KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • 取り組み
  • 広西チワン族自治区
  • 中国雲南省
  • 後押し雲南省
  • 文山チワン族ミャオ族自治州
  • 新疆ウイグル自治区
  • 貧困家庭
  • 新型コロナウイルス
  • 難関攻略

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
71
( 1 71 件を表示)
  • 1
71
( 1 71 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月13日
    (7)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    11日、甘粛省定西市渭源県元古堆村ので、餃子を作り「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区

    左:21日、新疆ウイグル自治区ホータン地区にあるホータン夜市の貧困世帯経営屋台オーナー、メトフティ・エイザズさん。右:21日、ホータン夜市で客に羊肉の紅柳串焼きを焼くメトフティさん。ホータン夜市は貧困世帯に専用の屋台スペースを提供し、賃料の減免など優遇措置を講じている。メトフティさんの家は病気をきっかけに貧困に陥ったが、努力の末、2019年に貧困脱却を果たした。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    農村観光の発展で貧困脱却と増収を推進河南省大王溝村

    2日、大王溝村の自宅で、地元の料理を披露する村の人。中国河南省中部の伏牛山脈に位置する洛陽市嵩(すう)県徳亭鎮の大王溝村は、かつて居住環境が悪い貧困村だった。地元政府は近年、居住条件の改善や移転による貧困対策などを実施し、村民の生活水準の向上に尽力。村の景観を改善し、農村観光の発展を促進することで、村民の自宅近くでの就業、貧困脱却と増収を後押ししている。(洛陽=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    貧困脱却で大きな変貌を遂げた白褲ヤオ族の村広西河池

    上:広西チワン族自治区南丹県里湖瑶族郷仁広村当脚屯で、煮炊きに使う枝を拾い集め、家路につく陸老愛(りく・ろうあい)さん。(2018年1月12日撮影)下:6日、広西チワン族自治区南丹県里湖王尚にある「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた集合住宅で、電磁調理器で料理をする陸老愛さん。(組み合わせ写真)中国貴州省と境を接する山深い広西チワン族自治区河池市南丹県に住む白褲ヤオ族は、原始的な社会形態から現代的な社会形態に直接移り変わった「直過民族」として知られる。統計によると、総人口5万人弱のうち、4万2千人が同県に集中して居住している。「十三五(第13次5カ年計画、2016~20年)」期間中に貧困人口として登録された同県の白褲ヤオ族は2万3千人余りで、県全体の貧困人口の半分近くを占めるという。新たな貧困脱却堅塁攻略戦が実施されてから、同県は移転による貧困扶助や産業貧困扶助などの措置に全力で取り組んできた。今では県内に住む白褲ヤオ族の大部分が貧困からの脱却を果たしており、人々の生活には大きな変化が起きている。(南丹=新華社記者/周華)=2018(平成30)年1月12日、2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.56
    2020年07月29日
    「新華社」ご当地麺が運ぶ幸せな暮らしチベット自治区チャムド市

    中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県塩井ナシ(納西)民族郷は、雲南省と同自治区を結ぶ滇蔵(てんぞう)公路の伝統ルートで自治区内最初の宿場町に当たる。この町で一番有名なのが、塩井の麺料理「加加麺」(ジャジャミエン)。名前は「加え続ける」という意味で、麺の材料にはソバが使われることが多い。具材となる蔵香猪(チベット豚)のひき肉を、みじん切りしたネギや塩井産の「桃花塩」で味付けした加加麺は、おいしさに定評がある。1杯当たりの麺の量は少なめで、ほとんどの人が一口で食べきることから「一口麺」と呼ぶ人もいる。客を満腹にするため、店の主人は客のおわんにたびたび麺を追加する。食べ方にも遊び心を加え、店では客のテーブルに小石を置き、客が1杯食べるごとに目の前に石を並べ、石の数を合計して勘定する。塩井の加加麺は2010年、同自治区の無形文化遺産リストに登録された。今ではこのユニークな小盛の麺は、次第に地元を貧困脱却と富をもたらす推進力となっている。(記者/洛卓嘉措、唐弢)<映像内容>加加麺の調理の様子、食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州

    23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    ちまきを食べて端午節を祝う河南省洛陽市

    23日、河南省洛陽市洛寧県北村にある食品メーカーの工場で、竹の筒を使ったちまきを見せるスタッフ。端午節を迎えた25日、中国各地で、もち米を竹やアシの葉で包んだ「ちまき」が食べられた。河南省洛陽市洛寧県ではここ数年、特産の竹を使い、筒に棒状のもち米を入れたちまきの製造が発展。村民の貧困脱却を後押ししている。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    ちまきを食べて端午節を祝う河南省洛陽市

    23日、河南省洛陽市洛寧県北村にある食品メーカーの工場で、竹の筒を使ったちまきを作るスタッフ。端午節を迎えた25日、中国各地で、もち米を竹やアシの葉で包んだ「ちまき」が食べられた。河南省洛陽市洛寧県ではここ数年、特産の竹を使い、筒に棒状のもち米を入れたちまきの製造が発展。村民の貧困脱却を後押ししている。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    ちまきを食べて端午節を祝う河南省洛陽市

