KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アマヤドリ
  • シェアハウス
  • ハウス運営
  • 石川さん
  • 石川拓也
  • 神奈川県横須賀市
  • 若年女性
  • 郷土料理
  • 高知県土佐町
  • 鳥山百合子

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
15,056
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
15,056
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月08日
    ハウス運営する菊池さん 「雨」上がるまでここに

    若年女性に支援を提供するシェアハウス「アマヤドリ」の菊池操さん(右)=4月、神奈川県横須賀市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月08日
    石川さんと鳥山さん 郷土料理、動画で後世へ

    制作した動画のDVDを持つ石川拓也さん(右)と鳥山百合子さん=4月、高知県土佐町

  • 2021年05月07日
    登龍亭福三さん 商売にならない

    名古屋市中区で駄菓子屋バーを経営する落語家登龍亭福三さん=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 2021年05月06日
    久野九平治さんとスタッフ 日本酒とワイン、原料から

    萬乗醸造のスタッフと写真に納まる15代目蔵元の久野九平治さん(中列右端)=名古屋市

  • 2021年05月06日
    「カシミール」の店員 富山に「カレーの聖地」

    富山県射水市のレストラン「カシミール」

  • 2021年05月05日
    (8)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    3日、勤務先のホテルで、ジャム絵画を飾り付けた料理を運ぶ劉旭峰さん。中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    提供を受ける生活困窮者 食料品配布に150人超

    「大人食堂」で、生活物資の提供を受ける生活困窮者=3日午後、東京都千代田区

    撮影: 3日午後、東京都千代田区

  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品配布に150人超
  • 2021年05月03日
    食料品受け取る人たち 食料品配布に150人超

    「大人食堂」で、列に並び食料品の提供を受ける人たち=3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

    撮影: 3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

  • 2021年05月03日
    受け取る人たち 食料品配布に150人超

    「大人食堂」で、食料品の提供を受ける人たち=3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

    撮影: 3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

  • 2021年05月03日
    列に並ぶ大勢の人 食料品配布に150人超

    「大人食堂」で食料品などの提供を受けるため、列に並ぶ大勢の人=3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

    撮影: 3日午後、東京都千代田区の聖イグナチオ教会

  • 2021年05月01日
    宅配サービスの運転手ら 続く職務放棄、生活困窮

    インターネットがつながる商業施設そばに集まり、注文を待つ食事宅配サービスの運転手ら=4月29日、ミャンマー・ヤンゴン(共同)

    撮影: 4月29日、ミャンマー・ヤンゴン

  • 2021年05月01日
    山瀬麻里絵さん 留学生が母国料理提供

    親が忙しい子どもらを対象に、外国人留学生らが母国の料理を無料で提供する活動を始めた山瀬麻里絵さん=4月28日、松山市

    撮影: 4月28日、松山市

  • 2021年05月01日
    食事見守る山瀬麻里絵さん 留学生が母国料理提供

    親が忙しい子どもらを対象に、外国人留学生らが母国の料理を無料で提供する活動を始めた山瀬麻里絵さん(奥中央)=4月28日、松山市

  • 2021年04月28日
    酒類提供自粛の張り紙 首都圏3県まん延防止拡大

    酒類の提供自粛を知らせる居酒屋の張り紙=28日午後、千葉県船橋市

    撮影: 28日午後、千葉県船橋市

  • 2021年04月28日
    豊洲市場 豊洲市場の飲食店、酒提供

    豊洲市場=東京都江東区

    撮影: 東京都江東区

  • 2021年04月26日
    (3)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、「窯山宴」に出す郷土色豊かな料理を用意する料理人。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (4)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、「窯山宴」の会場に並ぶ地元料理。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (6)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、精緻な点心作りの技を披露する料理人。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (1)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、「窯山宴」の会場に並ぶ地元料理。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (2)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、「窯山宴」の会場に並ぶ地元料理。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (5)地元を代表する料理を発表、美食の旅を後押し浙江省杭州市

    24日、「窯山宴」の発表会場で地元料理を披露するスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で24日、「2021瓶窯鎮郷土料理・窯山宴」が発表され、瓶窯を代表する地元料理40品が選ばれた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    三ノ宮のイタリア料理店 4都府県に緊急事態宣言

