KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中華料理
  • 国際交流
  • イベント会場
  • 文化交流
  • 日本文化
  • フェスティバル開催
  • ホールディングス
  • 中国料理
  • 広東省広州市
  • ロボット

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
527
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
527
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月21日
    (2)成都市で四川省の名物料理100品を選ぶイベントが始動

    19日、四川料理の普及推進イベントの会場で、料理の実演を行う料理人。中国の四川省商務庁が主催する四川料理の選考イベント「2021味美四川」が、19日から同省成都市で始まった。3月から6月にかけて、省内21の市・自治州がオンライン投票と実食選考を組み合わせた形式で、代表的な四川料理100品を選ぶ。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    (1)成都市で四川省の名物料理100品を選ぶイベントが始動

    19日、四川料理の普及推進イベントの会場で、料理の実演を行う料理人。中国の四川省商務庁が主催する四川料理の選考イベント「2021味美四川」が、19日から同省成都市で始まった。3月から6月にかけて、省内21の市・自治州がオンライン投票と実食選考を組み合わせた形式で、代表的な四川料理100品を選ぶ。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月21日
    (3)成都市で四川省の名物料理100品を選ぶイベントが始動

    19日、四川料理の普及推進イベントの会場で、料理人らが料理を作る様子を撮影する来場者。中国の四川省商務庁が主催する四川料理の選考イベント「2021味美四川」が、19日から同省成都市で始まった。3月から6月にかけて、省内21の市・自治州がオンライン投票と実食選考を組み合わせた形式で、代表的な四川料理100品を選ぶ。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月14日
    (3)働く喜びを体感天津市の学校で技能競技大会

    12日、労働技能大会の会場で、自分たちで作った「面食」(小麦粉で作った食品の総称)を見せる天津中学の生徒ら。中国天津市の天津中学で12日、「労働技能大会」が行われ、生徒らが調理や刺しゅう、リサイクルアートなどの腕を競い合い、働く喜びを味わった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    西武池袋本店の初売り 正月の風物詩、様変わり

    西武池袋本店の初売りで、福袋を買い求める人たち。食品の福袋は混雑対策として特設会場が設けられた=1日午前、東京都豊島区

    撮影: 1日午前、東京都豊島区

  • 2021年01月01日
    初売り会場 正月の風物詩、様変わり

    西武池袋本店の初売りで、福袋を買い求める人たち。食品の福袋は特設会場で販売され、飛沫(ひまつ)防止シートの設置や列の間隔を空けるなど感染防止対策が行われていた=1日午前、東京都豊島区

  • 2021年01月01日
    買い求める人たち 正月の風物詩、様変わり

    西武池袋本店の初売りで、福袋を買い求める人たち。食品の福袋は特設会場で販売され、飛沫(ひまつ)防止シートの設置や列の間隔を空けるなど感染防止対策が行われていた=1日午前、東京都豊島区

  • 2020年12月21日
    (1)中国・吉林国際樹氷と氷雪祭り開幕吉林省

    18日、中国・吉林国際樹氷と氷雪祭りの会場となったスキー場で鍋料理を楽しむ来場者。中国吉林省吉林市で18日、第26回中国・吉林国際樹氷と氷雪祭りが開幕した。テーマは「樹氷の都、スキー天国」。2021年2月までの会期中、さまざまなイベントが行われる。(吉林=新華社記者/許暢)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.40
    2020年12月05日
    「新華社」巨大鉄鍋で作る1・3トンの煮込み料理に舌鼓内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗三道橋鎮で5日、第5回「民間年猪文化節(祭)」が開幕した。会場では「大後套第一鍋」と呼ばれる大鍋で作られ豚肉と白菜漬けの煮込み約1・3トンが振る舞われ、1千人余りの住民や観光客が「年猪」の盛宴を満喫した。年猪とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し、年越しの準備をする習慣がある。大後套第一鍋は直径3メートル、高さ80センチ。農家が育てた豚の肉250キロと、大がめで漬けた「酸菜」(中国の白菜の漬物)1千キロを民間の料理の達人10人がその場で調理した。黄河の最北端に位置する同市では、地元農家が毎年冬になると酸菜を漬けるという。豚肉と酸菜の煮込みは、寒い季節に欠かせない地元の家庭料理となっている。<映像内容>煮込み料理を巨大鉄鍋で作る様子、料理を振る舞う様子、撮影日:2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で武漢熱乾麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で山西刀削麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で蘭州牛肉麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で鎮江鍋蓋麺を買い求める来場者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で蘭州牛肉麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で油そばの調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で武漢熱乾麺を味わう来場者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、北京ジャージャン麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    感染対策を呼びかけの看板 制度見直し、募る懸念

