KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山ノ内大勝軒
  • 田内川真介
  • 看板メニュー
  • 長野県山ノ内町

写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
16,343
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
16,343
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月26日
    田内川さんと特製もりそば 元祖「つけ麺」ふるさとに

    田内川真介さんが開いた「山ノ内大勝軒」の看板メニュー「特製もりそば」=16日、長野県山ノ内町

    撮影: 16日、長野県山ノ内町

  • 2021年02月26日
    (9)ウクライナの華僑ら、現地の孤児や障害者に春節の贈り物

    23日、キエフ州心理リハビリテーションセンターで、ウクライナ華僑華人協会の職員に抱きつき、華僑華人からの春節のプレゼントを喜ぶ児童。ウクライナの首都キエフで23日、現地の華僑華人が市内のスビアトシンスキー孤児寄宿学校とキエフ州心理リハビリテーションセンターを慰問し、児童と知的障害者230人以上に春節(旧正月)のプレゼントとして、チョコレート100箱とソーセージ100箱を寄贈した。キエフ在住の華僑華人らは毎年春節の時期に同様の活動を実施している。(キエフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)ウクライナの華僑ら、現地の孤児や障害者に春節の贈り物

    23日、春節のプレゼントを運ぶキエフ州心理リハビリテーションセンターの児童。ウクライナの首都キエフで23日、現地の華僑華人が市内のスビアトシンスキー孤児寄宿学校とキエフ州心理リハビリテーションセンターを慰問し、児童と知的障害者230人以上に春節(旧正月)のプレゼントとして、チョコレート100箱とソーセージ100箱を寄贈した。キエフ在住の華僑華人らは毎年春節の時期に同様の活動を実施している。(キエフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)ウクライナの華僑ら、現地の孤児や障害者に春節の贈り物

    23日、春節のプレゼントを開くキエフ市スビアトシンスキー孤児寄宿学校の生徒。ウクライナの首都キエフで23日、現地の華僑華人が市内のスビアトシンスキー孤児寄宿学校とキエフ州心理リハビリテーションセンターを慰問し、児童と知的障害者230人以上に春節(旧正月)のプレゼントとして、チョコレート100箱とソーセージ100箱を寄贈した。キエフ在住の華僑華人らは毎年春節の時期に同様の活動を実施している。(キエフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)ウクライナの華僑ら、現地の孤児や障害者に春節の贈り物

    23日、春節のプレゼントと一緒に記念撮影するキエフ市スビアトシンスキー孤児寄宿学校の生徒。ウクライナの首都キエフで23日、現地の華僑華人が市内のスビアトシンスキー孤児寄宿学校とキエフ州心理リハビリテーションセンターを慰問し、児童と知的障害者230人以上に春節(旧正月)のプレゼントとして、チョコレート100箱とソーセージ100箱を寄贈した。キエフ在住の華僑華人らは毎年春節の時期に同様の活動を実施している。(キエフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)ウクライナの華僑ら、現地の孤児や障害者に春節の贈り物

    23日、キエフ州心理リハビリテーションセンターで、春節のプレゼントを運ぶキエフ在住の華僑。ウクライナの首都キエフで23日、現地の華僑華人が市内のスビアトシンスキー孤児寄宿学校とキエフ州心理リハビリテーションセンターを慰問し、児童と知的障害者230人以上に春節(旧正月)のプレゼントとして、チョコレート100箱とソーセージ100箱を寄贈した。キエフ在住の華僑華人らは毎年春節の時期に同様の活動を実施している。(キエフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    1日、西安市曲江新区にあるコーヒー店の屋外テラスでくつろぐ来店客。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    西安市曲江新区のコーヒー店でおしゃべりをする来店客。(1月28日撮影)中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    19日、西安市雁塔区のコーヒー店で豆を焙煎する店主。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    西安市曲江新区のコーヒー店でくつろぐ来店客。(1月28日撮影)中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    19日、西安市雁塔区のコーヒー店で豆を焙煎する店主。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (9)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    19日、西安市雁塔区のコーヒー店で注文する客。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)こだわりのコーヒー専門店が増加中陝西省西安市

    17日、西安市長安区のコーヒー店で読書をする来店客。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    冷凍駅弁 コロナ長期化で駅弁大打撃