    3度目の緊急事態宣言が出され、テークアウトや通信販売のみの営業に切り替えた神戸市のJR三ノ宮駅近くのイタリア料理店。店主は「経営は厳しい。急にお酒がだめだと言われて混乱している」と話した=25日午後

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    酒類提供に関する張り紙 商業施設、軒並み休業

    緊急事態宣言が発令され、酒類の提供停止を知らせる飲食店の張り紙=25日夕、東京・渋谷

    撮影: 25日夕、東京・渋谷

  • 2021年04月25日
    (3)バリアフリー書店「善縁書舎」を訪ねて北京市東城区

    14日、北京市東城区のバリアフリー書店「善縁書舎」内にある、書架のそばに置かれた本を取るための道具。中国北京市東城区には、バリアフリー基準で建てられた書店「善縁書舎」がある。店内面積は300平方メートル以上で、全体から細部に至るまで、障害者の利用を考慮して設計されている。車椅子利用者が楽に本を取れるよう、書架の高さを複数の段階に分けたほか、バリアフリーのデザイン理念に基づき、障害者や高齢者、子どもが誤ってけがをしないよう、書架と机、椅子の縁をアーチ型にしている。また、車椅子での出入りや利用がしやすいよう、机やカウンターは膝が入りやすくした。店内には障害のある作家の作品を集めたコーナーがあるほか、「バリアフリー専門コーナー」には多数の点字書籍や、中国伝媒大学から寄贈された視覚障害者が楽しめる「音声ガイド付き映画」300本以上が用意されている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月24日
    蔵の様子 焼酎ファンがリモート乾杯

    浜田酒造が開催したオンラインイベントで流された昔ながらの蔵の様子

  • 2021年04月24日
    焼酎の解説をする社員 焼酎ファンがリモート乾杯

    鹿児島県いちき串木野市の浜田酒造が開催したオンラインイベントで、焼酎の解説をする同社社員

  • 2021年04月24日
    乾杯する進行役の女性ら 焼酎ファンがリモート乾杯

    鹿児島県いちき串木野市の浜田酒造が開催した焼酎を紹介するオンラインイベントで、乾杯する進行役の女性(左端)ら

  • 2021年04月24日
    取材を受ける浜田社長 焼酎ファンがリモート乾杯

    取材に応じる浜田酒造の浜田雄一郎社長=24日午後、鹿児島県いちき串木野市

    撮影: 24日午後、鹿児島県いちき串木野市

  • 2021年04月24日
    小松菜ロールと店主 「そこらへんの草」商品に

    ケーキ「小松菜ロール」を手にする洋菓子店の店主=埼玉県春日部市

    撮影: 埼玉県春日部市

  • 2021年04月23日
    フラスコと高野さん チーズ副産物で酒造り

    ホエイとグラニュー糖が入り発酵が始まった三角フラスコを見つめる高野篤生さん=20日、北海道小樽市

    撮影: 20日、北海道小樽市

  • 2021年04月23日
    試作品と高野さん チーズ副産物で酒造り

    ホエイを原料にした酒の試作品を味見する高野篤生さん=20日、北海道小樽市

    撮影: 20日、北海道小樽市

  • 2021年04月22日
    豚の生レバーなど 規制強化進んだ生肉

    もつ鍋店で提供されていた豚の生レバーとタン、ハツの3種盛り=2015年6月、東京都内

    撮影: 2015年6月、東京都内

  • 2021年04月22日
    ユッケ 規制強化進んだ生肉

    規制強化後、店舗で提供されるユッケ

  • 2021年04月22日
    独自制度で交付の認定証 和歌山市の飲食店時短要請

    店頭に認証マークを掲示するフランス料理店「JOY味村」の味村正弘さん=22日午後、和歌山市

    撮影: 22日午後、和歌山市

  • 2021年04月22日
    混み合うミャンマー料理店 支援探る「リトルビルマ」

    「リトルビルマ」にあるミャンマー料理店。休日を楽しむ客で混み合っていた=3月28日、シンガポール(共同)

    撮影: 3月28日、シンガポール

  • 2021年04月22日
    都庁で開かれた会議 飲食店に酒類提供の自粛案

    東京都庁で開かれたモニタリング会議=22日午後

    撮影: 22日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    (3)コミュニティーに根付く、ボランティアによる住民サービス湖南省長沙市