    3連休中日に東京・代々木公園で開かれたスペイン料理を楽しむイベントを訪れた人たち。会場では新型コロナウイルス感染対策が呼びかけられた=22日午後

    撮影: 22日午後

  • 2020年11月19日
    料理を味わう香港のバイヤー 熊本食品、香港に売り込み

    香港の会場で、熊本県産の食材を使った料理を味わう香港のバイヤー=18日(NNA=共同)

    撮影: 18日

  • 2020年11月19日
    乾杯する関係者 ボージョレ巣ごもりに着目

    フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する関係者ら=19日午前0時38分、東京都渋谷区

    撮影: 19日午前0時38分、東京都渋谷区

  • 2020年11月19日
    乾杯する人たち ボージョレ巣ごもりに着目

    フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場で乾杯する人たち=19日午前0時1分、東京都渋谷区

    撮影: 19日午前0時1分、東京都渋谷区

  • 2020年11月19日
    ボトルを開ける人たち ボージョレ巣ごもりに着目

    フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が解禁され、イベント会場でボトルの栓を開ける人たち=19日午前0時、東京都渋谷区

    撮影: 19日午前0時、東京都渋谷区

  • 2020年11月18日
    新酒のボージョレ ボージョレ巣ごもりに着目

    解禁イベントの会場に用意されたフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」=18日午後11時13分、東京都渋谷区

    撮影: 18日午後11時13分、東京都渋谷区

  • 2020年11月18日
    用意されたボージョレ ボージョレ巣ごもりに着目

    解禁イベントの会場に用意されたフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」=18日午後11時23分、東京都渋谷区

    撮影: 18日午後11時23分、東京都渋谷区

  • 2020年11月13日
    食の祭典第20回マカオ・フード・フェスティバル開催

    13日、マカオ・フード・フェスティバルの会場で見かけた屋台の食べ物。中国マカオ特別行政区の西湾湖広場で、第20回マカオ・フード・フェスティバル(MacauFoodFestival)が13〜29日の日程で開催されている。同フェスティバルは、新型コロナウイルスの感染状況が安定した後に開かれた大型グルメイベントの一つとなっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    食の祭典第20回マカオ・フード・フェスティバル開催

    13日、マカオ・フード・フェスティバルの会場で見かけた屋台の食べ物。中国マカオ特別行政区の西湾湖広場で、第20回マカオ・フード・フェスティバル(MacauFoodFestival)が13〜29日の日程で開催されている。同フェスティバルは、新型コロナウイルスの感染状況が安定した後に開かれた大型グルメイベントの一つとなっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    食の祭典第20回マカオ・フード・フェスティバル開催

    13日、マカオ・フード・フェスティバルの会場で見かけた屋台の食べ物。中国マカオ特別行政区の西湾湖広場で、第20回マカオ・フード・フェスティバル(MacauFoodFestival)が13〜29日の日程で開催されている。同フェスティバルは、新型コロナウイルスの感染状況が安定した後に開かれた大型グルメイベントの一つとなっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    食の祭典第20回マカオ・フード・フェスティバル開催

    13日、マカオ・フード・フェスティバルの会場で見かけた屋台の食べ物。中国マカオ特別行政区の西湾湖広場で、第20回マカオ・フード・フェスティバル(MacauFoodFestival)が13〜29日の日程で開催されている。同フェスティバルは、新型コロナウイルスの感染状況が安定した後に開かれた大型グルメイベントの一つとなっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、日本産米を使った料理を試食するために列を作る来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、日本産米を使った料理を試食するために列を作る来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場で重慶火鍋の素を選ぶ来場者。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場に展示された自動火鍋調理器。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場で重慶火鍋を味わう来場者。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場で重慶火鍋を味わう来場者。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場で重慶火鍋を味わう来場者。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場で重慶火鍋を味わう来場者。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月17日
    第12回火鍋グルメフェスティバル開催重慶市