    まねき食品の冷凍駅弁

  • 2021年02月23日
    個別の器に盛られた料理 立食パーティーどうすれば

    立食の模擬パーティーで提供された、個別の器に盛られた料理=22日、奈良市の奈良ホテル

    撮影: 22日、奈良市の奈良ホテル

  • 2021年02月19日
    (1)こだわりのコーヒー専門店が増加中 陝西省西安市

    19日、西安市雁塔区のコーヒー店でバリスタとおしゃべりをする客。中国陝西省西安市ではここ数年、品質と雰囲気にこだわったコーヒー専門店が増えている。それぞれ異なる好みや要求を持つ消費者に対し、幅広い選択肢を提供するとともに、古都西安に洗練された優美さを添えている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    調理するアフマドさん 官製屋台村が文化遺産に

    ラーメンを調理するカマル・アフマドさん=2020年12月、シンガポール(共同)

    撮影: 2020年12月、シンガポール

  • 2021年02月18日
    カマル・アフマドさん 官製屋台村が文化遺産に

    自慢のラーメンを手にするカマル・アフマドさん=2020年12月、シンガポール(共同)

    撮影: 2020年12月、シンガポール

  • 2021年02月18日
    ハンバーガー店に並ぶ車 米寒波で30人超死亡

    17日、寒波により多くのレストランが閉店する米テキサス州で、食事のためハンバーガー店に並ぶ車(ゲッティ=共同)

  • 00:57.99
    2021年02月18日
    「新華社」サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    10日、江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店で、春節期間中も通常営業を続けることを知らせる張り紙を掲示する店主の韓海明さん。中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    10日、江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店で、困っている人への無料提供を知らせる張り紙を掲示する店主の韓海明さん。中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    10日、江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店で、ラーメンを作る店主の韓海明さん。中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    10日、江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店で、ラーメンを運ぶ店主の韓海明さん。中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市

    11日、そろって食事をする石仲芳さん一家。中国湖南省沅江(げんこう)市蓮花島村の石仲芳(せき・ちゅうほう)さん一家は今年、漁業廃業後初めてとなる春節(旧正月)を迎えた。石さんは以前、洞庭湖に浮かぶ蓮花坳島に住んでいた。漁民の7代目で、14歳から漁を始め、息子と孫も島で生まれた。洞庭湖など長江流域では2020年から環境保護のため全面的禁漁措置が実施された。石さんは別の仕事について家族と相談し、一家は同年5月、沅江市の市街地で1軒の店舗を譲り受け魚料理の店をオープンさせた。同市の統一的配置により同年12月31日、洞庭湖内の島の最後となる三つの村、管竹山村、澎湖村、蓮花島村の全ての住民が島を離れた。石さんは11月30日、蓮花坳島で最初に村を離れていた。今年の春節、石さん一家は同様に島を離れた親戚2家族と相談し、共同で開いた魚料理の店で新年を過ごした。石さんは「島を離れて初めて迎える春節をにぎやかに過ごしたい」と話した。(益陽=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街で記念撮影をする人。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (11)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、料理を作る芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街で地元の小吃を味わう人たち。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街を散策する人々。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (8)歌と踊りで春節を祝う「おばあちゃん芸術団」新疆ウイグル自治区

    14日、カザフ族のゲルの中で、お祝いの日の料理を作る芸術団のメンバー。中国新疆ウイグル自治区タルバガタイ(塔城)地区トリ(托里)県にあるカザフ民宿の趣を持つドライブ旅行の拠点に14日、民間団体の「小天鵝(コハクチョウ)芸術団」が訪れた。団員の平均年齢は約70歳、さまざまな民族から成る。歌と踊りに長け公益活動を愛することから、地元の人々から「愛心奶奶(思いやりおばあちゃん)芸術団」と呼ばれている。おばあちゃんたちはカザフ族の移動式住居「ゲル」に集まり、歌と踊りで新しい年に対する祝福と期待を表した。(托里=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市

