KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 人間顔負け
  • 被災者笑顔
  • プロ野球古顔
  • プロ顔負け
  • 新顔野菜
  • 笑顔江西省
  • 料理研究家
  • 人物通信
  • ほほ笑み
  • アンコール

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
218
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
218
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月07日
    食事交流会の楓花ちゃん 地元食材で仮設の住民交流

    さくらドームで開かれた食事交流会で笑顔を見せる長崎楓花ちゃん(右)=7日正午、熊本県球磨村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    石巻市の遠藤仁雄さん 宮城とともに

    宮城県石巻市が復興の象徴として特産化を目指す「北限のオリーブ」。畑を見守るのはこの地で生まれ育った遠藤仁雄さん(66)だ。津波で妻と両親を失い、市外で避難生活を送った。しかし地元に家族らの慰霊碑を建てると、古里への思いが募っていく。石巻に戻り、地域の人たちが気軽に寄り集まれる雰囲気の飲食店を開いた。自慢の一皿には自ら収穫したこだわりの食材を使う。「いつかこのオリーブもメニューに加えたい」。青空へ向かって伸びる新芽を見つけ、笑顔を見せた。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    Daily Life amid Covid19 pandemic in Tokyo, Japan - 3 Feb 2021

    キーワード:東京、新大久保、韓国料理店、ジョンノ、韓国コスメ、店舗、客、店先、街、風景、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-February 3, 2021, Tokyo, Japan: An elderly man, wearing a facemask as a preventive measure against Covid19, rides his bicycle past a busy street in Shin Okubo..The Japanese Prime Minister, Yoshihide Suga declared a second state of emergency for Tokyo on January 8th that requested businesses to close up starting from 8pm to combat a rise in coronavirus infections. (Credit Image: © Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Coulter/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月06日
    伝統と現代が融合する「市」、北京の前門大街に登場

    6日、中国伝統演劇の人物をかたどった顔出しパネルで記念撮影する子ども。中国北京市の歴史ある繁華街、前門大街にこのほど、老舗と新しい北京スタイルを融合したクロスオーバーの「市」が登場した。市には、北京ダックの全聚德と便宜坊、シューマイの都一処、内臓料理「炒肝」の天興居、北方料理の豊沢園など、北京の有名な老舗が出店しているほか、故宮の宮廷文化などを元に創作された文化クリエーティブ製品も販売されている。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月03日
    製造機と社長 パナお蔵入り製品で起業

    チョコレートドリンク製造機を前に笑顔を見せる「ミツバチプロダクツ」の浦はつみ社長=京都市

    撮影: 京都市

  • 2020年09月03日
    新鮮な青魚、中国福建省 どこに売られていった?

    分銅を手際よく使ってかごに入れた魚が「100斤(50㌔)」あるかを確かめています。新鮮で青みがかった魚体がきらきら輝くのは中国福建省の漁港。作業していた女性はサバのような魚を漢字で「花沿魚」と教えてくれましたが、街中の海鮮レストランで注文すると店員はみな「知らない」とけげんな顔。あの魚は一体どこに売られていった?(撮影・大沢心介、共同)

  • 2020年08月18日
    パティシエの高谷浩史さん 同じお菓子食べる幸せを

    低糖質ケーキを手に笑顔の高谷浩史さん=6月、鹿児島市

    撮影: 6月、鹿児島市

  • 2020年07月27日
    戦争は弱い人を苦しめる

    中華料理店「餃子荘ムロ」で、一番人気の餃子を笑顔でふるまう岩室純子さん

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で自家製の乾燥トウガラシを見せる神山村村民の彭夏英(ほう・かえい)さん。(7月15日撮影)下:「農家楽」の施設で観光客に料理を提供する村民の彭夏英さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:32.07
    2020年06月20日
    「新華社」「街角グルメ」に再び活気湖南省長沙市

