る 益子

    益子町上山で、恒例の「ましこのひまわり祭り」(ましこ花のまちづくり実行委員会主催)が開かれている。約11ヘクタールの休耕田に、色合いの異なる4品種が植えられ、14日には約200万本が満開となっていた。祭り期間の18日まで、見頃が続きそう。来場者は、思い思いに写真を撮るなどして楽しんでいた。ひまわりは一部エリアでは1グループ100円で摘み取ることもできる。会場は「道の駅ましこ」の北。期間中は真岡鉄道益子駅と同町長堤の町南運動公園から無料の送迎バスも運行している。<映像内容>「ましこのひまわり祭り」の様子、撮影日:2019(令和元)年8月14日、撮影場所:栃木県芳賀郡益子町、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年8月14日、栃木県芳賀郡益子町

  • 2019年08月13日
    シャチと観客 シャチの水しぶき浴び笑顔

    鴨川シーワールドでシャチのイベントを楽しむ観客=13日午後、千葉県鴨川市

    撮影: 13日午後、千葉県鴨川市

  • 2019年08月13日
    楽しむ観客 シャチの水しぶき浴び笑顔

    鴨川シーワールドでシャチのイベントを楽しむ観客=13日午後、千葉県鴨川市

    撮影: 13日午後、千葉県鴨川市

  • 2019年08月11日
    第66回よさこい祭り はじける鳴子 笑顔満開

    第66回よさこい祭り =2019(令和元)年8月11日、高知県、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月11日
    第66回よさこい祭り はじける鳴子 笑顔満開

    第66回よさこい祭り =2019(令和元)年8月11日、高知県、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月10日
    第66回よさこい祭り はじける鳴子 笑顔満開

    第66回よさこい祭り =2019(令和元)年8月10日、高知県、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月09日
    尾上右近 高知公演 歌舞伎の良さ知って

    歌舞伎俳優と舞踊音楽・清元節の太夫(浄瑠璃語り)という二つの顔を持つ尾上右近が9月11日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で浄瑠璃と舞踊の公演を行う。よさこい参加とPRで来高した右近は「多くの人に歌舞伎の良さを知っていただき、また見たいと思っていただける舞台にしたいと思っています」と意欲を語った=2019(令和元)8月9日、高知新聞社 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    笑顔の豊竹咲太夫さん 父の助言をいま実感

    会見を終え笑顔を見せる、人間国宝に認定された人形浄瑠璃文楽の太夫、豊竹咲太夫さん

  • 2019年07月11日
    握手を交わす両監督 オールスター戦前夜祭

    オールスター戦の前夜祭で、笑顔で握手を交わす全パの辻監督(左)と全セの緒方監督=11日、東京都内

  • 2019年04月06日
    どろんこ祭り 顔に泥、無病息災願う

    高知市の若宮八幡宮で始まった「どろんこ祭り」=6日

    撮影: 6日

  • 2018年12月22日
    サンタ姿のスタッフ 真備の子ども笑顔に

    岡山県内の高校生らが企画したイベントで、参加者にトートバッグを配るサンタクロース姿の運営スタッフら=22日、岡山県倉敷市

    撮影: 22日、岡山県倉敷市

  • 2018年12月18日
    表彰を受けた金子兜太 「全身がん」公表も演技

    2017年11月、現代俳句協会から特別功労者の表彰を受け、笑顔で写真撮影に応じる金子兜太=東京都内のホテル

    撮影: 東京都内のホテル

  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    水族館でメリークリスマス
  • 2018年11月10日
    サンタとトナカイとエイ 水族館でメリークリスマス

    クリスマスシーズンを前に東京・池袋のサンシャイン水族館の大水槽では、早くもサンタとトナカイに扮(ふん)したスタッフによるパフォーマンスが始まっている。会場は多くの家族連れでにぎわい、父親と訪れた内山紗雪ちゃん(5)は「初めて見たけどすごく楽しかった」と笑顔だった。イベントは12月25日まで=10日

  • 2018年11月10日
    登場したサンタとトナカイ 水族館でメリークリスマス

    クリスマスシーズンを前に東京・池袋のサンシャイン水族館の大水槽では、早くもサンタとトナカイに扮(ふん)したスタッフによるパフォーマンスが始まっている。会場は多くの家族連れでにぎわい、父親と訪れた内山紗雪ちゃん(5)は「初めて見たけどすごく楽しかった」と笑顔だった。イベントは12月25日まで=10日