    17日、火鍋グルメフェスティバルの会場に展示された自動火鍋調理ロボット。第12回中国(重慶)火鍋グルメフェスティバルがこのほど、重慶国際博覧センターで開幕した。(重慶=新華社記者/黄偉)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    ASEAN向け食品、酒類が一堂に広西チワン族自治区

    16日、会場で地元の特産品を購入する市民。中国広西チワン族自治区南寧市で16~18日の日程で、第18回中国(広西)-ASEAN食品飲料・酒類博覧会および2020広西チワン族自治区貧困扶助製品発注大会が開幕し、2663種類に上る特色のある食品や名酒、オーガニック食材を購入しに訪れた大勢の市民や企業でにぎわった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    東南アジアの美食と文化が大集合マカオ

    10日、第21回東南アジア美食カーニバルの会場で売られるグルメ。中国マカオ特別行政区の北部に位置する三盞燈(さんさんとう)の円形広場で10日夜、マカオ帰僑総会が主催する「第21回東南アジア美食カーニバル」の開幕式が行われた。東南アジア文化に関連した数々のパフォーマンスが披露された他、さまざまな特色のあるグルメを提供する屋台が並び、華僑の食文化を伝えた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    東南アジアの美食と文化が大集合マカオ

    10日、第21回東南アジア美食カーニバルの会場で売られるグルメ。中国マカオ特別行政区の北部に位置する三盞燈(さんさんとう)の円形広場で10日夜、マカオ帰僑総会が主催する「第21回東南アジア美食カーニバル」の開幕式が行われた。東南アジア文化に関連した数々のパフォーマンスが披露された他、さまざまな特色のあるグルメを提供する屋台が並び、華僑の食文化を伝えた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    東南アジアの美食と文化が大集合マカオ

    10日、第21回東南アジア美食カーニバルの会場で売られるグルメ。中国マカオ特別行政区の北部に位置する三盞燈(さんさんとう)の円形広場で10日夜、マカオ帰僑総会が主催する「第21回東南アジア美食カーニバル」の開幕式が行われた。東南アジア文化に関連した数々のパフォーマンスが披露された他、さまざまな特色のあるグルメを提供する屋台が並び、華僑の食文化を伝えた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    フィジーで中秋節祝う会、地元の人々が月餅に舌鼓

    22日、フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターで中国の歌を歌う女性たち。フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターが主催する中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を祝う会が22日、地元の人々を招いて開かれた。参加した人々は月餅を味わい、中華料理を堪能、会場に飾られた美しい写真を眺めながら楽しいひとときを過ごした。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    フィジーで中秋節祝う会、地元の人々が月餅に舌鼓

    22日、フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターに飾られた写真を眺める地元の人々。フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターが主催する中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を祝う会が22日、地元の人々を招いて開かれた。参加した人々は月餅を味わい、中華料理を堪能、会場に飾られた美しい写真を眺めながら楽しいひとときを過ごした。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    フィジーで中秋節祝う会、地元の人々が月餅に舌鼓

    22日、フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターで中秋節に関する説明を聞く地元の人々。フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターが主催する中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を祝う会が22日、地元の人々を招いて開かれた。参加した人々は月餅を味わい、中華料理を堪能、会場に飾られた美しい写真を眺めながら楽しいひとときを過ごした。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    フィジーで中秋節祝う会、地元の人々が月餅に舌鼓

    22日、フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターで地元の人々に月餅を紹介する同センターの孫傑(そん・けつ)主任(右から4人目)。フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターが主催する中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を祝う会が22日、地元の人々を招いて開かれた。参加した人々は月餅を味わい、中華料理を堪能、会場に飾られた美しい写真を眺めながら楽しいひとときを過ごした。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    フィジーで中秋節祝う会、地元の人々が月餅に舌鼓

