KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 防止対策
  • 夜間経済
  • ナイトタイムエコノミー
  • テーブル
  • ボール紙
  • 一人一人
  • 中国湖南省
  • 交差感染
  • 仕切り感染

「感染防止」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月01日
    初売り会場 正月の風物詩、様変わり

    西武池袋本店の初売りで、福袋を買い求める人たち。食品の福袋は特設会場で販売され、飛沫(ひまつ)防止シートの設置や列の間隔を空けるなど感染防止対策が行われていた=1日午前、東京都豊島区

  • 2021年01月01日
    買い求める人たち 正月の風物詩、様変わり

    西武池袋本店の初売りで、福袋を買い求める人たち。食品の福袋は特設会場で販売され、飛沫(ひまつ)防止シートの設置や列の間隔を空けるなど感染防止対策が行われていた=1日午前、東京都豊島区

  • 2020年12月05日
    小鍋の水炊き 自粛に負けず、忘年会

    新型コロナ感染防止対策として小鍋で水炊きを提供している「新三浦 築地本店」=4日午後、東京都中央区

    撮影: 4日午後、東京都中央区

  • 2020年12月05日
    新三浦の小鍋と大鍋 自粛に負けず、忘年会

    新型コロナ感染防止対策として小鍋(右)で水炊きを提供している「新三浦 築地本店」。左は通常の大きな鍋を手にする白井善三郎社長=4日午後、東京都中央区

  • 2020年11月27日
    東京・新橋の台湾料理店 「一般医療と両立困難」

    東京・新橋で時短営業要請を受け入れることを決めた台湾料理店のオーナー。「経営的にはかなり厳しいが都民には感染防止の責任があると思う。従業員やお客さまの安全を守るためにできることをやる。今が頑張る時期」と静かに決意を話した。27日は都内の新たな新型コロナウイルスの感染者数が過去最多となった。

  • 2020年11月27日
    東京・新橋の台湾料理店 「一般医療と両立困難」

    東京・新橋で時短営業要請を受け入れることを決めた台湾料理店のオーナー。「経営的にはかなり厳しいが都民には感染防止の責任があると思う。従業員やお客さまの安全を守るためにできることをやる。今が頑張る時期」と静かに決意を話した。27日は都内の新たな新型コロナウイルスの感染者数が過去最多となった。

  • 2020年11月27日
    東京・新橋の台湾料理店 「一般医療と両立困難」

    東京・新橋で時短営業要請を受け入れることを決めた台湾料理店のオーナー。「経営的にはかなり厳しいが都民には感染防止の責任があると思う。従業員やお客さまの安全を守るためにできることをやる。今が頑張る時期」と静かに決意を話した。27日は都内の新たな新型コロナウイルスの感染者数が過去最多となった。

  • 2020年07月30日
    閑散とする居酒屋 酒類提供店に時短営業要請

    新型コロナの感染防止対策を実施し、東京都の認証ステッカーを掲示する居酒屋。帰宅時間帯を迎えても店内は閑散としていた=30日夕、東京・新宿

    撮影: 30日夕、東京・新宿

  • 2020年07月21日
    間隔を空けた座敷席 かば焼きも「新様式」

    新型コロナウイルス感染防止のため間隔を空け、客席を減らしたウナギ料理店「川豊」の座敷席=21日午前、千葉県成田市

    撮影: 21日午前、千葉県成田市

  • 2020年07月21日
    感染防止策のシート かば焼きも「新様式」

    新型コロナウイルス感染症対策で、飛沫(ひまつ)拡散防止のシートが取り付けられたウナギ料理店「川豊」のレジ前=21日午前、千葉県成田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月24日
    屋形船で作られる天丼 屋形船から感謝を込めて

    緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月24日
    屋形船で作られる天丼 屋形船から感謝を込めて

    緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月24日
    屋形船で用意される天丼 屋形船から感謝を込めて

    緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  • 2020年05月16日
    夜市再開で夜間経済が活性化上海市