    10日、息子の妻や孫と連れ立って、スーパーマーケットで年越し用品を買う石仲芳さんの妻の李莉華(り・りか)さん(左端)。中国湖南省沅江(げんこう)市蓮花島村の石仲芳(せき・ちゅうほう)さん一家は今年、漁業廃業後初めてとなる春節(旧正月)を迎えた。石さんは以前、洞庭湖に浮かぶ蓮花坳島に住んでいた。漁民の7代目で、14歳から漁を始め、息子と孫も島で生まれた。洞庭湖など長江流域では2020年から環境保護のため全面的禁漁措置が実施された。石さんは別の仕事について家族と相談し、一家は同年5月、沅江市の市街地で1軒の店舗を譲り受け魚料理の店をオープンさせた。同市の統一的配置により同年12月31日、洞庭湖内の島の最後となる三つの村、管竹山村、澎湖村、蓮花島村の全ての住民が島を離れた。石さんは11月30日、蓮花坳島で最初に村を離れていた。今年の春節、石さん一家は同様に島を離れた親戚2家族と相談し、共同で開いた魚料理の店で新年を過ごした。石さんは「島を離れて初めて迎える春節をにぎやかに過ごしたい」と話した。(益陽=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市

    11日、沅江市に開いた魚料理の店で、一家だんらんの食事を準備する石仲芳さんと妻の李莉華(り・りか)さん。中国湖南省沅江(げんこう)市蓮花島村の石仲芳(せき・ちゅうほう)さん一家は今年、漁業廃業後初めてとなる春節(旧正月)を迎えた。石さんは以前、洞庭湖に浮かぶ蓮花坳島に住んでいた。漁民の7代目で、14歳から漁を始め、息子と孫も島で生まれた。洞庭湖など長江流域では2020年から環境保護のため全面的禁漁措置が実施された。石さんは別の仕事について家族と相談し、一家は同年5月、沅江市の市街地で1軒の店舗を譲り受け魚料理の店をオープンさせた。同市の統一的配置により同年12月31日、洞庭湖内の島の最後となる三つの村、管竹山村、澎湖村、蓮花島村の全ての住民が島を離れた。石さんは11月30日、蓮花坳島で最初に村を離れていた。今年の春節、石さん一家は同様に島を離れた親戚2家族と相談し、共同で開いた魚料理の店で新年を過ごした。石さんは「島を離れて初めて迎える春節をにぎやかに過ごしたい」と話した。(益陽=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街で地元の小吃を味わう人たち。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市

    11日、沅江市に開いた魚料理の店内で、孫にお年玉を渡す石仲芳さん(左端)。中国湖南省沅江(げんこう)市蓮花島村の石仲芳(せき・ちゅうほう)さん一家は今年、漁業廃業後初めてとなる春節(旧正月)を迎えた。石さんは以前、洞庭湖に浮かぶ蓮花坳島に住んでいた。漁民の7代目で、14歳から漁を始め、息子と孫も島で生まれた。洞庭湖など長江流域では2020年から環境保護のため全面的禁漁措置が実施された。石さんは別の仕事について家族と相談し、一家は同年5月、沅江市の市街地で1軒の店舗を譲り受け魚料理の店をオープンさせた。同市の統一的配置により同年12月31日、洞庭湖内の島の最後となる三つの村、管竹山村、澎湖村、蓮花島村の全ての住民が島を離れた。石さんは11月30日、蓮花坳島で最初に村を離れていた。今年の春節、石さん一家は同様に島を離れた親戚2家族と相談し、共同で開いた魚料理の店で新年を過ごした。石さんは「島を離れて初めて迎える春節をにぎやかに過ごしたい」と話した。(益陽=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    上原淳子さん そば打ち女子部誕生

    そばを打つ上原淳子さん(手前)ら「そば専科植田塾」の女子部=1月、大阪市

  • 2021年02月16日
    女子部 そば打ち女子部誕生

    出来上がったそばを手にする「そば専科植田塾」の女子部=1月、大阪市

    撮影: 1月、大阪市

  • 2021年02月16日
    (3)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農副産物卸売市場で、友人と魚介類を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(中央)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (4)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、ギターを演奏する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (8)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、大学が実施した新年文化イベントで切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (5)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農業副産物卸売市場で果物を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (6)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、近隣の中国人家庭で、「紅灯籠」(赤いちょうちん)をつるすのを手伝う英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (2)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、友人とギョーザ作りを体験する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(左端)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (9)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (7)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で春巻揚げ体験をする英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.83
    2021年02月14日
    一手間で魚の鮮度維持 北海道、資源保護に期待