    中国湖南省長沙市天心区のショッピングモールにある超級文和友は、地元のレトロな街並みを再現した空間に、同省の特色ある軽食を集めた、人気のスポットとなっている。ここでは「孔家甜酒(中国甘酒)」の「小鉢子甜酒」や「喬伯涼麺」の冷麺など、人気の街角グルメを味わうことが出来る。超級文和友では、各地から訪れる旅行客がグルメを楽しみ、こぞって写真を投稿している。市内の有名商業エリア、五一商圏にある「火宮殿」は、同省の伝統的な民俗文化と食文化を一体化したレストラン。ネットで話題のドリンクとスイーツのチェーン店「茶顔悦色」は、オリジナル味の紅茶をベースにしたシリーズ、フローズンドリンクシリーズなどの創作商品が主力で、長沙を訪れた旅行客が必ず訪れる人気店となっている。同市は2月中旬以降、街の小さな食堂やレストランが秩序よく営業を再開できるよう、支援を続けてきた。街に調理の音が響き、食欲をそそる香りが漂うにつれ、長沙にも再び活気が戻っている。(記者/程済安)<映像内容>軽食を集めた人気のスポット、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月12日
    笑顔を見せる張右京さん 北朝鮮風酒場が人気

    北朝鮮風のラベルを貼った焼酎を手に笑顔を見せる張右京さん=2月、ソウル(共同)

    撮影: 2月、ソウル

  • 01:06.06
    2020年02月15日
    酒好き左党たちでにぎわう 「西日本新聞」久留米市で酒蔵びらき

    国内有数の酒どころとして知られる久留米市の城島町、三潴町を中心とした8酒蔵の新酒が味わえる「第26回城島酒蔵びらき」(実行委員会主催)が15日、城島町の町民の森をメイン会場として始まった。この日を待ちに待った酒好きの左党たちで大いににぎわった。16日まで。天候が心配されたが、開会式が終わったころから雨も上がり、続々と来場者が押し寄せた。会場では、各銘柄の飲み比べや豊前海一粒かきが味わえる「Kaki×SakeBAR」などで楽しめるほか、おつまみの品ぞろえも充実。会場と西鉄三潴駅、JR荒木駅、各酒蔵を結ぶ無料のシャトルバスを運行している。メイン会場で知人らと杯を交わしていた同市大善寺町の自営業東谷孝徳さん(63)は「朝はあいにくの天気でしたが、新酒を飲んで心も晴れ晴れします」と笑顔だった、撮影日:2020(令和2)年2月15日、撮影場所:福岡県久留米市城島町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年2月15日、福岡県久留米市城島町

  • 2020年02月10日
    グルメと上方芸能を堪能

    道頓堀の巨大看板。怒り顔のおやじとカニ=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 00:32.46
    2020年02月07日
    寒さに負けず焼き肉堪能 北海道北見で恒例イベント

    北海道北見市の冬の恒例イベント「北見厳寒の焼き肉まつり」が7日夜に開催され、いてつく寒さの中、防寒具を着込んだ約2100人の来場者が屋外で焼き肉を堪能した。開幕した午後5時の気温は氷点下8・3度。ソフトドリンクや酒が凍る場面も見られた。約700台のしちりんからは煙がもくもくと立ち上り、参加者は白い息を吐きながら笑顔で網をつついていた。市観光協会によると、焼き肉まつりは2000年に市内の転勤族が同市の「寒さ」と「おいしい肉」を同時にPRしようとスタートした。北見市内の焼き肉店数は約70店で、人口10万人以上の都市では1人当たりの店舗数が全国で2番目に多く、道内では最多という。<映像内容>焼き肉の雑観、会場雑観など、撮影日:2020(令和2)年2月7日、撮影場所:北海道北見市

    撮影: 2020(令和2)年2月7日

  • 2019年12月29日
    年の瀬、アメ横にぎわう
  • 2019年12月29日
    多くの買い物客 年の瀬、アメ横にぎわう

    年の瀬を迎えた東京・上野のアメ横商店街では、令和初の正月を前に食材などを求める買い物客でにぎわっていた。菓子店「二木の菓子」の店頭に立つ伊藤和司郎さん(66)は、近年増加する外国人観光客だけでなく3世代で買い物を楽しむ人の姿も見られるようになり、時代の変化を感じているという。「この時期が一番忙しい。ようやく年末らしくなってきた」と笑顔で話した=29日午後