    23日、河南省洛陽市洛寧県北村にある食品メーカーの工場で、竹の筒を使ったちまきを運ぶスタッフ。端午節を迎えた25日、中国各地で、もち米を竹やアシの葉で包んだ「ちまき」が食べられた。河南省洛陽市洛寧県ではここ数年、特産の竹を使い、筒に棒状のもち米を入れたちまきの製造が発展。村民の貧困脱却を後押ししている。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    特産のヤマモモとネット販売や観光結び付け、貧困脱却後押し湖南省靖州

    6日、湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県にあるヤマモモ園で、竹かごを持ちヤマモモを摘み取る観光客。中国湖南省懐化市靖州ミャオ族トン族自治県は、中国のヤマモモ主要産地の一つ。2千年以上前から栽培されており、果実が大きくジューシーで、風味が濃厚という特長を持つ。同県のヤマモモ栽培面積は10万ムー(約6700ヘクタール)にまで拡大し、年間生産量は6万9千トン、生産額は10億元(1元=約15円)余りとなっており、すでに1万5千人以上の貧困脱却を後押しした。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを撮影する少数民族の衣装をまとった女性。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、木の幹に着生したセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを撮影する観光客。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、石の隙間でたくましく成長するセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを選別する地元住民ら。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、石の隙間でたくましく成長するセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、雲南省広南県のセッコク栽培拠点で、少数民族の衣装をまとい、木の幹に着生したセッコクの生育状況を確認する女性。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月20日
    南疆から出稼ぎに出てナンの店オープンアブドゥハニさんの貧困脱却

    アルタイ市自由市場で、調味料を買うアブドゥハニさん(右)。(4月20日撮影)タクラマカン砂漠の端に位置する中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県出身のアブドゥハニさんは、出稼ぎに出てから3年間のうちに、貧しい生活からナン販売店をオープンして店員に給料を支払うまでになり、故郷から2千キロ余り離れた都市で人生の逆転を実現した。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月20日
    南疆から出稼ぎに出てナンの店オープンアブドゥハニさんの貧困脱却

    アルタイ市自由市場で、見習い店員と一緒に食材を調達するアブドゥハニさん(右)。(4月20日撮影)タクラマカン砂漠の端に位置する中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県出身のアブドゥハニさんは、出稼ぎに出てから3年間のうちに、貧しい生活からナン販売店をオープンして店員に給料を支払うまでになり、故郷から2千キロ余り離れた都市で人生の逆転を実現した。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月12日
    ラフ族最後の女性猟師、貧困脱却を実現

    12日、家で料理を作るナスさん。雲南省は今年初め、ラフ族などの「直過民族」(原始社会から直接、社会主義社会に入った民族)と人口が比較的少ない九つの民族全てが貧困を脱却、絶対貧困に歴史的な別れを告げたと発表した。ラフ族の集落で唯一の女性猟師だった娜四(ナス)さんは「食糧は食べきれないほどあり、もう飢えに苦しむこともない。子どもに狩りを学ばせる必要もなくなった」と喜びを語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月30日
    湖南省、山間地帯の貧困家庭児童に「感染対策セット」を配布

    3月30日、「感染対策グッズ」を受け取る山間地帯に住む貧困家庭の児童。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県武渓鎮紅岩村では登校再開を前に、子どもたちが安心して元気に登校できるよう、同省民政庁の村に常駐する貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部が、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布した。セットには医療用マスクやアルコール消毒剤、ウエットティッシュ、牛乳などが入っている。(湘西=新華社配信/唐正海)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月30日
    湖南省、山間地帯の貧困家庭児童に「感染対策セット」を配布

    3月30日、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布する湖南省民政庁の貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県武渓鎮紅岩村では登校再開を前に、子どもたちが安心して元気に登校できるよう、同省民政庁の村に常駐する貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部が、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布した。セットには医療用マスクやアルコール消毒剤、ウエットティッシュ、牛乳などが入っている。(湘西=新華社配信/唐正海)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、鹵竹鼠(タケネズミの照り焼き)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、無刺烤魚(小骨の少ない魚を使った料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、紅燉(煮込み料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、烤乳猪(子豚の丸焼きの切り身)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、糯米鴨(アヒルのもち米詰め)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省

    6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、七郷象牙排骨(スペアリブ料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月03日
    巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区

    3日、豚肉と白菜漬けの煮込みを味わう観光客ら。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    「タニシビーフン」で貧困脱却広西チワン族自治区柳州市