    22日、フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターで地元の人々に茶の文化を紹介する同センターの孫傑(そん・けつ)主任(左端)。フィジーの首都スバの中心部にある中国文化センターが主催する中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)を祝う会が22日、地元の人々を招いて開かれた。参加した人々は月餅を味わい、中華料理を堪能、会場に飾られた美しい写真を眺めながら楽しいひとときを過ごした。(スバ=新華社記者/張永興)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月19日
    結婚披露宴で「食べ残しゼロ」を推奨上海市

    19日、上海市閔行区で行われた結婚披露宴で、会場入り口に掲げられた「食糧節約」と「光盤行動(食べ切りキャンペーン)」の標語。中国上海市閔行区の新虹街道愛博地区で19日、結婚披露宴が行われた。婚礼料理の品数と分量は従来に比べて少なくなり、招待客には食べきれなかった料理を持ち帰るための容器と袋も用意された。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    江南の美食と文化が一堂に、上海市で第1回美食観光フェス

    13日、江南美食節・閔行区観光節のイベント会場。中国上海市の遊園地、上海錦江楽園で13日夜、上海第1回江南美食節・閔行区観光節が開催された。長江デルタ地域の10余りの都市が参加し、それぞれの特色を持った江南グルメや関連する文化クリエーティブ製品、無形文化遺産を展示した。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    江南の美食と文化が一堂に、上海市で第1回美食観光フェス

    13日、江南美食節・閔行区観光節のイベント会場。中国上海市の遊園地、上海錦江楽園で13日夜、上海第1回江南美食節・閔行区観光節が開催された。長江デルタ地域の10余りの都市が参加し、それぞれの特色を持った江南グルメや関連する文化クリエーティブ製品、無形文化遺産を展示した。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    江南の美食と文化が一堂に、上海市で第1回美食観光フェス

    13日、江南美食節・閔行区観光節のイベント会場。中国上海市の遊園地、上海錦江楽園で13日夜、上海第1回江南美食節・閔行区観光節が開催された。長江デルタ地域の10余りの都市が参加し、それぞれの特色を持った江南グルメや関連する文化クリエーティブ製品、無形文化遺産を展示した。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    江南の美食と文化が一堂に、上海市で第1回美食観光フェス

    13日、江南美食節・閔行区観光節のイベント会場。中国上海市の遊園地、上海錦江楽園で13日夜、上海第1回江南美食節・閔行区観光節が開催された。長江デルタ地域の10余りの都市が参加し、それぞれの特色を持った江南グルメや関連する文化クリエーティブ製品、無形文化遺産を展示した。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月05日
    中国国際サービス貿易交易会開幕、NECがスマート技術を披露

    5日、訪日旅行での料理の注文に役立つミニプログラム「日料通」を体験する来場者。メニューの写真を撮るだけで中国語に翻訳し、料理の説明をしてくれる。中国商務部と北京市人民政府が共催する展示会「中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)」が4日、北京市で開幕した。日本の大手電機メーカー、日本電気(NEC)中華圏グループは5日、会場となった北京国家会議センターの総合展示エリアで新たに開発したソフトウエア製品とソリューション12件を展示し、観光や教育、医療・ヘルスケアなどのスマート技術を披露した。(北京=新華社記者/梁晨)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で記念撮影する観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントの会場で、パンフレットが置かれたブースに足を止める観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場でパフォーマンスを楽しむ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で軽食を買い求める観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントの会場で自撮りを楽しむ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベント会場で軽食に舌鼓を打つ観光客。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、観光客でにぎわう夏祭りイベントの会場。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、観光客でにぎわう夏祭りイベントの会場。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    上海で夏祭りイベント「夜間経済」に豊富な選択肢

    25日、夏祭りイベントで踊りや演奏を披露する出演者。中国上海市の商業施設「虹橋南豊城」でこのほど、夏祭りイベントが開催された。会場内には、地元上海や日本の企業が提供する本場さながらの日本のグルメや多彩な商品、個性的な衣服、アクセサリーが並び、夏の夜を過ごす消費者にさまざまな選択肢をもたらした。(上海=新華社記者/陳飛)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.39
    2020年08月18日
    「新華社」内モンゴル自治区で乳製品コンテスト、様々な伝統食品が登場