  • 2018年10月25日
    笑顔の片岡仁左衛門さん さらに古典を掘り下げたい

    文化功労者に決まり、心境を語る歌舞伎俳優の片岡仁左衛門さん

  • 2018年10月25日
    デジタルスキルは高齢者に非常に重要「世界最高齢プログラマー」若宮正子さん独占インタビュー

    25日、訪中のために特別に仕立てた図柄をコンピューターでデザインした中国式の上着を着て笑顔を見せる若宮正子さん。ネックレスも自らパソコンでデザインし、3Dプリンタ-で製作した。中国陝西省西安市でこのほど行われた「世界プログラマー祭り」では、白髪の日本の女性、若宮正子さんが異彩を放った。若宮さんは自身の珍しい経歴を例に挙げ、デジタルスキルは高齢者にとって非常に重要で、プログラミングを学ぶことは若者の専売特許ではなく、たとえ80歳で開始しても遅くはないと語った。(西安=新華社記者/王穎)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:56.07
    2018年10月25日
    京都・南座でまねき上げ 2年ぶり、11月に新開場

    南座(京都市東山区)の新開場を記念し11月から始まる「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、大入りを願って歌舞伎役者の名前を書き入れた看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が25日、行われた。耐震改修工事のため2016年2月から休館していた南座に、まねきが上がるのは2年ぶり。新開場を祝い、22年ぶりに2カ月連続となる顔見世興行となるため、今年は通常より約1カ月早まった。親子3代で襲名披露をする松本幸四郎(まつもと・こうしろう)さんも訪れ、「待ちに待ったまねき上げに参加できて光栄。新開場の舞台で襲名披露ができて幸せです」と話すと拍手が上がった。<映像内容>歌舞伎役者の名前を書き入れた看板が劇場正面に掲げられる様子、掲げられた看板、松本幸四郎さんのあいさつ、南座の前でポーズをとる松本幸四郎さん、南座の外観、撮影日:2018(平成30)年10月25日、撮影場所:京都市 南座

    撮影: 2018(平成30)年10月25日

  • 2018年10月16日
    松本白鸚ら 11月の関西各座

    南座「吉例顔見世興行」で襲名披露する(左から)市川染五郎、松本幸四郎、松本白鸚

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月13日
    真備の秋祭り 阿波踊り 被災地励ます

    倉敷市真備町地区の住民に本場の阿波踊りを披露する踊り連。西日本豪雨の被災地を励まそうと、徳島市の阿波踊り連が13日、倉敷市真備町地区で本場の踊りを披露した。被災者も踊りの輪に加わるなど、秋空の下に笑顔が広がった。真備公民館岡田分館(同町岡田)であった地元住民主催の秋祭りに来場。阿波踊り振興協会(山田実理事長)の14連から38人の踊り手が参加し、鉦(かね)や太鼓の囃子に乗ってリズミカルに男踊り、女踊りを熱演した。=2018(平成30)年10月13日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年10月11日
    「まねき書き」の看板 大入り願う「まねき書き」

    南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された、歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」=11日午前、京都市

    撮影: 11日午前、京都市

  • 2018年10月11日
    名前が書き込まれた看板 大入り願う「まねき書き」

    南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された、歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」=11日午前、京都市

    撮影: 11日午前、京都市

  • 2018年08月15日
    諏訪湖祭湖上花火大会 ファンタジックスターマイン あなたの笑顔のために

    キーワード:スターマイン、レジャー、屋外、化学、夏、火薬、花火、花火大会、豪華、祭り、産業、笑顔、諏訪湖祭湖上花火大会、諏訪市、打ち上げ花火、日本、美しい、風景、平和、無人、空想的、あなたの、テーマメイン写真、ファンタジックスターマイン、あなたの笑顔のために、ため=2018(平成30)年8月15日、長野県下諏訪町、クレジット:SADAO_MAEJIMA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月15日
    諏訪湖祭湖上花火大会 ファンタジックスターマイン あなたの笑顔のために

    キーワード:スターマイン、レジャー、屋外、化学、夏、火薬、花火、花火大会、豪華、祭り、産業、笑顔、諏訪湖祭湖上花火大会、諏訪市、打ち上げ花火、日本、美しい、風景、平和、無人、空想的、あなたの、テーマメイン写真、ファンタジックスターマイン、あなたの笑顔のために、ため=2018(平成30)年8月15日、長野県下諏訪町、クレジット:SADAO_MAEJIMA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月15日
    諏訪湖祭湖上花火大会 ファンタジックスターマイン あなたの笑顔のために