    16日、「ソウル夜市」の屋台で韓国料理を味わう人々。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を選ぶ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、観光客のために料理を提供する屋台の店員。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、南寧市中山路の夜市で、マスクを着用した観光客と屋台の店員。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、来場者数を把握するため、夜市を訪れる観光客に整理券を配布するスタッフ。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、観光客のために料理を提供する屋台の店長。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、営業を再開した南寧市中山路の夜市。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、中山路の夜市の入り口でスタッフに健康コードを提示する観光客。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    夜市が営業再開、夜間経済を後押し広西チワン族自治区南寧市

    10日、夜市でB級グルメを買い求める観光客。地元の有名なグルメ街として知られる中国広西チワン族自治区南寧市中山路の夜市は10日、秩序良く営業を再開し、同市の「夜間経済」(ナイトタイムエコノミー)の発展を後押ししている。営業再開に当たり感染防止対策として、夜市を訪れる観光客にマスクの着用や健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示、体温測定などを求めている。夜市の管理部門は来場者数を厳格に制限しており、観光客に入場証を配布して、同時来場者数の上限を一晩当たり3千人としている。現在、412ある屋台は2グループに分けられ、それぞれ1週間ずつ交代で営業を行うようになっている。また各屋台は安全な間隔をあけて設置されている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.28
    2020年03月10日
    「新華社」内モンゴルの飲食業、続々と営業再開ただし出前のみ

    中国内モンゴル自治区河套(かとう)地区では、飲食店が新型コロナウイルスの感染防止に万全を期しつつ、続々と営業を再開している。ただ、人々の密集を防ぐため店内で飲食はできず、持ち帰りのみが許されている。同自治区磴口県では、地元の市場監督管理局が新型肺炎流行期間中の飲食業営業規則を発表。飲食店は申請をしたうえで承諾書にサインし、さらに営業再開通知書が交付されてから営業ができるとしている。同県などの飲食店は、最新規則に基づき出前形式を取っており、配送員も非接触型の配送を厳しく実施している。客が来店し商品を受け取る場合は、体温測定や氏名と連絡先の登録が必要で、感染拡大防止策の徹底に努めている。(記者/李雲平)<映像内容>営業再開した内モンゴルの飲食店、料理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    ファミレスのサラダバー 感染防止へ提供方法工夫

    新型コロナウイルスの感染拡大で、一時休止となったファミリーレストラン、ビッグボーイの「サラダバー」=5日、東京都大田区

    撮影: 5日、東京都大田区

  • 2020年03月02日
    感染防止へ総菜にふた 岡山のスーパー

    新型コロナウイルス対策で、ふた付きの容器に入れた総菜が並ぶスーパーの売り場=山陽マルナカ下中野店。いつもと違う岡山市内の食品スーパーの総菜売り場。平皿に盛られていた天ぷらやコロッケが、透明のふたをかぶせたプラスチック容器に入れられている。全国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、飛沫や接触による感染を防ぐため、陳列方法を見直した。山陽マルナカ(岡山市南区平福)は岡山、広島、兵庫県の全61店舗に同様の対策を取るよう指示。「感染防止に対する来店客の意識が高まっており、目立った混乱はない」という。=2020(令和2)年3月2日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 山陽マルナカ下中野店。いつもと違う岡山市内の食品スーパーの総菜売り場。平皿に盛られていた天ぷらやコロッケが、透明のふたをかぶせたプラスチック容器に入れられている。全国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、飛沫や接触による感染を防ぐため、陳列方法を見直した。山陽マルナカ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂でメニューを選ぶ従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    長沙市の企業、社食のテーブルを仕切り感染防止

    7日、長沙頂益食品の社員食堂で食事前に手洗いと消毒をする従業員。中国湖南省長沙市の食品メーカー、長沙頂益食品では操業再開後、従業員が食事時に交差感染をしないよう社員食堂のテーブルをボール紙で仕切り、一人一人の空間を独立させるという簡単な方法で、飛沫の飛散防止に取り組んでいる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月06日
    配達員が届けるぬくもり安徽省合肥市

    6日、合肥市包河区でレストランから配達品を受け取る徐発祥さん。安徽省合肥市に住む徐発祥(じょ・はつしょう)さんは23歳のデリバリー配達員。新型コロナウイルス感染による肺炎の影響で多くの市民が外出を避ける中、同僚たちと共に毎日配達用箱の消毒など感染防止措置を講じた上で、昼夜を問わず閑散とした市街地を走って商品を配達し、各家庭にぬくもりを届けている。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1