    取れたての魚に新たな手法で一手間加えることで鮮度を維持させる取り組みが北海道東部で始まっている。購入する店側も「味が違う」と太鼓判。日本の漁獲量が減少する中、一匹の価値が向上すれば現在主流の大量水揚げのスタイルが変わる可能性もあり、資源保護にも期待が高まる。 2020年9月、北海道白糠町の沖合。定置網漁船「第31宝永丸」の木村太朗船長は取れたての約40センチのギスカジカの口に金属製の器具を入れて水を送り込んで胃袋を丹念に洗っていた。 小魚の残骸や胃液を洗い流すことで鮮度を保てるほか、これまでは捨てるしかなかった内臓も飲食店が調理できるようになるという。 木村さんから魚を購入している料理店にも「調理時のうま味が全然違う」と好評。 木村さんの使う器具は「リバーサー」(釧路市)の松田英照代表が開発。最近では道内の漁協組合で導入を検討する動きがあるほか、熊本県の鮮魚店などからも問い合わせが相次いでいるという。 <映像内容>ギスカジカの口に器具を入れ、水を送り込んで胃袋を洗う「第31宝永丸」の木村太朗船長、洗浄中のギスカジカの様子、洗浄したギスカジカと洗浄していないギスカジカをさばいてそれぞれの胃袋の中を広げて見せる様子など、撮影日:2021(令和3)年2月14日、撮影場所:北海道白糠町

    撮影: 2021(令和3)年2月14日

  • 2021年02月14日
    「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街で民間芸能「拉洋片」(のぞきからくり)を楽しむ子どもたち。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (19)「牛年」にウシについて語る

    5日、ウシをかたどった蒸しパン「金牛花饃」を見せる山東省臨沂市郯城(たんじょう)県の「面食」(小麦粉で作った食品の総称)店の店員。中国の旧暦の辛丑(かのとうし)年は「牛年」とも呼ばれる。中国人の伝統的な概念では、ウシは苦労をいとわずに懸命に努力する精神の象徴であり、人々がより良い生活を送るためのよりどころの一つでもあった。(済南=新華社配信/張春雷)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街を散策する人々。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    昼飲みできる飲食店 飲食店「悪者にしないで」

    東京・有楽町で昼からお酒を飲めるとうたう飲食店=13日午後

    撮影: 13日午後

  • 2021年02月13日
    キッチン付き2階建てバス ジビエのレストランバス

    ジビエ料理を味わえるツアーで利用されるキッチン付きの2階建てバス=13日午後、和歌山県古座川町

    撮影: 13日午後、和歌山県古座川町

  • 2021年02月13日
    埼玉ずくめの弁当

    スーパー「ベルク」が発売した埼玉県産の食材をふんだんに使った弁当

  • 2021年02月13日
    地頭鶏焼きビーフン

    ケンミン食品が発売した「宮崎ケンミン焼ビーフン」

  • 2021年02月13日
    完全防備

    ベトナム・ハナム省で、ガスマスクをかぶりながら旧正月用のコイ料理を作る男性。ちょっと不気味です。(ロイター=共同)

  • 2021年02月13日
    いつも一緒

    トルコ西部で生まれた子羊たち。母親のそばを離れません。(ゲッティ=共同)

  • 2021年02月13日
    (8)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフードを披露する秦諾さん。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(右端)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.75
    2021年02月13日
    「新華社」無形文化遺産の地元の味が春節料理に湖北省嘉魚県

    中国湖北省咸寧市嘉魚県では地元の味「簰洲円子(はいしゅうえんし)」の春節(旧正月)向けの生産が本格化している。魚のすり身を小さく丸めて蒸した団子で、千年余りの歴史があり、その製造技術は同省の無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。県内の工場では地元の電力供給サービスチームが生産ラインの電力設備を点検し、生産用電力に問題がないことを確認するなど、準備が進められた。(記者/梁建強) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.93
    2021年02月13日
    「新華社」衛生院のスタッフが手料理で年越し浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県強蛟鎮衛生院の廖福生(りょう・ふくせい)院長は9日早朝、病院で働くスタッフを伴い、丑(うし)年の年越し料理のための食材を買いに出かけた。同衛生院は東中国海西海岸の象山港近くにある。毎年春節になると、病院内の食堂は休みとなり、同鎮内のレストランも全て休みとなるが、病院で働く医療スタッフには当直があり、医師は忙しくて食事を取る時間すらない。廖氏は2015年に同衛生院の院長に着任した。医師が忙しすぎて温かいご飯を食べることができない状況を見て、第一線で奮闘する医療スタッフのために年越し料理を作るようになり、今年が6年目になる。病院を守る医療スタッフが年々増加するのに伴い、院長の年越し料理も年々増えている。(記者/顧小立) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(右端)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (9)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.16
    2021年02月13日
    「新華社」広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やした。より本物に近づけるため、専用の道具を購入しただけでなく、各所から集めた使い古しの歯ブラシやパウダーブラシ、メーク用スポンジなども活用した。作品はどれも本物そっくり。10倍に拡大すると料理の質感や色つやまで精巧に再現されていることが分かる。(記者/毛一竹) =配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(中央上)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (8)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    11日、甘粛省定西市渭源県元古堆村ので、餃子を作り「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)広東省の女子高生、年越し料理をミニチュアフードで再現