    キーワード:スターマイン、レジャー、屋外、化学、夏、火薬、花火、花火大会、豪華、祭り、産業、笑顔、諏訪湖祭湖上花火大会、諏訪市、打ち上げ花火、日本、美しい、風景、平和、無人、空想的、あなたの、テーマメイン写真、ファンタジックスターマイン、あなたの笑顔のために、ため=2018(平成30)年8月15日、長野県下諏訪町、クレジット:SADAO_MAEJIMA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月15日
    諏訪湖祭湖上花火大会 ファンタジックスターマイン あなたの笑顔のために

    キーワード:スターマイン、レジャー、屋外、化学、夏、火薬、花火、花火大会、豪華、祭り、産業、笑顔、諏訪湖祭湖上花火大会、諏訪市、打ち上げ花火、日本、美しい、風景、平和、無人、空想的、あなたの、テーマメイン写真、ファンタジックスターマイン、あなたの笑顔のために、ため=2018(平成30)年8月15日、長野県下諏訪町、クレジット:SADAO_MAEJIMA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月03日
    見つかったアルバム 長引く避難、復興阻む猛暑

    土砂が流れ込んだ自宅で大学生がアルバムを見つけた。写真が剝がれないよう丁寧に泥を落とす。祭り、クリスマス、生まれたばかりの自分を囲む家族の笑顔。「初めて目にする写真も多い。両親は半ば諦めていた。見つけられてうれしかった」=3日、広島県坂町小屋浦地区

    撮影: 3日、広島県坂町小屋浦地区

  • 2018年07月18日
    得意顔

    モスクワで開催された祭りの一こま。女性の背に乗るフレンチブルドッグも得意げです。(タス=共同)

  • 2018年07月16日
    踊り終えた三條さん 亡き息子よ、見ているか

    船上での踊りを終え、笑顔の三條すみゑさん(中央)=15日、宮城県石巻市

  • 2018年07月12日
    不思議の国

    スペイン北部パンプロナで、祭りのパレードに使う馬と巨大な顔の張りぼてをまとった男性ら。不思議の国に迷い込んだみたい。(ロイター=共同)

  • 2018年06月21日
    真っ白

    ロシア西シベリアの祭りで、伝統的乳飲料が入ったおけから、硬貨を拾おうとして顔を真っ白にする少女。うまくいくかな。(タス=共同)

  • 2018年06月03日
    笑顔の各県の踊り手たち 6県の祭り一体でパレード

    「東北絆まつり」のパレードを終え、笑顔でポーズをとる各県の踊り手たち=3日午後、盛岡市

    撮影: 3日午後、盛岡市

  • 02:22.17
    2018年05月18日
    歌舞伎や新喜劇で華やかに 再開する南座の演目発表

    松竹は18日、東京都内で記者会見を開き、耐震改修工事を経て11月に再開する南座(京都市東山区)で、2019年9月までに上演する舞台のラインアップを発表した。幕開けは今年12月までの2カ月間、「吉例顔見世興行」を開催。11月は松本幸四郎家の親子3代襲名披露と銘打って松本白鸚さん、松本幸四郎さん、市川染五郎さんらが出演する。現在の南座は歌舞伎発祥の地とされる京都・四条に1929(昭和4)年に建てられ、国の登録有形文化財。2016年2月に休館し、耐震補強やバリアフリー対応などのため改修を進めている。 <映像内容>松竹のラインナップ発表記者会見の様子、松本幸四郎さんあいさつ、南座新公式キャラ「みなみーな」とのフォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年5月18日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2018(平成30)年5月18日

  • 2018年04月07日
    泥を塗る女の子 大人も子どももどろんこに

    高知市の若宮八幡宮で始まった「どろんこ祭り」で、男性の顔に泥を塗る女の子=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 2018年04月07日
    始まった「どろんこ祭り」 大人も子どももどろんこに

    高知市の若宮八幡宮で始まった「どろんこ祭り」で、顔に泥を塗られ笑顔の男の子ら=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 2018年04月01日
    笑顔の小遊三さんら 「東北に落語文化を」

    常設の寄席「魅知国定席 花座」がオープンし、笑顔で記者の質問に答える(右2人目から)落語家の三遊亭小遊三さん、漫才コンビ「ナイツ」の土屋伸之さん、塙宣之さんら=1日午後、仙台市青葉区