  • 2019年12月29日
    年の瀬、アメ横にぎわう
  • 2019年12月29日
    年の瀬、アメ横にぎわう
  • 2019年12月29日
    食材求める客 年の瀬、アメ横にぎわう

    年の瀬を迎えた東京・上野のアメ横商店街では、令和初の正月を前に食材などを求める買い物客でにぎわっていた。菓子店「二木の菓子」の店頭に立つ伊藤和司郎さん(66)は、近年増加する外国人観光客だけでなく3世代で買い物を楽しむ人の姿も見られるようになり、時代の変化を感じているという。「この時期が一番忙しい。ようやく年末らしくなってきた」と笑顔で話した=29日午後

  • 2019年12月29日
    アメ横商店街 年の瀬、アメ横にぎわう

    年の瀬を迎えた東京・上野のアメ横商店街では、令和初の正月を前に食材などを求める買い物客でにぎわっていた。菓子店「二木の菓子」の店頭に立つ伊藤和司郎さん(66)は、近年増加する外国人観光客だけでなく3世代で買い物を楽しむ人の姿も見られるようになり、時代の変化を感じているという。「この時期が一番忙しい。ようやく年末らしくなってきた」と笑顔で話した=29日午後

  • 2019年12月29日
    にぎわう商店街 年の瀬、アメ横にぎわう

    年の瀬を迎えた東京・上野のアメ横商店街では、令和初の正月を前に食材などを求める買い物客でにぎわっていた。菓子店「二木の菓子」の店頭に立つ伊藤和司郎さん(66)は、近年増加する外国人観光客だけでなく3世代で買い物を楽しむ人の姿も見られるようになり、時代の変化を感じているという。「この時期が一番忙しい。ようやく年末らしくなってきた」と笑顔で話した=29日午後

  • 2019年12月26日
    エティエンヌ社長 温暖化、高級ワイン可能に

    ブドウの苗木を前に笑顔を見せる、フランスの老舗ワイナリー「ドメーヌ・ド・モンティーユ」のエティエンヌ社長=10月、北海道函館市

    撮影: 10月、北海道函館市

  • 01:53.04
    2019年12月03日
    「新華社」広東省の伝統料理、酢豚イチゴを使った新顔も

    甘酸っぱく、外はパリッとして中は柔らかい「酢豚」は、中国広東省の伝統料理で、その始まりは清代にさかのぼる。伝統的な酢豚は、脂身が半分程度のバラ肉を選び、衣をつけてきつね色になるまで揚げ、パイナップルと青ピーマン、パプリカを加え、酢、トマトジュース、片糖(板状の砂糖)、サンザシ等の合せ調味料を絡めながら素早く炒め、甘酸っぱさに深みを出す。最近ではイチゴ酢豚など、新しい味わいの酢豚も次々と生まれている。(記者/閆然、霍思穎、李嘉楽)<映像内容>イチゴ酢豚の調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月14日
    ピタにフムスつける客 あふれる活気、豊かな文化

    レバノンの首都ベイルート郊外にあるレストラン「アブ・アンドレ」で、ピタにフムスを付ける男性客。「クリーミーでとてもうまい」と満足そうに頰張った(共同)

  • 2019年11月14日
    フムス食べる観光客 あふれる活気、豊かな文化

    エルサレムのレストラン「ベンシラ」で、フムスを付けたピタを口に運ぶスイス人観光客。「スイスで食べるフムスよりフレッシュでおいしい」(共同)

  • 2019年11月14日
    フムス盛り付ける店員 あふれる活気、豊かな文化

    エルサレムのレストラン「ベンシラ」で、フムスを盛り付ける店員ら。大人気の店は昼時ともなると、買い求める客でごった返す(共同)