    21日、名都社区の公共サービスホールで、無料で包丁の研ぎ直しを行うボランティア。中国湖南省長沙市望城区月亮街道名都社区(コミュニティー)で21日、ボランティアによる住民へのサービスがいつも通り行われた。ボランティアスタッフは、コミュニティーに暮らす定年退職党員を中心に現在62人。毎週水曜日に周辺住民に対し、包丁の研ぎ直し、散髪、家電修理、下水つまりの修理などのサービスを無料で提供している。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    (2)コミュニティーに根付く、ボランティアによる住民サービス湖南省長沙市

    21日、名都社区の公共サービスホールで、無料で散髪を行うボランティア。中国湖南省長沙市望城区月亮街道名都社区(コミュニティー)で21日、ボランティアによる住民へのサービスがいつも通り行われた。ボランティアスタッフは、コミュニティーに暮らす定年退職党員を中心に現在62人。毎週水曜日に周辺住民に対し、包丁の研ぎ直し、散髪、家電修理、下水つまりの修理などのサービスを無料で提供している。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    (5)コミュニティーに根付く、ボランティアによる住民サービス湖南省長沙市

    21日、名都社区の公共サービスホールで、住民の家電製品を点検・修理するボランティア。中国湖南省長沙市望城区月亮街道名都社区(コミュニティー)で21日、ボランティアによる住民へのサービスがいつも通り行われた。ボランティアスタッフは、コミュニティーに暮らす定年退職党員を中心に現在62人。毎週水曜日に周辺住民に対し、包丁の研ぎ直し、散髪、家電修理、下水つまりの修理などのサービスを無料で提供している。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    (1)コミュニティーに根付く、ボランティアによる住民サービス湖南省長沙市

    21日、名都社区で、外出の難しい住民の家を訪問し散髪を行うボランティア。中国湖南省長沙市望城区月亮街道名都社区(コミュニティー)で21日、ボランティアによる住民へのサービスがいつも通り行われた。ボランティアスタッフは、コミュニティーに暮らす定年退職党員を中心に現在62人。毎週水曜日に周辺住民に対し、包丁の研ぎ直し、散髪、家電修理、下水つまりの修理などのサービスを無料で提供している。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)北京市で「香椿」にちなんだイベントが開幕

    19日、第7回チャンチン文化祭りの会場で、チャンチンを見せるスタッフ。中国北京市平谷区峪口鎮の峪口広場で19日、第7回チャンチン(香椿)文化祭りが開幕した。中国原産の落葉高木チャンチンは中国名を「香椿」といい、地元の人たちは春先に出る新芽を食べる。今回の祭りは同区の第23回桃花祭りの関連イベントとして行われ、オフラインの催しやライブ配信などを通じて、市民がチャンチン文化を理解し、チャンチン料理のおいしさに触れる機会を提供する。会期は5月5日まで。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)北京市で「香椿」にちなんだイベントが開幕

    19日、第7回チャンチン文化祭りの会場で、ライブ配信でチャンチンを販売するスタッフ。中国北京市平谷区峪口鎮の峪口広場で19日、第7回チャンチン(香椿)文化祭りが開幕した。中国原産の落葉高木チャンチンは中国名を「香椿」といい、地元の人たちは春先に出る新芽を食べる。今回の祭りは同区の第23回桃花祭りの関連イベントとして行われ、オフラインの催しやライブ配信などを通じて、市民がチャンチン文化を理解し、チャンチン料理のおいしさに触れる機会を提供する。会期は5月5日まで。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)北京市で「香椿」にちなんだイベントが開幕

    19日、第7回チャンチン文化祭りの会場で、チャンチンの天ぷらを揚げるスタッフ。中国北京市平谷区峪口鎮の峪口広場で19日、第7回チャンチン(香椿)文化祭りが開幕した。中国原産の落葉高木チャンチンは中国名を「香椿」といい、地元の人たちは春先に出る新芽を食べる。今回の祭りは同区の第23回桃花祭りの関連イベントとして行われ、オフラインの催しやライブ配信などを通じて、市民がチャンチン文化を理解し、チャンチン料理のおいしさに触れる機会を提供する。会期は5月5日まで。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月21日
    コミュニティーに根付く、ボランティアによる住民サービス湖南省長沙市