    9日、採ったばかりのササゲを運ぶ魚峰区里雍鎮竜団村の農家。中国広西チワン族自治区柳州市の名物料理「螺螄粉(タニシビーフン)」に欠かせない具材、豆角(ササゲ)。同市魚峰区ではここ数年、袋詰めのタニシビーフンが工業生産の段階に入り、産業チェーンが形成されたことを契機にササゲの栽培に力を入れている。貧困世帯の就業を後押しし、貧困村4カ所と貧困世帯約900戸に継続的で安定した収入をもたらしている。(柳州=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    「タニシビーフン」で貧困脱却広西チワン族自治区柳州市

    9日、採ったばかりのササゲを運ぶ魚峰区里雍鎮竜団村の農家。中国広西チワン族自治区柳州市の名物料理「螺螄粉(タニシビーフン)」に欠かせない具材、豆角(ササゲ)。同市魚峰区ではここ数年、袋詰めのタニシビーフンが工業生産の段階に入り、産業チェーンが形成されたことを契機にササゲの栽培に力を入れている。貧困世帯の就業を後押しし、貧困村4カ所と貧困世帯約900戸に継続的で安定した収入をもたらしている。(柳州=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    「タニシビーフン」で貧困脱却広西チワン族自治区柳州市

    9日、ササゲの重さを量る魚峰区里雍鎮竜団村の農家。中国広西チワン族自治区柳州市の名物料理「螺螄粉(タニシビーフン)」に欠かせない具材、豆角(ササゲ)。同市魚峰区ではここ数年、袋詰めのタニシビーフンが工業生産の段階に入り、産業チェーンが形成されたことを契機にササゲの栽培に力を入れている。貧困世帯の就業を後押しし、貧困村4カ所と貧困世帯約900戸に継続的で安定した収入をもたらしている。(柳州=新華社記者/盧羡婷)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    「タニシビーフン」で貧困脱却広西チワン族自治区柳州市

    9日、ササゲを洗う作業員。中国広西チワン族自治区柳州市の名物料理「螺螄粉(タニシビーフン)」に欠かせない具材、豆角(ササゲ)。同市魚峰区ではここ数年、袋詰めのタニシビーフンが工業生産の段階に入り、産業チェーンが形成されたことを契機にササゲの栽培に力を入れている。貧困世帯の就業を後押しし、貧困村4カ所と貧困世帯約900戸に継続的で安定した収入をもたらしている。(柳州=新華社記者/盧羡婷)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、自分の新しいおもちゃをメメト兄弟に見せる冀君。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/屈彦)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、羊肉を焼く長男のルーゼ・メメトさん。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、霍邱県の友人と一緒にバスケットボールを楽しむ兄弟4人。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市で、人気グルメの卵焼きを作る女性。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市で、凝った形の綿あめを作る人。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市の一角。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/白志強)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市で、名物のペテルマンタを作る人。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市で、さまざまな土鍋料理を選ぶ来客。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/白志強)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月14日
    美食が集結、オアシス都市に新夜市誕生新疆ウイグル自治区

    14日、ホータン新夜市で、作り立ての羊の丸焼きを見せる男性。中国新疆ウイグル自治区のホータン(和田)市アチャル(阿恰勒)東路にある同市で2カ所目の夜市では連日、夕方になると子羊の丸焼きやガチョウの卵焼き、サムサ、焼き魚などの名物料理が香り立ち、各地から訪れた観光客の食欲をそそっている。同市によると、ホータン新夜市は1月9日にオープンした。新夜市も最初の夜市同様にグルメや歌、ダンスが楽しめるだけではなく、就業や起業の場となり、貧困脱却の堅塁攻略を後押しする使命も担っており、登録貧困者40世帯を相次いで移転居住させ、千人以上の就業を促進していくという。(ホータン=新華社記者/白志強)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理の試食の準備をする子ども。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のシイタケで作った料理。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    19日、出来上がったばかりの茶葉料理を皿に盛りつける隘口村の村民。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月19日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    19日、電子商取引(EC)サイトで茶葉を販売する隘口村の農家。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月18日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    18日、茶畑で肥料をまく隘口村の農民。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月18日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    18日、茶畑を耕す隘口村の農民。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月18日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    18日、刈り取ったばかりの茶の茎を運ぶ隘口村の農民。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月18日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    18日、隘口村の茶畑。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月18日
    「黄金茶」が生み出した貧困から裕福への道

    18日、隘口村の農家が収穫した秋摘み茶。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きつしゅ)市馬頸坳(ばけいおう)鎮の隘口(あいこう)村は深い山奥にある。同村は改革開放政策の初期、95%以上の村民の収入が国の定める貧困水準以下という典型的な貧困村だった。吉首市は2012年、「茶業振興で市を富ませ民を富ませる」という発展構想に基づき、同地に古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の産業化を大々的に進め、貧困脱却計画を推進した。今では隘口村の各戸が畑を所有し、茶を栽培している。隘口村で栽培される「湘西黄金茶」は、茶の茎や葉、茶葉料理に至るまで市場で高いニーズを有している。村では2017年、茶葉産業の発展により、国から貧困家庭に指定されていた167戸658人が無事に指定を解除された。(長沙=新華社配信/陳沢国)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1