  • 2019年11月14日
    フムス盛り付ける男性店員 あふれる活気、豊かな文化

    レバノンの首都ベイルートにあるレストラン「イッサ」で、フムスを盛り付けるフィラースさん。店は朝から注文やテークアウトを待つ客であふれ、フィラースさんの手が止まることはなかった(共同)

  • 2019年11月14日
    フムス調理法説明する男性 あふれる活気、豊かな文化

    レバノンの首都ベイルート郊外にあるレストラン「アブ・アンドレ」で、フムスの調理法を説明するマークさん。左から乾燥したヒヨコ豆、水に浸した後のヒヨコ豆、ゆでた後のヒヨコ豆、皿に盛り付けたフムス(共同)

  • 2019年11月14日
    色鮮やかなフムス あふれる活気、豊かな文化

    レバノンの首都ベイルートにあるレストラン「セムソム」のマネジャー、ジャマル・アトウィさん。ミントやバジルを混ぜたものなど色鮮やかな12種類ものフムスを前に「いずれ日本にも店を出したい」と意気込んだ(共同)

  • 2019年11月14日
    赤パプリカかけたフムス あふれる活気、豊かな文化

    トルコ在住の料理研究家、大浜裕美さんは「トルコではフムスに赤パプリカの粉をかけて食べることが多い」と説明してくれた=トルコ・イスタンブール(共同)

    撮影: トルコ・イスタンブール

  • 2019年11月14日
    料理研究家の大浜裕美さん あふれる活気、豊かな文化

    トルコ在住の料理研究家、大浜裕美さん。「ヒヨコ豆をゆでる時、少しだけ重曹を加えると早くゆで上がります」とこつを教えてくれた=イスタンブール(共同)

    撮影: イスタンブール

  • 2019年11月14日
    フムス運ぶアリエルさん あふれる活気、豊かな文化

    イスラエルのテルアビブでレストランを経営するアリエルさん。真ん中にゆで卵をのせた自慢の一皿を手に「フムスを楽しんで」と笑顔で話した(共同)

  • 01:40.18
    2019年09月25日
    「新華社」バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。カンボジア観光省によると、今年1~8月に同遺跡群を訪れた外国人観光客は延べ155万人で、前年同期比11%減だった。このため、同省ではこのほど、観光を盛り上げるための取り組みを始めた。同省と環境省が省の垣根を超えて組織した委員会は9月16日、シェムリアップで会議を開き、シェムリアップ州の観光業発展に関する全体計画を発表した。カンボジアを訪れる観光客の国別ランキングで、中国は2017年から1位になり、2018年には200万人が訪れた。両国は2019年を「中国・カンボジア文化観光年」と定め、双方の観光協力、人的・文化的交流を促進するため関連イベントを実施している。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかに微笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(記者/毛鵬飛)<映像内容>アンコール遺跡群の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月17日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    17日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ==新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、バイヨン寺院の壁に彫られたレリーフ。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月16日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    16日、カンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月12日
    豊田市の給食 開幕直前、高まるムード

    愛知県豊田市の小学校で、給食に出されたラグビーボール形のクッキーを手に笑顔の児童。豊田スタジアムで日本と対戦するサモアにちなんだ料理も楽しんだ=6日

    撮影: 6日

  • 01:35.40
    2019年09月06日
    「新華社」収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(記者/劉潺、凌雲霄、瞿明斌)<映像内容>タケノコの収穫と食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、金仏山にある作業小屋で、皮をむいた新鮮なタケノコを大鍋に入れる人。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、新鮮なタケノコで作られた和え物。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、重慶市南川区の料理人が新鮮なタケノコを使って腕を振るった逸品。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、重慶市南川区の料理人が新鮮なタケノコを使って腕を振るった料理の数々。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、重慶市南川区の料理人が新鮮なタケノコを使って腕を振るった料理の数々。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市

    8月30日、重慶市南川区の料理人が新鮮なタケノコを使って腕を振るった逸品。中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月29日
    インドネシアの小さな村 夕飯にトマトはいかが?