    中国の少数民族の一つ、モンゴル族の人々にとって、「白」は最も神聖で純潔な色とされており、乳製品は「白い食べ物」と呼ばれる。モンゴル族の年始の挨拶回り、長寿祝い、来客をもてなす接待、祝宴など特別な集まりの際には、まず主人が客に乳製品やミルク酒を勧めることから始まる。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟でこのほど「ヒンガン盟ナーダム」とともに開催された伝統的な乳製品コンテストの会場では、試食する観光客の姿が多く見られた。コンテストでは民族衣装に身を包んだ同盟からの参加者約50人が、伝統的な乳製品作りの腕前を披露した。(記者/張晟)<映像内容>内モンゴル自治区の乳製品コンテストの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化調理器具を使い点心を作る揚州市の料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化調理器具で作られた点心料理を写真に収める市民。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、揚州市の飲食店で電気調理器具を使い作られた料理。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(揚州=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省

    17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    異国情緒漂う「イタリア・フェスティバル」開催上海市

    4日、「イタリア・フェスティバル」の会場。中国イタリア商会が主催、在上海イタリア総領事館が後援する「イタリア・フェスティバル」が2~5日、上海市長寧区にある複合施設「上生新所」で開催された。音楽やファッション、グルメ、文化、キッズスポーツなど幅広い分野にわたってイタリアの伝統文化やライフスタイルが紹介され、来場者は本場のイタリア情緒を間近で体験した。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月28日
    日本の外食企業、貴州省でのビジネスの先行きに自信

    28日、料理の準備をする店員。中国貴州省貴陽市雲岩区の、商店や飲食店が集まる市西路商業街には、日本の牛丼チェーン「すき家」がある。ゼンショーホールディングスが全額出資し、同省初となる日本の飲食企業として2018年10月19日に開業した。同店は食材を重んじながら牛丼を主力に提供しており、地元の人々の好みに合わせて貴陽のご当地メニュー「三椒牛丼」も開発。今年は新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受けたものの、店舗は通常営業している。同社は既に1千万元(1元=約15円)の追加投資を行い、同市でさらなる店舗展開を計画している。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    仏山市でレストラン開業、店舗業務はロボットが担当広東省

    22日、FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール中華料理エリアに並ぶダブルアーム土鍋飯ロボットと中華鍋ロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)傘下の千璽(せんじ)餐飲機器人集団が22日、広東省仏山市順徳区で「FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール」を正式に開業した。中華鍋を振るい、土鍋飯や麺料理を作る調理ロボット20種類以上も一斉にお目見えした。面積約2千平方メートルの店内では、約600人が同時にハイテク感あふれる食事を楽しむことができる。(仏山=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    仏山市でレストラン開業、店舗業務はロボットが担当広東省

    22日、FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール中華料理エリア。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)傘下の千璽(せんじ)餐飲機器人集団が22日、広東省仏山市順徳区で「FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール」を正式に開業した。中華鍋を振るい、土鍋飯や麺料理を作る調理ロボット20種類以上も一斉にお目見えした。面積約2千平方メートルの店内では、約600人が同時にハイテク感あふれる食事を楽しむことができる。(仏山=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    仏山市でレストラン開業、店舗業務はロボットが担当広東省

    22日、FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホールファーストフードエリアに並べられたセルフサービスの蒸し器。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)傘下の千璽(せんじ)餐飲機器人集団が22日、広東省仏山市順徳区で「FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール」を正式に開業した。中華鍋を振るい、土鍋飯や麺料理を作る調理ロボット20種類以上も一斉にお目見えした。面積約2千平方メートルの店内では、約600人が同時にハイテク感あふれる食事を楽しむことができる。(仏山=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    仏山市でレストラン開業、店舗業務はロボットが担当広東省

    22日、FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール火鍋エリアの配膳ロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)傘下の千璽(せんじ)餐飲機器人集団が22日、広東省仏山市順徳区で「FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール」を正式に開業した。中華鍋を振るい、土鍋飯や麺料理を作る調理ロボット20種類以上も一斉にお目見えした。面積約2千平方メートルの店内では、約600人が同時にハイテク感あふれる食事を楽しむことができる。(仏山=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    仏山市でレストラン開業、店舗業務はロボットが担当広東省