    21日、名都社区で、住民の家を訪問し無料で台所の排水管を修理するボランティア。中国湖南省長沙市望城区月亮街道名都社区(コミュニティー)で21日、ボランティアによる住民へのサービスがいつも通り行われた。ボランティアスタッフは、コミュニティーに暮らす定年退職党員を中心に現在62人。毎週水曜日に周辺住民に対し、包丁の研ぎ直し、散髪、家電修理、下水つまりの修理などのサービスを無料で提供している。(長沙=新華社記者/陳思汗)=配信日:2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (7)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウ作りに必要な生地の量について生徒に説明する欧陽さん。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (5)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、マントウ生地のこね方を生徒に教える欧陽さん(右)。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (11)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を指導する欧陽さん。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (8)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を学ぶ生徒ら。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (9)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を教える欧陽さん(奥中央)。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    15日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウを見せる欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (12)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    13日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウのデザインスケッチを描く欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    15日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、自身が作った飾りマントウを生徒に見せる欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    北京市で「香椿」にちなんだイベントが開幕

    19日、第7回チャンチン文化祭りの会場で、チャンチン料理を楽しむ人たち。中国北京市平谷区峪口鎮の峪口広場で19日、第7回チャンチン(香椿)文化祭りが開幕した。中国原産の落葉高木チャンチンは中国名を「香椿」といい、地元の人たちは春先に出る新芽を食べる。今回の祭りは同区の第23回桃花祭りの関連イベントとして行われ、オフラインの催しやライブ配信などを通じて、市民がチャンチン文化を理解し、チャンチン料理のおいしさに触れる機会を提供する。会期は5月5日まで。(北京=新華社記者/任超)=配信日:2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月18日
    オブジェと警察官 カニオブジェ破損認める

    壊されたカニ料理店前のオブジェ=5日、大阪・ミナミ

    撮影: 5日、大阪・ミナミ

  • 2021年04月18日
    (5)一蘭ラーメン、中国大陸で初のイベント出店江蘇省南京市

    17日、南京市にオープンした「一蘭」で、注文番号を確認する店員。中国江蘇省南京市で16日、第11回江蘇省園芸博覧会が開幕し、会場に日本のラーメンチェーン「一蘭」の店舗がオープンした。中国大陸初出店だが、博覧会期間中のみのイベント出店で、同店スタッフによると、5月16日に日本へ戻るという。(南京=新華社記者/蒋芳)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)一蘭ラーメン、中国大陸で初のイベント出店江蘇省南京市

    17日、南京市にオープンした「一蘭」でラーメンを受け取る客。中国江蘇省南京市で16日、第11回江蘇省園芸博覧会が開幕し、会場に日本のラーメンチェーン「一蘭」の店舗がオープンした。中国大陸初出店だが、博覧会期間中のみのイベント出店で、同店スタッフによると、5月16日に日本へ戻るという。(南京=新華社記者/蒋芳)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)一蘭ラーメン、中国大陸で初のイベント出店江蘇省南京市

    17日、南京市にオープンした「一蘭」のラーメン。中国江蘇省南京市で16日、第11回江蘇省園芸博覧会が開幕し、会場に日本のラーメンチェーン「一蘭」の店舗がオープンした。中国大陸初出店だが、博覧会期間中のみのイベント出店で、同店スタッフによると、5月16日に日本へ戻るという。(南京=新華社記者/邱氷清)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    一蘭ラーメン、中国大陸で初のイベント出店江蘇省南京市

    17日、南京市にオープンした「一蘭」の注文カウンターに並ぶ客。中国江蘇省南京市で16日、第11回江蘇省園芸博覧会が開幕し、会場に日本のラーメンチェーン「一蘭」の店舗がオープンした。中国大陸初出店だが、博覧会期間中のみのイベント出店で、同店スタッフによると、5月16日に日本へ戻るという。(南京=新華社記者/邱氷清)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    一蘭ラーメン、中国大陸で初のイベント出店江蘇省南京市