    インドネシア・バリ島の東方にあるスンバワ島バジョプロ村は、2年ほど前に電気が通ったばかり。人口が約370人の漁村の一角で、主婦サニヤサさん(左)らが近所の人の夕飯向けに、市場で仕入れたトマトを売っていました。電気のおかげで「24時間料理ができるようになったわ」と笑顔で話してくれました。(撮影・岡田健太郎、共同)

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、記念撮影する料理人と猫の飼い主。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、「猫用星付き料理」を作る料理人。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、「猫用星付き料理」の作り方を教わる飼い主。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、「猫用星付き料理」の試食を待つ猫。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、猫缶を食材に使った「猫用星付き料理」を見せるシェフ。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、「猫用星付き料理」に使用した食材を紹介する総料理長(左端)。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月23日
    アジアペットフェアで猫専用「星付きレストラン」が話題に上海市

    23日、「猫用星付き料理」の作り方を教わる飼い主。中国上海市で25日に閉幕したアジアペットフェア2019で、猫に特化したグルメを提供する「星付きレストラン」が登場し、注目を集めた。レストランでは総料理長が猫のために創意工夫を凝らした「星付き料理」を作り、猫たちは人間顔負けの高級グルメを堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月13日
    バイヨン寺院を訪ねてカンボジア・アンコール遺跡群

    カンボジアのシェムリアップにあるアンコール遺跡群のバイヨン寺院。(8月13日撮影)アンコールワットやアンコールトムに代表されるアンコール遺跡群はカンボジアの首都プノンペンから北西に300キロほど離れたシェムリアップにあり、その独特な建築様式と宗教文化から1992年に世界遺産に登録された。アンコール遺跡群のバイヨン寺院には有名な「クメールの微笑み」がある。寺院の仏像は全て石の塔の4面に彫られた典型的なクメール人の顔をした像となっており、静かで穏やかにほほ笑んでいる。たくさんの塔の間を歩くと、どこにいても仏像のほほ笑みに見守られているかのようだ。同寺院のレリーフも素晴らしく、神話と宗教の物語、戦場での場面のほか、闘鶏、漁、料理など生活の記録が刻まれている。これらのレリーフからアンコール王朝の栄えた時代を感じ取ることができる。(シェムリアップ=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月09日
    夏の観光シーズン突入!氷の都で賑やかな夜を満喫ハルビン

    9日、百年の歴史を持つ中央大街で、観光客の似顔絵を描く画家たち。夏の観光シーズンを迎えた「氷の都」、中国黒竜江省ハルビン市。夜のとばりが降りると、観光客らが街に繰り出し、爽やかな川風を感じながら欧風の建物を眺たり、同市の小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)を味わったりして、夜の氷の都のすがすがしい美しさを心ゆくまで楽しんでいた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月07日
    長野県野沢南高の2人 コイ料理の長野が優勝

    「全日本高校生WASHOKUグランプリ2019決勝大会」で優勝し、笑顔を見せる長野県野沢南高の「佐久鯉人俱楽部」の萩原彩音さん(右)ら=7日午後、金沢市

  • 2019年07月16日
    カフェのメニュー 手塚キャラ専門店オープン

    2階のカフェで提供されるパンケーキやティラミス。キャラクターの顔が描かれている=東京都台東区

    撮影: 東京都台東区

  • 01:00.16
    2019年05月30日
    潮風に吹かれ、子馬すやすや 日本最西端の与那国島

    日本最西端の与那国島の東崎(あがりざき)灯台近くの東牧場で30日、与那国馬の子が潮風に吹かれながら、気持ちよさそうに昼寝していた。与那国馬は日本在来馬の一種で、50年ほど前までは農耕馬として使われていた。小柄で温厚な性格が特徴だ。親馬がミネラル分たっぷりの草をついばむそばで、乳を飲んだ子馬は、満腹感からか、ごろんと横たわって、うつらうつらしていた。〈映像内容〉牧場での馬の親子の様子など、撮影日:2019(令和元)年5月30日、撮影場所:与那国島 東崎 東牧場