    8日、広東省の女子高校生、秦諾さんが「年越しディナー」をテーマに樹脂粘土で作ったミニチュアフード。中国広東省の中山市実験中学(日本の中学と高校に相当)に通う女子高校生、秦諾(しん・だく)さんが春節(旧正月)に合わせ、樹脂粘土を使ったミニチュアフードを披露した。「年越しディナー」をテーマに作った豪華料理は全部で9品。準備、構想、制作に半月を費やしたという。(中山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    オーストラリアのワイン 豪アルコール小売過去最高

    オーストラリア・シドニーの店で売られるワイン=2014年4月(ロイター=共同)

    撮影: 2014年4月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月12日
    (5)高速鉄道の建設現場で迎える新年湖南省

    11日、中鉄上海工程局常益長高速鉄道プロジェクトの建設現場で、年越し用の豚肉を切り分け、料理を準備する作業員。中国鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄上海工程局が建設を請け負う常益長(湖南省常徳市-益陽市-長沙市)高速鉄道プロジェクトで働く出稼ぎ労働者400人以上が、「勤務地で年越しを」という呼び掛けに積極的に応え、帰省せずに勤務地にとどまった。作業員らは皆で餃子を作り、年越しの食事を共にし、レクリエーションを楽しみながら、にぎやかな新年を迎えた。(益陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(平成33)年02月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.72
    2021年02月12日
    「新華社」いにしえの宮廷料理が庶民の食卓に遼寧省

    中国の宮廷で供された料理「御膳」は伝承者らの改良や創意工夫が加えられ、現在では庶民の食卓でも親しまれるようになっている。遼寧省の無形文化財、伝統的宮廷料理を受け継ぐ李洪志(り・こうし)さん(76)は、多くの人に宮廷料理を知ってもらい、自らの技を伝えるため、息子と共同で同省瀋陽市に「御膳文化伝承工作室」を設立。料理の研究や改良を重ねながら、調理技術を教えている。(記者/姜兆臣)=配信日:2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    料理を提供する竹田さん 被災地への思い残り、移住

    開業した道の駅の飲食店で、料理を提供する竹田耕大さん(左)=2020年12月、岩手県陸前高田市

  • 2021年02月11日
    (2)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、キッチンで、蒸し上がった花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を見せる辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    石巻市の遠藤仁雄さん 宮城とともに

    宮城県石巻市が復興の象徴として特産化を目指す「北限のオリーブ」。畑を見守るのはこの地で生まれ育った遠藤仁雄さん(66)だ。津波で妻と両親を失い、市外で避難生活を送った。しかし地元に家族らの慰霊碑を建てると、古里への思いが募っていく。石巻に戻り、地域の人たちが気軽に寄り集まれる雰囲気の飲食店を開いた。自慢の一皿には自ら収穫したこだわりの食材を使う。「いつかこのオリーブもメニューに加えたい」。青空へ向かって伸びる新芽を見つけ、笑顔を見せた。

  • 2021年02月10日
    小谷穀粉(高知市) 国内2例目 桑茶 機能性表示食品に

    茶の製造・販売を手掛ける小谷穀粉(高知市高須1丁目)の「OSK粉末桑茶」が、消費者庁の機能性表示食品に登録された。桑には糖の吸収を抑えるなど、医薬品成分が含まれており、今回、食品としての機能性表示も認められた。医薬品成分の機能性表示は国内2例目。機能性表示食品として登録された桑茶=2021(令和3)年2月10日、高知市の小谷穀粉、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.96
    2021年02月10日
    「新華社」年越し用品を買い求めるホータン市民新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区では春節(旧正月)を目前に控え、各民族の人々が卸売市場やスーパーマーケットで年越し用品を買い求めている。ホータン市にある北慕野菜卸売市場では、牛肉や羊肉の直売店の前に肉を買い求める市民が列を作っていた。市場では鶏肉や鴨肉、魚、豚肉の供給も十分で、価格も安定している。部屋や庭に飾る花を購入する市民も多い。同市の北慕花き市場では、どの露店も扱う花の種類と量を増やし、市民に十分な選択肢を提供している。(記者/張嘨誠) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    サラール族の若者、春節も休まず困窮者にラーメン無料提供