    17日、南京市にオープンした「一蘭」の受け取りカウンターに並ぶ客。中国江蘇省南京市で16日、第11回江蘇省園芸博覧会が開幕し、会場に日本のラーメンチェーン「一蘭」の店舗がオープンした。中国大陸初出店だが、博覧会期間中のみのイベント出店で、同店スタッフによると、5月16日に日本へ戻るという。(南京=新華社記者/邱氷清)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (3)「三月三」祝うフェスティバル開幕広西チワン族自治区

    14日、「チワン族三月三・八桂フェスティバル」の主会場で観光客に提供する広西チワン族自治区の地元料理を作るスタッフ。旧暦の3月3日に当たる14日、中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区で「チワン族三月三・八桂フェスティバル」が開幕し、少数民族の人々が歌や踊りで伝統的祝日を盛り上げた。1カ月の期間中、スポーツ大会や特産品のライブ販売などが行われる。「三月三」は2014年から同自治区の法定休日となっている。フェスティバルは2016年に始まり、今年は自治区全体で千件以上のイベントを予定している。(南寧=新華社記者/楊馳)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    「三月三」祝うフェスティバル開幕広西チワン族自治区

    14日、「チワン族三月三・八桂フェスティバル」の主会場で広西チワン族自治区の地元料理「五色もち米ご飯」を見る観光客。旧暦の3月3日に当たる14日、中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区で「チワン族三月三・八桂フェスティバル」が開幕し、少数民族の人々が歌や踊りで伝統的祝日を盛り上げた。1カ月の期間中、スポーツ大会や特産品のライブ販売などが行われる。「三月三」は2014年から同自治区の法定休日となっている。フェスティバルは2016年に始まり、今年は自治区全体で千件以上のイベントを予定している。(南寧=新華社記者/楊馳)=配信日:2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    「三月三」祝うフェスティバル開幕広西チワン族自治区

    14日、「チワン族三月三・八桂フェスティバル」の主会場で観光客に広西チワン族自治区の地元料理を手渡すスタッフ。旧暦の3月3日に当たる14日、中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区で「チワン族三月三・八桂フェスティバル」が開幕し、少数民族の人々が歌や踊りで伝統的祝日を盛り上げた。1カ月の期間中、スポーツ大会や特産品のライブ販売などが行われる。「三月三」は2014年から同自治区の法定休日となっている。フェスティバルは2016年に始まり、今年は自治区全体で千件以上のイベントを予定している。(南寧=新華社記者/楊馳)=配信日:2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    アピール

    モスクワの食品博覧会会場で、キノコのコスチュームを身に着けた女性。アピールに力を入れていますね。(タス=共同)

  • 2021年04月12日
    小袋入りのケチャップ 米で小袋ケチャップ品薄

    持ち帰り用のハンバーガーとフライドポテトに添えられた米クラフト・ハインツの小袋入りケチャップ=11日、ニューヨーク(共同)

    撮影: 11日、ニューヨーク

  • 2021年04月12日
    小袋入りケチャップ 米で小袋ケチャップ品薄

    持ち帰り用のハンバーガーとフライドポテトに添えられた米クラフト・ハインツの小袋入りケチャップ=11日、ニューヨーク(共同)

    撮影: 11日、ニューヨーク

  • 2021年04月12日
    (1)中国とタイの交流促進願い、タイ料理レストランを経営する元留学生

    タイの伝統的なドレスを着た陳美妮さんと陳さんのタイ料理レストラン。(2020年10月28日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市でタイ料理レストランを経営している陳美妮(ちん・びじ)さん(30)は2015年に広西大学大学院を卒業後、ある時、偶然のきっかけから友人とタイ料理レストランを始めることになった。陳さんは「今では南寧市には多くのタイ料理レストランがある。これはタイ料理とタイが好きな中国人が増え、両国の人々の交流がより活発になったことの証しだ」と語った。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (2)中国とタイの交流促進願い、タイ料理レストランを経営する元留学生

    来店した客にタイの代表的なスープ、トムヤムクンの作り方を教える陳美妮さん(左)。(2月10日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市でタイ料理レストランを経営している陳美妮(ちん・びじ)さん(30)は2015年に広西大学大学院を卒業後、ある時、偶然のきっかけから友人とタイ料理レストランを始めることになった。陳さんは「今では南寧市には多くのタイ料理レストランがある。これはタイ料理とタイが好きな中国人が増え、両国の人々の交流がより活発になったことの証しだ」と語った。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    食材ハンドブック