    撮影: 2019(令和元)年5月30日

  • 2019年05月25日
    笑顔見せる大西睦子さん 「食文化の橋渡し終えた」

    客席にクジラ料理を運び笑顔を見せる「徳家」の大西睦子さん(右)=25日午後、大阪市

  • 2019年05月25日
    笑顔の大西さん 「食文化の橋渡し終えた」

    クジラ料理を運び客と笑顔で話す「徳家」の大西睦子さん(右)=25日午後、大阪市

  • 2019年05月20日
    自分だけの即席麺作り

    出来上がった食品サンプルを手に笑顔のララ・プンザランさん(左端)ら訪日観光客=大阪市中央区の「デザインポケット」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月10日
    笑顔の橋本としえさん 活気に満ちた日々取り戻す

    熊本県南阿蘇村の東海大農学部キャンパス近くで食堂を再開し、看板料理のホルモン煮込みを笑顔で提供する橋本としえさん=3月15日

    撮影: 3月15日

  • 2019年03月29日
    「パンダ」校長が書いた200通の手紙浙江省杭州市

    学校の食堂で料理をする潘志平氏。(資料写真)中国浙江省杭州市の公益中学と杭州育才外国語学校の潘志平(はん・しへい)校長は、「パンダ」という愛称で親しまれている。大きな体と丸い顔、「国宝」のパンダのような雰囲気もさることながら、学生たちから深く愛される何よりの理由は、潘校長が17年にわたり毎月続けてきた保護者や学生との手紙による交流だ。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月07日
    横山秀人さん 古里との関わり多様化

    避難先でも飯舘村民が交流できるように開かれた料理教室で、笑顔を見せる横山秀人さん(右端)ら=3日、福島市

  • 2019年02月26日
    「ボルシチ」とユリアさん 恋しかったふるさとの味

    ロシア料理店「スカズカ」オーナーのユリア・モレワさん。あつあつの「ボルシチ」を持ち笑顔=東京都墨田区

    撮影: 東京都墨田区

  • 2019年01月24日
    福本育代さん 残したい魚行商人のレシピ

    伊勢エビを手に笑顔の福本育代さん=2017年8月、神奈川県逗子市

    撮影: 2017年8月、神奈川県逗子市

  • 2018年12月27日
    厨房で笑顔の孫さん 大好きなバラの形に

    「線條手打餃子専門店」の孫瑞儀さん。出来たてのバラギョーザを持ち笑顔。「15歳のときに料理をよく作るようになりました。方法や味を母に教わりました」=東京・池袋

    撮影: 東京・池袋

  • 2018年11月30日
    以心伝心のダンさん 0歳から食べている料理

    イスラエル料理店「タイーム」のダン・ズッカーマンさん。厨房(ちゅうぼう)に立ち笑顔。「お客さんが心からエンジョイしていると、感じます。『以心伝心』かな」=東京都渋谷区