    22日、FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール中華料理エリアの配膳ロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)傘下の千璽(せんじ)餐飲機器人集団が22日、広東省仏山市順徳区で「FOODOM天降美食王国ロボットレストラン総合ホール」を正式に開業した。中華鍋を振るい、土鍋飯や麺料理を作る調理ロボット20種類以上も一斉にお目見えした。面積約2千平方メートルの店内では、約600人が同時にハイテク感あふれる食事を楽しむことができる。(仏山=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    サントリー3年以内に中国内地でレストラン100軒出店へ

    15日、サントリーが上海市で営業している日本料理店「東京和食」の店内に展示された、ウイスキー「山崎」やワイン「登美」などの製品。サントリーホールディングスの常務執行役員で三得利(中国)投資の董事長を務める有代雅人氏は上海でこのほど、中国内地で同社傘下のレストラン事業の規模をさらに拡大し、3年以内に約100軒を新たに出店する計画を明らかにした。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月15日
    サントリー3年以内に中国内地でレストラン100軒出店へ

    15日、「日本と和食文化を楽しむ」をテーマにしたイベントで展示された、上海の日本料理店「東京和食」による受賞作品。サントリーホールディングスの常務執行役員で三得利(中国)投資の董事長を務める有代雅人氏は上海でこのほど、中国内地で同社傘下のレストラン事業の規模をさらに拡大し、3年以内に約100軒を新たに出店する計画を明らかにした。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    消費マインドを刺激第1回ナイトライフフェアがスタート上海市

    6日、BFC外灘金融中心の屋上庭園で行われた電子音楽イベントで、会場を盛り上げる人気DJ。中国上海市で第1回ナイトライフフェアが6日、正式にスタートした。外灘の南側に位置する大型複合ビルBFC外灘金融中心(バンドファイナンスセンター)は、同フェアの重点プロジェクトとして、新たに期間限定の歩行者天国「外灘楓径」を実施した。外灘のモダンな雰囲気の中、美しい景色やグルメ、アートなどが集まり、上海の週末の新たな過ごし方を提供する。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月05日
    上海市で「流行生活フェスティバル」開幕

    5日夜、「上海流行生活フェスティバル」の会場で行われたファッションショー。中国上海市の北外灘で5日夜、第1回「上海流行生活フェスティバル」が開幕した。同市虹口区の各商業エリアで10以上のテーマ別イベントが行われる。6月末までの会期中、新商品の販売やクリエーティブマーケット、グルメ、音楽パーティーなど多彩なイベントを予定しているという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    世界のグルメが集まる上海、背景にある三つの理由

    5月30日、上海環球美食フェスティバルの会場に展示された「中国と西洋の要素を兼ね備えた」スイーツ。中国上海市には外国料理店が約1万2千店舗ある。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、町が活気を取り戻す中、各国料理を提供する飲食店にも客足が戻ってきている。世界のグルメが集まる上海。その背景には、異国の味を楽しみたいという市民のニーズや革新を続ける飲食業界、有利なビジネス環境があった。(上海=新華社記者/周蕊)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    世界のグルメが集まる上海、背景にある三つの理由

    5月30日、上海環球美食フェスティバルの会場に並べられた各種のワイン。中国上海市には外国料理店が約1万2千店舗ある。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、町が活気を取り戻す中、各国料理を提供する飲食店にも客足が戻ってきている。世界のグルメが集まる上海。その背景には、異国の味を楽しみたいという市民のニーズや革新を続ける飲食業界、有利なビジネス環境があった。(上海=新華社記者/許咏政)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    世界のグルメが集まる上海、背景にある三つの理由

    5月30日、上海環球美食フェスティバルの会場に出展された料理。中国上海市には外国料理店が約1万2千店舗ある。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、町が活気を取り戻す中、各国料理を提供する飲食店にも客足が戻ってきている。世界のグルメが集まる上海。その背景には、異国の味を楽しみたいという市民のニーズや革新を続ける飲食業界、有利なビジネス環境があった。(上海=新華社記者/許咏政)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月28日
    広西チワン族自治区でタニシビーフン産業の人材育成機関全国でも初めて