    食材や加工品を紹介するハンドブック「南北海道食彩王国」

  • 2021年04月10日
    リンさんの両親 リンさんの思い継ぐ料理店

    千葉県松戸市にベトナム料理店をオープンした、レェ・ティ・ニャット・リンさんの母親グエン・ティ・グエンさん(左)と父親レェ・アイン・ハオさん=10日午前

  • 2021年04月10日
    料理店と母親グエンさん リンさんの思い継ぐ料理店

    千葉県松戸市にベトナム料理店をオープンしたレェ・ティ・ニャット・リンさんの母親グエン・ティ・グエンさん(左)と父親レェ・アイン・ハオさん=10日午前

  • 2021年04月10日
    コンプリートカード 「お殿様料理」楽しんで

    「壬生お殿様料理」のコンプリートカード

  • 2021年04月10日
    壬生お殿様料理 「お殿様料理」楽しんで

    壬生藩主に提供した食事を現代風にアレンジした「壬生お殿様料理」

  • 2021年04月10日
    料理と篠原さん 「お殿様料理」楽しんで

    「壬生お殿様料理」と篠原和彦さん=栃木県壬生町

    撮影: 栃木県壬生町

  • 2021年04月10日
    (2)上海市長寧区で「コーヒー文化フェス」開幕

    9日、コーヒーを売る屋台の前で足を止める来場者。中国上海市長寧区で9日、コーヒー文化を楽しむイベント「長寧珈琲文化節」が始まった。カフェや喫茶店の位置が記された地図を片手に区内を散策してもらう「ショートトリップ」のほか、コーヒーを飲みながら本を楽しむ読書会やコーヒーにちなんだ屋台などが区内各所で体験できる。カフェを舞台にした演劇作品を上演する「オペラフェスティバル」も開催。来場者はコーヒーと共に長寧区の文化的雰囲気も味わうことができるとしている。会期は5月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (3)上海市長寧区で「コーヒー文化フェス」開幕

    9日、コーヒーロボットが入れるコーヒーを購入する市民。中国上海市長寧区で9日、コーヒー文化を楽しむイベント「長寧珈琲文化節」が始まった。カフェや喫茶店の位置が記された地図を片手に区内を散策してもらう「ショートトリップ」のほか、コーヒーを飲みながら本を楽しむ読書会やコーヒーにちなんだ屋台などが区内各所で体験できる。カフェを舞台にした演劇作品を上演する「オペラフェスティバル」も開催。来場者はコーヒーと共に長寧区の文化的雰囲気も味わうことができるとしている。会期は5月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (1)上海市長寧区で「コーヒー文化フェス」開幕

    長寧区内のカフェや喫茶店の位置を記したコーヒーマップ。(資料写真)中国上海市長寧区で9日、コーヒー文化を楽しむイベント「長寧珈琲文化節」が始まった。カフェや喫茶店の位置が記された地図を片手に区内を散策してもらう「ショートトリップ」のほか、コーヒーを飲みながら本を楽しむ読書会やコーヒーにちなんだ屋台などが区内各所で体験できる。カフェを舞台にした演劇作品を上演する「オペラフェスティバル」も開催。来場者はコーヒーと共に長寧区の文化的雰囲気も味わうことができるとしている。会期は5月30日まで。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月08日
    市場が入る建物 武漢海鮮市場、取り壊しか

    「華南海鮮卸売市場」が入る建物=1月、中国・武漢(共同)