  • 2018年11月30日
    笑顔の女性スタッフ 0歳から食べている料理

    厨房(ちゅうぼう)にいるダン・ズッカーマンさんやお客さんと会話しながら、てきぱきと働く女性スタッフ。きらきらした笑顔=東京都渋谷区のイスラエル料理店「タイーム」

  • 2018年09月27日
    笑顔の脇坂さん 農家5人が生んだ焼酎人気

    焼酎の保存庫で笑顔を見せる脇坂斉弘さん=8月、福島県只見町

    撮影: 8月、福島県只見町

  • 2018年08月31日
    入荷したホヤ 官民一丸、販路拡大

    入荷したホヤを手に笑顔を見せるホヤ料理専門店の店員=8月、仙台市青葉区

    撮影: 8月、仙台市青葉区

  • 2018年08月03日
    静岡のわさび丼に笑顔 首相「夏バテ乗り切る」

    静岡県河津町のご当地グルメ「わさび丼」を試食し、岸重宏町長(中央)と談笑する安倍首相(右)=3日午後、首相官邸

  • 2018年06月14日
    ブータンの家族 手作り料理で屋外ランチ

    ブータンの首都ティンプー郊外でお寺参りの途中に手作りの料理を囲み、昼食をとるドルジさん(右端)の一家。見ると各自の皿にご飯をよそい、そこに2品ほど用意した〝おかず〟をのせて食べています。「どんな時でも家族との食事が一番」と笑顔。このとき周囲に野良犬が数匹いたのですが、追い払いもせず、犬もほえたりしません。自然や生き物を大切にする人が多いというブータンの穏やかな光景でした。(撮影・高野仁、共同)

  • 2018年06月04日
    デボラちゃん 発展の陰、はびこる迷信

    紫外線予防のため、顔にクリームを塗ってもらうデボラ・チルバちゃん(中央)=タンザニア東部ガイロ町(共同)

  • 2018年05月18日
    こだま・のぞみさん 新幹線ホームで勤務

    その女性は、児玉望見(こだま・のぞみ)さん。勤務先は「こだま」も「のぞみ」も乗り入れるJR岡山駅新幹線上りホームのうどん店「ふるいち」だ。名前との縁を感じさせるような場所で働いている児玉さんの名札を見て、思わず笑顔になるお客さんも多いという。=2018(平成30)年5月18日、JR岡山駅=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    セルビア人集落の料理店 独立のコソボ、笑顔に影

    コソボ独立の日、静まりかえった少数派セルビア人集落にあるレストランで料理を楽しむ人たち=2月17日、首都プリシュティナ郊外(共同)

    撮影: 2月17日、首都プリシュティナ郊外

  • 2018年01月23日
    そば打ち体験教室 年商2億、女性輝く直売所

    「陽気な母さんの店」が開く地元特産のそば打ち体験教室で、留学生に説明する石垣一子社長(奥)=2017年10月、秋田県大館市

  • 2017年12月15日
    メガネ専用日本酒 「メガネ専用」日本酒人気

    日本酒「萩の鶴 メガネ専用」を手に笑顔の佐藤曜平さん=11月、宮城県栗原市

    撮影: 11月、宮城県栗原市

  • 2017年11月30日
    ハノイのOLら 夕食会の椅子は子供用?

    ベトナム・ハノイで勤め帰りの女性らが、食堂脇の歩道で夕食を楽しんでいました。店の中にも席はあるのですが、夜風が心地よい外の方が人気です。歩道を専有してしまわないためでしょうか、まるで子供用のような低く小さな椅子をテーブルとしても、座るのにも使っていました。女性の一人は「鶏や魚介、カエルを使ったものなどメニューが豊富。毎晩のように来ても飽きないわ」と笑顔で話してくれました。(撮影・高野仁、共同)

  • 2017年11月05日
    笑顔の日米首脳ら 高級鉄板料理でもてなし

    夕食会を前に笑顔の(右から)安倍首相、トランプ米大統領、メラニア夫人、昭恵夫人=5日夜、東京・銀座(代表撮影)

  • 2017年10月10日
    スマートレストラン

    キーワード:アリババグループ、AR、アリペイ、食、テクノロジー、CHINA HANGZHOU ALIPAY SMART+RESTAURANT A woman tries facial recognition in the Smart+Restaurant exhibition featuring related technologies developed by subsidiaries of Alibaba Group in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Tuesday Oct. 10, 2017. Photo via Newscom 、クレジット:FEATURECHINA/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2017年09月06日
    日本食に笑顔の清宮 野球U―18W杯

    現地の日本食レストランを訪れ、笑顔を見せる清宮=5日、サンダーベイ(共同)

    撮影: 5日、サンダーベイ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月07日
    下宿を営む竹原伊都子さん 熊本、復興へ少しずつ