    10日、江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店で、撮影に応じる店主の韓海明さん。中国江西省南昌市紅谷灘区のラーメン店店主、韓海明(かん・かいめい)さんは春節(旧正月)期間も休まず営業を続けている。韓さんは青海省海東市循化サラール族自治県出身のサラール族の若者。店では春節期間中、生活に困窮する人たちに無料でラーメンを振る舞うサービスも行っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.63
    2021年02月10日
    「新華社」もうすぐ春節、なじみの菓子でおもてなし浙江省寧海県

    春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省寧波市寧海県梅林街道河洪村では、村民らが自家製のポン菓子「米胖糖」や蒸し菓子「長寿糕」など地元でなじみの深い菓子を屋台に並べ、訪れた人を楽しませている。(記者/顧小立)=配信日:2021(令和3)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.23
    2021年02月09日
    「新華社」内モンゴルのレストラン、清掃員を毎月食事に招待8年間で6千人

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市臨河(りんが)区のレストラン、魏記大碗羊肉飯館は5日、市内の清掃作業員40人余りを招待し、羊肉などの料理を無料で提供した。同店は2012年から、毎月5日を「公益デー」とし、毎回40~60人の清掃作業員に無料で食事を提供している。これまでに招待した作業員は6千人余りに上るという。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.03
    2021年02月09日
    「新華社」外国人教師、春節の伝統文化の魅力を堪能河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市では、新型コロナウイルスの影響により、多くの外国人教師が冬休みに入っても勤務地に留まっている。同市で学校経営に関わる石家荘外国語教育集団は、彼らに異国の地で温かく和やかな春節(旧正月)を過ごしてもらおうと、日本や米国、英国、カナダ、フランス、ウクライナ、コスタリカ、南アフリカなど8カ国11人の外国人教師のために、バラエティー豊かな年越しイベントを用意した。漢服体験や「福」の字を書く書道体験、餃子作りなど濃厚な年越しムードの中、外国人教師たちは中国の伝統文化の魅力を味わった。(記者/閆起磊) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    シタビラメ

    シタビラメ。平たい見た目から、「クツゾコ」「ソール」など履物にちなんださまざまな呼び名を持ち、岡山県内では「ゲタ」の名前で親しまれる。骨ごと細かく刻み、野菜と一緒に煮てご飯にのせた「ゲタ飯」は郷土料理の一つだ。=撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    松本楼とイチョウ 江戸や明治の遺構の数々

    老舗レストラン、松本楼の脇にある「首賭けイチョウ」=東京都千代田区

    撮影: 東京都千代田区

  • 2021年02月08日
    地上絵?

    中米ニカラグアでコーヒー豆を乾かす人たち。まるで巨大な絵を描いているみたいです。(ゲッティ=共同)

  • 2021年02月08日
    (4)ジャガイモ団子作りで新春を迎える甘粛省定西市

    6日、定西市渭源県元古堆村で、家族と「撹団」を食べる村民の曾玉成(そう・ぎょくせい)さん(左から3人目)。春節(旧正月)を間近に控え、中国甘粛省定西市渭源県元古堆村では村民が正月用の「撹団(ジャガイモ団子)」作りに追われている。「撹団」は定西市の特徴的な軽食で、洗って茹でたジャガイモを「漿窩」と呼ばれる伝統的な入れ物に入れ、こねたりついたりした後、トウガラシや漬物などを添えて食べる。今では地元の伝統的なグルメとなっている。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (6)ジャガイモ団子作りで新春を迎える甘粛省定西市

    6日、定西市渭源県元古堆村で撮影した、「撹団」作りに使用する伝統的な道具「漿窩」。春節(旧正月)を間近に控え、中国甘粛省定西市渭源県元古堆村では村民が正月用の「撹団(ジャガイモ団子)」作りに追われている。「撹団」は定西市の特徴的な軽食で、洗って茹でたジャガイモを「漿窩」と呼ばれる伝統的な入れ物に入れ、こねたりついたりした後、トウガラシや漬物などを添えて食べる。今では地元の伝統的なグルメとなっている。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (3)ジャガイモ団子作りで新春を迎える甘粛省定西市