    5月28日、「螺螄粉産業学院」の調印式とプレート除幕式の会場。中国広西チワン族自治区柳州市の柳州職業技術学院で5月28日、同自治区で有名なご当地グルメの螺螄粉(タニシビーフン)に関わる人材を育成する国内初の教育機関「螺螄粉産業学院」が設立された。七つの専門課程を設置し、各期500人前後を受け入れるという。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「分餐制」普及目指し1人前料理の制作規範を発表江蘇省

    13日、江蘇省餐飲行業協会の「位上菜制作規範」発表会場で「位上菜」を実演する料理人。中国の飲食業界団体、江蘇省餐飲行業協会が13日、「位上菜制作規範」を正式に発表した。料理を個別の盛り付けで提供することを中国で「位上菜」と呼ぶ。食材の使用から調理、料理の計量、盛り付けなどの各過程について、飲食サービス部門に対し「位上菜」の制作基準を規定することで、料理を1人分ずつ盛り分ける「分餐制」の普及を促進し、文化的・健康的な食事方法を提唱する。(南京=新華社記者/潘曄)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「分餐制」普及目指し1人前料理の制作規範を発表江蘇省

    13日、江蘇省餐飲行業協会の「位上菜制作規範」発表会場に展示された新方式の「位上菜」。中国の飲食業界団体、江蘇省餐飲行業協会が13日、「位上菜制作規範」を正式に発表した。料理を個別の盛り付けで提供することを中国で「位上菜」と呼ぶ。食材の使用から調理、料理の計量、盛り付けなどの各過程について、飲食サービス部門に対し「位上菜」の制作基準を規定することで、料理を1人分ずつ盛り分ける「分餐制」の普及を促進し、文化的・健康的な食事方法を提唱する。(南京=新華社記者/潘曄)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「分餐制」普及目指し1人前料理の制作規範を発表江蘇省

    13日、江蘇省餐飲行業協会の「位上菜制作規範」発表会場に展示された新方式の「位上菜」。中国の飲食業界団体、江蘇省餐飲行業協会が13日、「位上菜制作規範」を正式に発表した。料理を個別の盛り付けで提供することを中国で「位上菜」と呼ぶ。食材の使用から調理、料理の計量、盛り付けなどの各過程について、飲食サービス部門に対し「位上菜」の制作基準を規定することで、料理を1人分ずつ盛り分ける「分餐制」の普及を促進し、文化的・健康的な食事方法を提唱する。(南京=新華社記者/潘曄)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    「分餐制」普及目指し1人前料理の制作規範を発表江蘇省

    13日、江蘇省餐飲行業協会の「位上菜制作規範」発表会場に展示された新方式の「位上菜」。中国の飲食業界団体、江蘇省餐飲行業協会が13日、「位上菜制作規範」を正式に発表した。料理を個別の盛り付けで提供することを中国で「位上菜」と呼ぶ。食材の使用から調理、料理の計量、盛り付けなどの各過程について、飲食サービス部門に対し「位上菜」の制作基準を規定することで、料理を1人分ずつ盛り分ける「分餐制」の普及を促進し、文化的・健康的な食事方法を提唱する。(南京=新華社記者/潘曄)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.55
    2020年04月28日
    「新華社」黒竜江省の飲食企業、感染対策が常態化する中で新たな取り組み

    中国黒竜江省ハルビン市では4月、新型コロナウイルス感染状況の変化を受け、一部の飲食企業が店内での飲食提供を再度中止した。企業は従業員を安心させ、損失を減らすため、屋台を設けて作り立ての料理を安く販売したり、ホールを食料品売り場に変更したりする新たな経営方式を導入。方針転換や経営革新を進める姿勢がショート動画共有プラットフォームで思いがけず評判となり、売り場に多くの買い物客が訪れ、革新的な経営に対する高評価を寄せた。新型コロナウイルス対策の正常化に伴い、新たな道を模索する企業はますます多くなっている。(記者/王君宝)<映像内容>黒竜江省の飲食企業が店内での飲食提供を中止、店頭で販売する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    販売会場のメニューの看板 仏料理、ドライブスルーで

    石川県内で営業するフランス料理や和食などの店が開いた、ドライブスルー方式販売会の会場に設置されたメニューの看板=24日、金沢市

    撮影: 24日、金沢市

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、南翔饅頭店で客のテーブルに料理を運ぶホールスタッフ。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.32
    2020年02月17日
    「新華社」臨時医療施設で迎える特別な誕生日湖北省武漢市