    熊本地震で閉鎖されたままの東海大阿蘇キャンパス近くで下宿を営んできた竹原伊都子さん(56)。地震で自宅が倒壊し学生は下宿を離れたが、伊都子さんを慕って時折訪ねて来てくれる学生たちが心の支えになった(上、2016年7月)。現在は復旧作業にあたる作業員のために料理の腕を振るう。「毎日疲れて帰ってくるから、せめてご飯で満腹にしてあげたい。それが私にできる復興の手助けです」と笑顔で話した=3日、熊本県南阿蘇村

  • 2017年04月07日
    パフェを持つ古賀さん お酒の後は「シメパフェ」

    注文したパフェを手に笑顔の古賀薫子さん=3日、札幌・ススキノ

    撮影: 3日、札幌・ススキノ

  • 2017年02月23日
    菅原文子さん もう一度、運命の場所で

    「すがとよ酒店」を再建した菅原文子さん。「感謝」と書いたオリジナルラベルの地酒を手に笑顔=宮城県気仙沼市

    撮影: 宮城県気仙沼市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月29日
    東京・上野のアメ横 年の暮れ、にぎわうアメ横

    29日、正月用の食材などを求める人たちでにぎわう東京・上野のアメ横商店街。「タラバガニ、割引するよ。おまけもつけるよ」。通りには威勢のいい掛け声が飛び交う。家族と訪れた福島県南相馬市の会社員木幡剛さん(49)は、タコやかまぼこなどが入った買い物袋を抱え、「この熱気と混み具合はもはや風物詩ですね」と笑顔を見せた。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月29日
    東京・上野のアメ横商店街 年の暮れ、にぎわうアメ横

    29日、正月用の食材などを求める人たちでにぎわう東京・上野のアメ横商店街。「タラバガニ、割引するよ。おまけもつけるよ」。通りには威勢のいい掛け声が飛び交う。家族と訪れた福島県南相馬市の会社員木幡剛さん(49)は、タコやかまぼこなどが入った買い物袋を抱え、「この熱気と混み具合はもはや風物詩ですね」と笑顔を見せた。

  • 2016年11月23日
    食事を提供するボランティア タイの「二つの顔」

    タイの首都バンコクの王宮前広場で、無料で食事を提供するボランティア=10月(共同)

    撮影: 10月

  • 2016年10月03日
    開かれたはし拳の大会 負けても笑顔で1杯!

    高知市で開かれたお座敷遊び「はし拳」の大会。隠した箸の数を当て、負けたら杯につがれた日本酒を飲み干す=3日午後

    撮影: 3日午後

  • 2016年10月03日
    高知市で開かれた大会 負けても笑顔で1杯!

    高知市で開かれたお座敷遊び「はし拳」の大会。隠した箸の数を当て、負けたら杯につがれた日本酒を飲み干す=3日午後

    撮影: 3日午後

  • 2016年08月13日
    名物菓子キティ顔に

    「ハローキティ」の顔形の「ミレービスケット」

  • 2016年07月27日
    重さでお勘定

    報道陣向けのレストランは「ポルキロ」と呼ばれるブラジル定番の量り売り。好きな料理を食べたい分だけ取って重さでお勘定。ベジタリアンのジョジーナさんは「私にぴったり」と笑顔で218㌘の昼食を運んで行きました=26日、リオデジャネイロ(共同)

    撮影: 26日、リオデジャネイロ

  • 2016年06月05日
    メロン手に笑顔の子ども 人気メロンに舌鼓

    メロンを丸ごと使ったクリームソーダを楽しむ子ども=5日午後、茨城県鉾田市

    撮影: 5日午後、茨城県鉾田市

  • 2016年03月25日
    木村優子さん 夢手助けレンタルキッチン

    オープンした「すたーとあっぷきっちん」で笑顔を見せる木村優子さん=名古屋市

    撮影: 名古屋市

  • 2016年03月24日
    大ガス料理教室レシピ本 商品ニュース

    大阪ガスクッキングスクールが運営する料理教室のレシピ本「まいにち笑顔を食卓に」

  • 1
  • 2
  • 3