    6日、定西市渭源県元古堆村で撮影した「撹団」。春節(旧正月)を間近に控え、中国甘粛省定西市渭源県元古堆村では村民が正月用の「撹団(ジャガイモ団子)」作りに追われている。「撹団」は定西市の特徴的な軽食で、洗って茹でたジャガイモを「漿窩」と呼ばれる伝統的な入れ物に入れ、こねたりついたりした後、トウガラシや漬物などを添えて食べる。今では地元の伝統的なグルメとなっている。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (7)ジャガイモ団子作りで新春を迎える甘粛省定西市

    6日、定西市渭源県元古堆村で、家族と一緒に「撹団」を器によそう村民の曾玉成(そう・ぎょくせい)さん(右)。春節(旧正月)を間近に控え、中国甘粛省定西市渭源県元古堆村では村民が正月用の「撹団(ジャガイモ団子)」作りに追われている。「撹団」は定西市の特徴的な軽食で、洗って茹でたジャガイモを「漿窩」と呼ばれる伝統的な入れ物に入れ、こねたりついたりした後、トウガラシや漬物などを添えて食べる。今では地元の伝統的なグルメとなっている。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月07日
    (2)出稼ぎ先で味わう古里の味「酥油果子」四川省

    2日、家族で酥油果子作りに励むバヨさん。中国四川省とチベット自治区の境に位置する四川省カンゼ・チベット族自治州白玉県のチベット族の家庭では、祝日やめでたい日に食べる伝統菓子「酥油果子」が欠かせない。今年は新型コロナウイルス感染症流行の影響で、出稼ぎに出た多くの若者が、居住地で春節(旧正月)を迎える。同県に住むバヨさんは、今年帰省しない娘たちに古里の味を届けようと、小麦粉25キロを用意し、酥油果子作りに励んでいる。(カンゼ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.95
    2021年02月06日
    「新華社」年越しムード高める「黄粑」の香り貴州省余慶県

    春節(旧正月)を間近に控えた中国貴州省遵義市余慶県にある伝統食品の加工工場では、生産のピークを迎え、従業員らが春節向けの「黄粑(ホァンバー)」作りに追われている。黄粑はもち米や大豆、赤糖などを材料に、蒸す、こねる、短冊状にする、笹の葉で包むなどの工程を経て作られた伝統的な餅菓子。蒸す、揚げる、焼くなどさまざまな調理法があり、貴州の人々の年越しには欠かせない食べ物となっている。(記者/崔暁強) =配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.20
    2021年02月06日
    「新華社」天津大学、学生たちの「異郷での年越し」を応援

    中国天津市の天津大学では春節(旧正月)の準備を始める日とされる旧暦の「小年」を迎えた4日、冬休みに帰省しない中国人学生や留学生のためのイベントが行われた。学生たちは正月の写真を撮ったり、「福」の文字や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を書いたり、窓花(窓に貼る切り紙細工)を切ったりして楽しんだ。同大では旧暦の大みそかに当たる11日、学生たちが「異郷での年越し」を楽しく過ごせるよう1日3食の食事を無料で提供するほか、春聯を募集するなどのイベントも行う。(記者/宋瑞) =配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    World News - February 5, 2021

    キーワード:Glovo、グローボ、グローヴォ、フードデリバリー、料理、食品、出前、デリバリー、宅配、配達、配達員、スタッフ、自転車、バイク、業者、自宅、会社-February 5, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the Glovo App seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    World News - February 5, 2021

    キーワード:Glovo、グローボ、グローヴォ、フードデリバリー、料理、食品、出前、デリバリー、宅配、配達、配達員、スタッフ、自転車、バイク、業者、自宅、会社-February 5, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the Glovo logo seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    World News - February 5, 2021

    キーワード:Uber Eats、ウーバーイーツ、フードデリバリー、料理、食品、出前、デリバリー、宅配、配達、配達員、スタッフ、自転車、バイク、業者、自宅、会社-February 5, 2021, Barcelona, Catalonia, Spain: In this photo illustration the Uber Eats logo seen displayed on a smartphone screen. (Credit Image: © Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago Prudencio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...