    撮影: 1月、中国・武漢

  • 2021年04月08日
    「神農生活」の売り場 近鉄百本店に台湾エリア

    近鉄百貨店本店にオープンする台湾の食材や雑貨を扱う「神農生活」の売り場=8日、大阪市

    撮影: 8日、大阪市

  • 2021年04月07日
    アサヒの専用サーバー 生ビールサービス5月開始

    家庭用専用サーバーの使い方を実演するアサヒビール社員=7日午後、東京都内

    撮影: 7日午後、東京都内

  • 2021年04月07日
    ロボットによる配膳の自動化を活用しているワタミ

    ワタミは運営する焼肉店で配膳ロボットを活用している。特徴は料理を運ぶ専用の搬送レーンと、ロボを組み合わせて配膳を自動化している点だ。料理を運ぶ速度は搬送レーンの方が速い。レーンの届かない個室などにロボで料理を届ける。ルートは固定だが高速な専用レーンと、自動走行で柔軟に届けられる配膳ロボを店舗の形に合わせて組み合わせた。ロボットを使いこなしコロナ禍を乗り越える。写真は焼肉食べ放題の「かみむら牧場」で下膳するサービィ。=2021(令和3)年4月7日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月07日
    ロボットによる配膳の自動化を活用しているワタミ

    ワタミは運営する焼肉店で配膳ロボットを活用している。特徴は料理を運ぶ専用の搬送レーンと、ロボを組み合わせて配膳を自動化している点だ。料理を運ぶ速度は搬送レーンの方が速い。レーンの届かない個室などにロボで料理を届ける。ルートは固定だが高速な専用レーンと、自動走行で柔軟に届けられる配膳ロボを店舗の形に合わせて組み合わせた。ロボットを使いこなしコロナ禍を乗り越える。写真は焼肉食べ放題の「かみむら牧場」で下膳するサービィ。=2021(令和3)年4月7日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月07日
    ロボットによる配膳の自動化を活用しているワタミ

    ワタミは運営する焼肉店で配膳ロボットを活用している。特徴は料理を運ぶ専用の搬送レーンと、ロボを組み合わせて配膳を自動化している点だ。料理を運ぶ速度は搬送レーンの方が速い。レーンの届かない個室などにロボで料理を届ける。ルートは固定だが高速な専用レーンと、自動走行で柔軟に届けられる配膳ロボを店舗の形に合わせて組み合わせた。ロボットを使いこなしコロナ禍を乗り越える。写真は焼肉食べ放題の「かみむら牧場」で下膳するサービィ。=2021(令和3)年4月7日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月07日
    ロボットによる配膳の自動化を活用しているワタミ

    ワタミは運営する焼肉店で配膳ロボットを活用している。特徴は料理を運ぶ専用の搬送レーンと、ロボを組み合わせて配膳を自動化している点だ。料理を運ぶ速度は搬送レーンの方が速い。レーンの届かない個室などにロボで料理を届ける。ルートは固定だが高速な専用レーンと、自動走行で柔軟に届けられる配膳ロボを店舗の形に合わせて組み合わせた。ロボットを使いこなしコロナ禍を乗り越える。写真は焼肉食べ放題の「かみむら牧場」で下膳するサービィ。=2021(令和3)年4月7日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月07日
    蒸留酒「桜子」 宮崎焼酎、海外販路拡大も

    柳田酒造がイタリアに輸出している蒸留酒「桜子」

  • 2021年04月06日
    オブジェと武田店長 カニオブジェ壊し2人逃走

    壊されたカニ料理店前のオブジェと武田源社長=6日午後、大阪・ミナミ

    撮影: 6日午後、大阪・ミナミ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月06日
    オブジェと警察官 カニオブジェ壊し2人逃走

    壊されたカニ料理店前のオブジェを調べる警察官=5日、大阪・ミナミ

    撮影: 5日、大阪・ミナミ

  • 2021年04月06日
    壊されたオブジェ カニオブジェ壊し2人逃走

    壊されたカニ料理店前のオブジェ=6日午後、大阪・ミナミ

    撮影: 6日午後、大阪・ミナミ

  • 2021年04月06日
    大阪・新世界 緊急事態きょう1年

    昨年4月7日(上)と今月6日の大阪・新世界。昨年9月には老舗料理店「づぼらや」が新型コロナの影響などで閉店し、名物の巨大なふぐのちょうちんも撤去された。近くの串カツ店のスタッフは「人出は依然として少ない。3月中ごろから週末は人が増えてきたが、まん延防止措置でまた減るのでは」と心配していた

  • 2021年04月06日
    満席の米レストラン V字回復、忍び寄る第4波

    屋外席が満席でにぎわう米首都ワシントンのレストラン=5日(共同)

    撮影: 5日

  • 2021年04月04日
    (2)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (3)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    (1)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...