KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハテナブロック
  • ナイトタイムエコノミー
  • 中国天津市
  • 夜間経済
  • コンクール
  • シャオチー
  • スプーン
  • 一般審査員
  • 上海市閔
  • 中国上海市

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.44
    2020年10月15日
    マリオの飲食店16日開業へ USJが内覧会

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は15日、任天堂の人気キャラクター「マリオ」のグッズを扱う物販店と飲食店を併設した「マリオ・カフェ&ストア」を16日に開業するのを前に、報道陣向けに内覧会を実施した。 ゲームでおなじみの「ハテナブロック」や土管を店内の壁に描き、キノコをイメージした机を設置。マリオや双子の弟ルイージがかぶる帽子をかたどった料理を提供する。Tシャツやキーホルダーなども買える。 内覧会には、着ぐるみのマリオとルイージがダンスをしながら登場。紙吹雪が舞う中、赤色と白色の制服を着た店員らと開業を祝った。 <映像内容>マリオとルイージが登場したセレモニー、運営会社の村山卓(むらやま・たく)執行役員副社長の囲み取材、「マリオ・カフェ&ストア」の外観や店舗内部、マリオやルイージがかぶる帽子をモチーフにしたスイーツの物撮りなど、撮影日:2020(令和2)年10月15日、撮影場所:大阪市此花区

    撮影: 2020(令和2)年10月15日

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、適量を盛り付けた料理を見せる料理人。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、試食する一般審査員に対し「取り箸の使用と食べ残しの削減」を呼び掛けるボランティア。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、箸とスプーンで料理を取り分けて試食する一般審査員。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、テーブルに並べられた料理。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    上海の料理人、取り箸使用と食べ残し削減を呼び掛け

    27日、「取り箸の使用と食べ残しの削減公約」に署名した上海市閔行区新虹街道の料理人団体の関係者ら。中国上海市閔行区新虹街道(都市部の末端行政区画)で27日、地元の飲食店などで働く30の料理人団体が集まり、取り箸の使用と食べ残しの削減を呼び掛ける活動を行った。活動の一環として開かれた料理コンクールでは、適量を盛り付けた料理が提供され、専門家から成る審査チームと一般審査員が箸やスプーンで取り分けて試食した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の時代奥城夜市で、「串串香」という四川風小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)を楽しむ食事客。(6月12日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の河隣巷夜市で、小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)を楽しむ客。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の河隣巷夜市にある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の店。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の「摩天輪夜市」にある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の店。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てが営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を選ぶ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    「夜間経済」、新型コロナ収束後の都市に活気天津市

    4日、天津市南開区の奥城商業広場にある陝西料理のレストランで、ライブ動画を送信するフロアマネージャー。中国天津市ではメーデーの連休(今年は5月1~5日)期間中、17の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」街区が新型コロナウイルス対策を講じた上で営業を再開した。その第1弾として、深夜食堂326店舗が営業再開を加速させている。「夜間経済」は現在、活力を高め、都市の消費を促し、市場の自信を奮い立たせるための重要な手段になっている。暫定的な統計によると、一部の外食企業の売上高が2019年同期の7割まで回復したという。(天津=新華社記者/白佳麗)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    「夜間経済」、新型コロナ収束後の都市に活気天津市

    4日、天津市南開区の奥城商業広場にある陝西料理のレストランで、食事を楽しむ人たち。中国天津市ではメーデーの連休(今年は5月1~5日)期間中、17の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」街区が新型コロナウイルス対策を講じた上で営業を再開した。その第1弾として、深夜食堂326店舗が営業再開を加速させている。「夜間経済」は現在、活力を高め、都市の消費を促し、市場の自信を奮い立たせるための重要な手段になっている。暫定的な統計によると、一部の外食企業の売上高が2019年同期の7割まで回復したという。(天津=新華社記者/白佳麗)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月04日
    「夜間経済」、新型コロナ収束後の都市に活気天津市

    4日、天津市南開区の奥城商業広場にある新疆ウイグル自治区の料理の店「阿依来新疆餐厅」で、食事を楽しむ人たち。中国天津市ではメーデーの連休(今年は5月1~5日)期間中、17の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」街区が新型コロナウイルス対策を講じた上で営業を再開した。その第1弾として、深夜食堂326店舗が営業再開を加速させている。「夜間経済」は現在、活力を高め、都市の消費を促し、市場の自信を奮い立たせるための重要な手段になっている。暫定的な統計によると、一部の外食企業の売上高が2019年同期の7割まで回復したという。(天津=新華社記者/白佳麗)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:54.84
    2020年03月15日
    「新華社」山里の春の味覚「烏飯麻糍」浙江省寧海県

    中国浙江省寧海県胡陳郷の胡陳村に暮らす朱裘(しゅ・きゅう)さんは15日午前6時ごろ、地元特産の伝統的な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)「烏飯麻糍(ウーファンマーツ―)」を作るのに使う「烏飯葉」と呼ばれる葉っぱを摘みに出かけた。「烏飯葉」を摘んできれいに洗い、叩いて水分を出してから水に8時間浸し、その濾し汁にもち米を一晩つける。翌日、これをかまどの中で30分間蒸してから、白砂糖やブラウンシュガーを混ぜ入れながらすり鉢で練り上げる。練り上がったら、酒を振って「マツ花粉」を撒いたテーブルの上で板状に伸ばし、ブロック状に切り分ければ出来上がり。もち米の香りがほのかに漂い、もっちりした食感が楽しめる「烏飯麻糍」には、早春の収穫と労働の喜びが包み込まれている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>烏飯麻糍をつくる様子、撮影日:2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1