    中国江西省の医療チームが17日、派遣先の湖北省武漢市の臨時医療施設で、2月生まれの市民12人の誕生日会を開いた。誕生日会は江西省医療・看護チームのリーダーで南昌大学第四付属医院副院長の唐浪娟(とう・ろうけん)さんが施設内で市民と話した際に、2月の誕生日を家族と一緒に迎えられず残念だという声を偶然耳にしたことから、唐さんが救援チームのメンバーらと共に企画した。会場では「私と我が祖国」を合唱し、チームメンバーが美しい誕生日ケーキを2月生まれの人々に手渡した。また、一日も早く回復し、退院して家族と過ごせることを願い、みんなで「ハッピーバースデー」を歌った。(記者/閔尊濤)<映像内容>臨時医療施設で誕生日会開催の様子、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.06
    2020年02月15日
    酒好き左党たちでにぎわう 「西日本新聞」久留米市で酒蔵びらき

    国内有数の酒どころとして知られる久留米市の城島町、三潴町を中心とした8酒蔵の新酒が味わえる「第26回城島酒蔵びらき」(実行委員会主催)が15日、城島町の町民の森をメイン会場として始まった。この日を待ちに待った酒好きの左党たちで大いににぎわった。16日まで。天候が心配されたが、開会式が終わったころから雨も上がり、続々と来場者が押し寄せた。会場では、各銘柄の飲み比べや豊前海一粒かきが味わえる「Kaki×SakeBAR」などで楽しめるほか、おつまみの品ぞろえも充実。会場と西鉄三潴駅、JR荒木駅、各酒蔵を結ぶ無料のシャトルバスを運行している。メイン会場で知人らと杯を交わしていた同市大善寺町の自営業東谷孝徳さん(63)は「朝はあいにくの天気でしたが、新酒を飲んで心も晴れ晴れします」と笑顔だった、撮影日:2020(令和2)年2月15日、撮影場所:福岡県久留米市城島町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年2月15日、福岡県久留米市城島町

  • 00:32.46
    2020年02月07日
    寒さに負けず焼き肉堪能 北海道北見で恒例イベント

    北海道北見市の冬の恒例イベント「北見厳寒の焼き肉まつり」が7日夜に開催され、いてつく寒さの中、防寒具を着込んだ約2100人の来場者が屋外で焼き肉を堪能した。開幕した午後5時の気温は氷点下8・3度。ソフトドリンクや酒が凍る場面も見られた。約700台のしちりんからは煙がもくもくと立ち上り、参加者は白い息を吐きながら笑顔で網をつついていた。市観光協会によると、焼き肉まつりは2000年に市内の転勤族が同市の「寒さ」と「おいしい肉」を同時にPRしようとスタートした。北見市内の焼き肉店数は約70店で、人口10万人以上の都市では1人当たりの店舗数が全国で2番目に多く、道内では最多という。<映像内容>焼き肉の雑観、会場雑観など、撮影日:2020(令和2)年2月7日、撮影場所:北海道北見市

    撮影: 2020(令和2)年2月7日

  • 2020年01月30日
    各地の美食が大集合ビエンチャンでグルメフェスティバル開催

    1月30日、グルメフェスティバルの会場の様子。ラオスの首都ビエンチャンで、1月28日から31日まで「ラオスグルメフェスティバル」が開かれた。同イベントではラオス各地のグルメを展示したほか、調理技術のレベルアップや料理にまつわる経験・交流の紹介も実施。また、食品や農業、サービス業に携わる女性が自身で作った食べ物や料理を展示・販売するチャンスを提供したという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月30日
    各地の美食が大集合ビエンチャンでグルメフェスティバル開催

    1月30日、グルメフェスティバルの会場の様子。ラオスの首都ビエンチャンで、1月28日から31日まで「ラオスグルメフェスティバル」が開かれた。同イベントではラオス各地のグルメを展示したほか、調理技術のレベルアップや料理にまつわる経験・交流の紹介も実施。また、食品や農業、サービス業に携わる女性が自身で作った食べ物や料理を展示・販売するチャンスを提供したという。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6