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品の数々。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品の数々。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障碍をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客から惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    知的障害の人たちが描いた作品の数々日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、知的障害をもつ日本の子供たちと触れ合う中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、「変面」をテーマにした作品を掲げる人たちと記念写真を撮る中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、王文強さんが以前「変面」のパフォーマンスを行った時に撮影された写真に基づいて、知的障害の人たちが描いた「変面」をテーマとした作品。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    中国の「変面」で知的障害の日本の子供が満面の笑顔に

    1日、あいアイ美術館で中国の伝統芸能「変面」のパフォーマンスを披露する中国人留学生の王文強さん。日本列島で桜が満開となった最も美しいこの時期に、同日、「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市で、知的障害児に日本で最初に美術教育を行ったあいアイ美術館の設立11周年記念イベントが開かれた。これまでと異なるのは、「中国の国家機密」と称される中国四川省発祥の伝統芸能「変面(へんめん)」のパフォーマンスが今回のイベントで披露されたことだ。知的障害をもつ日本の子供たちとイベントの参加者が中国の伝統文化の芸術的魅力を間近で体験することができたことから、会場は熱気にあふれ、大いにもりあがり、観客からは惜しみない拍手が送られていた。(東京=新華社記者/姜俏梅)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    独立祝う民族の舞踏 独立のコソボ、笑顔に影

    独立10年を祝う首都プリシュティナの大通りで、民族衣装に身を包み伝統の舞踏を披露する踊り手たち=2月17日(共同)

    撮影: 2月17日

  • 2018年02月25日
    梅花祭の舞妓さん 北野天満宮で「梅花祭」

    京都・北野天満宮の「梅花祭」で、笑顔を浮かべる舞妓=25日午前

    撮影: 25日午前

  • 05:18.78
    2017年11月25日
    いざ本番へ、まねき上げ 南座に飾らないのは初

    年の瀬の京都の風物詩「吉例顔見世興行」を前に、大入りを願い歌舞伎役者の名前を板いっぱいに書き入れた看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が25日、京都市左京区のロームシアター京都で行われた。例年、看板が飾られていた祇園の南座は耐震改修工事のため休館中。南座でまねき上げが行われないのは、松竹が南座の運営を始めた1906年以降初めてという。公演は12月1日から18日まで。八代目中村芝翫さんらの襲名披露が行われる。 <映像内容>ロームシアター京都の外観、最後の一枚となる坂田藤十郎さんの看板を据え付ける様子、中村芝翫さんの挨拶、芝翫さん親子の記念撮影の様子など。京都市左京区で25日午前9時ごろから10時ごろにかけて撮影。

  • 2017年11月21日
    中村芝翫さん 顔見世に向けスイッチ入る

    「これからの歌舞伎を支えるファンを増やすため、関西でぜひ、若手の公演を実現させたい」と話す中村芝翫さん=京都市

    撮影: 京都市

  • 2017年11月14日
    フラで笑顔の女の子たち 生活一変した開拓者子孫

    浜辺でフラダンスを練習する女の子たち。世代を問わず親しまれ、踊り手は300人を超える=父島

    撮影: 父島

  • 2017年11月09日
    名前書き込む井上優さん 客を呼ぶ「まねき書き」

    「吉例顔見世興行」を前に、看板いっぱいに歌舞伎役者の名前を書き込む書家の井上優さん=9日午前、京都市

    撮影: 9日午前、京都市

  • 2017年11月09日
    公開されたまねき書き 客を呼ぶ「まねき書き」

    歳末の風物詩「吉例顔見世興行」を前に、看板いっぱいに書き込まれた歌舞伎役者の名前=9日午前、京都市

    撮影: 9日午前、京都市

  • 2017年11月09日
    書き込まれる役者名 客を呼ぶ「まねき書き」

    歳末の風物詩「吉例顔見世興行」を前に、看板いっぱいに書き込まれる歌舞伎役者の名前=9日午前、京都市

    撮影: 9日午前、京都市

  • 2017年11月05日
    芝翫さんがお練り 中村芝翫さん親子お練り

    「吉例顔見世興行」の成功を祈願し、人力車に乗って「お練り」する歌舞伎俳優の八代目中村芝翫さん(中央)=5日午後、京都市

  • 2017年10月23日
    会見する吉右衛門さん 歌舞伎役者を「天職」と

    文化功労者に選ばれ、記者会見で笑顔を見せる歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん

  • 2017年08月23日
    中村芝翫さん 芝翫襲名で人気俳優競演

    記者会見で「吉例顔見世興行」への意気込みを語る中村芝翫さん=23日午後、京都市

    撮影: 23日午後、京都市

  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 2017年08月23日
    芝翫襲名で人気俳優競演
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4